メインメニューを開く

ラスト・タイクーン -ハリウッドの帝王、不滅の愛-

ミュージカル『ラスト・タイクーン ―ハリウッドの帝王、不滅の愛―』(ラスト・タイクーン ハリウッドのていおう、ふめつのあい)は、宝塚歌劇団舞台作品。脚本・演出を担当したのは生田大和

ロストジェネレーション(失われた世代)”のアメリカ作家F・スコット・フィッツジェラルドの未完の長編小説「ラスト・タイクーン」のミュージカル化作品である。1930年代のハリウッド映画界を舞台に、大物プロデューサーと、女優であった亡き先妻に瓜二つの未亡人とのロマンスを描く[1]。 2014年2月7日から3月17日(新人公演は2月25日)に宝塚大劇場、同年4月10日から5月11日(新人公演は4月24日)に東京宝塚劇場にて、花組により上演された。宝塚歌劇団創立100周年の大劇場第2弾の公演となる。併演はメガ・ステージ『TAKARAZUKA ∞ 夢眩』。

本作で演出家の生田大和が大劇場デビュー。蘭寿とむのサヨナラ公演。

スタッフ編集

宝塚大劇場のデータ

参考文献:宝塚大劇場公演のプログラム

あらすじ編集

出演者一覧編集

主な配役編集

※「()」は新人公演・配役

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 公演情報”. 宝塚歌劇・公式ホームページ. 2014年6月29日閲覧。
  2. ^ "出演者一覧".宝塚歌劇・公式ホームページ.2017年2月16日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an "主な配役".宝塚歌劇・公式ホームページ.2017年2月16日閲覧。

外部リンク編集