メインメニューを開く

蛭川村(ひるかわむら)は、岐阜県恵那郡にあったである。2005年2月13日に周辺6町村と共に中津川市へ編入合併した。

蛭川村
廃止日 2005年2月13日
廃止理由 編入合併
坂下町川上村加子母村付知町
福岡町蛭川村山口村中津川市
現在の自治体 中津川市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
恵那郡
団体コード 21566-0
面積 44.82km2
総人口 3,803
推計人口、2005年2月1日)
隣接自治体 恵那市中津川市福岡町白川町
村の木 ヒトツバタゴ
村の花 シュンラン
蛭川村役場
所在地 509-8392
岐阜県恵那郡蛭川村2178-8
外部リンク 中津川市蛭川総合事務所
座標 北緯35度31分20.7秒
東経137度22分55.7秒
蛭川村の位置
 表示 ウィキプロジェクト

目次

大字・小字編集

  • 大字:無し
  • 小字:遠ケ根、和田、稲舟、隠平、力石、畑、龍淵、下田、妻の神、親方林、山之神、山本、殿淵、切井なぎ、みかど山、三反田、小會所、木だんたに、高見、今洞(今村)、押出、櫻本、岡田、大會所、寺橋、竹の腰、山口、じょうしん、長老寺、五反田、高櫃、笠神、姫墓、山伏塚、中切、向山、宮脇、上之坊、中之坊、下之坊、禰宜屋、すいがね、圓蔵寺、洞田、源三郎、村上、堰澤、殿會所、大洞、大博士(大墓所)、細野、柏ケ根、巾田、鍛冶屋畑、東、西、松葉、へぼがいと、蜂屋がいと、神田、上會所、四辻、餅あな、城山、棚田、下海渡、岩屋、笹場、日陰、岩久良、坊之前、鳩吹、旗巻淵、殿塚、馬塚、小もの塚、平岩、石屋橋、大西、與七川(まむし谷)、地蔵山、丸山、檜淵、土場、狸穴、長久郷、おりきがいと、矢柱、姫墓、寺地岳、おぐるみ、新田(あらた)、新田(しんでん)、猿飛、甚助山、彦たま、おなべ會所、町切、百合平、黒岩、尾越、念仏堂、打越、久郷、椿屋、沼の口、寺坂、丸山、倉田、蛇石、青木ケ洞、助七淵、田畑、水洗、砥石、朴木、向畠、五十目、おなべ屋敷、霜中、樺瀬、奈良井、南洞、長瀞、大ぜまち、青木畑、青梨、かまんた、大谷、金石、四十部、六部田、兼行坊、鍛冶屋畑、岩穴、蛇石、洞畠、栃山、いたどり、もろくご、笹場、又八畠、丸根、田畠、祝屋畠、あたご山(双子山)、下澤、東下澤、大洞、大澤、中山、岩伏、新澤、吉原、神平、上向、下向、内戸、大屋、荒畑、王子立場(御陣立場)、大戸、小玉石、石佛、烏會所、笠石、川下、田中、西、又屋敷、先庄屋、中根、袖田、たかう塚、上一色、下一色、東山、乗廻し、新道峠、夜泣石、新田、一之瀬、内裏、稲倉、栗戸、袖の澤、押ケ平、逆川(天川)、田原、宮の前、烏澤、四辻、登り、田原尻、幸六坂、枝垂柿、櫓鼻、洞、御所平、丈左會所、奥渡、上の木、弓場、若山、鳶岩、新五升蒔、川ばた、かんの、堀田、團右衛門、矢舞場、太刀切

地理編集

岐阜県南東部、木曽川を挟んで恵那市の北に位置する。 南を除く三方を山に囲まれた小盆地を形成しており、その中央を和田川が南流し木曽川に注ぐ。 恵那市との境界には東濃を代表する景勝地・恵那峡がある。

隣接していた自治体編集

歴史編集

沿革編集

  • 1889年(明治22年)村制施行
  • 2005年(平成17年2月13日)中津川市に編入合併

幻の恵那市との合併計画編集

行政編集

  • 村長:樋田邦彦(2001年12月11日~2005年2月13日)

経済編集

産業編集

  • 石材業

花崗岩(御影石)の産地であり、村内には石切場が多く見られる。石のオブジェや石垣、石畳なども各所にみられる。恵那錆石の産地としても知られている。 また、国内有数のペグマタイト鉱物の産地のひとつとして有名である。

姉妹都市・友好都市編集

教育編集

中学校
  • 蛭川中学校
小学校
  • 蛭川小学校

交通編集

鉄道編集

  • 村内に鉄道路線なし

バス編集

道路編集

高速道路
  • 村内に高速道路はなし。
一般国道
  • 村内に一般国道はなし。
主要地方道
一般県道

名所・旧跡・観光スポット編集

祭事・催事編集

  • 杵振り祭り・・蛭川村に伝わる杵振り踊りの祭典。4月16日に一番近い日曜日に行われる

関連項目編集