付知町

日本の岐阜県中津川市の地名
日本 > 岐阜県 > 中津川市 > 付知町

付知町(つけちちょう)は、岐阜県中津川市地名面積は73.36 km2[1]郵便番号は508-0351[3]2005年(平成17年)2月12日まで、岐阜県恵那郡に属していたである。

付知町
付知町の位置(岐阜県内)
付知町
付知町
付知町の位置
北緯35度39分39.97秒 東経137度25分44.72秒 / 北緯35.6611028度 東経137.4290889度 / 35.6611028; 137.4290889
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Gifu Prefecture.svg 岐阜県
市町村 Flag of Nakatsugawa, Gifu.svg 中津川市
地区 付知地区
面積
 • 合計 73.36 km2
人口
2018年(平成30年)10月31日現在)[2]
 • 合計 5,612人
 • 密度 76人/km2
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
508-0351[3]
市外局番 0573(中津川MA[4]
ナンバープレート 岐阜
※座標は中津川市役所付知総合事務所付近

地理編集

岐阜県東部、中津川市の北部に位置する。地内の北部・東部には標高1,500mを超える阿寺山地が連なり、西部には標高700〜1000mの丘陵地帯が広がる。地内の中心を北西-南東方向の活断層阿寺断層が通過しており、断層谷に沿って付知川が南流する。主な集落は付知川沿いに分布する。

付知川の最上流部は、東濃地方有数の渓谷である付知峡と呼ばれる渓谷を形成している。付知峡は森林浴の森日本100選に選ばれており、複数のキャンプ場がある。

  • 山:奥三界岳、夕森山、高時山、雨乞棚山
  • 河川:付知川

小字編集

あ行編集

  • 青木平(あおきだいら)、赤ハゲ(あかはげ)、雨池(あまいけ)、安楽満(あらま)、葦原(あわら)
  • 猪組平(いぐみだいら)、池島(いけじま)、池ノ尻(いけのしり)、石鋪(いしき)、伊勢戸薙(いせどなぎ)、猪ノ澤(いのさわ)、岩小屋(いわごや)、岩屋(いわや)
  • 上野(うえの)、宇峠(うとうげ)、馬小屋(うまごや)、馬道(うまみち)、浦沢(うれさわ)、上林(うわばやし)
  • 大平(おいだいら)、追分(おいわけ)、大ヶ平(おおがひら)、大胡桃(おおぐるみ)、大新田(おおしんでん)、大西(おおにし)、大野(おおの)、大畑(おおばた)、大洞(おおぼら)、大山(おおやま)、尾ヶ平(おがひら)、起(おこし)、大ヲコシ分(おこしわかれ)、起(おごせ)

か行編集

  • 柿ケ下(かきがした)、隠小屋(かくれごや)、欠ヶ洞(かけほら)、笠屋(かさや)、菓子上(かしアげ)、梶ヶ外(かじがそで)、柏洞(かしやぼら)、柏木洞(かしわぎぼら)、紙漉垣戸(かみスきがいど)、河原(かわら)、河原小屋(かわらごや)
  • 北平(きたびら)、木ノ下(きのした) , 喜六薙(きろくなぎ)
  • クグリキ(くぐりき)、櫛下(くしげ)、口田(くちだ)、熊倉(くまぐら)、倉柱(くらばしら)、倉屋(くらや)、暮鐘(くれがね)、黒川(くろかわ)、桑木薙(くわのきなぎ)、桑木洞(くわのきぼら)
  • 越道(こいど)、廣野屋(こうのや)、小草場(こくさば)、国造(こくぞう)、小栗山(こぐりやま) ,小坂(こさか)、小谷(こたに)、小峠(ことうげ)、小林(こばやし)、小洞口(こぼらぐち)、小屋ヶ尾(こやがお)、小屋郷(こやごう)、児安沼(こやすぬま)、小屋場(こやば)

さ行編集

  • 桜田(さくらだ)、笹平(ささだいら)、笹薙(ささなぎ)、沢渡(さわたり)、三本松(さんぼんまつ)
  • 猪ヶ馬場(ししやまんば)、下井戸(したいど)、下夕平(しただいら)、下夕野(したの)、下夕向(したむき)、下夕屋(したや)、芝ヶ瀬(しばがセ)、四本松(しほんまつ)、島田(しまだ)、島畑(しまばた)、下浦(しもうれ)、下谷(しもんたに)、正ヶ脇(しようがき)、城川(じようがわ)、白沢(しらさわ、白谷(しらたに)、新田(しんでん)
  • 杉ヶ洞(スぎがぼら)
  • 清吉畑(セいきちばた)
  • 外ヶ洞(そとがぼら)、曽利免(そりめ)

た行編集

  • 高岩(たかいわ)、鷹尾(たかお)、高尾(たかお)、田形(たがた)、高畑(たかばた)、鷹ノ巣(たかのス)、瀧ヶ澤(たきがさわ)、竹端(たけがはな)、出ヶ谷(だしがた)、田尻(たじり)、龍野(たつの)、立ノ神(たてのかみ)、立林(たてばやし)、谷端(たにばた)、田ノ上(たのうえ)、田ノ尻(たのしり)、垂下 たるした)、垂洞 たるぼら)
  • ツガ洞(つがぼら)、ツゞラヤブ(つづらやぶ)
  • 定藏薙(ていぞうなぎ)、出口(でぐち)、寺畑(てらばた)、寺山(てらやま)
  • 東別当(とうべつとう)、藤治薙(とうじなぎ)、樋口(といぐち)、所久合(ところくごう)、杤木洞(とちのきぼら)、富田(とみた)、鳥屋尾(とやお)、鳥屋脇(とやき)

な行編集

  • 中段(なかだん)、長手(ながて)、中畑(なかばた)
  • 長尾(ながお)、中田(なかだ)、中薙(なかなぎ)、中野(なかの)、長峰(ながみね)、中屋(なかや)、中ノ谷(なかんたに)、ナラノキ(ならのき)
  • 西洞(にしぼら)、二本木(にほんぎ)
  • 根屋尾(ねやお)
  • ノタノ平(のたのひら)
  • 野(の)、野尻(のじり)、ノタノ沢(のたのさわ)、野中(のなか)

は行編集

  • 端小屋(はごや)、橋詰(はしづめ)、巾垣戸(はばがいと)、林(はやし)
  • 東股入(ひがしまたいり)、引廻(ひきまわし)、七郎工薙(ひちろべえなぎ)、日向洞(ひなたぼら)、桧尾(ひのきお)、飛羅(ひら)、広島野(ひろしまの)、廣谷(ひろたに)
  • 富家谷(フかたに)、武佐原(ぶさはら)、藤山(フじやま)、分田(ぶんだ)
  • 日枯入(ひがれいり)、廣野(ひろの)、百田(ひやくた)
  • 洞垣内(ほらがいと)
  • 平作垣戸(へいさくがいど)、平四郎新田(へいしろうしんでん)、平六(へいろく)
  • 堀田(ほつた)、洞奥(ほらおく)、堀端(ほりばた)

ま行編集

  • 前岌(まえびら)、槇ヶ平(まきがひら)、槇立(まきだち)、間瀬(まゼ)、松葉(まつば)、松原(まつばら)、松平(まつべい)、松山(まつやま)、丸山(まるやま)、万場(まんば)
  • 水ヶ谷(みずがたに)、水無(みずなし)、水上(みぞかみ)、御堂垣戸(みどがいど)、御堂後(みどご)、南ヶ沢(みなみがさわ)、宮島(みやじま)、宮ノ上(みやのうえ)、宮ノ越(みやのこし)、妙儀岌(みようぎひら)
  • 向畑(むかいばた)、向山(むかいやま)
  • 樅木沢(もみのきざわ)、森田薙(もりたなぎ)、護山(もりやま)、 諸田(もろた)

や行編集

  • 屋敷垣戸(やしきがいど)、矢柄(やがら)、弥藏薙(やぞうなぎ)、矢平(やだいら)、山本(やまもと)、山手(やまて)、上ヶ平(やんたいら)
  • 吉田岌(よしだびら)、吉本(よしもと)、吉原(よしわら)、米沢(よねざわ)

ら行編集

  • 蘭木(らんぎ)

わ行編集

  • 若宮尾(わかみやお)、ワサビ谷(わさびだに)、渡瀬(わたせ)、ワラビガネ(わらびがね)、ワルビラ(わるびら)

過去に存在した小字編集

島、尾大起、木澤、見安沼

世帯数と人口編集

2018年(平成30年)10月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

町丁 世帯数 人口
付知町 1,935世帯 5,612人

歴史編集

田口忠左衛門慶卿と付知堰水編集

田口忠左衛門慶卿は、寛政10年(1798年)6月24日に尾張藩から苗字・帯刀を許された付知村の庄屋の家に生まれた。元来付知村は、飛騨信濃の国境に近く、山間僻遠の地であって灌漑が乏しかった。そのため平地が多いものの水田を拓く術がなかった。田口忠左衛門慶卿は、このことを憂いて、堰水を建設することを計画した。最初に鱒淵堰文政10年(1827年)9月に着工され最初に完成し、さらに文政13年(1830年)3月に延長された。ついで西股嘉永3年(1850年)、宮津・北・荏薙の合計4つの水路が嘉永4年(1851年)に開かれた。工費は2万4千両に及んだが、墾田が55町7反8畝を得て大きな村となった。

沿革編集

つけちちょう
付知町
 
付知町旗 付知町章
廃止日 2005年2月13日
廃止理由 編入合併
坂下町川上村加子母村付知町福岡町蛭川村山口村中津川市
現在の自治体 中津川市
廃止時点のデータ
  日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
恵那郡
市町村コード 21564-3
面積 73.36km2
総人口 6,665
推計人口、2005年2月1日)
隣接自治体 恵那郡川上村加子母村福岡町
加茂郡東白川村
長野県木曽郡大桑村
町の木 ヒノキ
町の花 シャクナゲ
付知町役場
所在地 508-0321
岐阜県恵那郡付知町本町5756
座標 北緯35度39分30.3秒 東経137度25分35.9秒 / 北緯35.658417度 東経137.426639度 / 35.658417; 137.426639 (付知町(廃止))
 
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示
  • 1889年明治22年)7月1日 - 町村制施行により恵那郡付知村が成立。
  • 1897年(明治30年)4月16日 - 付知村が町制施行により付知町となる。
  • 2005年平成17年)2月13日 - 付知町が周辺6町村と共に中津川市へ編入合併をし、旧付知町域は中津川市付知町となる。その際、地内の郵便番号が508-0351に統一される[5]

姉妹都市・友好都市編集

公共施設編集

官公庁編集

郵便局編集

  • 上付知簡易郵便局
  • 下付知郵便局
  • 付知郵便局

教育編集

2005年以前に廃校となった学校編集

神社編集

寺院編集

その他編集

交通編集

鉄道編集

現在、地内に鉄道路線はないが、1924年(大正13年)8月5日から1978年(昭和53年)9月18日まで北恵那鉄道線下付知駅から中津町駅まで運行していた。下付知駅から恵那郡加子母村(現・中津川市加子母)渡合の間には1937年(昭和12年)から 1959年(昭和34年)まで 付知森林鉄道が存在した。日本国有鉄道では、中津川駅から付知を経由して下呂駅を結ぶ下呂線(中呂線)の建設を計画していた時期があった。

バス編集

道路編集

名所・旧跡・観光スポット編集

参考文献編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 統計表一覧 政府統計の総合窓口 GL08020103”. 2013年2月10日閲覧。
  2. ^ a b 月別人口の詳細” (日本語). 多治見市 (2018年12月4日). 2018年12月8日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年12月3日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年12月3日閲覧。
  5. ^ 郵便番号検索 岐阜県中津川市の郵便番号一覧”. 日本郵便. 2013年2月10日閲覧。
  6. ^ 垂洞のシダレモミ”. 中津川市. 2013年2月10日閲覧。
  7. ^ 十六羅漢”. 中津川市. 2013年2月10日閲覧。

外部リンク編集