姫乃樹リカ

西邑理香から転送)

姫乃樹 リカ(ひめのぎ りか、1971年10月6日 - )は、日本の歌手。

本名、Rika Crigger、旧姓、西村 理香(にしむら りか)。大分県大野郡犬飼町(現・豊後大野市)出身。日出女子学園高校卒。
ひめのぎ りか
姫乃樹 リカ
プロフィール
別名義 西邑 理香(にしむら りか)
生年月日 1971年10月6日
現年齢 48歳
出身地 日本の旗 日本大分県大野郡犬飼町(現・豊後大野市
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 cm / kg
活動
デビュー 1988.2.3
他の活動 タレント歌手
アイドル: テンプレート - カテゴリ

人物・来歴編集

父親の仕事の関係で、大分県から1972年熊本県1974年に大分県へ戻るも同年台湾へ、1976年山形県へ、1979年東京都へと移り住む。

1982年テレビ東京の『ちびっ子歌まね合戦』に出場、これがきっかけで芸能プロにスカウトされる。1986年、雑誌『Momoco』の6月号に登場、同年10月TBSテレビの番組『モモコクラブ』にレギュラー出演(桃組出席番号1773番)。芸名の姓が「姫乃樹」となったのは、やはりモモコクラブにいた西村知美とのバッティングを防ぐ為で、当初は本名も非公開で出身地も東京としていた。1988年2月、アニメ映画『めぞん一刻 完結篇』の主題歌『硝子のキッス』でキティレコードより歌手デビュー。同年4月にはラジオのレギュラー番組『姫乃樹リカのおしゃべりサラダ』がスタートし、出生地・大分県の大分放送などで放送される。ラジオパーソナリティとしては、月刊雑誌『ラジオパラダイス』のパーソナリティ人気投票でベストテン入り6回(最高位4位)を記録するほどの人気ぶりだった。

当初の所属事務所はピュアコーポレーション。1988年10月、キティアーティスト(キティレコードが立ち上げた芸能事務所)へ移籍し、キティアーティスト所属第1号となる(実際はキティレコードが彼女のために作った事務所である)。

当時のファンクラブの名前は「Rika's騎士(リカズナイト)」、会報は「姫鈴(ひめりん)」。

1992年3月に芸名を西邑理香(にしむら りか)に改名、同年8月には舞台初出演を果たす。10月には宝塚出身の馮裕華と共演した[1]1993年にはユニット「西邑理香 with COMING SOON!」(後に「THE COMING SOON!」に改名)を結成。

1995年12月、ベーシストDave Criggerと結婚。現在は米国に在住し、3児の母。芸能界からは退いているが、「歌はまたやりたい」と思っているとのこと。2016年6月には「人生が変わる1分間の深イイ話 元アイドルは今幸せなのか?密着SP」に出演。

2019年11月29日姫乃樹リカ with THE COMING SOON!として新横浜のライブハウスLiTで25年ぶりの復活ライブを開催…ファンたちを熱狂させた

ディスコグラフィ編集

シングル 姫乃樹リカ編集

  1. 硝子のキッス1988年2月3日発売 アニメ映画『めぞん一刻 完結篇』主題歌 C/W『涙の針と風の糸』)
  2. ときめいて (1988年5月11日発売 C/W『ニュートンの林檎』)
  3. もっとHurry Up! (1988年7月20日発売 日通海外ペリカン便TV-CMイメージソング C/W『ハートの翼』)
  4. アンバランスに抱きしめて (1988年11月2日発売 C/W『そよ風のささやき』テレビ東京系『ハロー動物ファミリー』テーマ曲)
  5. ロマンの騎士 (1989年4月12日発売 C/W『涙みたいな気持ち』)
  6. スタンド・バイ・ミー (1989年10月25日発売 日本テレビ系 テレビアニメ『YAWARA!』エンディングテーマ C/W『TRY MY HEART』)
  7. 地上の楽園 (1990年3月25日発売 C/W『ないないづくしの18』)


  • なおデビュー曲の「硝子のキッス」は CD、レコード、シングルカセットの 3種が発売されているが レコードからCDシングルへの移行時期ということもあり CDのみ 3月1日の発売となっている

シングル 西邑理香編集

  • 以下「西邑理香」名義

1.ナチュラル (1992年6月21日発売 C/W『愛するために』)

2.恋にさらわれて (1992年9月21日発売 C/W『Cleaning My Room』)

3.X'mas Love For Me (1992年11月1日発売 C/W『さよならの予感~戸惑いのEve~』)

4.異国のフォトグラフ (1993年3月21日発売 C/W『夢の底で』)

  • 以下「西邑理香 with COMING SOON!」名義

5.100年先もアイラヴユー (1993年12月1日発売 C/W『好きだから 愛してるから』)

  • 以下「THE COMING SOON!」名義

6.時計を捨てて〜THROW AWAY〜 (1994年11月21日発売 C/W『優しい人〜WAITING FOR YOUR LOVE〜』)

アルバム編集

アルバム 姫乃樹リカ編集

  1. Fairy Tale~おとぎ話~
  2. 夕映えのシルエット
  3. ガールフレンド
  4. シンデレラは踊れない
  5. Marbles
  6. あと3分で恋が終わる
  7. 涙のパラシュート
  8. 星空のデイト
  9. た・め・い・きニュアンス
  10. DAY BY DAY


  • Reminiscence 〜Singles vol.1〜 (1988年12月7日発売) ※CDトラック1.3.5.7.9.11.13.15は 姫乃樹リカ本人朗読によるモノローグ
  1. サイン
  2. 硝子のキッス
  3. ファン
  4. 涙の針と風の糸
  5. 短編集
  6. ときめいて
  7. スタジオ
  8. ニュートンの林檎
  9. オフ
  10. もっとHurry Up!
  11. チケット
  12. ハートの翼
  13. シナリオ
  14. アンバランスに抱きしめて
  15. ファインダー
  16. そよ風のささやき


  1. 気ままにダンシング
  2. クレッセントシティへ連れてって
  3. はじめてテレパシー
  4. HERE WE GO!~片想いからはじめよう~
  5. 時間を止めて
  6. ROCK’N’ROLL TIME MACHINE
  7. EMPTY HEART
  8. 不思議な彼
  9. STAY FOR ME
  10. 碧いプラネット


  1. 硝子のキッス
  2. ときめいて
  3. もっとHurry Up!
  4. アンバランスに抱きしめて
  5. ロマンの騎士
  6. スタンド・バイ・ミー
  7. 地上の楽園
  8. Fairy Tale ~おとぎ話~
  9. 夕映えのシルエット
  10. DAY BY DAY
  11. そよ風のささやき
  12. HERE WE GO ! ~片想いからはじめよう~
  13. 時間を止めて
  14. 不思議な彼
  15. 星空のデイト
  16. Marbles
  17. 涙の針と風の糸
  18. 涙みたいな気持ち
  19. 碧いプラネット


  • 姫乃樹リカ ベスト10 (2007年1月17日発売)
  1. 硝子のキッス
  2. ときめいて
  3. もっとHurry Up!
  4. アンバランスに抱きしめて
  5. ロマンの騎士
  6. スタンド・バイ・ミー
  7. 地上の楽園
  8. そよ風のささやき
  9. Marbles
  10. 碧いプラネット

アルバム 西邑理香編集

以下「西邑理香」名義

  1. ナチュラル
  2. INSPIRATION
  3. Cleaning My Room
  4. あなたを忘れないで
  5. X’mas Love For Me
  6. どこかへ行こうとする気持ち
  7. 愛するために
  8. 恋にさらわれて
  9. うちへ帰る
  10. さよならの予感


以下「西邑理香 with COMING SOON!」名義

  1. 忘れられたバースデイ
  2. あなたのいいところ
  3. 好きだから 愛してるから
  4. マリアになれたら
  5. 迷夢
  6. 100年先もアイ ラヴ ユー
  7. 海より 空より
  8. 心の奥の奥
  9. miss PARIS ~今はないレストラン~
  10. 501号室への目覚し時計


以下「THE COMING SOON!」名義

  1. もしも ~IF~
  2. ともだち ~HELPING HAND~
  3. モーニング・キッス ~CAN YOU FEEL IT?~
  4. 太陽が眩しかったから ~SHINE ON ME~
  5. 私のせい ~IT’S MY FAULT~
  6. 優しい人 ~WAITING FOR YOUR LOVE~
  7. SONG FOR ME
  8. 時計を捨てて ~THROW AWAY~
  9. 水曜日はハーブで ~WEDNESDAY’S HERB~
  10. EVER LASTING LOVE

シングルビデオ編集

  • 「ロマンの騎士」(1989年4月12日発売 VHS)
  1. STORY1 またごめんねと書いた 「ロマンの騎士」
  2. STORY2 五線紙の手紙「涙みたいな気持ち」
  3. グリコCMスペシャル※いちごチョコ※アイスクリームキャンペーン 
  • 「スタンド・バイ・ミー」(1989年10月25日発売 VHS)
  1. 「スタンド・バイ・ミー」
  2. 「TRY MY HEART」

出演番組編集

テレビ(歌唱曲名)編集

レギュラー出演 モモコクラブ桃組出席番号1773番
「恋はいつでもゲンキなよい子」モモコクラブ
「硝子のキッス」(1988年2月27日)
「もっとHurry Up!」(1988年8月6日)
「硝子のキッス」(1988年2月28日)
「硝子のキッス」
「硝子のキッス」
「硝子のキッス」
「ときめいて」(1988年5月1日)
「アンバランスに抱きしめて」(1988年11月6日)
「もっとHurry Up!」(1988年8月11日)
「アンバランスに抱きしめて」(1988年11月27日)
「アンバランスに抱きしめて」(1988年12月10日)
「ロマンの騎士」
初代Page7としてレギュラー出演
「スタンド・バイ・ミー」2回
「地上の楽園」2回
「もっとHurry Up!」(1988年7月30日)
「EMPTY HEART」(1989年7月29日)
「地上の楽園」(1990年4月7日)
「スタンド・バイ・ミー」(1990年1月16日)
「ナチュラル」(1992年7月4日)
「スタンド・バイ・ミー」
「地上の楽園」(1990年3月17日)
「地上の楽園」(1990年3月18日)
「地上の楽園」(1990年5月5日)
「恋にさらわれて」
※西邑理香として出演

ラジオ編集

不定期でゲスト出演

CM編集

コンサート編集

  • 88姫乃樹リカ コンサート
(東京日本青年館、1988年 8月23日)
(大阪厚生年金会館 中ホール、1988年 8月29日) 

歌唱曲

「Fairy Tale」
「もっとHurry Up!」
「硝子のキッス」
「Marbles」
「夕映えのシルエット」
「シンデレラは踊れない」
「青い珊瑚礁」      (思い出の曲メドレー)
「渚のはいから人魚」   (思い出の曲メドレー)
「翼の折れたエンジェル」 (思い出の曲メドレー)
「Dance Beatは夜明けまで」(思い出の曲メドレー)
「涙の針と風の糸」
「ハートの翼」
「シルエット・ロマンス」
「オリビアを聴きながら」
「I saw him standing there」
「星空のデイト」
「ときめいて」
「DAY BY DAY」
「STAND BY ME」
「もっとHurry Up!」


  • 89姫乃樹リカ コンサート
(名古屋市民会館 中ホール、1989年5月26日 )
(大阪厚生年金会館 中ホール、1989年5月28日 )
(東京中野サンプラザホール、1989年6月11日 )

歌唱曲

「ROCK'N ROLL TIME MACHINE」
「Hippy Hippy Shake」
「Fairy Tale」
「気ままにダンシング」
「Happy Birthday Sweet 16」
「時間を止めて」
「不思議な彼」
「硝子のキッス」
「涙の針と風の糸」
「More than I can say」
「Missing」
「ときめいて」
「涙みたいな気持ち」
「HERE WE GO ~片想いからはじめよう~」
「はじめてテレパシー」
「EMPTY HEART」
「STAND BY ME」
「STAY FOR ME」
「アンバランスに抱きしめて」
「もっとHurry Up!」
「クレッセントシティに連れてって」
「ロマンの騎士」
「碧いプラネット」

舞台編集

関連書籍編集

その他編集

  • 笑顔が秋篠宮妃紀子に似ていると言われ、「芸能界の紀子さま」として話題となったことがある。
  • ロリータアイドルとして知られる西村理香は、同姓同名の別人である。
  • 釣り好きでかつて出演したメディアキング電波ファイターでは釣りに関するコーナーを持っていてルアーなどをリスナーにプレゼントしていた

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「東京・赤坂 元宝塚の馮とアイドル西邑が二人芝居 西邑はミュージカル初挑戦」『日刊スポーツ』 1992年10月20日付22面。

関連項目編集

外部リンク編集