メインメニューを開く

諏方大明神画詞(すわだいみょうじんえことば)は、諏訪大社縁起。「諏訪大明神画詞」「諏訪大明神絵詞」「諏訪絵詞」「諏訪大明神御縁起次第」等とも表記される。

目次

概要編集

寺社の起こりや由緒を記した寺社縁起の1つで、長野県諏訪地域に鎮座する諏訪大社の縁起である。1356年正平11年/延文1年)成立。全12巻。著者は諏訪円忠(小坂円忠)。

元々は『諏方大明神縁起絵巻』・『諏方縁起』等と称する絵巻物であった[1]。しかしながら早い段階で絵は失われ、詞書(ことばがき)の部分の写本のみを現在に伝え、文中には「絵在之」と記すに留めている。

著者の諏訪円忠は、神氏(諏訪大社上社の大祝)の庶流・小坂家の出身で、室町幕府の奉行人であった[1]。そのため足利尊氏が奥書を書いている。外題は後光厳天皇直筆である。成立に関しては洞院公賢の『園太暦』にも記されており、失われていた『諏方社祭絵』の再興を意図したものであったという[1]

現在は権祝本・神長本・武居祝家本等があり、権祝本が善本とされている[2]

構成編集

  • 縁起 5巻
  • 諏訪祭 7巻

内容編集

掲載史料編集

原文

  • 『諏方大明神画詞』(『続群書類従』第3輯ノ下、卷第七十三) - 国立国会図書館デジタルコレクション

訓読文

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『世界大百科事典』諏方大明神画詞項。
  2. ^ 山下正治「訓読・諏訪大明神絵詞(一)」(立正大学人文科学研究所年報)。

参考文献編集

  • 『世界大百科事典』(平凡社)諏方大明神画詞項 - 朝日新聞社コトバンクに該当記事

関連項目編集