諏訪赤十字病院

諏訪赤十字病院(すわせきじゅうじびょういん)は、長野県諏訪市にある医療機関である。日本赤十字社長野県支部が設置する病院である。重症病床をICU(4床)、救命救急センター(10床)、脳卒中ケアユニット(SCU 6床)、HCU(7床)、血液浄化(39床)備える。

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 諏訪赤十字病院
病院外観
情報
英語名称 Suwa Red Cross Hospital
前身 組合立高島病院
諏訪郡立高島病院
諏訪郡立諏訪病院
日本赤十字社長野支部病院諏訪分院
日本赤十字社長野支部諏訪赤十字病院
横須賀海軍病院諏訪赤十字病院
野比海軍病院諏訪赤十字病院
日本赤十字社本部諏訪病院
標榜診療科 内科、精神科、神経内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、小児科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、心臓血管外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、放射線科、麻酔科、呼吸器外科、リウマチ科、リハビリテーション科
許可病床数

455床
一般病床:425床


精神病床:30床
機能評価 一般200床以上500床未満:Ver5.0
開設者 日本赤十字社 長野県支部(長野県知事
管理者 小口寿夫(院長)
開設年月日 1923年1月
所在地
392-8510
長野県諏訪市湖岸通り五丁目11-50
位置 北緯36度2分35.2秒
東経138度6分24.1秒
二次医療圏 諏訪
PJ 医療機関
テンプレートを表示

目次

沿革編集

  • 1880年明治13年)6月 - 上諏訪町本町に諏訪郡24ヶ村による組合立高島病院を開院。
  • 1891年(明治24年)4月 - 諏訪郡立高島病院と改称。
  • 1919年大正8年)4月 - 諏訪郡立諏訪病院と改称。
  • 1922年(大正11年)12月 - 諏訪郡立諏訪病院が日本赤十字社に移管。
  • 1923年(大正12年)1月 - 日本赤十字社長野支部病院諏訪分院を創立。
  • 1928年昭和3年)4月 - 日本赤十字社長野支部諏訪赤十字病院と改称。
  • 1943年(昭和18年)6月 - 海軍病院に指定され、横須賀海軍病院諏訪赤十字病院と改称。
  • 1943年(昭和18年)7月 - 野比海軍病院諏訪赤十字病院と改称。
  • 1944年(昭和19年)4月 - 本社直轄病院となり、日本赤十字社本部諏訪病院と改称。
  • 1954年(昭和29年)1月 - 諏訪赤十字病院と改称。
  • 1957年(昭和32年)9月 - 総合病院の名称使用承認。
  • 1993年平成5年)6月 - 諏訪市在宅介護支援センターを院内に開設。
  • 1994年(平成6年)4月 - 本社直轄病院から長野県支部病院へ所轄換えとなる。
  • 2006年(平成18年)10月 - 救命救急センターを開設。
  • 2009年(平成21年)12月 - ドクターカーの運用開始。

診療科編集

医療機関の指定等編集

交通アクセス編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集