メインメニューを開く

越後石山駅

日本の新潟県新潟市東区にある東日本旅客鉄道の駅

越後石山駅(えちごいしやまえき)は、新潟県新潟市東区にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)信越本線である[1][2]

越後石山駅
Echigo ishiyama higashiguchi.JPG
新津方面ホーム駅舎
えちごいしやま
Echigo-Ishiyama
所在地 新潟市東区石山[1][2]五丁目[3]
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
電報略号 シヤ[1]
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線[2]
乗車人員
-統計年度-
2,022人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1960年昭和35年)11月1日[1][2]*
乗入路線 2 路線
所属路線 信越本線
磐越西線直通含む)
キロ程 132.2km(直江津起点)
亀田 (2.4km)
(4.1km) 新潟
所属路線 信越本線(貨物支線)
キロ程 0.0**km(JR貨物・越後石山起点)
備考 業務委託駅
* 信号場として1957年(昭和32年)10月1日開設[4]
** 貨物支線はJR東日本が第一種鉄道事業者であるが、同社では営業キロを設定していない。第二種鉄道事業者である日本貨物鉄道(JR貨物)のみ営業キロを設定している。
テンプレートを表示

概要編集

当駅は新潟市東区石山地区にある。

乗り入れ路線編集

信越本線。当駅からは新津駅より信越本線に乗り入れる磐越西線の列車も一部利用が可能である。

歴史編集

駅構造編集

相対式ホーム2面2線を有する地上駅[1][2]。駅構内には跨線橋など両ホームを結ぶ連絡手段はなく、それぞれのホームが独立した構造となっており、駅舎横の地下道を利用する[1][2]

新潟駅が管理する業務委託駅で、西口の駅業務はジェイアール新潟ビジネス(JNB)が受託している。

東口の新津方面ホームは無人となっている[1][2]

新潟方面ホームの駅舎には有人改札口・自動改札機(2通路)・切符運賃回収箱・自動券売機(タッチパネル式1台)・指定席券売機(1台)・自動販売機・お知らせ標・化粧室などがある。

かつて有人改札口にはみどりの窓口が併設され出札業務も行っていたが、指定席券売機設置に伴い2010年2月25日をもって出札業務を終了し、現在は改札業務のみを行っている。

業務委託駅のため、早朝・夜間は完全無人となる。

新津方面ホームの駅舎には、自動改札機(2通路)・自動券売機(タッチパネル式1台)などがある。

駅の東西は新潟市が管理する地下通路で結ばれている。西口ではロータリーを含む駅前広場が2015年3月25日より供用されている[6]

駅構内編集

新潟寄りには、白新線東新潟駅新潟貨物ターミナル駅に通じる貨物支線各1本と新潟車両センターへの連絡線1本が分岐しており、それら3本の線路が下り線から上り線を介して連続して分岐している。このため、当駅から新潟寄りにおいて事故や工事等の影響で列車が運行できない場合、新津方面の列車を当駅で折り返し運転させることも可能である[注 1]。ただし、特に上り列車は当駅へ入線する際にポイントを複数通過するため、振動がある。なお、当駅と東新潟駅を直通する定期旅客列車は運行されておらず[注 2]、両線が接続する上沼垂信号場での乗り換えも不可能なため、両駅間を往来する際はいったん新潟駅を経由する必要がある。

のりば編集

番線 路線 方向 行先
1 信越本線 下り 新潟方面[7]
2 上り 新津長岡方面[7]

ギャラリー編集

改札内編集

駅周辺編集

案内図編集

利用状況編集

JR東日本によると、2018年度(平成30年度)の1日平均乗車人員は2,022人である[利用客数 1]

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 2,258 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 2,248 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 2,209 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 2,176 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 2,130 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 2,152 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 2,048 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 2,056 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 2,066 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 2,028 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 1,992 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 1,964 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 2,001 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 2,032 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 1,977 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 2,022 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 2,066 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 2,063 [利用客数 19]
2018年(平成30年) 2,022 [利用客数 1]

駅周辺編集

当駅周辺は東区石山地区の中心地に位置しており、中央区中心部から連続して続く市街地の中に所在している。周辺は住宅地で、家並みの合間にはわずかながら畑が点在する。南側に少し進むと水田地帯となる。また東区と中央区、江南区の3行政区の区境に近接している。

西側編集

西口側には教育施設が若干数所在する。

東側編集

東口側には公共機関や新潟車両センター、教育施設が所在する。

バス編集

当駅周辺にはバス停が点在し、新潟交通グループの路線バスと東区区バスが運行されている。運行情報は「運行便別時刻表(新潟交通)」、「区バス(新潟市東区)」をそれぞれ参照。

2019年6月現在では以下のバス停と路線が存在する。

  • 西側:「石山」「山二ツ」
  • 東側:「石山駅入口北」「石山駅入口南」
方面 路線名 系統・行先 当駅周辺のバス停名
東方面 E8 石山線<東明系統> E80 北高校
E81 大江山連絡所前
石山駅入口南、石山
E8 石山線<山二ツ系統> E82 石山団地経由 北高校前 石山駅入口北、山二ツ
東区区バス 東02 松崎ルート 石山駅入口北、石山駅入口南
亀田・横越方面 S9 亀田・横越線 S90 横越経由 水原
S94 横越・沢海経由 新津駅・秋葉区役所
S95 横越・沢海経由 京ヶ瀬営業所
S96 二本木経由 新津駅・秋葉区役所
S97 亀田早通経由 酒屋車庫
S98 亀田駅西口
山二ツ
新潟市中心部方面 E8 石山線<東明系統> E80・E81 東明経由 新潟駅前・万代シテイ 石山駅入口南、石山
S9 亀田・横越線 S90・S94・S95・S96・S97・S98 山二ツ経由 新潟駅前・万代シテイ 山二ツ
E8 石山線<山二ツ系統> E82 山二ツ・弁天橋経由 新潟駅南口
E82D 山二ツ・弁天橋・東跨線橋経由 新潟駅南口・市役所前
石山駅入口北、山二ツ

駅周辺の整備編集

当駅は1960年に旅客駅となって以来、東区石山地区の主要交通手段の一つとして利用されている。

1976年4月、新潟方面ホーム側駅前に、新潟市の農業試験施設を兼ねた植物園「新潟市園芸センター」が開設された。しかしセンターの駐車場は収容台数が少ない上に駅前広場もなく、駅舎に車両を直接乗り付けにくい道路構造となっているため、慢性的に交通障害が発生しやすくなっていた。またセンター自体も既に施設が老朽化している上、周辺では宅地化が著しく進捗したため施設拡充が困難となっていたことから、新潟市では園芸センターの機能を中央区鐘木の鳥屋野潟南部地区と南区白根地区に分割して移転する計画を進め、前者は「いくとぴあ食花」の施設群のうち、市民の緑花啓発に関する機能を中心とした「新潟市食育・花育センター」として2011年10月15日に移転オープンした。また後者は農業・園芸に関する研究機能を中心とした「新潟市農業活性化研究センター」「新潟市アグリパーク」として、南区に移転オープンした(アグリパークは2014年6月にオープン[8])。

新潟市はこの移転計画立案にあたり、園芸センター移転後の跡地利用について周辺住民を対象にアンケートを行ったところ、85%が「緑地保存」を希望したことを受けて検討を進めた結果、2010年秋に「越後石山駅西口整備事業」の計画案が公表された。既に園内にある樹木を活用しつつ公園や駅前広場を整備する他、市道を拡幅するなどして駅へのアクセス改善を図るもので、駅前広場は2015年3月に供用開始した。

なお新潟市・JR新潟支社とも、この事業案においては駅舎の改修・改築に関しては言及していないが、当駅は前述の通り、上下線のホーム各々に改札口が設けられ、改札内のトイレは新潟方面ホームにしかなく、且つ地下道にはエレベーターやエスカレータなどといったバリアフリーに対応した設備も無いため、高齢者や障がい者に対する利便性が確保されているとは言えない状況にある。こうしたことから、石山地区の5つの小学校区毎に設けられているコミュニティ協議会は連名で「越後石山駅橋上化整備推進会」を発足し、当駅を橋上駅舎に改築して利便性を確保するよう、新潟市とJR新潟支社に対して2012年から要望活動を行っている[9]

隣の駅編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
信越本線・磐越西線(磐越西線は新津駅 - 新潟駅間信越本線)
快速(下り1本のみ停車)・快速「あがの」(下りのみ停車)・普通
亀田駅 - 越後石山駅 - (上沼垂信号場) - 新潟駅
信越本線貨物支線
越後石山駅 - 新潟貨物ターミナル駅東新潟駅

脚注編集

記事本文編集

注釈編集

  1. ^ この場合、新潟方面ホーム(下り線)に到着した列車は、上り線を経由して車両センター連絡線へ転線して折り返した後、新津方面ホーム(上り線)へ入線する。
  2. ^ 当駅から新潟貨物ターミナル方面へ貨物支線経由で団体臨時列車が運行された例は存在する。 「新潟鉄道博すいか号」運転 - railf.jp

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h 鉄道友の会新潟支部(監修)『新潟県鉄道全駅 増補改訂版』新潟日報事業社、2015年6月30日、71頁。ISBN 978-4-86132-606-6
  2. ^ a b c d e f g h 『週刊 JR全駅・全車両基地』14号 長野駅・新津駅・高田駅ほか、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2012年11月11日、26頁。
  3. ^ JR東日本:駅の情報(越後石山駅)”. 東日本旅客鉄道. 2014年7月25日閲覧。
  4. ^ a b c d 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』11号 信越本線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2009年9月20日、23-25頁。
  5. ^ 1985年7月6日交通新聞2面
  6. ^ 東区役所だより 第190号 p.2 - 新潟市 (PDF)
  7. ^ a b 時刻表 越後石山駅”. 東日本旅客鉄道. 2019年8月12日閲覧。
  8. ^ 南区役所だより 第173号 p.1 - 新潟市 (PDF)
  9. ^ 越後石山駅駅舎整備に関する署名(お願い)(WARPによるアーカイブ) - 新潟市東区自治協議会・平成24年度第1回会議資料より(2017年3月27日閲覧)

利用状況編集

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月16日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月6日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月6日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月6日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月6日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月6日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月6日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月6日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月6日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月6日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月6日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月6日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月6日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月6日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月6日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月6日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月6日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月6日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月6日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集