メインメニューを開く

軽井沢プリンスホテル(かるいざわプリンスホテル、英文:Karuizawa Prince Hotel )は、長野県北佐久郡軽井沢町にあるリゾートホテルである。

軽井沢プリンスホテル
ホテル概要
運営 プリンスホテル
前身 国土計画株式会社
階数 - イースト4階・ウエスト3階
部屋数 661(本館259室・コテージ402棟)室
開業 1973年(昭和48年)4月28日
最寄駅 北陸新幹線 軽井沢駅
最寄IC 上信越自動車道 碓氷軽井沢IC
所在地 〒389-0103 
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢
公式サイト [イースト[1]ウエスト[2] 公式サイト]
テンプレートを表示

概要編集

1973年開業の「イースト」(旧東館)と1986年開業の「ウエスト」(旧西館)の2つからなる。2007年までは3館構成だったが、1982年に開業した旧南館のみ上級ブランドの「ザ・プリンス軽井沢」としてリブランドされている。現在のウエスト開業まではイーストが「本館」、ザ・プリンス軽井沢は「新館」の名称だった。

北陸新幹線軽井沢駅南口から矢ケ崎山(1,184m)周辺の敷地(約110万坪)にホテルスキー場ゴルフ場ゆり園と日本最大のリゾートショッピングモールがあり年間約900万人の来場人員がある。

開業時のシェフは日本人で初めてフランスロワール川の流れる町ロアンヌミシュラン最高位三ツ星レストラン「トロワグロ」で修行した、平山滋隆(登)シェフである。

施設編集

  • イースト:243室(収容人員830名)
    • 客室:洋室71室、コテージ147棟(4名)・ドックヴィレッジ25棟(4名)。
    • レストラン・バー:メインダイニングルーム、レストランポルト、和食堂信濃、メインバー。
    • 森のホットスプリング&スパ(軽井沢矢ヶ崎温泉
  • ウエスト:418室(収容人員1,580名)
  • 駐車場:970台(無料)
  • 新送迎システム「ピックアップバス」(送迎用ノンステップバス[4]
  • フォレスターナ軽井沢(ゲストハウス型ウェディング
  • 軽井沢プリンスボウル(30レーン、軽井沢プリンスショッピングプラザ内)
  • テニスコート(24面)
  • ネイチャーキッズ森の家(軽井沢プリンスホテルイースト内、picchioプログラム)[5]
  • 芝生のひろば
  • 森のキッズルーム(軽井沢プリンスホテルウエスト、コテージ519号室)[6]
  • 森のドックヴィレッジ(ドッグラン・ドックコテージ)[7]
  • ペットスパ(軽井沢・プリンスショッピングプラザ プリンスボウル内)[8]
  • レンタサイクル(軽井沢プリンスホテルゴルフコース横)
  • 軽井沢・プリンスショッピングプラザ
    • 店舗数217店舗(延床面積61,384㎡、店舗面積31,861㎡)
    • 駐車場:3,665台。
  • 軽井沢プリンスホテルスキー場(リフト数10本・駐車場1,000台)
  • 軽井沢プリンスホテルゴルフコース(9ホール)
  • 晴山ゴルフ場(18ホール、セルフカート)
  • 軽井沢・プリンスゆり

沿革編集

  • 1919年(大正8年)- 根津嘉一郎別荘完成(あめりか屋)。
  • 1937年(昭和12年)- 武蔵学園(財団法人根津育英会)青山寮落成(長野県軽井沢町矢ヶ崎)、1980年12月に廃止。
  • 1949年(昭和24年)- 4月、根津嘉一郎別荘110万坪を買収
  • 1950年(昭和25年)- 3月25日、晴山ホテル開業(旧根津嘉一郎別荘、83室)根津嘉一郎の「青山(せいざん)」が名前の由来。
  • 1961年(昭和36年)- 1月7日、日本初の人工雪スキー場を開設(晴山ホテル敷地内、1964年まで営業)
  • 1964年(昭和39年)- 10月15日、晴山ホテル、東京オリンピック馬術選手村に。
  • 1968年(昭和43年)- 6月、晴山ホテルにコテージ12棟建設。
  • 1970年(昭和45年)- 11月、国土計画かまど岩山荘完成(竹中工務店、269㎡)。
  • 1973年(昭和48年)- 4月28日、軽井沢プリンスホテル開業(現イースト、黒川紀章設計(鹿島建設)72室)
    • 7月11日、プリンスコテージ開業。
    • 12月26日、軽井沢プリンスホテルスキー場開業。
  • 1977年(昭和52年)- 晴山ホテルと統合し、「晴山館」と「本館」になる。 
  • 1982年(昭和57年)- 4月28日、軽井沢プリンスホテル新館開業(清家清デザインシステム設計(清水建設)108室、南館)(現ザ・プリンス軽井沢)
  • 1986年(昭和61年) - 7月12日、軽井沢プリンスホテル西館開業(現ウエスト、西武建設(清水建設))国際会議場「浅間」誕生。
    • これに伴い、当時の本館は「東館」、新館は「南館」へ改称。
  • 1987年(昭和62年)- 4月24日、軽井沢プリンスホテルコテージE36棟、F24棟増築。
    • 7月、軽井沢プリンスホテル西館増築(86室)中国料理桃李、和食堂からまつ、ステーキ&シーフードニューヨーク、宴会場千曲開業。
  • 1988年(昭和63年)- 7月、コテージFタイプ20棟開業。
    • 軽井沢駅南口開設。
  • 1992年(平成4年)- 12月14日、メインバンケットホール「長野」開業(風景舎(西武建設))。
  • 1993年(平成5年)- 「もみの木チャペル」開業。
  • 1994年(平成6年)- 7月22日、バーガーキング軽井沢店開業。
  • 1995年(平成7年)- 7月22日、軽井沢・プリンスショッピングプラザ開業(現 ウエスト、風景舎(西武建設))
  • 1997年(平成9年)- 4月24日、西館「ラウンジマロン」開業。
    • 7月12日、軽井沢・プリンスショッピングプラザ・イースト開業。軽井沢プリンスボウル開業(30レーン、池原義郎・建築設計事務所)
    • 7月19日、軽井沢浅間プリンスホテル開業(81室、カシニョールがロビー用タピスリー「夏の庭」製作)(西武建設)
    • 10月1日、北陸新幹線先行開通(高崎 - 長野
  • 1998年(平成10年)- 7月10日、「サンドイッチクレープマローネ」「ビアンカ」開業。
  • 1999年(平成11年)- 7月2日、軽井沢・プリンスショッピングプラザ・ニューウエスト開業。和食ななかまど、そば処さく庵開業。
  • 2000年(平成12年)- 12月20日、軽井沢・プリンスショッピングプラザ・ニューウエスト増床開業(池原義郎・建築設計事務所)。「軽井沢味の街」、「プリンスカフェテリア」、「プリンスパン工房」、「プリンスカフェ」開業。メルシャン軽井沢IMAXシアター開業(2007年3月31日で閉館)
  • 2002年(平成14年)- 4月21日、ブライダル棟開業。
  • 2004年(平成16年)- 4月28日 、軽井沢・プリンスショッピングプラザ・ニューイースト開業。「ワールドトイミュージアム(㈱バンダイ)」・「レストランアーティチョーク」(柳澤孝彦(元竹中)+TAK建築研究所)・「ピッコラロトンダ」開業(池原義郎・建築設計事務所)(西武建設)。
    • 7月17日、「軽井沢・プリンスゆり園」を開園。
  • 2005年(平成17年)- 7月、軽井沢プリンスホテル芝生の広場開業(軽井沢プリンスホテルゴルフコースは9ホールのみの営業となる)
    • 10月1日、軽井沢プリンスホテル東館「プリンスドッグヴィレッジ」(愛犬と泊まれるコテージ)開業。
  • 2006年(平成18年)- 11月1日、軽井沢プリンスボウル内に「PET-SPA軽井沢店」開店(ペットケアショップ)
  • 2007年(平成19年)- 4月1日、コンポレートマークとホテル名称変更
    東館・西館→軽井沢プリンスホテル イースト & ウエスト、南館→ザ・プリンス軽井沢、軽井沢浅間プリンスホテル→名称変更なし
    • 7月12日、軽井沢プリンスホテルイースト(東館)客室改装。
    • 7月12日、新送迎システム「ピックアップバス」運行開始。
    • 7月19日、森のホットスプリング & スパ開業(軽井沢矢ケ崎山温泉)
  • 2008年(平成20年)- 11月14日、軽井沢・プリンスショッピングプラザ『ニューイーストガーデンモール』第6期増床開業。
    • 12月23日、ゲストハウスウエディングエリア「forestana KARUIZAWA」開業。

アクセス編集

関連項目編集

外部リンク編集