メインメニューを開く

進研ゼミ小学講座

ベネッセコーポレーションが行う小学生向けの通信教育

進研ゼミ小学講座(しんけんゼミしょうがくこうざ)は、ベネッセコーポレーションが展開する進研ゼミの小学生向け通信教育

目次

歴史編集

1980年に「進研ゼミ小学講座」が開講。通信教育業界の売上げ1位となり、会員数が増えてきた。通称「チャレンジ - 年生」。毎月、「教材」として、ドリルだけでなく、付録が届くのも特徴。有料オプションドリル「国語算数発展ワーク」「漢字計算くりかえしドリル」も販売している。このほかにも小学3・4年生を対象とした自然・文化・社会・科学技術の4テーマを扱った知的好奇心を引き出す「かがく組」、小学校低学年向けの「考える力・プラス講座」、小学4 - 6年生を対象とした「作文・表現力講座」や「考える力・プラス中学受験講座」等がある。

提出課題編集

提出課題は「赤ペン先生の問題」と「実力診断テスト」がある。「赤ペン先生の問題」では、提出すると「赤ペン先生」と呼ばれる担任が添削をして返却するという方式である。又、提出すると1教科につき4ポイント、努力賞ポイントが付与される。ほぼ毎月テキストに付いている。他方、「実力診断テスト」は年に数回ある。3年生以降は4教科の場合が多い。「赤ペン先生の問題」と同様に努力賞ポイントが付与される。

努力賞編集

「努力賞」は、提出課題を提出すると付与される努力賞ポイントで、様々な賞品と交換できるサービスである。努力賞ポイントは、「赤ペン先生の問題」や「実力診断テスト」を提出することによって付与される。

学習スタイル編集

タブレット中心で学ぶ「チャレンジタッチ」と、紙のテキスト中心で学ぶ「チャレンジ」があり、選ぶことができる。

オプション教材編集

進研ゼミ小学講座には、有料で申し込めるオプションドリルが用意されている。一部の書店でも販売されている。

1年生 - 4年生編集

国語算数発展ワーク
通常の「チャレンジ」より難易度が高い問題が豊富な発展ワーク。春・夏・秋・冬の全4号である。「知識を使いこなす力」(リテラシー)を身につける問題も用意されている。1・2年生は、国語算数各12回だが、3・4年生は、国語算数各14回と確認テストである。4年生は、通常のチャレンジ同様、自分で答え合わせをする。
漢字計算くりかえしドリル
基礎となる漢字・計算の問題が掲載されているドリル。夏休み・冬休み・春休みの全3号。1 - 4年生共に、漢字計算各30回分である。

5年生・6年生編集

国語算数ハイレベルテキスト
国語算数発展ワーク同様、難易度の高い問題が豊富なテキスト。春・夏・秋・冬の全4号。
漢字計算くりかえしドリル
内容は1 - 4年生の漢字計算くりかえしドリルと同じ。春・夏・秋・冬の全4号。

過去のオプション教材編集

スタディボックス
ファミコン専用の周辺機器。3~5年生向けで算数・理科に重点を置いたサイエンスコースと4~6年生向けの英語に特化したイングリッシュコース(イングリッシュチャレンジファミコンコース)があった。毎月送られてくる教材はテキストと音声・プログラムデータが入ったカセットテープ(サイエンスコース)だった。初期は算数・理科に国語・社会も追加した4教科対応型だった。
イングリッシュチャレンジ
英語に特化したオプション教材。4年生~中学3年生向けで英会話を中心に見る・聞く・書く・読むの4ステップで学べるレギュラーコースと4~6年生向けでテレビゲーム感覚で学べるファミコンコース(スタディボックスイングリッシュコース)があった。毎月送られてくる教材はレギュラーコースがテキスト(添削問題用答案用紙はとじ込み)とVHSテープとカセットテープ、ファミコンコース(スタディボックスイングリッシュコース)がテキストと音声・プログラムデータが入ったカセットテープと添削問題集(答案用紙は巻末にとじ込み)だった。
BenePa小学講座シリーズ
2015年2月17日からプリペイドカード方式のデジタルオプション教材『BenePa(ベネパ)』をコンビニチェーンであるローソン限定で販売。その後はAmazonでも購入することができたが、2016年10月31日をもってすべての販売を終了した。

キャラクター編集

1年生~3年生
・ブン兄ちゃん(中村文一)
・キッズ(井上きずな)
・ラッキー(村木こすも)
・コラショ
・いけのカンがえる
・うさぎのめめ
・くりけいかん
4年生
・ジュンペー(稲城淳平先生)国語担当
・はなっち(五十嵐花先生)算数担当
・かおるん(生島薫先生)理科担当
・なおさん(真壁尚行先生)社会担当
・編集長(西村裕)
・トム
・ウッシー(牛島大)
・みう(野村美海)
5年生
・だいちゃん(高橋大輔先生)国語担当
・さーや(木村さやか先生)算数担当
・なっち(高田七美先生)理科担当
・ゆうさん(中川雄山先生)社会担当
・編集長(井原知朗)
・くがっち
・ケンタ(立部健太)

6年生編集

・こやっち(小矢野真一先生)国語担当
・あいちゃん(伊藤愛子先生)算数担当
・よっしー(杉尾佳乃先生)理科担当
・はやしゅー(早川周作先生)社会担当
・編集長(広中剛造)
・おいちゃん
・タケル(早川尊)
4年生~6年生
・きたパタ(北方リカ)情報誌担当
・たじー(田島浩貴)情報誌担当
・マイマイ(中野舞)情報誌担当

プロモーション展開編集

かつては小学館の学年別学習雑誌に入会申し込みはがき付広告が掲載されていたが、1998年に廃止された。最近では小学校入学準備シーズンにアニマックスキッズステーションでアニメCMを放送し、受講者獲得のためのプロモーションを展開している。 1993年4月から1996年3月にかけて、「ふしぎチャレンジ」というミニ講座をテレビ朝日系列で放映していた時期もあった。 2015年夏にSCRAP主催の謎解きイベントであるリアル脱出ゲームとのコラボレーション『探偵ズーノの挑戦状・小学生謎解きにチャレンジ』が開催され、予選は全国5都市の遊園地を巡回する野外ツアー形式で実施され、決勝はテレビ番組の収録となり2015年9月5日TBSテレビ関東ローカル)にて、同年9月20日BS-TBSで全国放送した[1]。コラショデビュー20周年を記念してアニメ映画化が決定し、「映画 コラショの海底わくわく大冒険!」のタイトルでGYGA配給により2019年2月1日に公開することが決定した。

アニメ映画編集

映画 コラショ
原作 ベネッセコーポレーション
製作 ベネッセコーポレーション
配給 GYGA
コラショ
井上きずな
村木こすも
いけのカンがえる
うさぎのめめ
大谷育江
岡村明美
森谷里美
浜田賢二
増田ゆき
映画:コラショの海底わくわく大冒険!
監督 奥村よしあき
脚本 広田光毅
キャラクターデザイン 井上・ヒサト(原案)
荒巻園美(アニメーションキャラクター)
音楽 青木しんたろう
制作 トムス・エンタテインメント
封切日 2019年2月1日
上映時間
テンプレート - ノート

コラショデビュー20周年を記念して劇場用アニメとして制作することが決定し、「映画 コラショの海底わくわく大冒険!」のタイトルで2019年2月1日に公開。ゲスト声優として小島よしおが出演することが決定し、本作の応援サポーターとして就任した。前売り鑑賞券は上映館の窓口ではなくLoppi内のローチケにて独占販売している。

キャスト編集

レギュラーキャラクター編集
映画オリジナルキャラクター編集

スタッフ編集

主題歌編集

「ひかりのやくそく」
歌 - うちやえゆか feat まらしぃ

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 予選はあらかじめ特設サイトにて事前にWeb登録した親子限定で当日会場に来ることが条件となる。また予選会場に来なくても謎解きキットの体験版を無償で取り寄せることが出来る。

外部リンク編集