メインメニューを開く

青森県立三本木高等学校・附属中学校

青森県立三本木高等学校・附属中学校(あおもりけんりつさんぼんぎこうとうがっこう・ふぞくちゅうがっこう, Aomori Prefectural Sanbongi Junior and Senior High School)は、青森県十和田市西五番町にある県立の高等学校中学校併設一貫校。高校の略称は「三高」(さんこう)であるが、附属中学校の略称は既に市内に十和田市立三本木中学校があるため、「附属中」と呼ばれる事が多い。

青森県三本木高等学校・附属中学校
Aomori Prefectural Sanbongi High School 1.JPG
過去の名称 三本木町立三本木実科高等女学校
三本木町立三本木高等女学校
青森県立三本木高等女学校
青森県立三本木女子高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 青森県の旗 青森県
校訓 学業の練磨
人格の陶冶
体力の養成
設立年月日 1926年大正15年)5月1日
創立記念日 5月1日
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
設置学科 普通科
学期 2学期制
高校コード 02128J
所在地 034-0085
青森県十和田市西五番町7番1号
北緯40度36分11.8秒 東経141度13分9.34秒 / 北緯40.603278度 東経141.2192611度 / 40.603278; 141.2192611座標: 北緯40度36分11.8秒 東経141度13分9.34秒 / 北緯40.603278度 東経141.2192611度 / 40.603278; 141.2192611
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
青森県立三本木高等学校・附属中学校の位置(青森県内)
青森県立三本木高等学校・附属中学校

目次

概要編集

歴史
1926年大正15年)創立の高等女学校を前身とする。1948年昭和23年)の学制改革で新制高等学校となる。当初は女子校であったが、翌1949年(昭和24年)には男女共学を開始した。2007年(平成19年)には附属中学校を設置し、青森県内の公立校としては初めて中高一貫教育を開始。附属中学校設置以降も高校からの入学も可能。2011年平成23年)に創立85周年を迎えた。
設置課程・学科(高等学校)
全日制課程 普通科 - 普通コース・SSHコース
かつては理数科を有していたが、2012年(平成24年)3月に廃止された。
校訓
「学業の練磨・人格の陶冶・体力の養成」
校是
「規律ある進学校・文武両道」
校章
それぞれ「中」・「高」の文字を図案化したもの。
校歌
1951年(昭和26年)に制定。作詞は佐藤春夫、作曲は大中寅二による。歌詞は2番まであり、校名は登場しない。
進路
ほとんどの生徒が四年制大学をはじめとする上級学校への進学を目指している。
同窓会
「三高会」と称している。

沿革編集

前史(実業補習学校・実業学校)時代
高等女学校時代
  • 1926年(大正15年)
    • 3月3日 - 「三本木町立三本木実科高等女学校」の設立が認可される(創立年)。 初代校長に川口亀次郎が就任。
    • 5月1日 - 開校式を挙行。以降この日を開校記念日と制定。
  • 1927年昭和2年)3月9日 - 修業年限を4年とする。
  • 1933年(昭和8年)
    • 3月22日 - 「三本木町立三本木高等女学校」に改称(「実科」が除かれる)。
    • 4月1日 - 三本木町大字三本木字寺向10番地に校舎が完成。
  • 1935年(昭和10年)5月1日 - 校旗と校歌(作詞:弥富破摩雄、作曲:橋本國彦)を制定。
  • 1936年(昭和11年)2月15日 - 移管により、「青森県立三本木高等女学校」に改称。
  • 1943年(昭和18年)4月1日 - 高等女学校令が廃止され、中等学校令が施行される。
  • 1944年(昭和19年)- 勤労動員が開始。
  • 1945年(昭和20年)
    • 4月1日 - 学校での授業を停止。ただし勤労動員は継続。
    • 8月 - 終戦。
    • 9月 - 授業を再開。
  • 1946年(昭和21年)4月1日 - 修業年限を5年とする(ただし4年修了時点で卒業することもできた)。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 学制改革六・三制の実施)が行われる。
    • 高等女学校の生徒募集を停止。
    • 新制中学校を併設し(名称:青森県立三本木高等女学校併設中学校、以下・併設中学校)、高等女学校1・2年修了者を新制中学2・3年生として収容。
    • 併設中学校は経過措置としてあくまで暫定的に設置されたため、新たに生徒募集は行われず、在校生が2・3年生のみの中学校であった。
    • 高等女学校3・4年修了者はそのまま在籍し、4・5年生となった(ただし4年修了時点で卒業することもできた)。
新制高等学校
  • 1948年(昭和23年)
    • 4月1日 - 学制改革(六・三・三制の実施)により高等女学校は廃止され、新制高等学校青森県立三本木女子高等学校」が発足。
      • 高等女学校卒業者(5年修了者)を新制高校3年生、高等女学校4年修了者を新制高校2年生、併設中学校卒業者(3年修了者)を新制高校1年生として収容。
      • 併設中学校を継承し(名称:青森県立三本木女子高等学校併設中学校)、在校生が1946年(昭和21年)に高等女学校へ最後に入学した3年生のみとなる。
      • 通常制普通課程を設置。
    • 7月1日 - 百石町立百石小学校(現・おいらせ町立百石小学校)に定時制の百石分校を併置(青森県立三本木農業高等学校と合同)。
  • 1949年(昭和24年)
  • 1951年(昭和26年)6月30日 - 新校歌(現校歌)を制定。
  • 1952年(昭和27年)6月1日 - 大三沢分校を設置。
  • 1954年(昭和29年)4月1日 - 大三沢分校が分離し、青森県大三沢高等学校として独立。
  • 1963年(昭和38年)4月1日 - 通常制普通課程を全日制課程普通科に改称。
  • 1972年(昭和47年)
    • 10月2日 - 火災により、体育館・寄宿舎等を除く校舎すべてを焼失。
    • 10月6日 - 現在地(旧・青森県立三本木農業高等学校の校舎)に移転。
    • 12月4日 - 新校舎が完成。
  • 1973年(昭和48年)4月1日 - 理数科を設置。
  • 1974年(昭和49年)1月22日 - 三高会館(同窓会館)が完成。
  • 1975年(昭和50年)11月14日 - 創立50周年記念式典を挙行。
  • 1978年(昭和53年)4月1日 - 青森県立三本木農業高等学校より十和田分校が移管される。
  • 1981年(昭和56年)11月27日 - 財団法人青森県立三本木高等学校後援会が発足。
  • 1984年(昭和59年)3月20日 - 剣道場「武道館」が完成。
  • 1986年(昭和61年)9月18日 - 創立60周年を記念して弓道場「唯心館」が完成。
  • 1989年(平成元年)4月1日 - 十和田分校が分離し、青森県立十和田西高等学校として独立。
  • 2001年(平成13年)6月5日 - 第54回青森県高等学校総合体育大会(高総体)で友情杯を受賞。
  • 2002年(平成14年)1月20日 - 普通教室の東棟を改修。
  • 2003年(平成15年)1月20日 - 特別教室棟を改修。
  • 2004年(平成16年)1月9日 - 管理棟の北側を改修。
  • 2005年(平成17年)
    • 1月24日 - 管理棟の南側を改修。
    • 10月6日 - 創立80周年を記念して三高・薫風会館を改修。
    • 10月27日 - 中庭の植栽工事を完了。
  • 2006年(平成18年)
    • 3月27日 - 特別教室棟を改修。
    • 4月1日 - 青森県立三本木高等学校附属中学校(仮称)の開設準備室を設置。
    • 4月 - 中高一貫にそなえ、時間割を変更。従来の朝補講を廃止する代わりに授業開始時間を早め、7時間目の授業を追加して授業時間を確保。
    • 6月30日 - 青森県条例第79号により、「青森県立三本木高等学校附属中学校」を設置。
中高一貫教育

部活動編集

1978年昭和53年)インターハイ優勝の卓球部、女子サッカー部やなぎなた部、ソフトボール部などのインターハイ出場、文芸部の全国レベルのコンクールでの活躍など、全国的な場面でも名を残している。高総体では友情杯を4度も獲得するなど、全体的に女子の活躍が目立つ。また、2009年平成21年)度のファッション甲子園でも優勝するなど、様々な活躍も残した。

中学校では、ハンドボール部が2011年度の県大会優勝をし、富山県で行われる全国大会に出場した。

著名な出身者編集

交通アクセス編集

最寄りのバス停

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集