メインメニューを開く

高島町駅

日本の神奈川県横浜市西区にある横浜市営地下鉄の駅

高島町駅(たかしまちょうえき)は、神奈川県横浜市西区花咲町7丁目にある、横浜市営地下鉄ブルーライン(3号線)のである。駅番号B19

高島町駅
駅1番出入口(2016年2月)
駅1番出入口(2016年2月)
たかしまちょう
Takashimacho
B18 桜木町 (1.2km)
(0.9km) 横浜 B20
所在地 横浜市西区花咲町7丁目41番地[1]
駅番号 B19
所属事業者 横浜市交通局横浜市営地下鉄
所属路線 ブルーライン(3号線)
キロ程 1.9km(関内*起点)
湘南台から21.6km
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
5,272人/日(降車客含まず)
-2018年-
乗降人員
-統計年度-
10,612人/日
-2018年-
開業年月日 1976年昭和51年)9月4日
備考 直営駅[2]
*3号線の起点として
テンプレートを表示

概要編集

当駅周辺地区(みなとみらい地区)は、横浜市における都心(ツインコア)の一つである「横浜都心」に指定されている[3]

かつては日本国有鉄道鉄道省の省線)・東京急行電鉄東横線にも高島町駅が存在したが、いずれも廃止された。

歴史編集

駅名の由来編集

高島」と「高島町」はいずれも明治初期にこの地を鉄道用地として埋め立て高島嘉右衛門に因むものである。町名もかつては高島町だった。なお、現在の横浜市営地下鉄の高島町駅は、隣接する花咲町に位置する。

駅構造編集

横浜市交通局編集

島式ホーム1面2線の地下駅である。ホームドアを設置している。

付近の高島町交差点は、地上には国道1号国道16号新横浜通り(桜川新道)・神奈川県道13号横浜生田線が、上空には首都高速神奈川1号横羽線が、地下には国道1号高島町立体交差・共同溝・横浜市営地下鉄3号線が交差しており、さらにその下を横浜市営地下鉄2号線(のちに計画廃止)が交差する計画が立てられていた[4]

のりば編集

番線 路線 行先
1   ブルーライン 関内湘南台方面
2 横浜あざみ野方面
  • 上表の路線名は旅客案内上の名称(愛称)で記載している。

日本国有鉄道(廃止)編集

1914年に国鉄で京浜線電車(後の京浜東北線)の運転が開始された際から、翌1915年に現在の桜木町駅の位置にあった(初代)横浜駅が高島町に移転する(1928年に再度現在地へ移転)までの間は、電車線の仮終着駅として「高島町駅」が設けられていた。

東京急行電鉄(廃止)編集

高島町駅
 
旧東横線高島町駅
たかしまちょう
Takashimachō
横浜 (0.8km)
(1.3km) 桜木町
所在地 横浜市西区高島二丁目
所属事業者 東京急行電鉄(東急)
所属路線 東横線
キロ程 25.0km(渋谷起点)
駅構造 高架駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
9,433人/日
-2003年-
開業年月日 1928年昭和3年)5月18日
廃止年月日 2004年平成16年)1月31日
テンプレートを表示

2004年に、東横線がみなとみらい線直通運転を実施するために横浜 - 桜木町間を廃止した際に、当駅も廃止となった。廃止後、線路などの施設は概ね撤去されているが、当駅のプラットホームは上屋が撤去されたのみで残存している。

各駅停車のみの停車だった。

のりばは、島式ホーム1面2線の高架駅であった。

のりば(廃止時)編集

番線 路線 方向 行先
1 東横線 下り 桜木町行き
2 上り 菊名自由が丘渋谷方面

横浜市による再開発計画編集

高島駅を含む廃線区間(約1.8km)に、横浜市は約85億円を投じて遊歩道を整備し、2021年度に開放する予定である。アメリカ・ニューヨーク市で廃止された鉄道高架を再生した「ハイライン」をモデルにしている[5]

利用状況編集

  • 横浜市営地下鉄 - 2018年度の1日平均乗降人員10,612人(乗車人員:5,272人、降車人員:5,340人)である[乗降データ 1]

年度別1日平均乗降人員(東横線廃止前)編集

近年の1日平均乗降人員推移は下記の通り。

年度別1日平均乗降人員[乗降データ 1][乗降データ 2]
年度 東京急行電鉄 横浜市営地下鉄
1日平均
乗降人員
増加率 1日平均
乗降人員
増加率
1999年(平成11年) 6,002
2000年(平成12年) 5,678 −5.4%
2001年(平成13年) 5,743 1.1%
2002年(平成14年) 9,758 5,779 0.6%
2003年(平成15年) 9,433 −3.3% 5,922 2.5%

年度別1日平均乗降人員(東横線廃止後)編集

年度別1日平均乗降人員[乗降データ 1]
年度 横浜市営地下鉄
1日平均
乗降人員
増加率
2004年(平成16年) 6,183 4.4%
2005年(平成17年) 6,400 3.5%
2006年(平成18年) 6,716 4.9%
2007年(平成19年) 6,989 4.1%
2008年(平成20年) 6,638 −5.0%
2009年(平成21年) 7,250 9.2%
2010年(平成22年) 6,785 −6.4%
2011年(平成23年) 6,679 −1.6%
2012年(平成24年) 7,316 9.5%
2013年(平成25年) 8,167 11.6%
2014年(平成26年) 8,457 3.6%
2015年(平成27年) 8,726 3.2%
2016年(平成28年) 9,054 3.8%
2017年(平成29年) 9,662 6.7%
2018年(平成30年) 10,612 9.8%

年度別1日平均乗車人員(東横線廃止前)編集

近年の1日平均乗車人員推移は下記の通り。

年度別1日平均乗車人員[乗降データ 1]
年度 東京急行電鉄 横浜市営
地下鉄
出典
1979年(昭和54年) 1,266
1980年(昭和55年) 3,362 1,357
1981年(昭和56年) 3,233 1,126
1982年(昭和57年) 3,274 1,139
1983年(昭和58年) 3,082 1,255
1984年(昭和59年) 2,926 1,655
1985年(昭和60年) 2,770 2,263
1986年(昭和61年) 2,847 2,373
1987年(昭和62年) 2,839 1,718
1988年(昭和63年) 3,025 1,950
1989年(平成元年) 3,348 2,166
1990年(平成02年) 3,153 2,025
1991年(平成03年) 3,298 2,132
1992年(平成04年) 3,320 2,283
1993年(平成05年) 3,426 2,715
1994年(平成06年) 3,277 2,649
1995年(平成07年) 3,221 2,688 [乗降データ 3]
1996年(平成08年) 3,126 2,778
1997年(平成09年) 3,068 2,943
1998年(平成10年) 3,130 2,941 [神奈川県統計 1]
1999年(平成11年) 3,286 2,875 [神奈川県統計 2]
2000年(平成12年) 3,342 2,749 [神奈川県統計 2]
2001年(平成13年) 3,374 2,742 [神奈川県統計 3]
2002年(平成14年) 3,379 2,795 [神奈川県統計 4]
[備考 1] 2003年(平成15年) 3,293 2,897 [神奈川県統計 5]

年度別1日平均乗車人員(東横線廃止後)編集

年度別1日平均乗車人員[乗降データ 1]
年度 横浜市営
地下鉄
出典
2004年(平成16年) 3,001 [神奈川県統計 6]
2005年(平成17年) 3,136 [神奈川県統計 7]
2006年(平成18年) 3,242 [神奈川県統計 8]
2007年(平成19年) 3,433 [神奈川県統計 9]
2008年(平成20年) 3,271 [神奈川県統計 10]
2009年(平成21年) 3,571 [神奈川県統計 11]
2010年(平成22年) 3.359 [神奈川県統計 12]
2011年(平成23年) 3,312 [神奈川県統計 13]
2012年(平成24年) 3,629 [神奈川県統計 14]
2013年(平成25年) 4,056 [神奈川県統計 15]
2014年(平成26年) 4,200 [神奈川県統計 16]
2015年(平成27年) 4,340 [神奈川県統計 17]
2016年(平成28年) 4,503
2017年(平成29年) 4,795
2018年(平成30年) 5,272
備考
  1. ^ 2004年1月30日まで

駅周辺編集

路線バス編集

最寄りバス停は高島町であり、以下の路線が運行されている。

乗り場 系統 経由 行先 会社
1 8,9,26,58,102,103,105 横浜駅前(東口バスターミナル) 市営
横43・横44・港61・77 神奈中
江ノ電
110 京急
141,100円バス 横浜駅 ポートサイド
2 8 桜木町駅中華街入口・(本牧市民公園) 本牧車庫 市営
26 桜木町駅・中華街入口 海づり桟橋

横浜港シンボルタワー

本牧車庫

58 桜木町駅・中華街入口・(みなと赤十字病院)・本牧 磯子車庫
105 桜木町駅・市庁前・元町・(本牧市民公園) 本牧車庫
横43,横44 桜木町駅・井土ヶ谷・(こども医療センター) 戸塚駅東口 神奈中
港61 桜木町駅・上大岡駅 港南台駅
日ノ出町・上大岡駅 大船駅東口

栗木

江ノ電
110 桜木町駅・滝頭 杉田平和町

磯子駅西口

京急けい
3 101 保土ヶ谷車庫 市営
106 浜松町 境木中学校

保土ヶ谷駅東口

4 101 桜木町駅・市庁前・元町 根岸駅
106 本牧車庫


隣の駅編集

  横浜市営地下鉄
  ブルーライン(3号線)
快速
通過
普通
桜木町駅 (B18) - 高島町駅 (B19) - 横浜駅 (B20)

かつて存在した路線編集

  東京急行電鉄
東横線
横浜駅 - 高島町駅 - 桜木町駅

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『横浜市高速鉄道建設史II』 横浜市交通局、2004年3月、72ページ
  2. ^ ■交通局 大貫 憲夫議員 - 日本共産党 横浜市会議員団
  3. ^ 横浜市都市計画マスタープラン(全体構想) (PDF) 平成25年3月発行。編集・発行、横浜市都市整備局企画部企画課。
  4. ^ 『横浜市高速鉄道建設史』 横浜市交通局、1987年12月、188-59ページ
  5. ^ “廃線がつなぐ(4)市民の憩いの場に変身 寂れた飲食店街にも新風”. 『日本経済新聞』夕刊. (2017年6月9日). http://www.nikkei.com/article/DGKKZO17503620Z00C17A6CR0000/ 

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集