メインメニューを開く
復元された高瀬舟
京都市を流れる運河高瀬川」にて。川の名は「高瀬舟」にちなんでいる。

高瀬舟[1]/高瀬船(たかせぶね、旧字体表記高瀨舟/高瀨船[2][3]とは、日本各地で使用されていた川舟/川船(かわぶね)の一種[1][2]

上代から中世にかけて主に河川で用いられた吃水の浅い小船と[2]近世以降に普及した、川船の代表として各地の河川で貨客の輸送に従事した船とに大別される[2]

目次

概要編集

高瀬舟は河川や浅海を航行するための木造船である。

高瀬舟」という語の初出は、平安時代前期に編纂された歴史書日本三代実録』の巻第46の元慶8年9月16日条(西暦換算:ユリウス暦884年10月8日先発グレゴリオ暦同年10月12日の条)[2]に見られる、以下の記述である[4][2][5]

《 原 文 》 ○十六日癸酉。令下二近江丹波兩國。各造高瀨舟三艘。其二艘長三丈一尺。廣五尺。二艘長二丈一尺。廣五尺。二艘長三丈一尺。廣三尺。送神泉苑
         ──『日本三代實錄』卷第四十六 起元慶八年六月元慶八年十二月 [4][2]

書き下し文》 十六日(じふろくにち) 癸酉(みづのととり)近江(あふみ)丹波(たんば) 両国(りやうこく)をして(おのおの) 高瀬舟(たかせぶね) 三艘(さんさう) (つく)らしむ。()の二艘(ちやう)三丈(さんぢやう)一尺(いつしやく)(こう)五尺、二艘長二丈一尺、広五尺、二艘長三丈一尺、広三尺、神泉苑(しんせんゑん)に送る。[4][6](p3)
口 語 訳》 [9月]16日癸酉(みずのととり)、[朝廷が]近江(おうみ)丹波(たんば)両国(りょうこく)[の国人]に命じて高瀬舟を3(そう)ずつ造らせる。それら[6艘、すなわち、]長さ31・幅5尺の2艘、長さ2丈1尺・幅5尺の2艘、長さ2丈・幅3尺の2艘(※長さ約9.39m・幅約1.52mの2艘、長さ約6.36m・幅約1.52mの2艘、長さ約6.06m・幅約0.91mの2艘)を、神泉苑(しんせんえん)に送る。
 
利根川の高瀬船/千葉県立関宿城博物館所蔵の、近現代の写真。

中世の高瀬舟は、船体が小さく、高背で、船底が深かった。近世になると船体は大きくなり、船底は平たく浅くなった。

近世以降に普及したほうの高瀬舟は、室町時代末期頃の備中国美作国(現在の岡山県岡山市周辺一帯に相当)[* 1]の主要3河川(吉井川高梁川旭川。近代以降にいう『岡山三大河川』)などで使用され始め、江戸時代になると日本各地に普及し、昭和時代初期まで使用された。帆走、もしくは、や人が曳く方法(cf. 曳舟道)で運行され、物資の輸送を主な目的としていた[7]。主な輸送物資は、岡山においては、年貢木材海産物醤油などがある[8]角倉了以素庵親子が開削して京都伏見間を繋いだ運河高瀬川」は、それによって隆盛を始めた当地域における高瀬舟の運航にちなんで名付けられたものである。

構造編集

   
主要な4地域の高瀬船
利根川の高瀬船
描かれた高瀬船
葛飾北斎富嶽三十六景(ふがくさんじゅうろっけい) 常州(じょうしゅう) 牛堀(うしぼり)』/名所浮世絵揃物富嶽三十六景』の第19景。この一枚は多色摺(たしょくずり)で、つまり錦絵であるが、初摺は藍摺であった。常陸国行方郡牛堀村(幕藩体制下の常州水戸藩知行牛堀村。現・茨城県潮来市牛堀の旧 牛堀村域、旧・行方郡牛堀町の旧 牛堀村域)[gm 1]を描いている。当時の牛堀は富士見名所でもあった霞ヶ浦の南端の水郷で、鹿島や銚子(現在の鹿島市辺りや銚子市辺り)などへ向かう航路として往来が盛んであった[9]。なお、実際の霞ヶ浦は富士山が見える東端に近い地点であり、これほど大きく見えたわけではない。朝霧の中、茂る水の上に1艘の大きな高瀬船が浮かんでいる[3]帆柱ごと畳まれていて船出にはまだ刻がある。このような船の船乗りは陸の宿には滅多に泊まらず、船上で寝起きするものである。船首近くには造りのしっかりした切妻屋根を設けた部屋がある。男の一人は炊きの支度をしており、屋根の板を外し、船外へ身を乗り出して鍋の中の磨ぎ汁を捨てている[9]。その音に驚いて葦の茂みから2羽の白鷺が飛び立っている[9]

近世以降に普及した高瀬船は、広まってからというもの、日本の川船の代表する存在となり、大小様々なものが建造された。備中国美作国の主要3河川(吉井川高梁川旭川)でも、山城国高瀬川駿河国富士川下総国利根川[10]でも、河川舟運を担う最も重要な川船であった。

近世以降に普及した高瀬船は帆船であり、は1の布を細い(船頭綱)でからめて連結したもので、中央の帆柱・帆桁(ほげた)・帆綱で支えられており、船体内部は張り板(船首から前舟張り、中舟張り、後舟張り)で区切られ、それぞれ表の間・胴の間・艫(とも)の間と呼ばれている。船頭は舳先の立板に立ち、さお)で岩を避けつつ操作した。[11]

近世以降に普及した高瀬船の大きさが分かる史料としては、正田家文書『忍藩御手船新艘注文帳』がある[* 2]。これは忍藩が高瀬船1艘を新造した文化14年(1817年)の注文書である[10]。それによると、注文した高瀬船の大きさは、敷長121(約22.20m)、横胴敷13(約3.12m)、敷板厚1寸6(約0.11m)、巾78寸(約2.36m)、釘間5寸(約0.15m)というものであった[12][10]。その大きさのため、川を下るときはなどを使って下り、反対に上る際には帆を張って風の力で進んだり、人力で網を引っ張り上げたりした。[13]

舟での生活編集

近世以降に普及した高瀬船の船乗りは、陸上の宿に泊まることはほとんどなく、船上で寝起きしていた。川水を飲料水に使用し、や瓦竈(かわらくど[* 3]などの炊事道具や布団を積み込んでいた。浮世絵師葛飾北斎の手になる『富嶽三十六景 常州 牛堀』には、水上生活者の範疇にある彼らの暮らしぶりが描き込まれている(■右列に画像と詳説あり)。近世以降の高瀬船は、土足で入ると縁起が悪くなるといって水できれいに洗った足半(あしなか。足裏の半ばまでしかない、草履の一種)を履いて船に乗った。[14]。 

船頭歌編集

高瀬舟が荷積して山峡の船路を上るのは大変な重労働であった。岡山では、船頭は川底に竿を着け、その端を自分の胸に当て、舟尾に向かってふんばり歩いて舟を押し進めながら、寂声(さびごえ。枯れて渋みのある声)ででまかせ歌を歌う。「ヨーイヤナー、ソーリヤーヨー 赤いやつを出してヨー せんたくしとるノー」[15]

各地の高瀬舟編集

備中・美作の高瀬舟編集

  • 真庭市勝山の高瀬舟
真庭市勝山の高瀬舟の関連遺構
勝山町並み保存地区裏の高瀬舟発着場
真庭市勝山の旭川河岸にある舟宿跡

岡山県真庭市勝山[gm 2]明治初期の真島郡勝山村江戸時代における美作国真島郡勝山村、幕藩体制下の美作勝山藩知行高田村)には、かつて高瀬舟が行きかっていた発着場が残っている。かつてここでは川下からや海産物・干し海老ほしえび)・畳表たたみおもて)などの生活必需品の多くが高瀬舟によって山間部へもたらされ、さらにここから山中地域(旧・真庭郡域)へ送り出されていた。そして、山中地域からは木炭・蒟蒻(こんにゃく)などの物資を積み下ろしたりなど、物資の集散地になっていた[16]。 岡山方面への舟は、午前中に荷積みをし、落合で1泊した後、翌日、岡山まで下る。その翌日に荷を下ろし、終わり次第戻って荷を積む。岡山からの帰りは4日程度かかっていた。[17]

江戸時代中期にあたる享保17年(1732年)の『高田村絵図』に描かれた高瀬舟の発着場は、現在の中国勝山駅の裏辺りであり、「浜」と呼ばれ、岡山まで18(約70.69km)、蔵から年貢米を積み出していたと思われる[18]

明治時代[いつ?]には370艘ほどが稼働しており、そのうち、落合(明治半ばにおける真島郡落合町、現・真庭市落合地区[gm 3])に100艘、久世(明治半ばにおける大庭郡久世村、現・真庭市久世[gm 4])に30艘、勝山(明治半ばにおける真島郡勝山町、現・真庭市勝山)には48艘程度の船が発着していた[19]

  • 真庭市落合の高瀬舟

山城の高瀬川の高瀬舟編集

駿河の富士川の高瀬舟編集

利根川の高瀬舟編集

関連作品編集

美術編集

高瀬舟をかなり詳細に描いたものとしては、霞ヶ浦に停泊する利根川の高瀬船を描いた葛飾北斎名所浮世絵富嶽三十六景 常州牛堀』(■右列に画像と詳説あり)や、江戸本所の四ツ木通用水(通称曳舟川)での高瀬船の曳舟の様子を描いた歌川広重の『名所江戸百景 四ツ木通用水引ふね』[7]などがある。ほかにも、多くは画面上の“脇役”としてではあるが、浮世絵師を中心に様々な絵師によって描かれている。

文学編集

森鴎外短編小説高瀬舟』では、江戸時代における京都高瀬川と高瀬舟が物語の舞台背景になっている。

関連商品編集

 
高瀬舟羊羹(外装)

岡山県真庭市の落合地区(江戸時代における美作国真島郡内の後世の落合町相当地域)では、明和元年(1764年)以来の伝統和菓子である落合羊羹が、考案者の老舗・古見屋羊羹を始めとするいずれも老舗の5業者・5店舗によって製造・販売されている[20]が、古見屋羊羹では主たるバリエーション商品として「高瀬舟羊羹」も製造・販売している[20]。開発時期についての情報は確認できない。中身は昔ながらの田舎羊羹であるが、パッケージデザインを舟形にして、旭川河川舟運を担った高瀬舟にゆかりある土地柄にふさわしい商品となっている[20]。また、名称こそ違うが、古見屋以外の4業者も同様に舟形の外装で高瀬舟を表した商品を製造・販売している[20]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 出典資料が示す地域は押し並べて「岡山県」であるが、室町時代末期ということでは換言が必要。現在の岡山市周辺一帯を中心地と解釈したうえで、「備中国の中心部と美作国の中心部を核とする地域一帯」との旨で「備中国・美作国(現在の岡山県岡山市周辺一帯に相当)」と書き換えた。
  2. ^ 「242 文化十四年(一八一七)二月 忍藩御手船新艘注文帳」(埼玉県立文書館所蔵 正田家文書)拠り、(行田市史編さん委員会『行田市史 資料編 近世1』2010年所収)。
  3. ^ 瓦竈(かわらくど)とは、材で作られた移動式の(くど)。画像資料(瓦クド - 一宮市博物館データ検索システム)。
  1. ^ 潮来市牛堀(地図 - Google マップ…※該当地域は赤い線で囲い表示される)
  2. ^ 真庭市勝山(地図 - Google マップ…※該当地域は赤い線で囲い表示される)
  3. ^ 落合地区の代表的区域として、真庭市古見(地図 - Google マップ…※該当地域は赤い線で囲い表示される)
  4. ^ 真庭市久世(地図 - Google マップ…※該当地域は赤い線で囲い表示される)

出典編集

  1. ^ a b 高瀬舟”. コトバンク. 2019年5月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 高瀬舟・高瀬船”. 小学館『精選版 日本国語大辞典』. コトバンク. 2019年5月10日閲覧。図説もあり
  3. ^ a b 千葉県立関宿城博物館 平成17年度企画展「高瀬船物語」図録”. 日本財団図書館(公式ウェブサイト). 日本財団 (2005年). 2019年5月10日閲覧。
  4. ^ a b c 国史大系. 第4巻 日本三代実録”. 国立国会図書館デジタルコレクション(公式ウェブサイト). 国立国会図書館. 2019年5月11日閲覧。※該当文のある頁は「六百四十四」、コマ番号 330 の右ページ。
  5. ^ 「吉井川を科学する シリーズ『岡山学』2」(岡山理科大学『岡山学』研究会。2004年。72頁所収。
  6. ^ 小糸川倶楽部 (2008年8月6日). “小糸川の川舟 - 平成20年度記録集 (PDF)”. きみつアーカイブス(公式ウェブサイト). 君津市. 2019年5月11日閲覧。
  7. ^ a b 江戸東京博物館 図書室 (2015年6月8日). “江戸時代の舟運で使用した小舟を上流に移動させるには。(2003年)”. 公式ウェブサイト. 東京都江戸東京博物館. 2019年5月14日閲覧。
  8. ^ 『みんなで学ぶふるさと美作のあゆみ』美作国建国1300年記念事業実行委員会、2014年、72頁所収。
  9. ^ a b c 常州牛堀”. 葛飾北斎「富嶽三十六景」解説付き. 企画工房 ライフデザイン社. 2019年5月10日閲覧。
  10. ^ a b c 行田市史編さん委員会(2010)498頁。※【特記】原文によれば、高瀬船は利根川舟運の代表的な川船、とのことであるが、その意味での高瀬船は「近世以降に普及したほうの高瀬船」であり、また、利根川に限ったものではない。
  11. ^ 岡山県史.岡山県史編纂委員会.昭和58年3月31日.321,322頁。
  12. ^ 行田市史編さん委員会(2010)494-498頁。
  13. ^ 「みんなで学ぶふるさと美作のあゆみ」(美作国建国1300年記念事業実行委員会。2014年。73頁所収)
  14. ^ 「岡山県史 第15巻 民俗1」(岡山県史編纂委員会。1983年。320頁)
  15. ^ 「岡山の庶民夜話」(日本文教出版株式会社。昭和62年3月1日。77,78頁)
  16. ^ 岡山県郷土文化財団「岡山の自然と文化 14 ―郷土文化講座―」p219-220、1995年3月31日発行。
  17. ^ 勝山町史編集委員会 『勝山町史(前編)』 勝山町、1974年、702頁。
  18. ^ 「旭川を科学するPart2 シリーズ『岡山学』4」 岡山理科大学『岡山学』研究会 p45、2006年12月10日発行。
  19. ^ 勝山町史編集委員会 『勝山町史(前編)』 勝山町、1974年、703頁。
  20. ^ a b c d 【事業所特集】落合羊羹!!”. 公式ウェブサイト. 真庭商工会 (2016年8月16日). 2019年5月14日閲覧。

参考文献編集

  • 行田市史編さん委員会「242 文化十四年(一八一七)二月 忍藩御手船新艘注文帳(埼玉県立文書館所蔵 正田家文書)」、『行田市史 資料編 近世1』、行田市、2010年、494-498頁。

関連項目編集

外部リンク編集