黄 禧太(ファン・ヒーテ、朝鮮語: 황희태1978年6月12日 -)は、韓国柔道家新安郡出身。90 kg級の選手。身長175 cm[1]2003年世界柔道選手権大会グランドスラム・東京2009(この決勝の際に捨身小内刈を行ったことで物議を醸し、2010年から明確に反則技となっている)で金メダルを獲得している。2015年6月に武道特別採用で警察公務員採用試験に合格、採用。[2]

人物編集

反則負けが多いことで知られる。2005年世界選手権で泉浩と対戦した際、黄は反則技である立ち姿勢から倒れ込む腕挫腋固をを行い反則負けとなった[3]。立った状態での腕挫腋固自体は反則ではないが、立ち姿勢から倒れ込む腕挫腋固は反則である[4][5]

また、グランドスラム・東京2011の男子100 kg級決勝でロシアのセルゲイ・サモイロビッチと対戦した際にはスピード、筋力、スタミナ、技のタイミングなど、ほぼ全てにおいてを圧倒し、開始30秒で技あり同3分半で有効を取ってもなお余裕をもって間断なく攻め立てて防御に徹させ、相手方のノーポイントで指導まで取らせていたが誰もが黄の優勝を確信した残り11秒、組み手争いの最中に肩車を狙ったと思しき形でいきなりサモイロビッチの足に手をかけ、黄は反則負けとなった。これは、柔道の本質の一つであるタイミングの妙を無視して力で相手を押し倒す、相撲やレスリング的な立ち技の掛け方が増えてきたことに伴い、きちんと組んで投げて一本を取る柔道本来の姿に戻すべく国際柔道連盟2009年に導入した組み手のルールでもあった。

主な戦績編集

90 kg級での戦績

100 kg級での戦績

脚注編集

  1. ^ Hwang Hui-Tae Biography and Olympic Results
  2. ^ '경찰 변신' 황희태·정경미·임수정 "운동할 때의 성실함으로"2015年6月12日 Newsis
  3. ^ Hwang Hee-Tae's illegal waki-gatame
  4. ^ 講道館規定とIJF規定の禁止事項(反則)の比較
  5. ^ 小俣幸嗣、松井勲、尾形敬史『詳解 柔道のルールと審判法 2004年度版』大修館書店(原著2004年8月20日)、151-152頁。

外部リンク編集