メインメニューを開く

1965年ベルギーグランプリ

1965年ベルギーグランプリ (1965 Belgian Grand Prix) は、1965年のF1世界選手権第3戦として、1965年6月13日スパ・フランコルシャンで開催された。

ベルギー 1965年ベルギーグランプリ
レース詳細
1965年F1世界選手権全10戦の第3戦
スパ・フランコルシャン(1947-1978)
スパ・フランコルシャン(1947-1978)
日程 1965年6月13日
正式名称 XXV Grote Prijs van Belgie
開催地 スパ・フランコルシャン
ベルギーの旗 ベルギー スパ
コース 恒久的レース施設
コース長 14.12 km (8.774 mi)
レース距離 32周 451.180 km (280.350 mi)
決勝日天候 雨 (ウエット)
ポールポジション
ドライバー BRM
タイム 3:45.4
ファステストラップ
ドライバー イギリスの旗 ジム・クラーク ロータス-クライマックス
タイム 4:12.9 (23周目)
決勝順位
優勝 ロータス-クライマックス
2位 BRM
3位 クーパー-クライマックス

本レースには25回目の「ヨーロッパグランプリ」の冠がかけられた[注 1]

レース概要編集

ジム・クラークロータス・33英語版で大雨のレースを制した。

レース主催者とファクトリーチームとの問題は、前戦モナコGPチーム・ロータスの撤退をもたらしたが、本レースも当初は決勝への出走台数を16とし、ファクトリーチームのうち12台に対してスターティングマネーの支払いと決勝への出場を保証したことから、プライベートチームの10台には4つのグリッドしか認められなかった。プライベートチームはこれに抗議し、金曜日の走行を見合わせた。協議の結果、プライベートチームを含めた20台が土曜日の予選に参加した[1][2]

グラハム・ヒルポールポジションを獲得し、クラークとジャッキー・スチュワートフロントローに並んだ[注 2]ホンダリッチー・ギンサーは4位となり、ジャック・ブラバムとともに2列目、前年度王者のジョン・サーティースは、ロブ・ウォーカーヨアキム・ボニエジョー・シフェールとともに3列目を占めた[1]

大雨に見舞われた決勝[3]は、ヒルがクラークからリードするが、クラークはマスタキンクでヒルを抜き、そしてすぐに引き離していった。ヒルはエンジンの不調に苦しみ、スチュワートにも抜かれていった。18周目にはブルース・マクラーレンにも抜かれ、レース終盤にはブラバムにも抜かれて5位に終わった[1]。クラークは全周回でトップを走り、残り3分の1となった時点で、2位のスチュワートに1分20秒の差を付けていた。最後の6周はペースを落とし、チェッカーフラッグが振られた時は、スチュワートとの差は45秒弱にまで縮まっていた[4][5]。ギンサーは6位に入賞し、ホンダに初のポイントをもたらした[6]レグ・パーネル・レーシング英語版リチャード・アトウッドは7位を走行中のレース終盤に電信柱へ飛び込んでしまい、彼は重症を負わなかったものの、マシンは出火して爆発し、大きく損傷した[1]

エントリーリスト編集

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
  スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC 1   ジョン・サーティース フェラーリ 158 フェラーリ 205B 1.5L V8 D
2   ロレンツォ・バンディーニ 1512 フェラーリ 207 1.5L F12
  クーパー・カー・カンパニー 4   ブルース・マクラーレン クーパー T77 クライマックス FWMV 1.5L V8 D
5   ヨッヘン・リント
  オーウェン・レーシング・オーガニゼーション 7   グラハム・ヒル BRM P261 BRM P60 1.5L V8 D
8   ジャッキー・スチュワート
  ホンダ・レーシング 10   リッチー・ギンサー ホンダ RA272 ホンダ RA272E 1.5L V12 G
11   ロニー・バックナム
  ブラバム・レーシング・オーガニゼーション 14   ジャック・ブラバム ブラバム BT11 クライマックス FWMV 1.5L V8 G
15   ダン・ガーニー
  チーム・ロータス 17   ジム・クラーク ロータス 33 クライマックス FWMV 1.5L V8 D
18   マイク・スペンス
  R.R.C. ウォーカー・レーシングチーム 20   ヨアキム・ボニエ ブラバム BT7 クライマックス FWMV 1.5L V8 D
21   ジョー・シフェール BT11 BRM P56 1.5L V8
  レグ・パーネル・レーシング 22   イネス・アイルランド ロータス 25 BRM P56 1.5L V8 D
23   リチャード・アトウッド
  DWレーシング・エンタープライゼス 24   ボブ・アンダーソン ブラバム BT11 クライマックス FWMV 1.5L V8 D
25   ポール・ホーキンス 1 ロータス 33
  ジョン・ウィルメント・オートモビルズ 26   フランク・ガードナー ブラバム BT11 BRM P56 1.5L V8 D
  スクーデリア・セントロ・スッド 27   ルシアン・ビアンキ BRM P57 BRM P56 1.5L V8 D
28   ウィリー・メレス 2
29   マステン・グレゴリー
ソース:[7]
追記
  • ^1 - マシンが準備できず[8]
  • ^2 - 遅すぎたため、出場を取りやめた[8]

結果編集

予選編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 7   グラハム・ヒル BRM 3:45.4 - 1
2 17   ジム・クラーク ロータス-クライマックス 3:47.5 +2.1 2
3 8   ジャッキー・スチュワート BRM 3:48.8 +3.4 3
4 10   リッチー・ギンサー ホンダ 3:49.0 +3.6 4
5 15   ダン・ガーニー ブラバム-クライマックス 3:49.2 +3.8 5
6 1   ジョン・サーティース フェラーリ 3:49.5 +4.1 6
7 20   ヨアキム・ボニエ ブラバム-クライマックス 3:49.7 +4.3 7
8 21   ジョー・シフェール ブラバム-BRM 3:50.7 +5.3 8
9 4   ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 3:51.3 +5.9 9
10 14   ジャック・ブラバム ブラバム-クライマックス 3:51.5 +6.1 10
11 11   ロニー・バックナム ホンダ 3:52.6 +7.2 11
12 18   マイク・スペンス ロータス-クライマックス 3:52.6 +7.2 12
13 23   リチャード・アトウッド ロータス-BRM 3:53.2 +7.8 13
14 5   ヨッヘン・リント クーパー-クライマックス 3:53.3 +7.9 14
15 2   ロレンツォ・バンディーニ フェラーリ 3:54.0 +8.6 15
16 22   イネス・アイルランド ロータス-BRM 3:57.4 +12.0 16
17 27   ルシアン・ビアンキ BRM 3:59.0 +13.6 17
18 26   フランク・ガードナー ブラバム-BRM 3:59.4 +14.0 18
19 24   ボブ・アンダーソン ブラバム-クライマックス 3:59.8 +14.4 19
20 29   マステン・グレゴリー BRM 4:02.8 +17.4 20
ソース:[9]

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 17   ジム・クラーク ロータス-クライマックス 32 2:23:34.8 2 9
2 8   ジャッキー・スチュワート BRM 32 +44.8 3 6
3 4   ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 31 +1 Lap 9 4
4 14   ジャック・ブラバム ブラバム-クライマックス 31 +1 Lap 10 3
5 7   グラハム・ヒル BRM 31 +1 Lap 1 2
6 10   リッチー・ギンサー ホンダ 31 +1 Lap 4 1
7 18   マイク・スペンス ロータス-クライマックス 31 +1 Lap 12
8 21   ジョー・シフェール ブラバム-BRM 31 +1 Lap 8
9 2   ロレンツォ・バンディーニ フェラーリ 30 +2 Laps 15
10 15   ダン・ガーニー ブラバム-クライマックス 30 +2 Laps 5
11 5   ヨッヘン・リント クーパー-クライマックス 29 +3 Laps 14
12 27   ルシアン・ビアンキ BRM 29 +3 Laps 17
13 22   イネス・アイルランド ロータス-BRM 27 +5 Laps 16
14 23   リチャード・アトウッド ロータス-BRM 26 アクシデント 13
Ret 29   マステン・グレゴリー BRM 12 燃料ポンプ 20
Ret 20   ヨアキム・ボニエ ブラバム-クライマックス 9 イグニッション 7
Ret 11   ロニー・バックナム ホンダ 9 ギアボックス 11
Ret 1   ジョン・サーティース フェラーリ 5 エンジン 6
Ret 26   フランク・ガードナー ブラバム-BRM 3 イグニッション 18
DNS 24   ボブ・アンダーソン ブラバム-クライマックス 0 エンジン 19
WD 28   ウィリー・メレス BRM 遅すぎる
ソース:[10]
ラップリーダー[11]

第3戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。ベスト6戦のみがカウントされる。

注釈編集

  1. ^ 当時は毎年各国の持ち回りにより、その年の最も権威のあるレースに対して「ヨーロッパGP」の冠がかけられていた。
  2. ^ 本レースのスターティンググリッドは3-2-3。 Belgium 1965 - Starting grid”. statsf1.com. 2019年2月10日閲覧。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d Belgian GP, 1965”. grandprix.com. 2019年2月10日閲覧。
  2. ^ 1965 Belgian Grand Prix”. Motor Sport Magazine Database. 2019年2月10日閲覧。
  3. ^ (林信次 1997, p. 97)
  4. ^ Jim Clark’s 1965 season”. peterwindsor.com. 2017年1月17日閲覧。
  5. ^ “Belgian Grand Prix: Scotland Forever”. MotorSport Magazine Archive. (1965年6月13日). https://www.motorsportmagazine.com/archive/article/july-1965/12/belgian-grand-prix-scotland-forever 2018年12月28日閲覧。 
  6. ^ (林信次 1997, p. 105)
  7. ^ Belgium 1965 - Race entrants”. statsf1.com. 2019年2月10日閲覧。
  8. ^ a b Belgium 1965 - Result”. statsf1.com. 2019年2月10日閲覧。
  9. ^ Belgium 1965 - Qualifications”. statsf1.com. 2019年2月10日閲覧。
  10. ^ 1965 Belgian Grand Prix”. formula1.com. 2013年10月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月26日閲覧。
  11. ^ Belgium 1965 - Laps led”. statsf1.com. 2019年2月5日閲覧。

参照文献編集

  • en:1965 Belgian Grand Prix(2019年1月13日 17:56:27(UTC))より翻訳
  • 林信次『F1全史 1961-1965』ニューズ出版、1997年。ISBN 4-938495-09-0

外部リンク編集