メインメニューを開く

座標: 北緯43度44分4.74秒 東経7度25分16.8秒 / 北緯43.7346500度 東経7.421333度 / 43.7346500; 7.421333

モナコ 1965年モナコグランプリ
レース詳細
1965年F1世界選手権全10戦の第2戦
モンテカルロ市街地コース(1929-1972)
モンテカルロ市街地コース(1929-1972)
日程 1965年5月30日
正式名称 XXIII Grand Prix de Monaco
開催地 モンテカルロ市街地コース
モナコの旗 モナコ モンテカルロ
コース 市街地コース
コース長 3.145 km (1.954 mi)
レース距離 100周 314.500 km (195.421 mi)
ポールポジション
ドライバー BRM
タイム 1:32.5
ファステストラップ
ドライバー イギリスの旗 グラハム・ヒル BRM
タイム 1:31.7 (82周目)
決勝順位
優勝 BRM
2位 フェラーリ
3位 BRM

1965年モナコグランプリ (1965 Monaco Grand Prix) は、1965年のF1世界選手権第2戦として、1965年5月30日モンテカルロ市街地コースで開催された。

レースは100周で行われ、BRMグラハム・ヒルポール・トゥ・ウィンで優勝、フェラーリロレンツォ・バンディーニが2位、ヒルのチームメイトのジャッキー・スチュワートが3位となった。

レース概要編集

ジム・クラークダン・ガーニーは、インディ500英語版に出場するため、本レースを欠場した。これを知ったレース主催者は、チーム・ロータスへのスターティングマネーの支払いを渋ったため、コーリン・チャップマンは本レースから撤退する決断を下した[1]。なお、クラークはこの年のインディ500を制している。ブラバムはガーニーに代わって、新人デニス・ハルムを起用した[2]。前年夏にF1参戦を開始したホンダは、本レースからRA271の改良型RA272を投入し、ロニー・バックナムに加えて、BRMからリッチー・ギンサーを迎えて2台体制とし、タイヤも本年からF1に本格参入したグッドイヤーに変更され、アメリカ色が強いチームとなった[3]

当時のモナコGPは、決勝に進出できるのは16台に限られていた。本年はファクトリーチームに対し、1964年のドライバーズランキングに応じて決勝進出の権利が与えられ、残りのグリッドを予選の結果によって決める方式であった。チーム・ロータスの撤退により参加台数は17台となったため、予選落ちは1台のみとなった[4]ポールポジションはBRMのグラハム・ヒルが獲得し、ジャック・ブラバムが2番手でフロントローを獲得、2列目はジャッキー・スチュワート(BRM)とロレンツォ・バンディーニ(フェラーリ)、3列目はジョン・サーティース(フェラーリ)とリチャード・アトウッド(レグ・パーネルのロータス)、4列目はブルース・マクラーレン(クーパー)とF1デビュー戦となるハルムが占めた[2]

決勝はヒルとスチュワートのBRM勢が好スタートを切り、バンディーニ、サーティース、ブラバム、マクラーレンが追う展開となる。25周目、ヒルがボブ・アンダーソンを周回遅れにしようとしたが接触しかけそうになり、エスケープロードへ逃れざるを得ず、この間に5位まで順位を落とした。スチュワートはその後4周をリードするが、サン・デボーテでスピンを喫してヒルの前の4位に後退した。これで既にフェラーリ勢を抜いていたブラバムがトップに立ったが、間もなくエンジントラブルでリタイアする[2]。代わってフェラーリ勢の1-2体制となるが、ヒルは53周目にサーティースを[5]、63周目にバンディーニを抜いてトップを奪い返し、モナコGP3連覇を果たした。スチュワートも77周目にサーティースを抜き、F1デビュー2戦目で3位表彰台を獲得した[2]。その2周後、ポール・ホーキンスがマシンごと海に飛び込んでしまうアクシデントがあったが[6]、彼は無傷だった[2][注 1]

エントリーリスト編集

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
  ブラバム・レーシング・オーガニゼーション 1   ジャック・ブラバム ブラバム BT11 クライマックス FWMV 1.5L V8 G
2   デニス・ハルム BT7
  オーウェン・レーシング・オーガニゼーション 3   グラハム・ヒル BRM P261 BRM P60 1.5L V8 D
4   ジャッキー・スチュワート
  チーム・ロータス 5   マイク・スペンス 1 ロータス 33 クライマックス FWMV 1.5L V8 D
6   ペドロ・ロドリゲス 1 25
  クーパー・カー・カンパニー 7   ブルース・マクラーレン クーパー T77 クライマックス FWMV 1.5L V8 D
8   ヨッヘン・リント
  DWレーシング・エンタープライゼス 9   ボブ・アンダーソン ブラバム BT11 クライマックス FWMV 1.5L V8 D
10   ポール・ホーキンス ロータス 33
  ジョン・ウィルメント・オートモビルズ 11   フランク・ガードナー ブラバム BT11 BRM P56 1.5L V8 D
  R.R.C. ウォーカー・レーシングチーム 12   ヨアキム・ボニエ ブラバム BT7 クライマックス FWMV 1.5L V8 D
14   ジョー・シフェール BT11 BRM P56 1.5L V8
  レグ・パーネル・レーシング 15   リチャード・アトウッド ロータス 25 BRM P56 1.5L V8 D
16   マイク・ヘイルウッド
  スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC 17   ロレンツォ・バンディーニ フェラーリ 1512 フェラーリ 207 1.5L F12 D
18   ジョン・サーティース 158 フェラーリ 205B 1.5L V8
  ホンダ・レーシング 19   ロニー・バックナム ホンダ RA272 ホンダ RA272E 1.5L V12 G
20   リッチー・ギンサー
ソース:[7]
追記
  • ^1 - チーム・ロータスはスターティングマネーの支払いを巡って紛争となり、本レースから撤退した[1]

結果編集

予選編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 3   グラハム・ヒル BRM 1:32.5 - 1
2 1   ジャック・ブラバム ブラバム-クライマックス 1:32.8 +0.3 2
3 4   ジャッキー・スチュワート BRM 1:32.9 +0.4 3
4 17   ロレンツォ・バンディーニ フェラーリ 1:33.0 +0.5 4
5 18   ジョン・サーティース フェラーリ 1:33.2 +0.7 5
6 15   リチャード・アトウッド ロータス-BRM 1:33.9 +1.4 6
7 7   ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 1:34.3 +1.8 7
8 2   デニス・ハルム ブラバム-クライマックス 1:34.8 +2.3 8
9 9   ボブ・アンダーソン ブラバム-クライマックス 1:35.5 +3.0 9
10 14   ジョー・シフェール ブラバム-BRM 1:36.0 +3.5 10
11 11   フランク・ガードナー ブラバム-BRM 1:36.0 +3.5 11
12 16   マイク・ヘイルウッド ロータス-BRM 1:36.5 +4.0 12
13 12   ヨアキム・ボニエ ブラバム-クライマックス 1:36.5 +4.0 13
14 10   ポール・ホーキンス ロータス-クライマックス 1:37.0 +4.5 14
15 19   ロニー・バックナム ホンダ 1:37.0 +4.5 15
16 8   ヨッヘン・リント クーパー-クライマックス 1:37.5 +5.0 DNQ
17 20   リッチー・ギンサー ホンダ 1:39.7 +7.2 16 1
ソース:[8]
追記
  • 16台が決勝進出
  • ^1 - ギンサーは自動的に決勝へ進出する権利が与えられていた[4]

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 3   グラハム・ヒル BRM 100 2:37:39.6 1 9
2 17   ロレンツォ・バンディーニ フェラーリ 100 +1:04.0 4 6
3 4   ジャッキー・スチュワート BRM 100 +1:41.9 3 4
4 18   ジョン・サーティース フェラーリ 99 燃料切れ 5 3
5 7   ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 98 +2 Laps 7 2
6 14   ジョー・シフェール ブラバム-BRM 98 +2 Laps 10 1
7 12   ヨアキム・ボニエ ブラバム-クライマックス 97 +3 Laps 13
8 2   デニス・ハルム ブラバム-クライマックス 92 +8 Laps 8
9 9   ボブ・アンダーソン ブラバム-クライマックス 85 +15 Laps 9
10 10   ポール・ホーキンス ロータス-クライマックス 79 アクシデント 14
Ret 1   ジャック・ブラバム ブラバム-クライマックス 43 エンジン 2
Ret 15   リチャード・アトウッド ロータス-BRM 43 ホイール 6
Ret 19   ロニー・バックナム ホンダ 33 ギアボックス 15
Ret 11   フランク・ガードナー ブラバム-BRM 29 エンジン 11
Ret 16   マイク・ヘイルウッド ロータス-BRM 12 ギアボックス 12
Ret 20   リッチー・ギンサー ホンダ 0 ハーフシャフト 16
DNQ 8   ヨッヘン・リント クーパー-クライマックス 予選不通過
ソース:[9]
ラップリーダー[10]

第2戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。ベスト6戦のみがカウントされる。

注釈編集

  1. ^ 走行中のドライバーがマシンごと海に飛び込んだのは、1955年アルベルト・アスカリ以来のことであった。以後、同様のアクシデントは起きていないが、現在もヌーベル・シケインには潜水夫が待機している。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b (林信次 1997, p. 109)
  2. ^ a b c d e Monaco GP, 1965”. grandprix.com. 2019年2月3日閲覧。
  3. ^ (林信次 1997, p. 105)
  4. ^ a b 1965 Monaco Grand Prix”. Motor Sport Magazine Database. 2019年2月3日閲覧。
  5. ^ Monaco 1965 - Lap by lap”. statsf1.com. 2019年2月4日閲覧。
  6. ^ (林信次 1997, p. 103)
  7. ^ Monaco 1965 - Race entrants”. statsf1.com. 2019年2月4日閲覧。
  8. ^ Monaco 1965 - Qualifications”. statsf1.com. 2019年2月3日閲覧。
  9. ^ 1965 Monaco Grand Prix”. formula1.com. 2013年10月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月26日閲覧。
  10. ^ Monaco 1965 - Laps led”. statsf1.com. 2019年2月2日閲覧。

参照文献編集

  • en:1965 Monaco Grand Prix(2018年12月19日 23:45:21(UTC))より翻訳
  • 林信次『F1全史 1961-1965』ニューズ出版、1997年。ISBN 4-938495-09-0

外部リンク編集