メインメニューを開く
1965年のFIAフォーミュラ1
世界選手権
前年: 1964 翌年: 1966
一覧: 開催国 | 開催レース

1965年のF1世界選手権は、FIAフォーミュラ1世界選手権の第16回大会である[1]1965年1月1日南アフリカで開幕し、10月24日メキシコで開催される最終戦まで、全10戦で争われた。

目次

シーズン概要編集

1965年はジム・クラークが2度目のタイトルを獲得したシーズンとなったが、第2戦のモナコはインディ500に参加するため欠場したものの、それを除くと6連勝を達成したシーズンであった。ジャッキー・スチュワートはデビューイヤーでシーズン3位を達成、リッチー・ギンサーはメキシコグランプリ自身唯一、そしてホンダにとって初の勝利を挙げた。5年間続いた1.5リッターF1時代最後の一戦での勝利であった。

開催地及び勝者編集

ラウンド レース サーキット 開催日 ポールポジション ファステストラップ 優勝者 コンストラクター タイヤ レポート
1   南アフリカグランプリ プリンス・ジョージ 1月1日   ジム・クラーク   ジム・クラーク   ジム・クラーク   ロータス-クライマックス D 詳細
2   モナコグランプリ モナコ 5月30日   グラハム・ヒル   グラハム・ヒル   グラハム・ヒル   BRM D 詳細
3   ベルギーグランプリ スパ・フランコルシャン 6月13日   グラハム・ヒル   ジム・クラーク   ジム・クラーク   ロータス-クライマックス D 詳細
4   フランスグランプリ シャレード 6月27日   ジム・クラーク   ジム・クラーク   ジム・クラーク   ロータス-クライマックス D 詳細
5   イギリスグランプリ シルバーストン 7月10日   ジム・クラーク   グラハム・ヒル   ジム・クラーク   ロータス-クライマックス D 詳細
6   オランダグランプリ ザントフォールト 7月18日   グラハム・ヒル   ジム・クラーク   ジム・クラーク   ロータス-クライマックス D 詳細
7   ドイツグランプリ ニュルブルクリンク 8月1日   ジム・クラーク   ジム・クラーク   ジム・クラーク   ロータス-クライマックス D 詳細
8   イタリアグランプリ モンツァ 9月12日   ジム・クラーク   ジム・クラーク   ジャッキー・スチュワート   BRM D 詳細
9   アメリカグランプリ ワトキンズ・グレン 10月3日   グラハム・ヒル   グラハム・ヒル   グラハム・ヒル   BRM D 詳細
10   メキシコグランプリ エルマノス・ロドリゲス 10月24日   ジム・クラーク   ダン・ガーニー   リッチー・ギンサー   ホンダ G 詳細

エントリーリスト編集

チーム コンストラクター シャシー エンジン タイヤ ドライバー 出場ラウンド
  スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC
  ノース・アメリカン・レーシングチーム
フェラーリ 158
1512
フェラーリ V8
フェラーリ F12
D   ジョン・サーティース 全戦
  ロレンツォ・バンディーニ 全戦
  ニノ・ヴァッカレラ 8
  ルドヴィコ・スカルフィオッティ 8, 10
  ペドロ・ロドリゲス 9-10
  ボブ・ボンデュラント 9
  オーウェン・レーシング・オーガニゼーション BRM P261
P61
BRM V8 D   グラハム・ヒル 全戦
  ジャッキー・スチュワート 全戦
  リチャード・アトウッド 1
  チーム・ロータス ロータス 33
25
クライマックス V8 D   ジム・クラーク 1, 3-10
  マイク・スペンス 全戦
  ペドロ・ロドリゲス 2
  ゲルハルト・ミッター 7
  ゲキ 8
  モイセス・ソラーナ 9-10
  ブラバム・レーシング・オーガニゼーション ブラバム BT11 クライマックス V8 G   ジャック・ブラバム 1-3, 5, 7, 9-10
  ダン・ガーニー 1, 3-10
  デニス・ハルム 2, 4-8
  ジャンカルロ・バゲッティ 8
  クーパー・カー・カンパニー クーパー T77
T73
クライマックス V8 D   ブルース・マクラーレン 全戦
  ヨッヘン・リント 全戦
  ロブ・ウォーカー・レーシング・チーム ブラバム BT7
BT11
クライマックス V8
BRM V8
D   ヨアキム・ボニエ 全戦
  ジョー・シフェール 全戦
  DW レーシング・エンタープライゼス ブラバム
ロータス
BT11
33
クライマックス V8 D   ボブ・アンダーソン 1-8
  ポール・ホーキンス 2-3, 5, 7
  レグ・パーネル・レーシング ロータス 25
33
BRM V8 D   トニー・マグス 1
  リチャード・アトウッド 2-3, 5-10
  マイク・ヘイルウッド 2, 5
  イネス・アイルランド 3-6, 8-10
  クリス・エイモン 4, 7
  ボブ・ボンデュラント 10
  ジョン・ウィルメント・オートモビルズ ブラバム BT11
BT10
BRM V8
フォード L4
D   フランク・ガードナー 1-3, 5-8
  ポール・ホーキンス 1
  クリス・エイモン 6
  ジョン・ラヴ クーパー T55 クライマックス L4 D   ジョン・ラヴ 1
  デヴィッド・プロフェット ブラバム BT10 フォード L4 D   デヴィッド・プロフェット 1
  オテレ・ヌッチ アルファロメオ
LDS
スペシャル
Mk 2
アルファロメオ L4
クライマックス L4
D   ピーター・デ・クラーク 1
  ダグ・セリュリエ 1
  ローソン・オーガニゼーション ロータス
クーパー
21
T51
クライマックス L4
マセラティ L4
D   アーニー・ピータース 1
  デヴィッド・クラプハム 1
  スクーデリア・スクリバンテ ロータス 21 クライマックス L4 D   ネヴィル・レダール 1
  クライヴ・ピュージー ロータス 18/21 クライマックス L4 D   クライヴ・ピュージー 1
  サム・ティングル LDS Mk 1 アルファロメオ L4 D   サム・ティングル 1
  レイズ・エンジニアリング RE 1 アルファロメオ L4 D   レイ・リード 1
  テッド・ランフィアー ロータス 22 フォード L4 D   ブラウッシュ・ニーマン 1
  トレヴァー・ブロクダイク クーパー T59 フォード L4 D   トレヴァー・ブロクダイク 1
  ジャッキー・プレトリウス LDS Mk 1 アルファロメオ L4 D   ジャッキー・プレトリウス 1
  ブライアン・ルーベンハイマー ロータス 20 フォード L4 D   ブライアン・ルーベンハイマー 1
  デイヴ・チャールトン ロータス 20 フォード L4 D   デイヴ・チャールトン 1
  アレックス・ブリグノート クーパー T55 クライマックス L4 D   アレックス・ブリグノート 1
  ホンダ・レーシング ホンダ RA272 ホンダ V12 G   ロニー・バックナム 2-4, 6-10
  リッチー・ギンサー 2-10
  スクーデリア・セントロ・スッド BRM P57 BRM V8 D   ルシアン・ビアンキ 3
  ウィリー・メレス 3
  マステン・グレゴリー 3, 5, 7-8
  ジョー・シュレッサー 4
  ロベルト・ブッシネッロ 7-8
  ジョルジオ・バッシ 8
  ボブ・ジェラード・レーシング クーパー T60
T73
クライマックス V8
フォード L4
D   ジョン・ローズ 5
  アラン・ローリンソン 5
  イアン・ラビー・レーシング ブラバム BT3 BRM V8 D   イアン・ラビー 5, 7-8
  クリス・エイモン 5
  ブライアン・ガビー ロータス 24 クライマックス V8 D   ブライアン・ガビー 5

1965年のドライバーズランキング編集

ポイントは1位から順に6位まで 9-6-4-3-2-1 が与えられた。ベスト6戦がポイントランキングに数えられた。

順位 ドライバー RSA
 
MON
 
BEL
 
FRA
 
GBR
 
NED
 
GER
 
ITA
 
USA
 
MEX
 
ポイント[2]
1   ジム・クラーク 1 1 1 1 1 1 10 Ret Ret 54
2   グラハム・ヒル 3 1 5 5 2 4 2 2 1 Ret 40 (47)
3   ジャッキー・スチュワート 6 3 2 2 5 2 Ret 1 Ret Ret 33 (34)
4   ダン・ガーニー Ret 10 Ret 6 3 3 3 2 2 25
5   ジョン・サーティース 2 4 Ret 3 3 7 Ret Ret 17
6   ロレンツォ・バンディーニ 15 2 9 8 Ret 9 6 4 4 8 13
7   リッチー・ギンサー Ret 6 Ret Ret 6 14 7 1 11
8   マイク・スペンス 4 7 7 4 8 Ret 11 Ret 3 10
9   ブルース・マクラーレン 5 5 3 Ret 10 Ret Ret 5 Ret Ret 10
10   ジャック・ブラバム 8 Ret 4 DNS 5 3 Ret 9
11   デニス・ハルム 8 4 Ret 5 Ret Ret 5
12   ジョー・シフェール 7 6 8 6 9 13 Ret Ret 11 4 5
13   ヨッヘン・リント Ret DNQ 11 Ret 14 Ret 4 8 6 Ret 4
14   ペドロ・ロドリゲス 5 7 2
15   ロニー・バックナム Ret Ret Ret Ret 13 5 2
16   リチャード・アトウッド Ret 14 13 12 Ret 6 10 6 2
-   ヨアキム・ボニエ Ret 7 Ret Ret 7 Ret 7 7 8 Ret 0
-   フランク・ガードナー 12 Ret Ret 8 11 Ret Ret 0
-   マステン・グレゴリー Ret 12 8 Ret 0
-   ボブ・アンダーソン NC 9 DNS 9 Ret Ret DNS 0
-   イネス・アイルランド 13 Ret Ret 10 9 Ret 0
-   ポール・ホーキンス 9 10 Ret 0
-   ボブ・ボンデュラント 9 Ret 0
-   ピーター・デ・クラーク 10 0
-   トニー・マグス 11 0
-   イアン・ラビー 11 DNQ 0
-   モイセス・ソラーナ 12 Ret 0
-   ルシアン・ビアンキ 12 0
-   ニノ・ヴァッカレラ 12 0
-   サム・ティングル 13 0
-   ロベルト・ブッシネッロ DNQ 13 0
-   デヴィッド・プロフェット 14 0
-   クリス・エイモン Ret DNS Ret 0
-   ジョン・ラヴ Ret 0
-   マイク・ヘイルウッド Ret 0
-   ジョン・ローズ Ret 0
-   ゲルハルト・ミッター Ret 0
-   ジャンカルロ・バゲッティ Ret 0
-   ゲキ Ret 0
-   ジョルジオ・バッシ Ret 0
-   トレヴァー・ブロクダイク DNQ 0
-   ダグ・セリュリエ DNQ 0
-   ネヴィル・レダール DNQ 0
-   ブラウッシュ・ニーマン DNQ 0
-   アーニー・ピータース DNQ 0
-   アラン・ローリンソン DNQ 0
-   ブライアン・ガビー DNQ 0
-   ジャッキー・プレトリウス DNPQ 0
-   クライヴ・ピュージー DNPQ 0
-   デイヴ・チャールトン DNPQ 0
順位 ドライバー RSA
 
MON
 
BEL
 
FRA
 
GBR
 
NED
 
GER
 
ITA
 
USA
 
MEX
 
ポイント
結果
金色 勝者
銀色 2位
銅色 3位
ポイント獲得
完走
規定周回数不足(NC)
リタイア(Ret)
予選不通過(DNQ)
予備予選不通過(DNPQ)
失格(DSQ)
スタートせず(DNS)
レース中止(C)
水色 プラクティスのみ(PO)
金曜日テストドライバー(TD)
2003年以降
空欄 プラクティス出走せず(DNP)
除外 (EX)
到着せず (DNA)
撤退 (WD)

1965年のコンストラクターズランキング編集

ポイントは1位から順に6位まで 9-6-4-3-2-1 が与えられた。ベスト6戦がポイントランキングに数えられた。各コンストラクターとも最上位の車両にポイントが与えられた。

順位 マニファクチャラー RSA
 
MON
 
BEL
 
FRA
 
GBR
 
NED
 
GER
 
ITA
 
USA
 
MEX
 
ポイント[2]
1   ロータス-クライマックス 1 10 1 1 1 1 1 10 12 3 54 (58)
2   BRM 3 1 2 2 2 2 2 1 1 Ret 45 (61)
3   ブラバム-クライマックス 8 7 4 4 6 3 3 3 2 2 27 (31)
4   フェラーリ 2 2 9 3 3 7 6 4 4 7 26 (27)
5   クーパー-クライマックス 5 5 3 Ret 10 Ret 4 5 6 Ret 14
6   ホンダ Ret 6 Ret Ret 6 14 7 1 11
7   ブラバム-BRM 7 6 8 6 8 11 Ret Ret 11 4 5
8   ロータス-BRM 11 Ret 13 Ret 13 10 Ret 6 10 6 2
-   ブラバム-フォード 9 0
-   アルファロメオ 10 0
-   LDS-アルファロメオ 13 0
-   クーパー-フォード DNQ DNQ 0
-   LDS-クライマックス DNQ 0
-   ロータス-フォード DNQ 0
順位 マニファクチャラー RSA
 
MON
 
BEL
 
FRA
 
GBR
 
NED
 
GER
 
ITA
 
USA
 
MEX
 
ポイント
  • 太字はカウントされたポイント

ノンタイトル戦結果編集

参照編集

  1. ^ FIA Yearbook, 1974, grey section, pages 118-121
  2. ^ a b ベスト6戦がポイントランキングに数えられた。ポイントは有効ポイント、括弧内は総獲得ポイント。

外部リンク編集