メインメニューを開く

1967年ベルギーグランプリ (1967 Belgian Grand Prix) は、1967年のF1世界選手権第4戦として、1967年6月18日スパ・フランコルシャンで開催された。

ベルギー 1967年ベルギーグランプリ
レース詳細
1967年F1世界選手権全11戦の第4戦
スパ・フランコルシャン (1947-1978)
スパ・フランコルシャン (1947-1978)
日程 1967年6月18日
正式名称 XIII Grote Prijs Van Belgie
開催地 スパ・フランコルシャン
ベルギーの旗 ベルギー スパ
コース 恒久的レース施設
コース長 14.120 km (8.770 mi)
レース距離 28周 395.36 km (245.56 mi)
決勝日天候 晴 (ドライ)
ポールポジション
ドライバー ロータス-フォード
タイム 3:28.1
ファステストラップ
ドライバー アメリカ合衆国の旗 ダン・ガーニー イーグル-ウェスレイク
タイム 3:31.9 (19[1]周目)
決勝順位
優勝 イーグル-ウェスレイク
2位 BRM
3位 フェラーリ

レースは28周で行われ、イーグルダン・ガーニーが予選2番手から優勝し、BRMジャッキー・スチュワートが2位、フェラーリクリス・エイモンが3位となった。

ガーニーのイーグルでの勝利はインディ500を除くと、アメリカで制作されたF1マシンによる唯一の優勝で、アメリカ国籍のコンストラクターによる初めての優勝である[2][注 1]。そして、アメリカ人によるアメリカ車によるF1初勝利でもあり[3][注 2]、チームオーナー兼ドライバーとして優勝した唯一のアメリカ人でもある[4][注 3]

目次

レース概要編集

 
アメリカ車でF1初勝利を挙げたイーグル・T1G(2018年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにて)

ポールポジションからスタートしたジム・クラークは11周の間首位をキープし、クラークを追うジャッキー・スチュワートダン・ガーニーに20秒の差を付けていた。しかし、クラークはプラグの交換によりピットインを強いられ、交換に2分を要した。これでスチュワートが首位に立ち、ガーニーが燃圧の問題でピットインを強いられ20秒をロスしたため盤石なリードを築いた。しかし、スチュワートもギアシフトに不調を抱え、ガーニーはファステストラップを記録してスチュワートに迫り、残り8周でスチュワートを抜いてトップに立ち、美しいマグネシウムチタニウムイーグルが初勝利を挙げた。軽量で先進的なエアロダイナミクスを持つT1G英語版と、400bhp弱のウェスレイク英語版V12エンジンによって高速化し、平均時速は1959年ドイツGPトニー・ブルックスが記録した230.686 km/h (143.342 mph)を8年ぶりに上回る234.946 km/h (145.989 mph)の新記録を樹立し[5]、バックストレートでは315 km/h (196 mph)を出した。

フェラーリマイク・パークス英語版は、1周目のブランシモンでスチュワートのBRMからこぼれた潤滑油によってコントロールを失いコースアウトし、マシンは横向きのままコースを滑り、パークスは外へ投げ出された[6]。パークスは両足を複雑骨折し、医師は彼の足を切断することも検討した。1週間昏睡状態となったものの一命は取り止めたが、パークスのF1ドライバー生命は絶たれてしまった[7][8]。この事故に大きなショックを受けたチームメイトで親友のルドビコ・スカルフィオッティ英語版は戦意を喪失してドライバー引退を考え、本レースをもってフェラーリを去った[8][注 4]。一方、この事故を後方で見た同じチームメイトのクリス・エイモンは、最後までペドロ・ロドリゲスクーパーを相手に激しいバトルを続け、3位表彰台を獲得した[9]。1ヶ月前のモナコGPロレンツォ・バンディーニが事故死したのに続き、相次いでドライバーが離脱したフェラーリは、この年抜擢された若いエイモンのみとなってしまった[3]

ホンダジョン・サーティースは予選から燃料関係のトラブルが続出し、燃料バッグの破損によりガソリンが漏れ、徹夜で燃料バッグを交換する羽目となった。決勝では1周目でピストンが吹き抜けてしまい、早々とリタイアした。ホンダが1966年から1968年に使用した3リッターV12エンジンで、エンジン本体のメカニカルトラブルが発生したのは本レースのみである[10]

エントリーリスト編集

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
  スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC 1   クリス・エイモン フェラーリ 312/67 フェラーリ 242 3.0L V12 F
2   ルドビコ・スカルフィオッティ
3   マイク・パークス 312/66
  ホンダ・レーシング 7   ジョン・サーティース ホンダ RA273 ホンダ RA273E 3.0L V12 F
  オーウェン・レーシング・オーガニゼーション 12   マイク・スペンス BRM P83 BRM P75 3.0L H16 G
14   ジャッキー・スチュワート
  アングロ・アメリカン・レーサーズ 16   ボブ・ボンデュラント 1 イーグル T1G ウェスレイク 58 3.0L V12 G
36   ダン・ガーニー
37   A.J.フォイト 2
  レグ・パーネル・レーシング 18   クリス・アーウィン BRM P261 BRM P56 2.0L V8 F
  DWレーシング・エンタープライゼス 19   ボブ・アンダーソン ブラバム BT11 クライマックス FPF 2.8L L4 F
  チーム・ロータス 21   ジム・クラーク ロータス 49 フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
22   グラハム・ヒル
  ブラバム・レーシング・オーガニゼーション 25   ジャック・ブラバム ブラバム BT24 レプコ 740 3.0L V8 G
26   デニス・ハルム BT19
  クーパー・カー・カンパニー 29   ヨッヘン・リント クーパー T81B マセラティ 10/F1 3.0L V12 F
30   ペドロ・ロドリゲス T81 マセラティ 9/F1 3.0L V12
  ギ・リジェ 32   ギ・リジェ クーパー T81 マセラティ 9/F1 3.0L V12 D
  ロブ・ウォーカー/ジャック・ダーラッシャー・レーシングチーム 34   ジョー・シフェール クーパー T81 マセラティ 9/F1 3.0L V12 F
  ヨアキム・ボニエ・レーシングチーム 39   ヨアキム・ボニエ クーパー T81 マセラティ 9/F1 3.0L V12 F
ソース:[11]
追記
  • ^1 - エントリーしたが出場せず[12]
  • ^2 - 他のレースに出場するため欠場[12]

結果編集

予選編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 21   ジム・クラーク ロータス-フォード 3:28.1 - 1
2 36   ダン・ガーニー イーグル-ウェスレイク 3:31.2 +3.1 2
3 22   グラハム・ヒル ロータス-フォード 3:32.9 +4.8 3
4 29   ヨッヘン・リント クーパー-マセラティ 3:34.3 +6.2 4
5 1   クリス・エイモン フェラーリ 3:34.3 +6.2 5
6 14   ジャッキー・スチュワート BRM 3:34.8 +6.7 6
7 25   ジャック・ブラバム ブラバム-レプコ 3:35.0 +6.9 7
8 3   マイク・パークス フェラーリ 3:36.6 +8.5 8
9 2   ルドビコ・スカルフィオッティ フェラーリ 3:37.7 +9.6 9
10 7   ジョン・サーティース ホンダ 3:38.4 +10.3 10
11 12   マイク・スペンス BRM 3:38.5 +10.4 11
12 39   ヨアキム・ボニエ クーパー-マセラティ 3:39.1 +11.0 12
13 30   ペドロ・ロドリゲス クーパー-マセラティ 3:39.5 +11.4 13
14 26   デニス・ハルム ブラバム-レプコ 3:40.3 +12.2 14
15 17   クリス・アーウィン BRM 3:44.4 +16.3 15
16 34   ジョー・シフェール クーパー-マセラティ 3:45.4 +17.3 16
17 19   ボブ・アンダーソン ブラバム-クライマックス 3:49.5 +21.4 17
18 32   ギ・リジェ クーパー-マセラティ 4:01.2 +33.1 17
ソース:[13]

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 36   ダン・ガーニー イーグル-ウェスレイク 28 1:40:49.4 2 9
2 14   ジャッキー・スチュワート BRM 28 +1:03.0 6 6
3 1   クリス・エイモン フェラーリ 28 +1:40.0 5 4
4 29   ヨッヘン・リント クーパー-マセラティ 28 +2:13.9 4 3
5 12   マイク・スペンス BRM 27 +1 Lap 11 2
6 21   ジム・クラーク ロータス-フォード 27 +1 Lap 1 1
7 34   ジョー・シフェール クーパー-マセラティ 27 +1 Lap 16
8 19   ボブ・アンダーソン ブラバム-クライマックス 26 +2 Laps 17
9 30   ペドロ・ロドリゲス クーパー-マセラティ 25 エンジン 13
10 32   ギ・リジェ クーパー-マセラティ 25 +3 Laps 18
NC 2   ルドビコ・スカルフィオッティ フェラーリ 24 規定周回数不足 9
Ret 25   ジャック・ブラバム ブラバム-レプコ 15 エンジン 7
Ret 26   デニス・ハルム ブラバム-レプコ 14 エンジン 14
Ret 39   ヨアキム・ボニエ クーパー-マセラティ 10 エンジン 12
Ret 22   グラハム・ヒル ロータス-フォード 3 クラッチ 3
Ret 7   ジョン・サーティース ホンダ 1 エンジン 10
Ret 17   クリス・アーウィン BRM 1 エンジン 15
Ret 3   マイク・パークス フェラーリ 0 アクシデント 8
ソース:[14]
ファステストラップ[1]
ラップリーダー[15]

第4戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。前半6戦のうちベスト5戦及び後半5戦のうちベスト4戦がカウントされる。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ アメリカ国籍のコンストラクターによる優勝は本レースのイーグルの他、ペンスキー1976年オーストリアグランプリで挙げた2回のみである。ペンスキーはアメリカ国籍であったが、F1の活動拠点はイギリスのプールに置いていた。アメリカ人のドン・ニコルズ英語版が創設したシャドウ1977年オーストリアグランプリで優勝しているが、1976年以降はF1の活動拠点としていたイギリスに国籍を変更していた。
  2. ^ F1以前に遡っても、1921年フランスグランプリ英語版ジミー・マーフィー英語版デューセンバーグで優勝して以来の快挙だった。
  3. ^ チームオーナー兼ドライバーによるF1世界選手権における優勝は、前年ジャック・ブラバムに次ぐ2人目であり、翌年に達成したブルース・マクラーレンを含め3人しかいない。
  4. ^ しかし、3ヶ月後のイタリアGPでイーグルからスポット参戦してF1に復帰し、翌1968年にクーパーで本格的にF1に復帰したが、同年6月のヒルクライムの事故で亡くなった。 (林信次 1995, p. 50,71)

出典編集

  1. ^ a b Belgium 1967 - Best laps”. STATS F1. 2019年6月8日閲覧。
  2. ^ Archived copy”. 2012年8月10日閲覧。
  3. ^ a b (林信次 1995, p. 43)
  4. ^ アメリカのレジェンド、ダン・ガーニーが逝く”. ESPN F1 (2018年1月15日). 2019年6月8日閲覧。
  5. ^ Statistics Grands Prix - Average - The most”. STATS F1. 2019年6月9日閲覧。
  6. ^ (アラン・ヘンリー 1989, p. 228-229)
  7. ^ Franka. “Mike Parkes - The Imp Site”. www.imps4ever.info. 2018年10月12日閲覧。
  8. ^ a b (林信次 1995, p. 42)
  9. ^ (アラン・ヘンリー 1989, p. 229)
  10. ^ (中村良夫 1998, p. 213)
  11. ^ Belgium 1967 - Race entrants”. STATS F1. 2019年6月9日閲覧。
  12. ^ a b Belgium 1967 - Result”. STATS F1. 2019年6月9日閲覧。
  13. ^ Belgium 1967 - Qualifications”. STATS F1. 2019年6月9日閲覧。
  14. ^ 1967 Belgian Grand Prix”. formula1.com. 2014年2月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月26日閲覧。
  15. ^ Belgium 1967 - Laps led”. STATS F1. 2019年6月9日閲覧。
  16. ^ a b Belgium 1967 - Championship”. STATS F1. 2019年3月12日閲覧。

参照文献編集

  • en:1967 Belgian Grand Prix(2019年5月3日 21:10:40(UTC))より翻訳
  • 林信次『F1全史 1966-1970 [3リッターF1の開幕/ホンダ挑戦期の終わり]』ニューズ出版、1995年。ISBN 4-938495-06-6
  • アラン・ヘンリー『チーム・フェラーリの全て』早川麻百合+島江政弘(訳)、CBS・ソニー出版、1989年12月。ISBN 4-7897-0491-2
  • 中村良夫『F-1グランプリ ホンダF-1と共に 1963-1968 (愛蔵版)』三樹書房、1998年。ISBN 4-89522-233-0

外部リンク編集