フランソワ・エスノー

フランソワ・エスノーFrançois Hesnault, 1956年12月30日 - )はフランス出身の元レーシングドライバー

フランソワ・エスノー
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
出身地 同・オー=ド=セーヌ県
ヌイイ=シュル=セーヌ
生年月日 (1956-12-30) 1956年12月30日(65歳)
F1での経歴
活動時期 1984-1985
所属チーム '84 リジェ
'85 ブラバム
'85 ルノー
出走回数 21 (19スタート)
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1984年ブラジルGP
最終戦 1985年ドイツGP
テンプレートを表示

プロフィール編集

初期の経歴編集

レースキャリアをスタートさせる前はサラリーマンだったという経歴を持つ。

フランスで行われたヒルクライムのイベントで才能を見出し、ウィンフィールド・レーシングスクールへ入学。卒業後、フォーミュラ・ルノーでレースデビューを果たす。

1982年にフランスF3にステップアップし、1勝を挙げランキング3位に入る。

1983年にはフランスF3選手権でミシェル・フェルテとチャンピオン争いの末ランキング2位に入る活躍を見せ、全12戦中11戦で表彰台に上がり、シーズン4勝、ポールポジション5回、ファステスト・ラップ4回と、堂々の成績であった。母国フランスのF1チーム・リジェと交渉。1984年の開幕戦からリジェのレギュラーシートを得てF1デビューが決まった。

F1編集

1984年、リジェは前年をF1参戦以後初のノーポイントに終わるという不振で終えており、この年に向けてはチーム初となるターボエンジン(ルノー製V型6気筒)を獲得し、ニューマシンJS23を開幕戦に間に合わせ心機一転を図る年であった。エースはアンドレア・デ・チェザリスで、エスノーは開幕当初から注目度も高くなく、マシントラブルや自身のドライビングミスにより第10戦まで完走は僅か1回(第5戦は不出走)と、2度の入賞を果たしていたデ・チェザリスに比べ見劣りしていた。しかし第11戦からは3戦連続でシングルフィニッシュ(8位:2回、7位:1回)するなどポイント獲得寸前のレース運びを見せ、翌年のブラバムのシートを獲得した。

1985年、ブラバムでワールドチャンピオン経験者であるネルソン・ピケのNo.2としてレギュラーシートを得たが、開幕から3戦連続でリタイアし、第4戦のモナコGPでは予選落ちを喫した。その直後に行われたポール・リカール・サーキットでのテスト中にも事故を起こし、マシンはほぼ全損に近かった[1]。幸いなことにエスノーの体に重大な怪我はなかったが、このあとブラバムとエスノーはお互いの合意のもと契約を解除し、第5戦からはマルク・スレールに交代させられた。後年に雑誌インタビューを受けたピケが「チームメイトで言えば、サトルは悪いドライバーではない。最悪だったのはブラバムの時のフランソワ・エスノーだ。スピンだらけで最悪だったよ」[2]と発言を残すほどの不振であった。

その後、同年の第9戦ドイツGPに、ルノーより3台目のエントリーで出走した。エスノーのマシンは旧型で、このマシンにはF1の公式セッションで初めてテレビ放送用の車載カメラが搭載されており[3]、この車載カメラのテストドライバーとしての役割であった。決勝にも車載カメラを搭載して出走したが、リタイアに終わった。エスノーがF1に乗ったのはこの時が最後となった。

レーサー引退後はスイスに居住している。

レース戦績編集

F1編集

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 WDC ポイント
1984年 リジェ JS23 BRA
Ret
RSA
10
BEL
Ret
SMR
Ret
FRA
DNS
MON
Ret
CAN
Ret
DET
Ret
DAL
Ret
GBR
Ret
GER
8
AUT
8
NED
7
ITA
Ret
EUR
10
POR
Ret
NC
(23位)
0
1985年 ブラバム BT54 BRA
Ret
POR
Ret
SMR
Ret
MON
DNQ
CAN DET FRA GBR NC
(32位)
0
ルノー RE60 GER
Ret
AUT NED ITA BEL EUR RSA AUS

(key)

ル・マン24時間レース編集

チーム コ・ドライバー 使用車両 クラス 周回数 総合順位 クラス順位
1982年   クロード・ハルディ   クロード・ハルディ
  ロドリーゴ・テラン
ポルシェ・935K3 Gr.5 141 DNF DNF
1983年   エコール スペリエ ドゥ ツーリズム   ティエリー・ペリエ
  ベルナール・サラム
ランチア・LC1/82 Gr.C 232 22位(NC) 15位(NC)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Francois Hesnault Motorsportmagazine.com
  2. ^ F1グランプリ特集 Vol.15 1990年7月号 52頁 CBSソニー出版
  3. ^ The First Onboard Camera In A Formula 1 Race | 1985 German Grand Prix”. FORMULA 1 2020-10-07. 2020年12月19日閲覧。

関連項目編集