2006 FIFAワールドカップ・グループF

2006 FIFAワールドカップ・グループF2006 FIFAワールドカップ本大会の8つのグループステージの一つ。本グループにはブラジルオーストラリアクロアチア日本の4ヶ国が入り、2006年平成18年)6月12日から6月22日まで各国3試合ずつ総当たりの全6試合が行われた。

3戦全勝のブラジルに次いで決勝トーナメント進出を決めたのは、初戦で日本に逆転勝利し、最終戦でクロアチアに引き分けたオーストラリアで、オーストラリアとしても[1]オセアニアサッカー連盟 (OFC) 加盟国としても初めての決勝トーナメント進出となった。オーストラリアはこの大会の後アジアサッカー連盟 (AFC) に転籍し、以降OFC加盟国が決勝トーナメントに進出した大会はなく[注釈 1]2022年カタール大会まででは本大会が唯一となっている。

順位表

編集
チーム 出場権
1   ブラジル 3 3 0 0 7 1 +6 9 決勝トーナメント進出
2   オーストラリア 3 1 1 1 5 5 0 4
3   クロアチア 3 0 2 1 2 3 −1 2
4   日本 3 0 1 2 2 7 −5 1
出典: FIFA
順位の決定基準: 順位決定方法

試合結果

編集

オーストラリア vs 日本

編集
 
 
 
 
 
 
 
オーストラリア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日本
GK 1 マーク・シュワルツァー
CB 3 クレイグ・ムーア   58分   61分
CB 2 ルーカス・ニール
CB 14 スコット・チッパーフィールド
RM 20 ルーク・ウィルクシャー   75分
CM 7 ブレット・エマートン
CM 13 ビンチェンツォ・グレッラ   33分
CM 23 マーク・ブレッシアーノ   53分
LM 5 ジェイソン・クリナ
CF 10 ハリー・キューウェル
CF 9 マーク・ヴィドゥカ  
交代出場:
MF 4 ティム・ケーヒル   69分   53分
FW 19 ジョシュア・ケネディ   61分
FW 15 ジョン・アロイージ   78分   75分
監督:
  フース・ヒディンク
 
GK 23 川口能活
CB 19 坪井慶介   56分
CB 5 宮本恒靖     31分
CB 22 中澤佑二
RM 3 駒野友一
CM 7 中田英寿
CM 15 福西崇史
LM 14 三都主アレサンドロ
AM 10 中村俊輔
CF 9 高原直泰   40分
CF 13 柳沢敦   79分
交代出場:
DF 2 茂庭照幸   68分   56分   90+1分
MF 18 小野伸二   79分
FW 16 大黒将志   90+1分
監督:
  ジーコ
マン・オブ・ザ・マッチ
  ティム・ケーヒル
副審
  ドラマーヌ・ダンテ
  ママドゥ・ンドゥイェ
第4の審判員
  エリック・プーラ英語版
第5の審判員
  ヴィンセント・テクシエ

ブラジル vs クロアチア

編集
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブラジル
 
 
 
 
 
 
 
 
クロアチア
GK 1 ジーダ
RB 2 カフー  
CB 3 ルシオ
CB 4 フアン
LB 6 ロベルト・カルロス
CM 5 エメルソン   42分
CM 11 ゼ・ロベルト
AM 8 カカ
AM 10 ロナウジーニョ
CF 7 アドリアーノ
CF 9 ロナウド   70分
交代出場:
FW 23 ロビーニョ   70分
監督:
カルロス・アルベルト・パレイラ
 
GK 1 スティペ・プレティコサ
CB 7 ダリオ・シミッチ
CB 4 ロベルト・コヴァチ   67分
CB 3 ヨシプ・シムニッチ
RM 2 ダリヨ・スルナ
CM 5 イゴール・トゥドール   90分
CM 10 ニコ・コヴァチ     32分   41分
LM 8 マルコ・バビッチ
AM 19 ニコ・クラニチャール
CF 17 イヴァン・クラスニッチ   56分
CF 9 ダド・プルショ
交代出場:
MF 16 イェルコ・レコ   41分
FW 18 イヴィツァ・オリッチ   56分
監督:
ズラトコ・クラニチャール
マン・オブ・ザ・マッチ
  カカ
副審
  ホセ・ラミレス
  ヘクター・ベルガラ
第4の審判員
  モハメド・カザズ英語版
第5の審判員
  ブラヒム・ジャー

日本 vs クロアチア

編集
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日本
 
 
 
 
 
 
 
 
クロアチア
GK 23 川口能活   42分
RB 21 加地亮
CB 5 宮本恒靖     21分
CB 22 中澤佑二
LB 14 三都主アレサンドロ   72分
RM 8 小笠原満男
CM 7 中田英寿
CM 15 福西崇史   46分
LM 10 中村俊輔
CF 9 高原直泰   85分
CF 13 柳沢敦   61分
交代出場:
MF 17 稲本潤一   46分
FW 20 玉田圭司   61分
MF 16 大黒将志   85分
監督:
  ジーコ
 
GK 1 スティペ・プレティコサ
CB 7 ダリオ・シミッチ
CB 4 ロベルト・コヴァチ   32分
CB 3 ヨシプ・シムニッチ
RM 2 ダリヨ・スルナ   69分   87分
CM 5 イゴール・トゥドール   70分
CM 10 ニコ・コヴァチ  
LM 8 マルコ・バビッチ
AM 19 ニコ・クラニチャール   78分
CF 17 イヴァン・クラスニッチ
CF 9 ダド・プルショ
交代出場:
FW 18 イヴィツァ・オリッチ   70分
MF 14 ルカ・モドリッチ   78分
FW 22 イヴァン・ボスニャク英語版   87分
監督:
  ズラトコ・クラニチャール
マン・オブ・ザ・マッチ
  中田英寿
副審
  ピーター・ハーマンズ
  ウォルター・ヴロマンズ
第4の審判員
  ケヴィン・ストット英語版
第5の審判員
  グレゴリー・バーキー

ブラジル vs オーストラリア

編集
 
 
 
 
 
 
 
 
ブラジル
 
 
 
 
 
 
 
オーストラリア
GK 1 ジーダ
RB 2 カフー     29分
CB 3 ルシオ
CB 4 フアン
LB 6 ロベルト・カルロス
CM 5 エメルソン   72分
CM 11 ゼ・ロベルト
AM 8 カカ
AM 10 ロナウジーニョ
CF 7 アドリアーノ   88分
CF 9 ロナウド   31分   72分
交代出場:
MF 17 ジウベルト・シウバ   72分
FW 23 ロビーニョ   83分   72分
FW 21 フレッジ   88分
監督:
カルロス・アルベルト・パレイラ
 
GK 1 マーク・シュワルツァー
CB 3 クレイグ・ムーア   69分
CB 2 ルーカス・ニール
CB 6 トニー・ポポヴィッチ   41分
RM 7 ブレット・エマートン   13分
CM 13 ビンチェンツォ・グレッラ
LM 14 スコット・チッパーフィールド
RW 5 ジェイソン・クリナ   39分
AM 4 ティム・ケーヒル   56分
LW 21 ミル・ステリョフスキー
CF 9 マーク・ヴィドゥカ  
交代出場:
MF 23 マーク・ブレッシアーノ   41分
FW 10 ハリー・キューウェル   56分
FW 15 ジョン・アロイージ   69分
監督:
  フース・ヒディンク
マン・オブ・ザ・マッチ
  ゼ・ロベルト
副審
  クリスチャン・シュラー
  ヤン=ヘンドリック・サルバー
第4の審判員
  マルコ・ロドリゲス
第5の審判員
  レオネル・リール

日本 vs ブラジル

編集
日本  1 – 4  ブラジル
レポート
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日本
 
 
 
 
 
 
 
 
ブラジル
GK 23 川口能活
RB 21 加地亮   40分
CB 19 坪井慶介
CB 22 中澤佑二  
LB 14 三都主アレサンドロ
RM 8 小笠原満男   56分
CM 7 中田英寿
CM 17 稲本潤一
LM 10 中村俊輔
CF 11 巻誠一郎   60分
CF 20 玉田圭司
交代出場:
DF 6 中田浩二   56分
FW 9 高原直泰   60分   66分
FW 16 大黒将志   66分
監督:
  ジーコ
 
GK 1 ジーダ     82分
RB 13 シシーニョ
CB 3 ルシオ
CB 4 フアン
LB 16 ジウベルト   44分
RM 8 カカ   71分
CM 19 ジュニーニョ
CM 17 ジウベルト・シウバ
LM 10 ロナウジーニョ   71分
CF 23 ロビーニョ
CF 9 ロナウド
交代出場:
MF 11 ゼ・ロベルト   71分
MF 20 リカルジーニョ   71分
GK 12 ロジェリオ・セニ   82分
監督:
カルロス・アルベルト・パレイラ
マン・オブ・ザ・マッチ
  ロナウド
副審
  リオネル・ダゴーン
  ヴィンセント・テクシエ
第4の審判員
  ジェローム・デイモン英語版
第5の審判員
  エノック・モレフェ

クロアチア vs オーストラリア

編集
 
 
 
 
 
 
 
 
クロアチア
 
 
 
 
 
 
 
オーストラリア
GK 1 スティペ・プレティコサ   70分
CB 7 ダリオ・シミッチ   32分   85分
CB 13 スティエパン・トマス英語版   83分
CB 3 ヨシプ・シムニッチ   61分   90+3分[注釈 2]
RM 2 ダリヨ・スルナ
CM 5 イゴール・トゥドール   38分
CM 10 ニコ・コヴァチ  
LM 8 マルコ・バビッチ
AM 19 ニコ・クラニチャール   65分
CF 18 イヴィツァ・オリッチ   74分
CF 9 ダド・プルショ
交代出場:
MF 16 イェルコ・レコ   65分
MF 14 ルカ・モドリッチ   74分
FW 17 イヴァン・クラスニッチ   83分
監督:
ズラトコ・クラニチャール
 
GK 18 ジェリコ・カラッツ
CB 3 クレイグ・ムーア
CB 2 ルーカス・ニール
CB 14 スコット・チッパーフィールド   75分
RM 21 ミル・ステリョフスキー   71分
CM 13 ビンチェンツォ・グレッラ   63分
CM 7 ブレット・エマートン   81分   87分
LM 5 ジェイソン・クリナ
AM 4 ティム・ケーヒル
AM 10 ハリー・キューウェル
CF 9 マーク・ヴィドゥカ  
交代出場:
FW 15 ジョン・アロイージ   63分
MF 23 マーク・ブレッシアーノ   71分
FW 19 ジョシュア・ケネディ   75分
監督:
  フース・ヒディンク
マン・オブ・ザ・マッチ
  ハリー・キューウェル
副審
  フィリップ・シャープ
  グレン・ターナー
第4の審判員
  ケヴィン・ストット英語版
第5の審判員
  グレゴリー・バーキー

脚注

編集

注記

編集
  1. ^ OFC加盟国がワールドカップ本大会に出場したのも2010年南アフリカ大会ニュージーランドが出場したのが最後。なお、オーストラリアはAFC転籍後の2022年カタール大会で2回目の決勝トーナメント進出[1]
  2. ^ 当初のFIFAのマッチレポートでは、ヨシプ・シムニッチに3枚のイエローカードが提示された(61分、90分、90+3分。90分のイエローカード提示後に退場処分とならなかった)と記録されていたが、しばらく後に90分のイエローカードの記録がレポートから削除されている。

出典

編集
  1. ^ a b アジア転籍後、初の16強 豪州、競技力向上示す―W杯サッカー”. 時事通信 (2022年12月15日). 2023年1月16日閲覧。