EBiDAN(エビダン)は、スターダストプロモーションに所属する若手男性俳優タレントで構成されたアーティスト集団、演劇集団。「恵比寿学園男子部」(えびすがくえんだんしぶ)の略である。

また、そのメンバーが出演していたテレビ番組[1]、および掲載されている雑誌のタイトルでもある。

概要編集

2010年に演劇集団として活動を開始。グループ名の「恵比寿」は所属事務所であるスターダストプロモーションの所在地である。メンバーの入れ替わりを繰り返して、2012年よりアーティスト集団に特化。超特急DISH//など、少人数での音楽ユニットが次々に結成された。在籍メンバーの多くは個人で俳優としての活動しており、ユニット単位で劇作品に出演する機会もある。2016年3月現在、6歳から25歳までの100人以上が所属している。

「非アイドル」を掲げており、あくまでもアイドルではないとしていたが、現在ではアイドルとして紹介されることも多い。

沿革編集

2010年

  • 5月1日 - オーディション募集開始[2]
  • 7月20日 - EBiDANメンバー決定[2]
  • 8月12日 - ブログ開始
  • 8月17日 - ムービー配信開始
  • 8月27日-29日 - 第1回本公演舞台「EBiDANの文化祭はまぁ〜文化のカヲリがしないのだの巻」[3]

2011年

  • 3月 - 3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)の影響により、同年4月2日に予定していた舞台「EBiDAN THE LIVE アフタースクールvol.2 冷凍みかんが余ったからジャンケンしようぜ」の公演中止となった。
  • 8月24日-28日 - 第2回本公演舞台「嵐の臨海学校編」[4]
  • 12月25日 - 「X'masワンマンショー」[5]

2012年

  • 3月20日 - 「EBiDAN the LIVE 春の陣 〜お披露目!新ユニット旋風の乱〜」[6]
  • 5月12日 - 「EBiDAN the LIVE 風林火山 〜応-WESTの乱〜」[7]
  • 8月4日 - 「EBiDAN The LIVE 2012夏〜お祭り騒ぎの乱〜」
  • 9月1日 - 演劇集団・劇☆男の立ち上がりに伴い、俳優集団からアーティスト集団となる。
  • 6月10日 - 超特急及びDISH//がインディーズデビューを果たす。
  • 10月24日 - カスタマイズがインディーズデビューを果たす。

2013年

  • 3月27日 - PrizmaXがインディーズデビューを果たす。
  • 4月1日 - EBiDAN TOKYO(研究生)のオーディション開始。
  • 6月19日 - DISH//がメジャーデビューを果たす。
  • 9月 - カスタマイズが解散[8]
  • 12月29日 - 「EBiDAN THE LIVE 〜 飛び出すEBi本 2013 〜」
  • 12月29日 - カスタマイズがカスタマイZという名で再結成する。

2014年

  • 4月5日 - 「EBiDAN THE LIVE〜飛び出すEBi本2014 Spring〜」
  • EBiDAN OSAKA 39のオーディションを開始。
  • EBiDAN NAGOYA,SENDAI,FUKUOKA,OSAKA,OKINAWAのオーディションを開始。(OSAKAについては2014年8月生)
  • 7月5日 - 「EBiDAN THE Live〜飛び出すEBi本2014 Summer Party〜」をNHKホールにて開催。
  • 11月24日 - EBiDAN 39 & KiDSの単独公演「星男祭2014」を日本青年館にて開催。[9]

2015年

  • 2月4日 - カスタマイZがメジャーデビューを果たす[10]
  • 3月11日 - さくらしめじがCDデビューを果たす。
  • 3月18日 - MAGiC BOYZがCDデビューを果たす。
  • 3月25日 - M!LKがCDデビューを果たす。
  • 7月6日 - EBiDAN所属グループの映像配信を行う定額動画配信サイト「スターダストチャンネル」を開始[11]
  • 7月12日 - 「EBiDAN THE LIVE 2015〜Summer Party〜」[12]
  • 7月18日 - 「EBiDAN THE STREET」という新たなプロジェクトがスタートし、さとり少年団EBiSSHEDAMAME BEANSの3グループが結成される。
  • 9月27日 - EBiDAN 39 & KiDSの単独公演「星男祭2015」をかつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホールにて開催。SUPER★DRAGONの結成を発表。

2016年

  • 7月20日、21日 - 「EBiDAN THE LIVE 2016 〜Summer Party〜」をNHKホールにて開催。
  • 7月20日、21日 - 「EBiDAN THE KiDS FES.2016」を開催。
  • 8月26日 - カスタマイZが解散。
  • 10月30日 - 「EBiDAN THE UNiON~HALLOWEEN PARTY 2016~」をTOKYO DOME CITY HALLにて開催。
  • 11月3日 - EBiDAN 39 & KiDSの単独公演「星男祭2016」をMt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて開催。

2017年

  • 5月8日付 - 超特急のシングル「超ネバギバDANCE」がEBiDAN史上初のオリコンチャート1位を獲得。
  • 8月3日、4日 -「EBiDAN THE LIVE 2017 〜Summer Party〜」を東京国際フォーラムにて開催。
  • 8月26日 -EBiDAN 39 & KiDSの単独公演「星男祭2017」を渋谷区文化総合センター大和田 さくらホールにて開催。
  • 10月27日 - EBiDAN39 & KiDS選抜メンバーによるプロジェクト「BATTLE BOYS」プロジェクトが始動。


2018年

  • 3月26日 - BATTLE BOYSの単独公演「BATTLE BOYS STARTING LIVE 2018 ~one chance~」を恵比寿リキッドルームにて開催。
  • 7月16日 - MAGiC BOYZが解散。マヒロ以外のメンバーがHONG¥O.JPとして活動することを発表。
  • 8月14日 - STARDUST RECORDSとHMVのコラボ企画でBATTLE STREETを結成。翌々月、ファン投票により、メンバーが決まる。
  • 8月28日、29日 - 「EBiDAN THE LIVE 2018 〜Summer Party〜」を東京国際フォーラム ホールAにて開催。
  • 12月16日 - EBiDAN 39 & KiDSの単独公演「星男祭2018」をAiiA 2.5 Theater Tokyoにて開催。


2019年

  • 4月21日 - HONG¥O.JPが解散。
  • 7月7日 - BATTLE BOYSが「BATTLE BOYS LIVE2019 〜DREAMS COME TRUE〜」を豊洲PITにて開催。同日、BATTLE STREETがBATTLE BOYS及び、EBiDAN研究生を卒業し、正式なユニットとして活動することを発表。
  • 8月7日 - BATTLE STREETが原因は自分にある。に改名。
  • 8月28日、29日 - 「EBiDAN THE LIVE 2019 〜Summer Party〜」を幕張メッセ国際展示場9・10ホールにて開催。

ユニット編集

超特急編集

  • 史上初のメインダンサーバックヴォーカルユニット。
  • メンバーは年齢順に2号車から7号車となっており、ファンは8号車と呼ばれる。
  • それぞれに担当カラーがある(結成当初リーダーであったユーキによって決定)。
  • 2011年12月25日にお披露目公演を行い結成。結成当時は、超特急☆-BULLET TRAIN-というユニット名であった[13]
  • 2012年3月に新メンバーとしてタクヤの加入が発表[14]。同時にショウの脱退も明らかになった(脱退についての発表はなし)。
  • 2012年6月10日、シングル「TRAIN」でCDデビュー。
  • 2017年のシングル「超ネバギバDANCE」でオリコンウィークリーチャートBillboard Japan Hot 100において1位を獲得。EBiDAN内のユニットでは初の記録となった。
  • 2018年1月にコーイチの脱退を発表し、以降は6人で活動を継続。
  • 2019年6月に膝の怪我などの体調不良を理由にユースケの休養を発表。当時開催中だった全国ライブツアーなどは5人でのパフォーマンスで続行。一時は休養期間を翌年の6月いっぱいまでと発表したが、2020年2月に治療の為、脱退と退所を発表。以降は5人で活動を継続。[15]
  • ユニットとしてはスターダストプロモーション制作3部[16]、およびスターダスト音楽出版A&RI部に所属[17]
メンバー
元メンバー

DISH//編集

  • ダンスロックバンド。
  • 2011年11月結成[13]
  • 2012年6月10日、「It's alright」でインディーズデビューを果たす。
  • 2013年6月19日、ソニーミュージックレコーズより「I Can Hear」でメジャーデビュー。
  • 2015年1月1日、武道館公演を成功させる。
  • 2017年1月1日、武道館公演をもって新メンバーの泉大智が加入。
  • 2018年小林龍二が脱退(事務所も退所)。
  • ユニットとしてもスターダストプロモーション芸能3部に所属[18]
メンバー
元メンバー

M!LK編集

  • 読み:ミルク
  • Clash,(後述)の解散後、レギュラー番組『EBiDANアミーゴ!』の企画から発足したユニット[19]
  • 2014年11月24日、日本青年館で行われた「星男祭2014」で初公演。
  • 2015年3月25日、シングル「コーヒーが飲めません」でCDデビュー。
  • 2016年5月3-5日、東名阪3か所にて初のワンマンツアーを成功。
  • 2018年6月15日、山﨑悠稀が同月30日をもってグループを卒業、翌月31日をもって事務所を退社することを発表。
  • 2018年8月28日、東京国際フォーラム・ホールAで開催された「EBiDAN THE LIVE 2018〜Summer Party〜」にて、山中柔太朗、曽野舜太、宮世琉弥が新メンバーとして加入することが発表される。
  • 2019年11月25日、板垣瑞生、宮世琉弥が俳優業に専念するため、翌年1月31日豊洲PITで開催される「7人7色~Winding Road~」をもってグループを卒業することを発表。
メンバー
元メンバー

SUPER★DRAGON編集

  • 読み:スーパードラゴン
  • 2015年9月27日、星男祭2015にて結成の発表と共に初の公演を行った[20]
  • 2015年11月14日、ライブ・イベント会場限定で「Big Dipper」「HACK MY CHOICE」のミュージック・カードを発売した。
  • 2016年1月31日、原宿クエストホールにて初のワンマンライブを開催。
  • 2016年3月19日、代官山UNITにて2回目のワンマンライブを開催。
  • 2016年8月11日、品川ステラボールにて3回目のワンマンライブを開催。11月のCDデビューが発表される[21]
メンバー

さくらしめじ編集

  • ユニットとしてはスターダストプロモーション芸能1部に所属[22]
  • フォークデュオである。
  • 2014年8月からガク&ヒョウガの名でストリートライブなどを行っていた。
  • 2014年11月24日、日本青年館で行われた「星男祭2014」で、ユニット名が「さくらしめじ」になる。同時に1stシングル「いくじなし / きのうのゆめ」のイベント会場限定発売が発表された。[23]
メンバー

原因は自分にある。編集

  • 2018年11月、BATTLE BOYSのプロジェクト企画としてBATTLE STREETが結成。
  • 2019年7月7日、豊洲PITで開催された「BATTLE BOYS LIVE 2019 ~DREAMS COME TRUE~」にて、その日をもってBATTLE BOYSを卒業し、正式なユニットとしてデビュー・活動していくと発表[24]
  • 2019年8月7日、ユニット名を原因は自分にある。に改名[25]
  • 2019年10月9日、デビューシングル「原因は自分にある。」をリリース。
メンバー

ONE N' ONLY編集

  • 読み:ワンエンオンリー
  • さとり少年団とEBiSSHの合同ユニット。
  • 2018年、4月29日・5月6日に開催されたEBiSSHとさとり少年団の初東阪ツーマンライブのアンコールで初披露。(この時のグループ名はOne And Only)
メンバー

Vocalist

  • EIKU(山下永玖 - さとり少年団)
  • TETTA(関哲汰 - EBiSSH)
  • REI(沢村玲 - EBiSSH)

Rap&Dancer

  • HAYATO(高尾颯斗 - さとり少年団)
  • KENSHIN(上村謙信 - さとり少年団)

Dancer

  • NAOYA(草川直弥 - EBiSSH)
元メンバー

Dancer

  • KOHKI(林幸輝 - EBiSSH)

さとり少年団編集

  • 2015年7月18日、初の EBiDAN THE STREET として公式ブログで結成が発表された[26]
  • 2015年9月12日のストリートライブで初のパフォーマンスを披露した。
  • 2017年8月3日,4日の「EBiDAN THE LIVE 2017」に出演。
  • 永玖のボーカル、2人のダンサーで構成されている。
  • メンバー

EBiSSH編集

  • 読み:エビッシュ
  • Monochrome Rainbowとして発表後、EBiSSHにユニット名を変更。
  • 2016年7月20日のEBiDAN THE KiDS FES.2016にて初ライブ[27]
  • 2017年8月3日,4日の「EBiDAN THE LIVE 2017」に出演。
  • メンバー
    • TETTA(関哲汰)
    • REI(沢村玲)
    • NAOYA(草川直弥)
  • 元メンバー
    • HAYATO(山内隼人)
    • KOHKI(林幸輝)

企画ユニット編集

S.O.S!〜sound of smile!〜編集

M!LKSUPER★DRAGONさくらしめじによるSPRINGキャンペーン企画ユニット[28]

  • メンバー
風が吹く
S.O.S!〜sound of smile!〜の音楽配信シングル
リリース 2020年5月20日 (2020-05-20)
規格 音楽配信
録音   日本
ジャンル J-POP
時間 4分26秒
レーベル スペースシャワーネットワーク
作詞者 yuiFLOWER FLOWER
作曲者 yuiFLOWER FLOWER

ミュージックビデオ
風が吹く - YouTube


EBiDAN 39&KiDSと派生ユニット編集

中学生以上のメンバーを「EBiDAN 39」、小学生以下のメンバーを「EBiDAN KiDS」と称し、まとめて「EBiDAN 39&KiDS」と呼ぶ。また、東京・大阪・仙台・名古屋・福岡・沖縄に拠点があり、それぞれ「EBiDAN TOKYO」「EBiDAN THE STREET」「EBiDAN OSAKA」「EBiDAN SENDAI」「EBiDAN NAGOYA」「EBiDAN FUKUOKA」「EBiDAN OKINAWA」と呼ばれる。 その中でも東京で活動する中学生のメンバーを「EBiDAN TOKYO 39」のように呼ぶ[29]

初期には研究生と呼ばれており、現在でもしばしばそのように呼称される。

スタメンKiDS編集

詳細は「スタメンKiDS」を参照

  • 2015年9月27日、星男祭2015にてオリジナル曲「てらこや」を披露した[20]
メンバー
  • 佐藤大志
  • 清水在
  • 城桧吏
  • 須藤琉偉
  • 財部友吾
  • 長﨑大晟
  • りきまる

AMEZARI編集

  • 2015年8月25日、EBiDAN OSAKAのイベントにて「あめりかんザリガニ」として結成が発表された。志音、歩夢の2人がボーカル、他の5人がダンサーである。
  • 2016年12月27日に初のワンマンライブを開催。ライブ中にAMEZARIへの改名を発表。
  • 2017年5月に初のアルバムCDを発売。
メンバー
  • 安藤夢叶
  • 石田ローウェン
  • 佐々木頼忠
  • ジェイ
  • 志音
  • 橋本歩夢
  • 三屋響

ZeBRA☆STAR編集

  • 歩輝、護、洸聖、理樹、寛太の5人で「凸凹ふぁいぶ」として結成。その後、亨汰、SHIN、ナイトの3人のメンバーが加入し「Little☆E」と改名。2016年11月に現在のグループ名となった。
  • 2016年8月7日に初のワンマンライブを開催。
  • 2017年2月に初のシングルCDを発売。
  • 2017年12月16日に新メンバーの真翔が加入。
  • 2018年からは年上組(歩輝、亨汰、SHIN、マモル)がZeBRA☆BLACK、年下組(洸聖、理樹、ナイト、寛太、真翔)がZeBRA☆REDと分け、別々での活動も多くなっている。
  • 2018年5月 新メンバーの開斗(後にkaiに改名)がZeBRA☆BLACKに加入。
  • 2018年7月15日 歩輝が卒業。
  • 2019年3月 ZeBRA☆BLACKに新メンバーの柊、ZeBRA☆REDに新メンバーの輝、来輝が加入。
  • 2019年4月 洸聖がREDからBLACKに移動。ナイトはREDとBLACKを掛け持つ。
  • 2019年8月17日 ナイトアンドリューが卒業。
メンバー
  • ZeBRA☆BLACK
    • 亨汰
    • kai
    • SHIN
    • 萩原護
    • 桑原柊
    • 洸聖
  • ZeBRA☆RED
    • 大熊理樹
    • 長谷川寛太
    • 真翔
    • 田代輝
    • 三上来輝
元メンバー
  • 歩輝
  • ナイトアンドリュー

BATTLE BOYS編集

2017年にEBiDAN研究生の新たなプロジェクトとして始動。全国の研究生の中から選ばれた数十名のメンバーで構成される。

さらにその中から、各地域ごとの選抜および全国選抜(各5-7人ほど)が選ばれる。選抜基準は歌・ダンスのスキルの他、YouTubeの自己紹介動画の再生回数、公式サイトからのファンによる人気投票の票数なども加味される。この選抜メンバーは定期的に入れ替わる。

2018年3月に第1弾全国選抜メンバーによるシングル「ebidence」が発売された。

同年10月に第2弾全国選抜メンバーによるシングル「Sha na na」が発売。

2019年3月に第3弾全国選抜メンバーによるシングル「With you With me」が発売。 第3弾は仙台、東京、名古屋の全国選抜メンバーが東日本選抜、大阪、福岡、沖縄の全国選抜メンバーが西日本選抜に分かれて活動した。

同年9月に第4弾全国選抜メンバーによるシングル「NEXT ZONE」が発売。

選抜メンバー編集

第1弾編集
選抜 メンバー
BATTLE BOYS 全国選抜 山中柔太朗、武藤潤、長野凌大、琉弥(宮世琉弥)、小泉光咲、曽野舜太、弓木大和
BATTLE BOYS SENDAI 小泉光咲、琉弥、菅野那雄、笹原遼雅、芳賀柊斗、相原一心、千田波空斗
BATTLE BOYS TOKYO 山中柔太朗、武藤潤長野凌大、石田亮太、吉澤要人、宮本龍之介、綾太
BATTLE BOYS NAGOYA 曽野舜太、嵐樹、中村旺太郎、桐山吏翔、日向、久昌歩夢、中村諒
BATTLE BOYS OSAKA 小原滉平、弓木大和、徳井太一、紀田直哉、西村零、遥聖、一颯
第2弾編集
選抜 メンバー
BATTLE BOYS 全国選抜 武藤潤、弓木大和、小泉光咲、長野凌大、紀田直哉
BATTLE BOYS SENDAI 相原一心、小泉光咲、笹原遼雅、千田波空斗、芳賀柊斗
BATTLE BOYS TOKYO 石田亮太、大倉空人、長野凌大、宮本龍之介、武藤潤、杢代和人、吉澤要人
BATTLE BOYS NAGOYA 久昌歩夢、中原諒、中村旺太郎、日向、嵐樹
BATTLE BOYS OSAKA 大西翼、小原滉平、紀田直哉、徳井太一、遥聖、樋口琥大、弓木大和
第3弾編集
選抜 メンバー
BATTLE BOYS 東日本選抜 武藤潤、小泉光咲、長野凌大、笹原遼雅、嵐樹
BATTLE BOYS 西日本選抜 弓木大和、紀田直哉、徳井太一、咲太朗、洸瑛
BATTLE BOYS SENDAI 相原一心、小泉光咲、笹原遼雅、千田波空斗、芳賀柊斗
BATTLE BOYS TOKYO 長野凌大武藤潤、桜木雅哉、大倉空人、宮本龍之介、杢代和人、吉澤要人
BATTLE BOYS NAGOYA 嵐樹、久昌歩夢、中原諒、中村旺太郎
BATTLE BOYS OSAKA 紀田直哉、弓木大和、徳井太一、小原滉平、大西翼、岡本侑樹、樋口琥大
BATTLE BOYS FUKUOKA 咲太朗、柏木悠、坂田晏都、吉岡遼
BATTLE BOYS OKINAWA 洸瑛、アレックス、ジョシュア、響己、優輝
第4弾編集
選抜 メンバー
BATTLE BOYS 全国選抜 小原滉平、紀田直哉、咲太朗、笹原遼雅、弓木大和
BATTLE BOYS SENDAI 相原一心、大槌星凪、笹原遼雅、千田波空斗、芳賀柊斗
BATTLE BOYS TOKYO 秋葉梨駈、犬塚心、宮本龍之介、長野蒼大、山下夕越、齋藤琉生、太哉、江口シオン、吉岡琉生、清水大登、小林拓司
BATTLE BOYS NAGOYA 久昌歩夢、桐山吏翔、中村旺太郎、日向、嵐樹、小島嵐、吉田るきと
BATTLE BOYS OSAKA 一颯、岡本侑樹、小原滉平、紀田直哉、徳井太一、西村零、遥聖、弓木大和、永田陸斗、大西翼、川村伯真、今井楓、福井太陽、樋口琥大
BATTLE BOYS FUKUOKA 叶偉、坂田晏都、咲太朗、梅﨑蓮、遼
BATTLE BOYS OKINAWA 洸瑛、アレックス、ジョシュア、響己、優輝


EBiDAN THE STREET編集

2015年7月に始動した。主な活動はミューザ川崎でのストリートライブであり、他のEBiDANグループ・メンバーとの活動はほとんどないが、ブログやお知らせなどは39&KiDSと同じサイトで行われる。

雑誌「EBiDAN vol.7」には掲載されたが、イケキャス.や恵比チリDANとともに巻末特集扱いだった。

2016年7月20日と21日に行われた「EBiDAN THE KiDS FES.2016」においては、各ユニットがSpecial Actで出演したほか、特典会なども行われた[30]

2017年8月3日と4日に行われた「EBiDAN THE LIVE 2017」には、すべてのユニットが出演した[31]

EDAMAME BEANS編集

  • 読み:エダマメビーンズ
  • 2016年1月17日のストリートライブで、さとり少年団のオープニングアクトとして初のパフォーマンスを披露した[32]
  • 2017年8月3日,4日の「EBiDAN THE LIVE 2017」にオープニングアクトとして出演。
  • 各地でのイベントに出演、入れ替わりで8人出場していることが多い。
  • ダンス&ボーカルユニット。キャッチフレーズは「制御不能の緑のイナズマ」。
メンバー
  • 浅賀望大
  • 岡野敬
  • 中野龍
  • 西田喜穏
  • 得能勇志
  • 落合晴音
  • 河島英人
  • 荻野直哉

過去のユニット編集

クリーミーさん編集

  • 2011年11月結成[13]。当初のグループ名は「クリーミーさん♥」[33]
  • 2012年8月末、田口司劇☆男に移動の為脱退。
メンバー
追加メンバー
  • 志村玲於

E-CHARY編集

  • 2011年11月結成[13]。当初はグループ名は「E-CHARY♪」[34]
  • イーチェリー。小学生・中学生が中心となったユニット。
初期メンバー[34]
  • 亜蓮、石川リオ、井上東万、中村祐翔、野村風馬
追加メンバー
  • 石井伶治、板垣瑞生、井上莉穏、城戸恵斗、塩崎太智、ジャン海渡、髙田彪我、デニス、安ヶ平樹、吉田仁人

TR2Y2編集

  • 名前の頭文字(矢部のみ苗字)から名づけられたユニット。
メンバー[35]
  • T - 北村匠海
  • R - 船津稜雅
  • R - 小林龍二
  • Y - 村田祐基
  • Y - 矢部昌暉

保健室。編集

メンバー[36]

EBi侍編集

  • 第1弾課題曲「ちゃんばらやばらば」のオーディションに合格した5名で結成したユニット。
  • 2013年11月4日、東京都江東区のサンストリート亀戸で行われた、超特急のイベントのオープニングアクトで初お披露目された。
メンバー
  • 吉田仁人、亜蓮、悠斗、井上東万、髙橋楓翔

けもパン5編集

  • 第2弾課題曲「けもパン世界タイトルマッチ」のオーディションに合格した5名で結成したユニット。
  • 2013年11月16日、神奈川県川崎市のラゾーナ川崎プラザで行われた、超特急のイベントのオープニングアクトで初お披露目された。
  • 2014年5月5日、「けもパン世界タイトルマッチ」リリースイベントでアニマル選抜パート2メンバーがお披露目された。パート2メンバーは、オーディションは行っていない。
メンバー
  • 志村玲於、亜蓮、塩﨑太智、悠斗、髙田彪我
アニマルオーディション合格者(アニマル選抜パート1)
  • デニス(ブタ)、井上東万(カニ)、藤井航(サル)、松村和哉(ゾウ)、丹野莉恩(イヌ)、みのり(パンダ)、日向(ニワトリ)、長崎大晟(ネコ)、佐藤大志(カエル)、須藤琉偉(ウシ)、溝上青王(ネズミ)
アニマル選抜パート2
  • 柴崎楽(フェレット)、大橋龍馬(キリン)、塩田賢一(アリ)、吉岡琉生(カメレオン)、嵐祐人(ゴールデンレトリバー)、清水在(ワニ)、城桧吏(チーター)、ナポレオンスター(カーリーキャット)、江口シオン(オオクワガタ)、樫本詠知(トラ)、りきまる(ダイオウイカ)、ALOHA(カメ)

EBi心.com編集

  • 読み:エビココロドットコム
  • 第3弾課題曲「Like a star」で結成したユニット。オーディションはグループ別に行われ、EBi心.comの他、「B×ZeX」と「Tidhwhy」も結成された。
  • 2013年12月29日、東京都港区の品川プリンスステラボールで行われた「EBiDAN THE LIVE 〜飛び出すEBi本 2013〜」で初お披露目。
  • テレビ番組「EBiDAN」第12回の放送分では、髙田彪我はEBi心.comのメンバーではなかったが、第13回の放送分からはメンバーに入っている。
  • 課題曲「Like a star」の最終オーディション(第19回)で、EBi心.comにTidhwhyメンバーの山崎悠稀がゲストボーカルとして参加することが発表された。
メンバー
  • 志村玲於、野村風馬、吉田仁人、亜蓮、城戸恵斗、悠斗、髙田彪我
B×ZeX(ビージックス)
  • 菊池ハル、板垣瑞生、ジャン海渡、デニス、髙橋楓翔、松田琉冬
Tidhwhy(ティデュウェイ)
  • 山﨑悠稀、塩﨑太智、中村祐翔、飯島颯、今野亘琉、井上東万

Clash,編集

  • 読み:クラッシュ
  • 第4弾課題曲「青空センターフォワード」で結成したユニット。オーディション参加は小学5年生以上(2013年当時)のメンバーのみ。
  • トーナメント式オーディションだったため合格者は、悠斗のみ。悠斗がプロデューサー等とメンバーを構成した。
  • 2014年4月5日、渋谷公会堂で行われた「EBiDAN THE LIVE 〜飛び出すEBi本 2014 Spring〜」で初お披露目。
  • 2014年6月、EBiDAN研究生ユニットとしては初の2曲目の作成を発表。また、当時EBiDAN OSAKA 39在籍の佐野勇斗のメンバー加入も発表された(「EBiDAN」第41・42回)。
  • 2014年7月5日、2曲目となる「miruku!」を初お披露目。同時に解散も発表された。
メンバー
  • 悠斗(リーダー)、吉田仁人、山﨑悠稀、塩﨑太智、板垣瑞生
追加メンバー
  • 佐野勇斗

カスタマイZ編集

メンバー
元メンバー

MAGiC BOYZ編集

  • 読み:マジックボーイズ
  • 2014年、当時・中学1年生の4人で結成されたヒップホップユニット。
  • 2015年3月18日、ファーストシングル「MAGiC SPELL 〜かけちゃうぞ! ぴっぴっぴっ〜」を発売。
  • 2015年4月29日に行われたイベント「MAGiC BOYZの渋谷でチル -lesson.3- 〜春の重大発表!?〜」にて、藤田真広がDJとして参加することが発表。
  • 2016年2月6日、上記のクラウドファンディングで制作された映画「イカれてイル?」が公開。
  • 2016年3月27日に行われた「リアル中2 卒業パーティー」を最後に高橋楓翔、中村祐翔がメンバーから脱退し、4月より3MC兼DJの新体制でスタート(高橋はEBiDANからも脱退した)。
  • 2016年5月21日のイベント「MAGiC BOYZの渋谷でD.D.T.〜その(2)〜ドクドク…トクン…〜」にて、6月26日より安本丞とミロがDJとして参加し、3MC2DJ体制となることが発表。
  • 2016年10月16日、公式サイトなどで10月末でのミロの卒業を発表。
  • 2016年11月4日、ZEN-LA-ROCKが加入。
  • 2018年8月、解散。
メンバー
元メンバー

HONG¥O.JP編集

  • 読み:ほんぎょうジェーピー
  • 解散したMAGiC BOYZのメンバーのうち、TOMA、RYUTO、JOEの3人で結成されたヒップホップグループ。2018年7月16日、MAGiC BOYZの解散とともに結成が発表された。
  • 2018年9月16日、1stDVD(本業DVD)をイベント会場限定で発売を開始した。
  • 2018年12月28日、JOEが卒業。
  • 2019年4月21日、解散。
メンバー
元メンバー

PrizmaX編集

  

  • ダンス&ボーカルユニット。
  • EBiDAN内で唯一、EBiDAN結成前に作られたユニットである。
  • 2020年3月27日、解散。
メンバー
元メンバー

主な過去のメンバー編集

劇☆男へ移動

  • 赤池洋
  • 有元啓太朗
  • 石田知之
  • 伊藤玻羅馬
  • 猪野広樹
  • 田口司
  • 佐々木裕也
  • 渡邉聖斗
  • 武井駿

出演編集

テレビ番組編集

  • 超×D(2013年1月10日 - 3月、TOKYO MX) - 超特急、DISH//
  • TwellV Times(2013年1月 - 不定期、TwellV) - カスタマイズ
  • 超×D Music+(2013年4月 - 2014年6月、TOKYO MX) - 超特急、DISH//、カスタマイズ
  • EBiDAN(2013年9月16日 - 2014年9月29日、TOKYO MX) - EBiDAN研究生、清水大樹(PrizmaX)
  • EBiDANボンバー(2014年7月5日 - 2014年12月27日、BS11) - EBiDAN 39&KiDS
  • 超D.プリカスZ(2014年7月6日 - 2016年6月26日、BS朝日) - 超特急、DISH//、PrizmaX、カスタマイZ
  • EBiDANアミーゴ!(2014年10月4日 - 2017年9月30日、BS日テレ) - EBiDAN 39&KiDS
  • スター☆ドリーマーズ(2016年7月3日 - 2017年10月1日、BS朝日)- PrizmaX、超特急、DISH//、M!LK、さくらしめじ、MAGiC BOYZ、SUPER★DRAGON
  • スタダゲート(2018年5月7日 - 2020年3月31日、J:COM) - 超特急、DISH//、原因は自分にある。、BATTLE BOYS
  • FAKE MOTION -卓球の王将-(2020年4月 - 、日本テレビ

ラジオ番組編集

  • 恵比寿学園男子部 放課後Customize(2012年4月 - 2013年7月、音泉) - カスタマイズ
  • EBiDANのエブリバディ☆DANSHI(2012年11月4日 - 2014年3月、FM FUJI) - カスタマイズ、超特急、DISH//(週替わり)
  • EBiDAN THE UNiON(2016年1月5日 - 12月26日、CBCラジオ) - M!LK、さくらしめじ、MAGiC BOYZ、SUPER★DRAGON(週替わり)
  • EBiDAN THE RADIO(2019年4月2日 - 、CBCラジオ) - EBiDAN

舞台編集

  • 恵比寿学園男子部(EBiDAN)〜EBiDANの文化祭は文化のカヲリがまぁーしないのだ〜の巻(2010年8月28日・29日)
  • EBiDAN THE LIVE アフタースクールvol.1〜今日は22日だから2と2を足して出席番号4のやつ答えてみろ!〜(2010年11月22日、LIVE GATE
  • EBiDANのクリスマスお楽しみ会(2010年12月25日)
  • EBiDAN THE 授業参観 〜用務員のおじさん、柔道でいいとこまでいったんだって〜の巻(2011年2月27日、東京ニュース通信社スタジオ)
  • EBiDAN THE LIVE アフタースクールvol.2〜抜き打ちテストは聞いてないですよ!〜at TOWER RECORDS(2011年6月4日)
  • 恵比寿学園男子部〜嵐の臨海学校!!波とケンカとエビダンは激アツキリン柄!!の巻〜(2011年8月24日 - 8月28日、恵比寿エコー劇場
  • EBiDAN XmasワンマンSHOW(2011年12月25日)
  • EBiDAN THE LIVE 春の陣!〜お披露目!新ユニット旋風の乱〜(2012年3月20日、Shibuya O-WEST
  • EBiDAN THE LIVE 風林火山 応-WESTの乱(2012年5月12日、Shibuya O-WEST)
  • EBiDAN THE TITLE MATCH 〜Hit and away〜DISH// VS 超特急(2012年6月10日)
  • EBiDAN THE LIVE 2012夏〜お祭り騒ぎの乱〜(2012年8月4日、ShibuyaO-WEST)
  • EBiDAN THE TITLE MATCH 〜超特急 VS DISH//〜Vol.2(2012年9月8日、池袋EDGE
  • EBiDAN TOKYO EVENT 研究生発表会Vol.1 in 代官山NOMAD(2013年7月21日、代官山NOMAD
  • EBiDAN TOKYO EVENT 研究生発表会Vol.2 in 代官山NOMAD(2013年8月18日、代官山NOMAD)
  • EBiDAN研究生 クリスマスイブイブミニライブ(2013年12月23日、代官山NOMAD)
  • EBiDAN THE LIVE 〜飛び出すEBi本 2013〜(2013年12月29日、品川ステラボール
  • EBiDAN THE LIVE〜飛び出すEBi本2014 Spring〜(2014年4月5日、渋谷公会堂
  • EBiDAN THE LIVE〜飛び出すEBi本2014 Summer Party〜(2014年7月5日、NHKホール
  • EBiDAN 39&KiDS 星男祭2014(2014年11月24日、日本青年館
  • EBiDAN THE LIVE 2015〜Summer Party〜(2015年7月12日、東京国際フォーラム
  • EBiDAN 39&KiDS 星男祭2015(2015年9月27日、かつしかシンフォニーヒルズ

書籍編集

雑誌編集

  • EBiDAN BOOK(2013年12月3日、スターダスト音楽出版、SDP)
  • EBiDAN Vol.2(2014年4月2日、スターダスト音楽出版、SDP)
  • EBiDAN Vol.3(2014年7月31日、スターダスト音楽出版、SDP)
  • EBiDAN Vol.4(2014年12月5日、スターダスト音楽出版、SDP)
  • EBiDAN Vol.5(2015年3月29日、スターダスト音楽出版、SDP)
  • EBiDAN Vol.6(2015年7月21日、スターダスト音楽出版、SDP)
  • EBiDAN Vol.7(2015年12月17日、スターダスト音楽出版、SDP)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ ““注目の男子アーティスト集団EBiDANのメンバーを紹介!”. OKmusic. (2015年5月26日). http://okmusic.jp/#!/news/78425 
  2. ^ a b 行事予定。。。EBiDAN(恵比寿学園男子部)オフィシャルサイト(2011年6月23日時点のアーカイブ
  3. ^ 公演パンフレットによる
  4. ^ 公演パンフレットによる
  5. ^ 公演パンフレットによる
  6. ^ 公演パンフレットによる
  7. ^ 公演パンフレットによる
  8. ^ “ナタリー - カスタマイズ改め“カスタマイZ”始動、デビュー懸け単独”. ナタリー. (2013年12月19日). http://natalie.mu/music/news/106811 
  9. ^ “ナタリー - 選抜ユニット続々!EBiDAN 39 & KiDS青年館ライブ大成功”. ナタリー. (2014年11月26日). http://natalie.mu/music/news/132206 
  10. ^ “ナタリー - カスタマイZ、神田明神で心願成就&ヒット祈願「アニソンで天下を」”. ナタリー. (2015年2月5日). http://natalie.mu/music/news/137894 
  11. ^ “ナタリー - 超特急ライブ全編配信も、EBiDAN登場の「スターダストチャンネル」スタート”. ナタリー. (2015年7月1日). http://natalie.mu/music/news/152436 
  12. ^ “ナタリー - 国際フォーラムで大騒ぎ!熱狂の「EBiDAN THE LIVE」大団円”. ナタリー. (2015年7月13日). http://natalie.mu/music/news/153763 
  13. ^ a b c d 速報!!新アイドルユニットのメンバーが決定☆☆|EBiDAN オフィシャルブログ 「EBiDAN BLOG」 Poweredby Ameba
  14. ^ STARDUST - スターダスト オフィシャルサイト - ニュース - 第2期“超特急”始動!草川拓弥 新メンバーに決定
  15. ^ https://bullettrain.jp/news/news16150/
  16. ^ “STARDUST - スターダストプロモーション制作3部 アーティスト”. http://www.stardust.co.jp/section3/artist.html/ 2018年3月14日閲覧。 
  17. ^ “STARDUST - スターダスト音楽出版 - 超特急のプロフィール”. http://www.stardust.co.jp/profile/choutokkyu.html 2018年3月4日閲覧。 
  18. ^ “スターダストプロモーション芸能3部”. http://www.stardust.co.jp/section3/ 2015年6月3日閲覧。 
  19. ^ ““スタダ系男子集団”派生ユニットが続々とCDデビュー”. ORICONSTYLE. (2015年2月16日). http://www.oricon.co.jp/news/2048654/full/ 
  20. ^ a b 新ユニットも誕生!EBiDAN 39 & KiDS大騒ぎの「星男祭2015」”. 音楽ナタリー (2015年9月29日). 2015年9月30日閲覧。
  21. ^ “SUPER★DRAGON、CDデビュー決定!「遊☆戯☆王」オープニングも担当”. 音楽ナタリー. (2016年8月11日). http://natalie.mu/music/news/197891 2016年8月12日閲覧。 
  22. ^ a b “スターダストプロモーション芸能1部”. http://www.stardust.co.jp/section1/ 2015年6月15日閲覧。 
  23. ^ “ナタリー -選抜ユニット続々!EBiDAN 39 & KiDS青年館ライブ大成功”. ナタリー. (2014年11月26日). http://natalie.mu/music/news/132206 
  24. ^ Inc, Natasha. “【ライブレポート】先輩ゲストも登場!BATTLE BOYS 3rdの集大成ライブ、夢を胸に新たなステージへ(写真22枚)” (日本語). 音楽ナタリー. 2020年1月1日閲覧。
  25. ^ Inc, Natasha. “BATTLE STREETが「原因は自分にある。」に改名(コメントあり)” (日本語). 音楽ナタリー. 2020年1月1日閲覧。
  26. ^ 「さとり少年団」です!|EBiDAN オフィシャルブログ 「EBiDAN BLOG」 Poweredby Ameba”. 2015年9月2日閲覧。
  27. ^ EBiSSH(Monochrome Rainbow改め)|「EBiDAN THE KiDS FES.2016」開催! HMV&BOOKS TOKYOとの連動企画も実施!!”. 2016年6月21日閲覧。
  28. ^ M!LK×スパドラ×さくらしめじ! EBiDAN第2世代合同プロジェクト“S.O.S!”のテーマソングの配信リリースが決定”. m-on music. 2020年5月20日閲覧。
  29. ^ EBiDAN 39&KiDS公式ツイッター
  30. ^ 「EBiDAN THE KiDS FES.2016」開催! HMV&BOOKS TOKYOとの連動企画も実施!!”. 2016年6月21日閲覧。
  31. ^ EBiDAN THE LIVE 2017”. 2017年8月4日閲覧。
  32. ^ EDAMAME BEANS(エダマメビーンズ)|EBiDAN オフィシャルブログ 「EBiDAN BLOG」 Poweredby Ameba”. 2016年1月14日閲覧。
  33. ^ クリーミーさん♡!!|EBiDAN オフィシャルブログ 「EBiDAN BLOG」 Poweredby Ameba”. 2014年1月30日閲覧。
  34. ^ a b E-CHARY♪です!|EBiDAN オフィシャルブログ 「EBiDAN BLOG」 Poweredby Ameba”. 2014年1月30日閲覧。
  35. ^ TR2Y2からのメッセージ|EBiDAN オフィシャルブログ 「EBiDAN BLOG」 Poweredby Ameba”. 2014年1月30日閲覧。
  36. ^ 保健室。|EBiDAN オフィシャルブログ 「EBiDAN BLOG」 Poweredby Ameba”. 2014年1月30日閲覧。

関連項目編集

  • 私立恵比寿中学 - 同じく「恵比寿」と「学校」をグループ名とした、スターダストプロモーションの女性アイドルグループ。

外部リンク編集