LibreOffice

文書作成と編集用のオフィススイート。無料ソフトウェアのコミュニティから派生

LibreOffice(リブレオフィス[7])は、The Document Foundationのプロジェクトが作成する自由・オープンソースソフトオフィススイートである。商用ソフトであったStarOffice(日本向けは商標の関係でStarSuite)をオープンソース化したOpenOffice.org(2011年終了)から2010年に派生して作られた。 LibreOfficeは、Writer(文書作成)、Calc(表計算)、Impress(プレゼンテーション)、Draw(ベクタードローグラフィック)、Base(データベース)、Math(数式作成)から構成され、117の言語[8]で利用できる。

LibreOffice
LibreOffice Logo Flat.svg
LibreOffice 6.1 スタートセンター
LibreOffice 6.1 スタートセンター
開発元 The Document Foundation
初版 2010年9月28日 (2010-09-28)
最新版 [±]
最新版 7.0.4 / 2020年12月17日(33日前) (2020-12-17[1]
安定版 6.4.7 / 2020年10月22日(2か月前) (2020-10-22[1]
最新評価版 [±]
7.0 7.0.4 RC2 / 2020年12月11日(39日前) (2020-12-11[2]
7.1 7.1.0 RC1 / 2020年12月22日(28日前) (2020-12-22[2]
リポジトリ ウィキデータを編集
プログラミング
言語
C++, Java, Python
対応OS macOS, Windows, Linux[3],
Solaris, FreeBSD[4]
プラットフォーム クロスプラットフォーム
対応言語 日本語など、119[5]
サポート状況 開発中
種別 オフィススイート
ライセンス MPL v2.0[6]
公式サイト https://ja.libreoffice.org
テンプレートを表示

LibreOfficeが使用する標準ファイル形式は、オープンドキュメント形式(ODF)である。ODFは、構造化情報標準促進協会(OASIS)が文書規格を策定し、国際標準化機構(ISO)、国際電気標準会議(IEC)、日本産業規格(JIS X 4401:2014[9])が認定する国際標準規格である。Microsoft Officeなどのファイルはネイティブファイルとしてはサポートせず、これらと互換性は無いがインポート、エクスポートフィルターを介した変換を伴う読み込みと書き込みができるファイルとしてサポートをする。

LibreOfficeは、Microsoft WindowsmacOSLinuxやモバイルのAndroidiOSといった多様なプラットフォーム[10]の利用に加え、オンライン上で利用できるLibreOffice Onlineも用意されている。主要なLinuxディストリビューションでは標準のオフィススイートとしてインストールされる。また、LibreOfficeは最も活発に開発されている自由・オープンソースソフトオフィススイートであり、直系の後継であるApache OpenOffice開発と比較すると活動の活発さは約50倍にも匹敵する[11]

LibreOfficeプロジェクトを発表後、2010年9月28日にベータ版をリリース。最初の安定版リリースの2011年1月から2011年10月までにLibreOfficeは約750万回ダウンロードされた[12]。プロジェクトは、2011年5月から2015年5月までにLinuxディストリビューションのダウンロードを除いて1億2000万のユニークダウンロードがあり、そのうち5500万は2014年5月から2015年5月の間にダウンロードされたと報告している[13]

構成編集

LibreOfficeは以下のソフトで構成されている。

名称 概要
  Writer ワープロソフト
  Calc 表計算ソフト
  Impress プレゼンテーションソフト
  Draw ドローソフト
  Base データベース管理システム
  Math 数式エディタ

歴史編集

2010年1月27日、当時のOpenOffice.org開発元・権利者であったサン・マイクロシステムズが、オラクルに買収された。そもそもOpenOffice.orgがサン・マイクロシステムズのもとにあった頃から、コミュニティメンバーは企業の意向に左右される開発方針に不満を持っており[14][15][16]、一部の開発者はOpenOffice.orgからフォークしたGo-oo(旧Go-Open Office)やNeoOfficeをリリースしていた。オラクルによる買収を機にコミュニティの不満が爆発し、OpenOffice.orgプロジェクトの主要メンバーらによりThe Document Foundationが設立され、OpenOffice.orgの次期バージョン3.3を独自に開発することを構想した。The Document Foundationはオラクルに対してThe Document Foundationへの参加と、プロジェクトにOpenOffice.orgブランドを寄贈するように要請。暫定的にLibreOfficeの名で開発が行われることになった[17][18]。しかし、オラクルからのブランドの寄贈は実現しなかったため、正式にLibreOfficeとして開発が行われることになった[19]。 その結果、LibreOfficeはOpenOffice.orgのバージョン番号を引き継いでいる。

UbuntuOpenSUSERed Hat Enterprise Linuxなどを含む複数のLinuxディストリビューターは、次のバージョン以後はLibreOfficeを使用することを発表し[20]、LibreOfficeがプリインストールされたバージョンがリリースされている。LibreOfficeにはGo-OOなどの派生版の開発成果が取り入れられた[21][22]

2011年1月25日、最初の安定版であるLibreOffice バージョン 3.3がリリースされた[23]。その後は年2回の定期的なリリースを続け、多くの新機能が加わった。LibreOfficeに関わる開発者の数は継続的に増加しており、ソースコードの改善も進んでいる[24]

StarOfficeとOpenOffice.orgの主な派生品のタイムライン。緑色で示されているのがLibreOfficeである。

オフィスソフトウェア間の相互運用性編集

LibreOfficeでは標準ファイル形式としてODFを使用するが、Microsoft Office 97-2003形式やMicrosoft Office 2007以降で利用されるOOXMLのインポートとエクスポートができる。 バージョンアップのたびに相互運用性は高められているが、MicrosoftOffice 97-2003形式、OOXMLとODFの間には互換性がなく[25] インポートとエクスポートはデータ欠落の恐れを含む変換を行うため日常の利用は向かず注意が必要である[26]

また、開発元であるThe Document Foundationは、プロプライエタリソフトで作られ他のソフトでは利用できないバイナリファイルを読み込むためのライブラリ開発を行うDocument Liberation Project[27]も運営し、そこで得られた成果を活用してMicrosoft Works、WordPerfect、クラリスワークス/AppleWorks[28]、KeynoteやWordperfect Works[29]、Apple Pages[30]、PageMaker[31]、QuarkXPress[32]といったソフトウェアで作成されたファイルの読み込みにも対応している。

Apache OpenOfficeとの関係編集

LibreOfficeの派生元となったOpenOffice.orgは、ソースコードApacheソフトウェア財団に寄贈され、現在は「Apache OpenOffice」として開発が続けられている。LibreOfficeはApache OpenOfficeの成果物の多くを取り込んでおり、また、LibreOffice独自の修正や機能追加がなされている。

一方、LibreOfficeからApache OpenOfficeへのソースコードの移植には注意を要する。それぞれのソフトウェアの内部で使われているソースコードは基本的に異なり、ライセンスも異なる。LibreOfficeはLGPL v3である一方、Apache OpenOfficeはApacheライセンスであるためLGPLライセンスと互換性がないためである。

派生版編集

LibreOffice Portable編集

リムーバブルメディアUSBスティックメモリーカードなど)から起動し使用することの出来るLibreOfficeである。PortableApps.comで開発されWindows版のみ存在する[33]。インストールを必要とせず、アプリケーションデータがリムーバブルディスクに保存されるためデータがシステムに残らない。

LibreOffice Online編集

GTKフレームワークとHTML5のcanvasを利用して、ブラウザ内でソフトウェアを動かしオンライン上で利用することが出来るとしている。2011年のLibreOffice Conferenceで開発が発表された。略称としてLOOLが用いられる。2015年12月に開発者向けディストリビューションが公開された[34]

iOS版編集

タブレットやより小さな端末での使用を目的としたiOS向けの派生版である。現段階では大部分のソースコードのコンパイルには成功しているが、ユーザーインターフェースなどはまだ開発途中である。

LibreOffice Viewer編集

2015年5月28日にリリースされたAndroidLibreOffice。ドキュメントを表示・閲覧するためのソフトウェアではあるが、編集機能も搭載されている。ただし、この編集機能は実験的であり、業務上重要な作業に利用するにはまだ安定していない。

具体的には、基本的な編集機能、例えば既存の段落の単語を修正、太字や斜体といったフォント形式の変更機能を提供している。編集機能は開発者のコミュニティによって将来的に拡張される予定。

また、LibreOffice ViewerではWindows, macOS, Linux向けのLibreOfficeと同じエンジンを利用している。Firefox for Mobileによる新しいフロントエンドと結合されており、デスクトップ版LibreOfficeと同じようにドキュメントを読み込めるようになっている。

LibreOffice Viewerがサポートするファイル形式
  • Open Document Format(odt, ods, odp)
  • Microsoft Office 2007/2010/2013(docx, xlsx, pptx)
  • Microsoft Office 97/2000/XP/2003(doc, xls, ppt)

Collabora GovOffice編集

The Document FoundationのAdvisory Boardとして参加している英Collabora社が公共機関向けとしてリリースしている商用の派生ソフトウェア。5年間の長期サポート等が行われる[35]2015年11月には英国政府がCollabora GovOfficeの導入を発表している[36]

バージョン編集

2つの異なるメジャーバージョンのLibreOfficeが常時入手可能である。LibreOfficeは2つのブランチをそれぞれ以下のように定義することで、様々なユーザに対応できるようにしている[37]

  • "最新版(Fresh)" - 最新の機能を含む
  • "安定版(Still。旧称はStable)" - 安定性を重視する

毎年2月頃と8月頃に新機能を追加したメジャーリリースを行い、その後は脆弱性や不具合の修正および翻訳の改善をするメンテナンスリリースをほぼ毎月行う予定としている。また、各バージョンは2つ後のバージョンがリリースされるまでメンテナンスが行われる[要出典]。更新予定は公式サイトのリリースプランには、6.4までのスケジュールが記載されている。

バージョン番号はOpenOffice.orgから引き継いでいるため3.3.0から始まっている(歴史参照)[38]

サポート状況による色分け
サポートを終了したバージョン サポート中のバージョン 最新バージョン

採用事例編集

以下、報道もしくは公表された事例のみ

政府
地方公共団体
学校病院公共機関
団体
企業

地域化編集

LibreOfficeは100以上の言語に対応している[101]日本でも、2011年平成23年)9月にLibreOffice日本語チームが発足し、主にメーリングリストで協力者とともに翻訳活動を行なっている[102]

Webラジオ編集

今夜もLBR!!』のタイトルで、LibreOfficeを応援するラジオ番組2014年(平成26年)3月25日から2015年(平成27年)3月24日まで音泉にて配信された。第2、第4火曜日更新。出演は田所あずさ下田麻美丹下桜[103]

LibreOffice Conference編集

The Document Foundation2011年より年一度のLibreOffice Conferenceを以下のように開催している。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ OOoから「データパイロット」と呼ばれていたが、本バージョンより改称

出典編集

  1. ^ a b Release Notes”. The Document Foundation. 2020年12月27日閲覧。
  2. ^ a b Development versions”. The Document Foundation. 2020年12月11日閲覧。
  3. ^ LibreOffice ReadMe”. 2012年2月1日閲覧。
  4. ^ 7.3 生産的なアプリケーション”. 2012年2月1日閲覧。
  5. ^ Language”. 2020年11月28日閲覧。
  6. ^ Licenses”. 2019年1月3日閲覧。
  7. ^ LibreOfficeは何と読みますか?Libreとはどういう意味ですか?”. 2012年12月11日閲覧。
  8. ^ Language”. 2019年1月3日閲覧。
  9. ^ JISX4401 オフィス文書のためのオープン文書形式(OpenDocument)v1.1”. 2019年1月3日閲覧。
  10. ^ システム要件”. 2020年1月3日閲覧。
  11. ^ Development activity in LibreOffice and OpenOffice [LWN.net]”. 2020年1月3日閲覧。
  12. ^ Thomson, Iain (2011年9月28日). “On its first birthday, LibreOffice has reason to celebrate”. The Register (United Kingdom). https://www.theregister.co.uk/2011/09/28/libreoffice_celebrates_first_birthday/ 2011年9月28日閲覧。 
  13. ^ Meeks, Michael (2015年5月2日). “LibreOffice: What's New? (PDF)”. OpenSUSE conference 2015 Den Haag. p. 4. 2015年5月4日閲覧。 “Tracking direct download Update Ping origins. Excludes all Linux Distributions downloads ~120m so far ( + Linux ) This time last year @ openSUSE con. was ~65m”
  14. ^ OpenOffice.org と LibreOffice が内紛してる件(MSOfficeの敵は内部抗争中)」『firstlightのルドビコ式ウェブログ』 firstlight、2011年4月4日
  15. ^ The Document Foundationができた。よりよいcommunityを目指して」『中田真秀(なかたまほ)のブログ』 中田真秀、2010年9月29日
  16. ^ Scott Merrill「LibreOfficeとOpenOffice.org: 決別から1年後の現況」『TechCrunch Japan』Verizon Media Japan 、2011年10月8日
  17. ^ The Document Foundation (2010年9月28日). “OpenOffice.org Community announces The Document Foundation” (英語). News and press releases by The Document Foundation. 2010年11月8日閲覧。
  18. ^ The Document Foundation 設立アナウンス(和訳)」『The Document Foundation Wiki』 The Document Foundation
  19. ^ 末岡洋子「オープンソースプロジェクト成功の秘訣--「LibreOffice」のThe Document Foundationに聞く」『TechRepublic Japan』 朝日インタラクティブ、2015年9月16日
  20. ^ Collins, Barry. “OpenOffice group breaks away from Oracle”. PC Pro. 2010年9月29日閲覧。
  21. ^ The Document Foundation FAQ”. The Document Foundation (2010年9月28日). 2010年10月5日閲覧。
  22. ^ Edge, Jake (2010年9月28日). “Michael Meeks talks about LibreOffice and the Document Foundation”. Linux Weekly News. 2010年10月21日閲覧。
  23. ^ 末岡洋子 (2011年1月26日). “Document Foundation、フリーのオフィススイート「LibreOffice 3.3」をリリース”. SourceForge.JP. 2011年1月28日閲覧。
  24. ^ 小笠原徳彦 (2014年10月6日). “LibreOfficeの推定ユーザーは8000万人超、新たな展開も”. ITpro. 2014年11月27日閲覧。
  25. ^ Learn about ODF / ODFを見なおそう”. 2017年9月9日閲覧。
  26. ^ Microsoft Office ドキュメントの変換について - LibreOffice Help”. 2017年9月9日閲覧。
  27. ^ Document Liberation Projectについて - おがさわらなるひこのオープンソースとかプログラミングとか印刷技術とか”. 2017年9月9日閲覧。
  28. ^ Support for legacy Mac word-processing documents”. 2017年9月9日閲覧。
  29. ^ New import filters”. 2017年9月9日閲覧。
  30. ^ New import filters”. 2017年9月9日閲覧。
  31. ^ New import filters”. 2017年9月9日閲覧。
  32. ^ Filters”. 2017年9月9日閲覧。
  33. ^ LibreOffice Portable | PortableApps.com
  34. ^ Webブラウザでワープロや表計算が使えるオープンソースの「LibreOffice Online」、開発者向けディストリビューションが公開。ownCloudもバンドル”. Publickey. 2016年2月13日閲覧。
  35. ^ Collabora GovOffice - Collabora Productivity”. 2016年1月10日閲覧。
  36. ^ 英国政府、LibreOffice導入へ”. スラド. 2016年2月13日閲覧。
  37. ^ Simon Phipps (2014年3月13日). “LibreOffice Gets Fresh and Stable”. ComputerworldUK. 2014年9月30日閲覧。
  38. ^ Calcハッカー、吉田浩平氏が語るLibreOfficeの歴史と未来 〜LibreOffice mini Conference 2016 Osaka/Japan 基調講演レポート
  39. ^ Release Notes 3.4”. The Document Foundation Wiki. 2011年6月3日閲覧。
  40. ^ 3.5 New Features and Fixes » LibreOffice”. The Document Foundation. 2012年2月14日閲覧。
  41. ^ Release Notes 3.5”. The Document Foundation. 2015年7月8日閲覧。
  42. ^ 3.6 New Features and Fixes”. 2012年8月9日閲覧。
  43. ^ LibreOffice 4.0 リリースノート”. 2020年2月4日閲覧。
  44. ^ 4.0 New Features and Fixes”. 2013年2月9日閲覧。
  45. ^ 4.1 New Features and Fixes”. 2013年7月25日閲覧。
  46. ^ 4.2 New Features and Fixes”. 2014年1月30日閲覧。
  47. ^ LibreOffice 4.3 リリースノート”. 2014年11月27日閲覧。
  48. ^ 脆弱性を修正したオープンソースのオフィス統合環境「LibreOffice」v4.3.7が公開”. 2015年5月8日閲覧。
  49. ^ Libreoffice 4.4 Release Notes”. The Document Foundation. 2015年2月5日閲覧。
  50. ^ Libreoffice 5.0 Release Notes”. The Document Foundation. 2015年8月30日閲覧。
  51. ^ 「LibreOffice 5.1」リリース
  52. ^ LibreOffice 5.3 リリースノート”. The Document Foundation. 2017年4月19日閲覧。
  53. ^ LibreOffice 6.0 リリースノート”. The Document Foundation. 2018年5月1日閲覧。
  54. ^ LibreOffice 6.1 リリースノート”. The Document Foundation's Wiki. 2019年1月6日閲覧。
  55. ^ LibreOffice Conference Announcements”. 2011年10月26日閲覧。
  56. ^ Gijs Hillenius. “25,000 hospital staff Copenhagen region to use open source office suite”. 2011年10月26日閲覧。
  57. ^ Gijs Hillenius. “Need for multiple document formats lead Danish ministry to LibreOffice”. 2012年8月9日閲覧。
  58. ^ Gijs Hillenius. “Open source advancing at Dutch defence ministry”. 2014年5月14日閲覧。
  59. ^ Gijs Hillenius. “Italian military to switch to LibreOffice and ODF”. 2015年9月15日閲覧。
  60. ^ Italian Military to Save Up to 29 Million Euro by Migrating to LibreOffice
  61. ^ Italian military to drop Microsoft Office for LibreOffice
  62. ^ Crown Commercial Service. “Collabora deal will provide savings on Open Source office software”. 2016年2月13日閲覧。
  63. ^ https://www.ndc.gov.tw/cp.aspx?n=D6D0A9E658098CA2&s=CDA642B408087E65
  64. ^ http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/090100053/122200217/
  65. ^ https://wiki.documentfoundation.org/images/d/d9/LibreOffice_ODF_Migration_in_Taiwan.Japanese.pdf
  66. ^ 高橋信頼 (2012年2月20日). “会津若松市がOpenOffice.orgからLibreOfficeに移行”. ITpro. 2012年2月20日閲覧。
  67. ^ 高橋信頼 (2012年10月15日). “埼玉県久喜市がパソコン200台をOSSのLibreOffceに移行、680万円を削減”. ITpro. 2012年10月15日閲覧。
  68. ^ Libre Office について/甲賀市”. 2012年12月10日閲覧。
  69. ^ 2013年6月14日実施定例記者会見次第4オープンソースのオフィスソフト「LibreOffice(リブレオフィス)」の導入”. 2013年6月20日閲覧。
  70. ^ オープンソースソフトウェア(OSS)への取り組み”. 2014年11月27日閲覧。
  71. ^ 高橋信頼 (2013年8月30日). “徳島県庁がOpenOffice.orgからLibreOfficeに移行へ”. ITpro. 2013年8月30日閲覧。
  72. ^ Limerick city council increasingly turning to open source”. 2012年8月9日閲覧。
  73. ^ a b c d The Document Foundation announces LibreOffice 3.6 with a wealth of new features and improvements”. 2012年8月9日閲覧。
  74. ^ Spain's Las Palmas' moves 1200 PCs to LibreOffice”. 2012年8月9日閲覧。
  75. ^ a b Gijs Hillenius. “Valencia region government completes switch to LibreOffice”. 2013年8月23日閲覧。
  76. ^ “Galicia continues promotion of free software”. (2017年5月23日). https://joinup.ec.europa.eu/community/osor/news/galicia-continues-promotion-free-software 2018年2月4日閲覧。 
  77. ^ Greek municipality of Kalamarià switches to LibreOffice”. 2013年2月16日閲覧。
  78. ^ Gijs HILLENIUS. “Administration of the Italian region Umbria moving to LibreOffice”. 2012年10月26日閲覧。
  79. ^ Gijs Hillenius. “Italy's South Tyrol starts three-year LibreOffice migration”. 2013年6月25日閲覧。
  80. ^ Henning, Edward (2013年6月21日). “South Tyrol government to standardise on LibreOffice”. The H Open. Heinz Heise. 2013年6月23日閲覧。
  81. ^ “Innovating in a time of budget cuts: Why the city of Bari swapped Microsoft for open source”. ZDNet. (2015年9月21日). http://www.zdnet.com/article/innovating-in-a-time-of-budget-cuts-why-the-city-of-bari-swapped-microsoft-for-open-source/ 2018年2月4日閲覧。 
  82. ^ City of Rome is getting ready for open source”. Joinup collaboration platform. 欧州委員会 (2017年10月6日). 2018年2月4日閲覧。
  83. ^ Gijs HILLENIUS. “Portuguese Vieira do Minho profits from a decade of open source”. 2012年10月26日閲覧。
  84. ^ Conference Announcements”. 2012年10月26日閲覧。
  85. ^ Chausson, Cyrille (2014年7月23日). “Toulouse saves 1 million euro with LibreOffice”. Joinup. 2014年9月30日閲覧。
  86. ^ Hillenius, Gijs (2014年7月23日). “Moving to LibreOffice saves Toulouse 1 million”. Joinup. 2014年9月30日閲覧。
  87. ^ Nantes: "Change management key to switch to free software"”. 2018年2月4日閲覧。
  88. ^ France’s Nancy uses free and open source where feasible”. 2019年12月28日閲覧。
  89. ^ Majority of towns in Wallonia now use open source”. Joinup collaboration platform. 欧州委員会 (2017年5月5日). 2018年2月4日閲覧。
  90. ^ Turkey encourages public services to use open source”. Joinup collaboration platform英語版. 欧州委員会 (2018年11月22日). 2019年1月6日閲覧。
  91. ^ AÇIK KAYNAK KOD DÖNÜŞÜM PROJESİ” (Turkish). Linkedin (2018年10月26日). 2019年1月6日閲覧。
  92. ^ Tirana turns to open standards and open source to modernise government services”. Joinup collaboration platform英語版. 欧州委員会 (2018年11月22日). 2019年1月6日閲覧。
  93. ^ OSOR EDITORIAL TEAM. “Ile-de-France region to provide cloud version of LibreOffice”. 2011年10月26日閲覧。
  94. ^ Gijs Hillenius. “25,000 hospital staff Copenhagen region to use open source office suite”. 2011年10月26日閲覧。
  95. ^ “Lithuanian police switched to LibreOffice”. (2016年8月11日). https://joinup.ec.europa.eu/community/osor/news/lithuanian-police-switched-libreoffice 2018年2月4日閲覧。 
  96. ^ 「LibreOfficeで始めるオープンソース」JA福岡市リスク管理課
  97. ^ 高橋信頼 (2011年12月7日). “JA福岡市がLibreOffice導入、MS Officeから移行で約840万円削減見込む”. ITpro. 2011年12月7日閲覧。
  98. ^ 高橋信頼 (2011年7月20日). “アシストが社内のPC約800台をWindowsからUbuntu Linuxに移行へ”. ITpro. 2011年7月21日閲覧。
  99. ^ オープンソース・ソフトウェアの社内推奨オフィスソフトをOpenOffice.orgからLibreOfficeに移行” (2012年3月28日). 2012年3月28日閲覧。
  100. ^ “VNPT chuyển sang dùng phần mềm văn phòng nguồn mở LibreOffice”. (2016年3月3日). http://ictnews.vn/kinh-doanh/doanh-nghiep/vnpt-chuyen-sang-dung-phan-mem-van-phong-nguon-mo-libreoffice-135922.ict 2018年2月4日閲覧。 
  101. ^ LibreOffice on stage at the Libre Software World Conference in Zaragoza”. 2012年1月27日閲覧。
  102. ^ LibreOffice日本語チーム発足とメンバー募集について”. 2012年1月27日閲覧。
  103. ^ 今夜もパーティーしようよ!田所さん、下田さん、丹下さんのラジオ配信決定!”. 音泉. 2014年5月13日閲覧。
  104. ^ Date: 12 Oct 2011 - 09:00 - 15 Oct 2011 - 17:00. “LibreOffice conference | Open Document”. Opendocument.xml.org. 2012年9月20日閲覧。
  105. ^ LibreOffice Conference 2013 in Milan”. LibreOffice 日本語公式ローカルメーリングリスト (2013年9月10日). 2014年3月29日閲覧。
  106. ^ LibreOffice Conference 2015 in Aarhus, Denmark, from September 23 to September 25, 2015”. The Document Foundation (2014年10月17日). 2015年2月5日閲覧。
  107. ^ LibreOffice Conference 2016 in Brno(Czech Republic)”. The Document Foundation (2015年10月12日). 2016年6月25日閲覧。
  108. ^ LibreOffice Conference 2017 in Rome – register now!”. The Document Foundation (2017年7月12日). 2018年2月4日閲覧。
  109. ^ LibreOffice Conference 2017, Rome Italy”. The Document Foundation. 2018年2月4日閲覧。
  110. ^ Tirana, Albania Conference 2018 » LibreOffice Conference”. The Document Foundation. 2019年1月6日閲覧。
  111. ^ Announcing the dates of LibOCon Almeria”. The Document Foundation (2019年2月13日). 2019年3月4日閲覧。
  112. ^ openSUSE + LibreOffice Conference Update”. The Document Foundation (2020年6月17日). 2020年8月1日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

LibreOffice日本語チーム