メインメニューを開く

エア・アスタナ(Air Astana)は、カザフスタン航空会社である。

エア・アスタナ
Air Astana
Эйр Астана
AirAstanaNewLogo.png
IATA
KC
ICAO
KZR
コールサイン
ASTANALINE
設立 2001年9月
ハブ空港 アスタナ国際空港
アルマトイ国際空港
マイレージサービス Nomad Club
保有機材数 30機
就航地 60都市
親会社 カザフスタン政府
本拠地 カザフスタンアスタナ
代表者 Peter Foster
テンプレートを表示

目次

概要編集

首都アスタナに本拠地を置く同国のフラッグ・キャリアアスタナ国際空港と旧首都のアルマトイ国際空港ハブ空港として国内外に運航している。自転車ロードレースアスタナ・チームのメインスポンサーでもある。

航空券の座席予約システム(CRS)は、アマデウスITグループが運営するアマデウスを利用している。 [1]

歴史編集

 
2014年時点での就航国

エア・アスタナは2001年9月に設立され、2002年5月に3機のボーイング737リースし営業を開始した。その後さらに3機のボーイング757が加わったほか、2004年にはフォッカー 50も導入され、国内線のネットワークが大きく拡大した。2004年2月に国営のカザフスタン航空が清算された後は全路線をカザフスタン航空から引き継ぐとともにカザフスタンのフラッグ・キャリアとなった。現在は1800人ほどの従業員を抱え、ルフトハンザドイツ航空との提携によってさらに航空網の拡大をしている。株式の51%をカザフスタン政府が所有し、残りの49%をイギリスの防衛航空宇宙企業BAEシステムズが所有している。

2008年にはカザフスタン政府により日本への乗り入れを希望し、日本政府側と早期の直行便開設で合意した[2]。その際、関西国際空港への発着枠は認められたものの、就航を希望する首都圏(羽田成田)には認められていない。2009年当時、両空港への発着枠は当分与えられる見込がないため、原子力関連で関係が深く、首都圏に近い茨城への就航を検討しているとされた[3]。2014年の時点で日本との直行便は就航しておらず、日本・カザフスタン間の渡航は、韓国の仁川国際空港経由が最短経路となる。なお、仁川国際空港からカザフスタンへは、既存のアルマティ路線だけでなく、2015年6月にはアスタナへの直行便も開設されるため、日本からは両都市に1回の乗り換えで行くことができるようになる[4]。また、2015年3月、翌月に社長就任を控えたANAホールディングス(HD)の片野坂真哉副社長は、日本の航空会社が就航していない中央アジアに路線を開設する考えを発表した。「資源が豊富なカザフスタンなどを含む中央アジアへの路線は、日本の航空会社で初めて」とのこと[5]

就航都市編集

 
保有するエアバスA320型機 2011年
 
保有するエアバスA320-232型機(機体記号 : P4-PAS)
 
アルマトイ国際空港から離陸するBoeing 757-200型機

受賞歴編集

2014年以降、以下の賞を受賞している。

コードシェア編集

ヨーロッパ航路編集

EU圏内への路線は、2009年7月14日から乗り入れが禁止されていた(これはEUのブラックリスト指定にされたことによる措置)。2014年4月10日に乗り入れ禁止は解除され、機種に一部制限があるものの乗入れが可能になった[7]。2015年12月10日現在では、エア・アスタナの保有する全ての機種について、EUへの乗り入れは禁止されていない。

保有機材編集

以前使用されていた3機のボーイング737型機はエア・ベルリンに払い下げられた。

航空事故編集

  • 2018年11月11日、エア・アスタナ1388便(エンブラエル ERJ190LR、P4-KCJ)が操縦に問題が発生したため、緊急事態を宣言しポルトガルのベージャ空港英語版へ緊急着陸を行った。P4-KCJは以前も電子機器問題ありの機材であり、10月2日からメンテナンスを行う為、OGMA-Indústria Aeronáutica de Portugal(ポルトガル航空工業)で運航停止中であった。11月11日のKC1388便はその回帰フライトであった。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集