めざまし8

フジテレビ系列で放送されているワイドショー・情報番組
めざましテレビ > めざまし8

『めざまし8』(めざましエイト)は、フジテレビ系列2021年3月29日から毎週月曜日 - 金曜日の8:00 - 9:50(JST)に生放送されている平日朝のワイドショー情報番組である。

めざまし8
2018 FCG Headquarters Building 2.jpg
番組のスタジオがあるFCGビル
ジャンル ワイドショー / 朝の情報番組
出演者 谷原章介
永島優美
天達武史
倉田大誠
西岡孝洋
ほか
オープニング Mrs. GREEN APPLE
ダンスホール
エンディング 月替わり
製作
制作 フジテレビ
放送
映像形式リアルタイム字幕放送(月 - 水曜のみ)
連動データ放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2021年3月29日 -
放送時間平日 8:00 - 9:50
放送枠めざましシリーズ
フジテレビ系列平日午前のワイドショー枠
放送分110分
公式サイト
テンプレートを表示

概要編集

フジテレビは平日午前のワイドショー枠として、1999年4月から22年に亘り『情報プレゼンター とくダネ!』を放送してきたが、総合司会を務める小倉智昭の既往症による体力減退[1]やフジテレビの番組制作費見直し等[2]の要因から同番組を終了させることに伴い[1]開始された番組である。番組名は前放送枠の『めざましテレビ』のブランドを被せたものとなっている[注 1]

番組タイトルの由来は、朝8時スタートであること、またフジテレビとネット局23局のリモコンキーID8にかけている[注 2]

番組コンセプトは「大人のめざまし[3]を称しており、『めざましテレビ』で扱ったストレートニュースをより深く解説する。また、番組独自のシステムを駆使し、取材VTRについては『めざまし8』ならではの視点でポイントを列挙し、谷原が解説で出演する識者に対し"分かるまで"質問して疑問を解消し、深く掘り下げると謳っている[4]。また、番組タイトルについて、同局情報制作センターは「朝8時の慌しい時間も少し落ち着いて、腰を落ち着けられる時間に目が覚めるような“今日一番のニュース”を伝えたい」という意味を込めていると示している[5]

視聴率編集

初回(2021年3月29日)の関東地区における世帯視聴率は6.2%(以下の視聴率データはビデオリサーチ調べ)で、『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系列)の10.6%、『スッキリ』(日本テレビ系列)の8.8%に次ぐ民放3位だったが[6]、結果としては『とくダネ!』最終回の視聴率(7.3%)を下回るスタートとなった[7][8]。9月24日放送分では7.1%を記録[9]。現在の関東地区の視聴率は世帯は5%台、個人は2%台で各々推移している[10]

沿革編集

2021年編集

総合司会として谷原章介が起用され、また『めざましテレビ』の女性総合司会であった同局アナウンサーの永島優美が、番組開始と同時にこの番組に異動するという形で起用されている[4]。また、『とくダネ!』のお天気キャスターであった気象予報士天達武史は継続して出演するが、肩書きを「気象防災キャスター」とし、キャスターと共に現場に取材に出向くとしている。この他、『とくダネ!』から多くのプレゼンターやコメンテーターが続投するほか、製作スタッフの多くも『とくダネ!』から引き続き担当する。

谷原はクイズ番組音楽番組料理番組の司会を経験しており、かつては『情報バラエティ番組』の総合司会も経験済みだが、帯ワイドショー番組の総合司会は初担当となる[11]

10月より、#News Tagのコーナーがスタート。そのほか一部出演者の降板、出演曜日変更等の小規模なリニューアルが行われた。

2022年編集

1月31日から情報キャスターの倉田大誠が新型コロナウイルス感染による療養と経過観察のため欠席。倉田は1月27日に喉の違和感、声の出しづらさを感じたことから28日にPCR検査を受け、新型コロナウイルスの感染が確認された。倉田の代役はニュースの原稿をナレーション(男性)が担当。スタジオでは谷原が倉田の役割を兼務。また永島が、29日に家族が新型コロナウイルスに感染し、濃厚接触者に該当する可能性のためスタジオ出演見合わせとなり、1月31日 - 2月2日は欠席し、2月3日からリモートで出演。永島の代役は1月31日 - 2月2日を久慈が、2月3日・4日を堤が担当。なお専門家と協議した結果、一緒にスタジオにいた出演者は濃厚接触者にはあたらないと判断され、番組自体は通常通り放送を続けられることとなったが、同日より総合解説・スペシャルキャスター・コメンテーターは、コーナーを担当する時を除き全員フジテレビ別室(一部は自宅から)でのリモート出演へ切り替えた。なお2月7日から永島・倉田ともに復帰した。ただし総合解説・スペシャルキャスター・コメンテーターの別室でのリモート出演を4月まで継続した。

3月を以って、番組開始時より一年間スペシャルキャスターを務めた尾上右近をはじめ、多数のスペシャルキャスターやコメンテーターが番組降板となった。また、3月22日を以って、情報キャスターの久慈暁子が卒業・4月末にフジテレビ退社となり、4月7日からは新たに竹俣紅が番組に加入。また、木曜総合解説に立岩陽一郎が、木曜スペシャルキャスター(隔週)に大空幸星がコメンテーターからの配置換えとなった。


出演者編集

現在編集

特に表記されていない人物は、フジテレビアナウンサー
○:『とくダネ!』から続投
△:『めざましテレビ』から移行
▲:『めざましテレビ』を兼務
●:『めざましどようび』を兼務
◎:『日曜報道 THE PRIME』を兼務

曜日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
めざましテレビ』出演者
との掛け合い[注 3]
谷原章介俳優 永島優美
三宅正治 軽部真一 井上清華 生田竜聖 藤井弘輝
or
渡邊渚
総合司会
(メーンキャスター)
谷原章介(俳優)
永島優美△
情報キャスター・
フィールドキャスター[注 4]
倉田大誠
西岡孝洋
堤礼実 竹俣紅
(不在) 堀池亮介 (不在)
田中良幸○(フリーアナウンサー2
横山ルリカ△(タレント)1・2
気象防災キャスター 天達武史○(気象予報士
総合解説 橋下徹
弁護士タレント
立岩陽一郎
ジャーナリスト
若狭勝○(弁護士) 三浦瑠麗
国際政治学者
風間晋
フジテレビ解説委員
スペシャルキャスター 古市憲寿○(社会学者 武井壮タレント トラウデン直美モデル、月2-3)
EXITお笑いコンビ、月1)
古市憲寿(社会学者、隔週)○
大空幸星[注 5]
実業家・NPO法人
あなたのいばしょ理事長、隔週)
カズレーザー
メイプル超合金
コメンテーター
(日替わりで1名)
井上咲楽(タレント)、ウスビ・サコ京都精華大学 前学長)、尾木直樹○(教育評論家)、金子恵美○(元衆議院議員)、
唐木明子(PwC Strategy& パートナー)、小杉沙織NPO法人 若者メンタルサポート協会理事長)、
小玉祐一(明治安田総合研究所 フェローチーフエコノミスト)、小室淑恵(ワーク・ライフバランス 代表取締役社長)、
サヘル・ローズ女優・タレント)2渋谷ザニーファッションデザイナー)、鈴木大地(初代スポーツ庁長官)、
鈴木円香(ニュースメディア「ウートピ」編集長)、デービッド・アトキンソン(実業家)、
中村逸郎筑波大学 名誉教授)、西村カリン(ラジオフランス特派員)2長谷川ミラ(モデル)、
村上佳菜子(プロフィギュアスケーター)、矢沢心(女優)
ナレーター 堀場亮佑ナレーター
野島裕史声優 奥寺健 野島裕史(声優)
藤本万梨乃 西山喜久恵▲● 川野良子 松村未央
  • 1 9時台のみ出演。
  • 2不定期出演。
その他
  • ニュースに応じて専門家が解説として出演。また風間・橋下・若狭は担当曜日以外にも出演する場合がある。
備考
  • 情報キャスター(倉田・西岡を除く)、総合解説、スペシャルキャスター、コメンテーターの出演情報については、前日に番組公式Twitter、当日朝に番組公式Instagramにて告知されている。

過去編集

総合司会(メーンキャスター)・総合解説・情報キャスター・気象防災キャスター編集

期間 総合司会(メーンキャスター) 総合解説 情報キャスター 気象防災キャスター
男性 女性 リポーター3 月 - 金
2021.3.29 2021.6.25 谷原章介 永島優美 橋下徹 三浦瑠麗 長岡義博(隔週)
若狭勝(隔週)
橋下徹2 風間晋 倉田大誠
西岡孝洋3
堀池亮介
小野寺結衣3
田中良幸3
倉田大誠
西岡孝洋3
久慈暁子1
堀池亮介
小野寺結衣3
田中良幸3
倉田大誠
西岡孝洋3
堤礼実1
堀池亮介
小野寺結衣3
田中良幸3
倉田大誠
西岡孝洋3
小野寺結衣3
田中良幸3
倉田大誠
西岡孝洋3
横山ルリカ1
小野寺結衣3
田中良幸3
堀池亮介
小野寺結衣
田中良幸
天達武史
2021.6.28 2021.8.27 倉田大誠
西岡孝洋3
小野寺結衣3
田中良幸3
倉田大誠
西岡孝洋3
堀池亮介
小野寺結衣3
田中良幸3
倉田大誠
西岡孝洋3
堤礼実1
堀池亮介
小野寺結衣3
田中良幸3
2021.8.30 2021.10.1 倉田大誠
西岡孝洋
小野寺結衣
田中良幸3
倉田大誠
西岡孝洋
久慈暁子1
堀池亮介
田中良幸3
倉田大誠
西岡孝洋
堀池亮介
田中良幸3
倉田大誠
西岡孝洋
堤礼実1・3
堀池亮介
田中良幸3
倉田大誠
西岡孝洋
横山ルリカ1
小野寺結衣
田中良幸3
2021.10.4 2022.4.1 若狭勝 倉田大誠
西岡孝洋
堤礼実1・3
堀池亮介
田中良幸3
2022.4.4 2022.9.30 立岩陽一郎 倉田大誠
西岡孝洋
堤礼実
横山ルリカ1・3
田中良幸3
倉田大誠
西岡孝洋
堤礼実
堀池亮介
横山ルリカ1・3
田中良幸3
倉田大誠
西岡孝洋
堀池亮介
竹俣紅
横山ルリカ1・3
田中良幸3
倉田大誠
西岡孝洋
竹俣紅
横山ルリカ1・3
田中良幸3
情報キャスターが担当
2022.10.3 現在 立岩陽一郎 三浦瑠麗
  • 1 9時台のみ出演。
  • 2 番組途中までの出演。
  • 3 不定期出演。

スペシャルキャスター 編集

期間 スペシャルキャスター
2021.3.29 2021.5.12 尾上右近(月1)[注 6]
宮崎美子(月1)
EXIT(月1)
武井壮 3時のヒロイン[注 7] 古市憲寿 カズレーザー
2021.5.13 2021.10.1 古市憲寿[注 8]
トラウデン直美(隔週)
2021.10.4 2022.4.1 カズレーザー 3時のヒロイン(月2)
尾上右近(月1)
宮崎美子(月1)
古市憲寿[注 9]
トラウデン直美(月2-3)[注 10]
EXIT(月1)
2022.4.4 現在 古市憲寿 トラウデン直美(月2-3)
EXIT(月1)
古市憲寿(隔週)
大空幸星(隔週)

コメンテーター編集

出演曜日については概ね決まっているものの、曜日固定制となっていないため、表記以外の曜日にも出演する場合がある。

期間 コメンテーター 肩書き 主な出演曜日
2021.5.10 - 2021.7.20 陳暁夏代 クリエイティブディレクター 不定期
2021.4.13 - 2021.9.13 湯山玲子 著述家日本大学芸術学部講師 不定期
2021.3.29 - 2021.10.1 金谷かほり 演出家 月→水
森井じゅん 公認会計士、税理士
2021.3.29 - 2021.11.4 トリンドル玲奈 モデル、女優 火→木
2021.3.29 - 2022.3.14 河崎環 コラムニスト 水→曜日不定[注 11]
2021.3.29 - 2022.3.18 山村隆太 flumpool
2021.3.29 - 2022.3.22 小原ブラス タレント 月→曜日不定[注 12]
2021.3.29 - 2022.3.28 山下真司 俳優 金→月
2021.3.29 - 2022.4.1[注 13] 立岩陽一郎 ジャーナリスト 火→月→曜日不定[注 14]
2021.12.15 - 2022.4.1[注 15] 大空幸星 実業家、NPO法人あなたのいばしょ理事長 不定期
2021.4.22、
2021.7.2 - 2022.4.1
遼河はるひ 女優、タレント 不定期金→金
2022.4.21、5.2 吉川ばんび 作家 不定期
2021.3.29 - 現在 井上咲楽 タレント 木→火→月
尾木直樹 教育評論家 木→金→木→水
金子恵美 元衆議院議員 水→月→水→曜日不定[注 16]→木
小室淑恵 ワーク・ライフバランス 代表取締役社長 金→月→金
鈴木大地 体育学者、元水泳選手、初代スポーツ庁長官
矢沢心 女優、タレント 火→月
2021.4.16 - 現在 デービッド・アトキンソン 実業家 不定期火→火→火または水
2021.9.17 - 現在 村上佳菜子 プロフィギュアスケーター、タレント 不定期→月
2021.11.1 - 現在 長谷川ミラ モデル 不定期→月
2021.11.24 - 現在 渋谷ザニー ファッションデザイナー 不定期→火
2022.4.6 - 現在 ウスビ・サコ 京都精華大学 前学長
2022.4.15 - 現在 鈴木円香 ニュースメディア「ウートピ」編集長
2022.4.19 - 現在 小玉祐一 明治安田総合研究所 フェローチーフエコノミスト
2022.4.22 - 現在 唐木明子 PwC Strategy& パートナー
2022.4.26[注 17] - 現在 中村逸郎 筑波大学 名誉教授
2022.4.29 - 現在 小杉沙織 NPO法人 若者メンタルサポート協会理事長
2022.6.2 - 現在 サヘル・ローズ 女優、タレント 不定期
2022.7.14 - 現在 西村カリン ラジオフランス特派員 不定期木

単発出演 編集

東京五輪情報スペシャルキャスター編集

めざましテレビ』、『ノンストップ!』、『バイキングMORE』、『Mr.サンデー』を兼務。

その他 編集

【代役について(2021年)】編集
  • 7月5日は永島が熱海市伊豆山土石流災害の現地取材(現場中継で出演している。)のため、谷原・天達が総合司会を担当。
  • 7月19日 - 8月6日は倉田・西岡が2020年東京オリンピックの取材で不在。
  • 8月16日 - 20日は谷原が夏休みのため、西岡が谷原の役割を担当。
  • 10月25日 - 29日は永島が夏休みのため、25日・26日は久慈(25日は代行)が、27日・28日は堤が、29日は横山が永島の役割を担当。
  • 10月21日・25日・28日は橋下が第49回衆議院議員選挙前で欠席し、25日は風間が担当するが、21日・28日は代役なし。
  • 11月1日 - 5日は倉田が夏休みのため、1日は田中(田中は不定出演のため代役扱いとはならないが普段の倉田の役割を担当した)が、2日以降は堀池(5日は代行)が担当。また普段の堀池の役割は、小野寺(2日 - 4日は代役扱い)が担当したが、5日は2021ユーキャン新語・流行語大賞に倉田が発した言葉(真夏の大冒険)がノミネートされ、リモートで出演した(堀池は5日も倉田の役割を担当)。
  • 11月8日 - 12日は西岡が夏休みのため、8日は田中(田中は不定出演のため代役扱いとはならないが普段の西岡の役割を担当した)が、9日以後は堀池(12日は代行)が担当。また普段の堀池の役割は、小野寺(9日 - 11日は代行)が担当。
  • 12月1日・2日・20日は西岡が不在のため田中が担当。また1日は堀池が大雨による現場中継担当のため、小野寺が担当。
  • 12月13日はカズレーザーが体調不良のため欠席し、コメンテーター2名がスタジオ出演した。
  • 12月14日・28日は西岡が不在のため、14日は堀池が担当するが、28日は代行はなし。また普段の堀池の役割は、小野寺が担当。
  • 12月20日は「ニュースHOTワードランキング」のコーナーが休止のため、小野寺は出演していない。
  • 12月22日はニュースHOTワードランキングのコーナーが休止のため、堀池は出演していない。また同日は担当曜日ではないが月曜コメンテーターの山下が番組途中まで出演した。
  • 12月27日 - 29日は倉田が不在のため堀池が担当。また27日は「ニュースHOTワードランキング」のコーナーが休止のため、小野寺は出演していない。そして28日は三浦が不在のため金子が出演。最終日の29日は小野寺・田中は現地取材から最後まで出演し、堀池は途中まで買い物に出掛け終盤にスタジオ出演した。
【代役について(2022年)】編集
  • 1月4日は久慈が不在(事前取材のため久慈が担当)のため、スタジオでは永島が兼務担当した。
  • 1月5日・6日・20日・21日は両日(水・木)とも堤の出演はなし。
  • 1月7日は都内の大雪中継のため、ニュースHOTワードランキングが休止。また堀池・小野寺・田中・『めざましテレビ』スポーツキャスターの藤井弘輝(『めざましテレビ』から引き続き出演)が現場中継で出演した。
  • 1月14日は風間が番組途中で退席した。
  • 1月17日はニュースHOTワードランキングが休止のため小野寺は出演していない。
  • 1月17日・21日・24日はカズレーザーが新型コロナウイルスの濃厚認定のため自宅待機のためリモートで出演し、コメンテーター2名はスタジオ出演した。
  • 1月25日から堀池が2022年北京オリンピックの現地取材のため不在。小野寺が堀池の役割を担当。なお31日から現地出演している。また北京オリンピック期間中は堤・久慈・横山・遼は出演しない。なお3月1日から復帰した。
  • 1月28日は「ニュースHOTワードランキング」・「#News Tag」・『トクキン』コーナーが休止のため倉田・小野寺・横山・遼は出演しない。
  • 1月31日から1週間、倉田が新型コロナウイルス感染による療養と経過観察のため欠席。倉田は1月27日に喉の違和感、声の出しづらさを感じたことから28日にPCR検査を受け、新型コロナウイルスの感染が確認された。倉田の代役はニュースの原稿をナレーション(男性)が担当。スタジオでは谷原が倉田の役割を兼務。また永島が、29日に家族が新型コロナウイルスに感染し、濃厚接触者に該当する可能性のためスタジオ出演見合わせとなり、1月31日 - 2月2日は欠席し、2月3日・4日は自宅からリモートで出演。永島の代役は1月31日 - 2月2日を久慈が、2月3日・4日を堤が担当。なお専門家と協議した結果、一緒にスタジオにいた出演者は濃厚接触者にはあたらないと判断され、番組自体は通常通り放送を続けられることとなったが、同日より総合解説・スペシャルキャスター・コメンテーターは、コーナーを担当する時を除き全員フジテレビ別室(一部は自宅から)でのリモート出演へ切り替えた。永島・倉田は2月7日からともに復帰した。ただし総合解説・スペシャルキャスター・コメンテーターの別室でのリモート出演を継続している。
  • 2月2日は水曜日であるが、月曜・木曜総合解説の橋下がリモート出演した。
  • 2月11日・14日は関東の積雪の中継のため、「ニュースHOTワードランキング」が休止。11日は小野寺の出演はなく、田中が現場中継で出演。14日は小野寺・田中・『めざましテレビ』フィールドキャスターの德田聡一朗(『めざましテレビ』から引き続き出演)が現場中継で出演した。
  • 2月17日・18日は谷原の仕事関係者が新型コロナウイルスの感染が確認され、フジテレビ別室からリモート出演(総合解説・スペシャルキャスター・コメンテーターと同様扱い)した。また当日の谷原の役割は一部を永島が兼務。17日のニュースHOTワードランキングは倉田・小野寺が担当した。18日はニュースHOTワードランキングが休止のため、小野寺は出演しない。
  • 2月21日は担当曜日ではないが、金曜総合解説の風間がリモート出演した。
  • 2月24日・3月2日・16日は3時のヒロインのゆめっちが体調不良のため欠席し、福田・かなでが担当した。
  • 2月25日はウクライナに関するニュースを放送したため小野寺・横山・遼太郎は出演しない。また同日は風間がスタジオ出演した。
  • 2月28日はウクライナに関するニュースを放送したため小野寺は出演しない。
  • 3月1日はウクライナに関するニュースを放送したため久慈は出演しない。
  • 3月1日 - 3日・9日・4月6日は担当曜日ではないが、金曜総合解説の風間がスタジオ出演した。
  • 3月8日・22日は三浦がスタジオ出演した。また8日は久慈は出演しない。
  • 3月16日・17日は堀池が休暇のため、16日は小野寺が担当。17日は「ニュースHOTワードランキング」が休止のため代役はなかった。
  • 3月17日は関東地震のため、倉田・田中が現地取材を行った。
  • 4月19日・20日は西岡が不在のため、田中が担当。
  • 5月3日は横山が新型コロナウイルスへの感染が確認され、谷原がフジテレビ別室からリモート出演した。なお濃厚接触者には該当しないが、横山が出演していた際の感染症対策は十分取られていた。
  • 5月10日・11日は永島が体調不良のため欠席し、堤が担当。
  • 5月25日 - 27日・6月1日・8日・15日・22日・29日・7月6日は谷原が舞台公演のため欠席。永島と西岡が担当した。また、5月27日は竹俣が現場中継のため、堤が竹俣の役割を担当した。
  • 5月30日から堤が新型コロナウイルス感染による療養と経過観察のため欠席。30日に発熱症状があり、31日にPCR検査の結果陽性となった[13]。なお前日29日に出演していたみんなのKEIBAでは通常通り出演し、同日に共演していた佐野瑞樹は堤の感染に伴い、出演番組をリモート出演に切り替え・自宅待機の措置を取っていた。なお堤は6月13日に復帰した。
  • 6月6日は堤が療養のためと西岡が不在のため堀池が担当。
  • 6月13日・20日・27日・7月4日は橋下が不在のため風間が担当。
  • 6月30日 - 7月8日(月・火・木・金)は谷原が舞台公演で大阪府に滞在しているため、関西テレビのスタジオからリモート出演している。なお7月5日は通常通りスタジオ出演した。
  • 7月12日・13日は担当曜日ではないが、橋下がスタジオ出演した。なお13日は途中退席した。
  • 7月18日 - 29日は永島が夏休みのため、谷原・堤が担当。また竹俣は通常通り21日・22日・28日・29日のみ出演した。
  • 7月25日 - 28日は西岡が不在のため25日は堀池が担当。
  • 8月9日は三浦が海外滞在のため、風間が担当。
  • 8月10日は西岡に代わり、田中が担当。
  • 8月12日は竹俣が現場中継のため、#News Tagのコーナーは西岡が担当。
  • 8月22日 - 26日は谷原が夏休みのため、永島・倉田が担当。また情報キャスターとして22日は堀池が出演。
  • 8月22日 - 31日は西岡が不在のため、欠席。
  • 8月22日は古市が不在のため、三浦が担当。
  • 9月6日 - 15日は堀池がモザンビーク共和国に取材のため、不在。
  • 9月15日・16日は竹俣が夏休みのため、堤が担当。
  • 9月19日 - 23日は倉田が夏休みのため、23日は堀池が担当。

めざまし8ラインナップ編集

2022年10月3日時点。(予定)

時間 めざまし8ラインナップ 取材担当者

(中継・VTR)

スタジオ担当者 備考
8:00:00 今日の独自取材 谷原章介・永島優美 独自取材を1項目取り上げる。VTRの後、谷原・永島と総合解説、スペシャルキャスター、コメンテーターのうち数名がコメントする。
なお、雨や雪の情報を伝える場合や重大ニュースを取り上げる場合は休止。
8:06頃 オープニング・#News Tag 谷原章介・永島優美・倉田大誠・西岡孝洋 テーマ曲に合わせて映像で今日のラインナップが3項目ほど紹介される。
その後、谷原が「○月○日、めざまし8スタートです。」と言い、日によれば谷原・永島によるフリートーク、西岡が8時台で取り上げるニュースの紹介をする。
その後、#News Tagを1項目取り上げる。
8:11頃 ニュースを解説・深堀りするコーナー 田中良幸・堀池亮介・堤礼実・
竹俣紅・倉田大誠
専門解説者・
倉田大誠・西岡孝洋・堀池亮介・田中良幸・
谷原章介・永島優美
独自取材や今日一番のニュースを伝える。
主には倉田・西岡が担当するが、不定期で堀池・田中が担当する場合もある。
不定期でTwitterの視聴者意見や疑問を永島が紹介する。
8:55頃 #News Tag なし 月 - 水曜 - 倉田大誠・堤礼実
木・金曜 - 倉田大誠・竹俣紅
「何それ!?」「それ知りたかった!!」など#がつくような話題のニュースをまとめて伝える。
9:10頃 Top news わかるまで解説 倉田大誠・専門家 倉田と専門家を交えて今押さえておきたいニュースを深堀り。
特大フリップを使い、わかるまで解説する。
担当曜日であれば総合解説の若狭やコメンテーターの小玉が専門家としてそのまま登場する場合がある。
なお、9:15頃からの曜日別特集が放送される場合は休止。
9:15頃 エンタメ社会学
(月or木 月1 - 2回)
古市憲寿 古市憲寿・永島優美 古市が様々な人と1対1で対談する。
(固定コーナー名なし)
(水 月1回)
トラウデン直美 トラウデンが体験取材する。
EXITのSDGsで地球のバイブスいとあがりけり
(水 月1回)
EXIT EXITが様々な背景を持った人を取材し、社会問題について知るコーナー。後日、番組公式YouTubeでも見ることができる。
谷原章介のテイバン+
(不定期)
谷原章介・永島優美 谷原章介が普段作る料理を谷原流にアレンジして作るコーナー。
得するウォッチング
(不定期)
横山ルリカ 話題のスポットをウォッチングし、訪れる人々の理由やお得な最新情報を調査するコーナー。
(固定コーナー名なし)
(不定期)
永島優美 永島ととあるアーティストでの2ショットトークで取材するコーナー。
9:30頃 アマタニ天気 天達武史 谷原章介・天達武史 気象防災キャスターの天達と谷原が今日これからのお天気を詳しくお伝えする。
9:38頃 #News Tag なし 月曜 - 堤礼実
火 - 木曜 - 堀池亮介
金曜 - 竹俣紅
#News Tag後半と題し、注目のニュースをコンパクトに伝える。
9:42頃 ワタシ的ほんわかニュース
(月・水 - 金)
なし 月・水曜 - 永島優美・堤礼実
木・金曜 - 永島優美・竹俣紅
*放送されない場合あり*
様々な癒やしを紹介するコーナー。
担当アナが不在の場合は倉田・堀池が担当する場合がある。
ガッタビ!! パラッパ!
(火)
なし パラッパ・
永島優美・堤礼実
パラッパ×めざまし8のコラボ企画。永島・堤が曲にのせ、ダンスに挑戦する。
曲は、ヒップホップ版「め組のひと」(コーナー開始 - 2022年8月2日まで)、「ダンスホール」(2022年8月9日 -)を使用している。
谷原・コメンテーターも体験する。
担当アナが不在の場合は永島or堤が1人で担当する。
月刊フルイチ批評〜特選TVer&FOD
(月or木 月1回)
なし 古市憲寿・永島優美 古市がTVer、FODで配信中の作品の中から1本プレゼンする。
告知ゲストの出演
(不定)
なし 谷原章介・永島優美
ゲスト
主にフジテレビ系列の連続ドラマの初回放送日(月・水・木)
映画の公開初日(金)に告知するため、ゲストが出演する。
谷原・永島とのトークやドラマ、映画の見どころを紹介する。
9:47頃 エンディング なし 谷原章介・永島優美 今日これからのニュースを紹介したり、
番組に寄せられた視聴者の投稿を紹介したりする。

過去編集

  • ニュースHOTワードランキング
    • SNS、AI集計記事を元にしためざまし8オリジナルのニュースランキングの中から注目ニュースを取り上げる。見出しを谷原が読み上げ、解説は、永島・堤・竹俣が担当。スポーツ内容については西岡が担当することもある。主に情報キャスター以外の出演者がコメントする。なお2022年7月1日を以って終了した。
    • 雨や雪の情報を伝える場合や、重大ニュースを伝える場合、オリンピック期間中などは休止となる場合がある。
    • 2021年7月26日から、東京オリンピック期間中はコーナーが休止・縮小となる場合が多く、オリンピックに関するニュースは別途取り上げた。また北京オリンピック期間中も同様の対応とした。
  • ナガシマ9
    • 永島が今伝えたいニュースや話題を自ら取材しプレゼンテーションするコーナー。
  • きょうのおひろめ
    • 放送当日に情報解禁されたエンタメニュースを2項目程度伝える。
  • メッセンジャー8
    • 東京オリンピック・パラリンピックに出場する選手へ、応援者からのエールを届ける企画。
  • #Beijing Tag(#北京Tag)
    • 北京オリンピック期間中は、オリンピック関連の話題の情報をまとめて伝えていた。その間 # News Tagは休止。
  • エンタメYellプロジェクト
  • ニュースMyプレゼン
    • 出演者が気になっているニュースをプレゼンテーションする。
    • 2021年7月をもって定期での放送がなくなり、以後は告知でゲストが出演する場合にゲストがプレゼンを行うかたちで不定期の放送となっていたが、告知の際も本コーナー名を特に使用しなくなったため終了。
  • どっちがヒロイン?
    • グルメを中心に紹介。出演者が3時のヒロインのプレゼンを聞き、三択の中から1位の品を予想。当たった場合その品を食べることができるという出演者参加型のコーナーとなっている。視聴者もデータ放送で予想に参加できる。なおグルメとは別のジャンル(小動物など)で放送する場合もある。
  • (コーナー名なし)
    • 尾上・宮崎(いずれも月1回)が体験取材したものをプレゼンするものである。宮崎は当初『女優がゆく』という名目でコーナー放送していた。スタジオでは情報キャスターの堤とともに担当。なお尾上・宮崎ともに降板のため終了。
  • 8ミュージアム
    • アートを紹介するコーナー。情報キャスターの久慈が実際にアートの制作に挑戦する。
  • (コーナー名なし)
    • 情報キャスターの久慈が話題の人にインタビューを行い、内容をスタジオでプレゼンする。
  • 食育インストラクター和田明日香のだいたいクッキング
  • 帰ってきた!走れ三面刑事
    • 前番組「とくダネ!」の名物コーナーのリニューアル。山下が話題の人やモノを体当たりで捜査する。山下のコメンテーター降板に伴い、レギュラー放送終了。
  • トクキン(得する金曜日)
    • 全国各地のお得な場所、グルメ、サービスなどを紹介するコーナー。取材は情報キャスターの横山・堤(別場所)が担当し、スタジオでは横山がカズレーザーとともにプレゼンする。
  • 割引太郎の週末お得情報
    • 全国チェーンを中心に週末(金曜日からの時もある)の割引情報を最大3つ程度紹介するコーナー。
  • ショートアニメ「ふと思ったんですけど」

スタッフ編集

過去のスタッフ編集

演出編集

テーマ曲編集

  • テーマソング
期間 歌手名・ユニット名・曲名
2021年3月29日 - 2022年4月1日 SEKAI NO OWARIバードマン
2022年4月4日 - Mrs. GREEN APPLEダンスホール[14]
  • エンディングテーマ
期間 歌手名・ユニット名・曲名
2021年 4月 SEKAI NO OWARI『バードマン』
5月 I Don't Like Mondays.『愛言葉』
6月 flumpool『ディスタンス』
7月 Jam Fuzz Kid『Tyler』
8月 DOBERMAN INFINITY『夏化粧』
9月 GENIC『まわりみち』
10月 きゃない『イヌ』
11月 MAISONdes『ラリー、ラリーfeat.Pii,meiyo』
12月 NIK『Santa Monica』
2022年 1月 LUA『Long,Long,Wrong』
2月 井上紗矢香『旗印』
3月 flumpool『A Spring Breath』
4月 Organic Call『ブルーアワー』
5月 LUCKY TAPES『Gimme』
6月 ZILLION『やめとこっか』
7月 クレナズム『明日には振り向いてよ』
8月 HATAKE『漣』

スタジオセット編集

  • 2021年3月29日 - 現在
    • 白色をベースにしたセットで「8」を強調している[15]

ネット局と放送時間編集

  • ネット局では全局フジテレビからの番組(ネット)送出でのカスタム時刻表示を行っており、フジテレビと一部ネット局では天気ループも各局別(ローカル)送出で表示している。
『めざまし8』ネット局
放送対象地域 放送局 系列 放送日時 脚注
関東広域圏 フジテレビ(CX) フジテレビ系列 月曜 - 金曜
8:00 - 9:50
制作局
北海道 北海道文化放送(uhb)
岩手県 岩手めんこいテレビ(mit)
宮城県 仙台放送(OX)
秋田県 秋田テレビ(AKT)
山形県 さくらんぼテレビ(SAY)
福島県 福島テレビ(FTV)
新潟県 NST新潟総合テレビ(NST)
長野県 長野放送(NBS)
静岡県 テレビ静岡(SUT)
富山県 富山テレビ(BBT)
石川県 石川テレビ(ITC)
福井県 福井テレビ(FTB)
中京広域圏 東海テレビ(THK)
近畿広域圏 関西テレビ(KTV)
島根県鳥取県 さんいん中央テレビ(TSK)
岡山県・香川県 岡山放送(OHK)
広島県 テレビ新広島(TSS) [注 19]
愛媛県 テレビ愛媛(EBC)
高知県 高知さんさんテレビ(KSS)
福岡県 テレビ西日本(TNC)
佐賀県 サガテレビ(STS)
長崎県 テレビ長崎(KTN) [注 20]
熊本県 テレビくまもと(TKU)
大分県 テレビ大分(TOS) 日本テレビ系列
フジテレビ系列
[注 21]
宮崎県 テレビ宮崎(UMK) フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
鹿児島県 鹿児島テレビ(KTS) フジテレビ系列
沖縄県 沖縄テレビ(OTV)

放送短縮・休止編集

  • 特番などによる放送休止・放送時間変更は以下の通り。

2021年編集

  • 7月26日・8月3日:東京オリンピック放送のため、8:00 - 9:00の短縮放送。
  • 7月30日、8月2日:東京オリンピック放送のため、放送休止。
  • 12月30日、12月31日:年末特別編成のため、放送休止。

2022年編集

  • 1月3日:年始特別編成のため、放送休止。
  • 10月4日:番組開始前の7:22頃に北朝鮮のミサイル(Jアラート)が日本海に向けて発生のニュースを伝えた為『めざましテレビ』を報道特別番組扱いとして8:45まで拡大(BSフジでもサイマル放送された)した関係で8:45から短縮の上で引き継ぐ形で放送した。また、本番組自体もこの日は予定していた内容を全て取りやめ、ミサイル関連のニュースのみを伝え続けた(これにより、約1時間に渡りCMが流れず、『めざましテレビ』の7時台後半のネットスポンサーは本番組の枠内で消化された。)[注 22]

批判や問題視された放送内容編集

東京オリンピック聖火リレーのトーチによる谷原の行動について
2021年7月1日、谷原が謝罪するシーンがあった。 谷原は前日、神奈川県内で行われた聖火リレーに走者として参加したことを報告し、実際に使用したトーチを手に、聖火を次のランナーに渡す「トーチキス」を体験したと告白。 オリンピックというイベントに参加できて光栄に思いましたし、いよいよスタートするんだな、早く選手たちの熱い戦いを見たいなという気持ちになりました」 と、満足そうに語った。 だがその後、満面の笑みを浮かべながら聖火のトーチを指示棒代わりに 「一つ目どれからまいりましょうか。はい、『カナダで49.5度数十人死亡』でございます」 と次のトピックスを紹介してしまい、直後に自身の行為が場違いなことに気づいたのかトーチを降ろすと「失礼いたしました」と謝罪の言葉を口に。 しかし、この谷原の行動に視聴者からは 「熱波でカナダが大変なことになっているのに、谷原さんがめっちゃさわやかな笑顔で話し始めたからビックリした…」 「谷原さん…さすがにトーチでカナダの熱波を指すのは不謹慎すぎるでしょ…」 と批判が寄せられた。
トラウデンの発言拒否について
7月8日、トラウデンは、スペシャルキャスター(コメンテーター)としてあるまじき発言をしてしまい、炎上騒動を巻き起こしていた。新型コロナウイルス感染者の増加を受けて東京都に再発令された、4度目の緊急事態宣言について報道。7月7日の新規感染者が920人だったことやデルタ株の流行などから、政府は緊急事態宣言の発令に踏み切ったようだ。そして視聴者からバッシングが続出しているのは、谷原の「どういう対策、緊急事態宣言以外で何をやるべきだと思います?」という質問に対するトラウデンの返答。彼女はこの質問に、「日本の国民はかなりこう、我慢してきたと思うので…」「ワクチンが進むしかないのかな」と持論を語り、谷原の質問を煙に巻く。答えになっていないトラウデンのコメントを受けて谷原は、「結局そこにいたるまでにはなにか対策はしなきゃいけないわけじゃないですか。そこ、どうされるべきだと思いますか?」と再度質問。これにトラウデンは「対策…私に聞かないでください。わからないです、流石に」とスペシャルキャスター(コメンテーター)らしからぬ発言を繰り出し、顔を歪ませるのだった。トラウデンの「わからないです」発言に対して、ネット上では、「質問されて答えられないトラウデン」「トラウデン直美がコメンテーターとして出てるのに違和感。素人の意見を大切にしたいという意味?」などと厳しい声が寄せられていた。
JR東日本変電所火災についての山下・谷原の発言に関する不祥事
10月11日、前日に発生した変電所火災。JR東日本では10路線が運転を見合わせ、約23万6000人に影響が出た大きな騒動となっている。そんな中、番組でこの話題について話を振られた山下は「いやあ、本当に23万人の皆さま、大変ご迷惑をお掛けしました」となぜか頭を下げて謝罪。スタジオから「え?」と戸惑いの声が漏れる中、「もうこのようなことがないように、点検しっかりとやって参ります!」と力強く話した。これに谷原が「え? 山下さん、火災起こされた方?」と乗っかると、山下は至って真面目な顔で、「いや、違います」ときっぱり。谷原は「JRを代表して、ね? 代わりに」とフォローしていたという。しかし、JRとは無関係の山下の突然の謝罪に、ネット上からは「全く笑えない」「点検云々とか憶測で言うな」などといった批判の声が殺到する事態になっていたといい、山下のおふざけに唯一乗った谷原に対しても、ネットからは「なんで一緒になってふざけるの?」「司会なら止めろよ」「一緒になって笑いを取りに行くな」という声が寄せられていた。
山下のコメントに対する応答について
11月15日、コメンテーターの山下の言動が問題視されていた。オーストリア政府がワクチン未接種者のみを対象に、ロックダウンを実施するといったニュースについて報道。オーストリアでは、12歳以上の未接種者は個人の住居から特例以外の外出が認められなくなるという。ちなみにワクチン接種完了率は国民の約65%とのことなので、およそ200万人がロックダウンの対象となる。ここで谷原は、山下に日本で同じような制度が導入されたらどうするかと話を振る。すると彼は「いやぁ、僕はワクチン打ってるから関係ない」とコメント。なんの参考にもならない返答を繰り出した。あまりに適当で無責任な山下のコメントに、視聴者からは、「最近はこんなコメンテーターを置いてるのか! 堂々と差別助長するなや!」 「メディアで発言するには思慮深さに欠ける。人となりに、ガッカリします。出ないで欲しい。イメージダウン」などと批判が殺到している。また同日には、小室圭小室眞子が渡米したニュースが報道されると、彼は2人の幸せを願っていると前置きしつつ、「司法試験落っこちたでしょ? あれ最悪だね」とコメント。思わず苦笑いする谷原をよそに、「男って結婚したら女を守らないといけない」「男気ない」と司法試験に落ちてしまった圭を責めるような発言を繰り出していた。こちらの発言に対しても、「山下真司に喋らせないほうがいいんじゃないかな」「陰険な老人になっちゃったなあ」といった批判が相次いでいる。
谷原の甲殻類アレルギーについて
2022年1月4日、谷原が自身のアレルギーについて語った。本番組の前に放送されている『めざましテレビ』キャスターとの掛け合いで、エンタメキャスターの軽部真一から「どんなお正月だったんですか?」と話を振られると、「僕、海鮮の甲殻類アレルギー出ちゃいまして」と告白。続けて、「体全身かゆくなっちゃって。でも、かゆみを我慢してたらすぐ治まったんで安心したんですが…」と大事には至らなかったとし、「改めて(甲殻類に)もう一回挑戦しようと思います」と宣言した。谷原の突拍子もない宣言にスタジオは騒然。ネット上でも、「努力でなんとかできることじゃない。病院沙汰になるし、そんな危険なことにチャレンジする宣言とかいろんな方面に迷惑だよ」「そういう事をテレビで言うと無知な人が「食べても大丈夫なんだ」と思い込むからやめてほしい。本当に無知な人」など批判殺到が相次いだ。
アメリカで起こった交通事故について
2月14日、アメリカで起こった交通事故について報道した。道路を監視していたパトカーに、走行中の車から外れたタイヤが直撃するという事故で、その瞬間を収めたドライブレコーダーの映像が取り上げられていた。 事故の映像を見ていた谷原は、転がってきたタイヤがパトカーのフロントガラスを叩き割ったタイミングでなぜか大爆笑。ツボに入ってしまったのか、映像がリプレイされる度に笑ってしまうのだった。 命に関わる事故の映像で笑ってしまったため、ネット上では、「タイヤが転がって来る映像見て笑ってる谷原って…」 「何笑ってんの?タイヤがまともに当たったら死ぬんだよ?」 などの批判が上がっていた。
フジテレビ及び当番組の報道姿勢について
5月11日ダチョウ倶楽部上島竜兵の死去のニュースを伝える際、情報キャスターの田中が上島の自宅前から中継を行い、谷原も死因や発見時の状況について詳しく報じた。これに対し、当日のコメンテーターとして同番組に出演していた教育評論家の尾木は、WHOでは死因について言わない、場所の特定をしないといったガイドラインが決められていること、日本でも自殺防止のための報道のガイドラインが定められていることを指摘し、連鎖を懸念するとともに番組の報道内容を批判する発言をした[16]。また視聴者からも批判が殺到しており、特に神田沙也加の急逝時に3日間報道した後に谷原が「今日でこの神田さんのことについての報道、めざまし8では一線を引いて終わらせたいと思います。」と宣言していた[17]にも関わらず、今回の報道姿勢について谷原や当番組に対して約束違反などと物議を醸している[18]。さらにこの放送を受けて厚生労働省は同日、著名人の自殺及びその手段や場所等の詳細に触れる報道は自殺を誘発する可能性があるため、「自殺報道ガイドライン」を踏まえた報道をおこなうよう各報道機関に対して要請をおこなった[19]
大空の差別的・偏見的なコメントについて
6月9日、人気漫画『ONE PIECE』(集英社)について、SPキャスターの大空のコメントが物議を醸している。8日に行われた『ONE PIECE』公式YouTubeチャンネルの特番で、『ONE PIECE』があと2話で最終章に突入することが発表されたと紹介。谷原が「今回のワノ国編はすごく長かったですけど...、読んでらっしゃる方います?」と出演者に呼びかけると、出演者たちは苦笑いしながら谷原から目を逸らしていた。そこで谷原が大空に話を振ると、「僕、周りはみんな読んでるんですけど、僕読めてなくて」と告白。続けて、「結構、友だちとか仲間とかの友情関係っていうのが日常生活で少ない人が読んでるかなと思ってるんですけど」と発言した。これに谷原が思わず、「ちょっと待ってくださいよ。僕、ずっと読んでます」とツッコむと、大空は「そういうわけではない? すみません」と言いつつ、「僕もこれから読んでみようと思います」と話していた。しかし、この発言にネット上からは「偏見発言、失礼すぎる」 「読んでもないのになんでこんなこと言うの?」という批判的な声が続出していた[20]
別日に発生した緊急地震速報の放映について
6月21日、当時石川県珠洲市にて相次いでいた地震について特集した際にお断りのテロップは付いていたが、昨日流れた緊急地震速報のアラーム音を8時台に2度に渡って大音量で放映したため、視聴者から「心臓にも悪い」 「視覚障害の人、石川県人ひとにしてみたら恐怖以外無い」など勘違いしたという戸惑いの声や批判が相次いだ。また中日新聞社の中日スポーツ総局内でもこの音を聞いた社員が実際の警告音と勘違いし、慌てて立ち上がってテレビ画面を確認する姿もあった。本番組の担当者は中日スポーツの取材に対し、「オンエアをサブで聞いていて使うべきではなかったと思いました。被災地の方も聞いていて心を痛めることもあったかと思います」と謝罪し、番組終了後の反省会において、「今後は(アラーム音を)使わないように」との意識をスタッフ間で共有したと説明している[21]
トラウデンのコーナー取材での恰好と傲慢さについて
6月22日、トラウデンがスマート農場を取材した際の恰好がネット上で物議を醸している。 最先端技術でトマトを栽培しているという農業ハウスを訪れたトラウデンの恰好。出迎えてくれた社員はマスクに帽子を着用していたが、トラウデンは髪を縛っただけで帽子はなし。大きなフェイスシールドを着けていたが、口元からは外れた状態に見えた。画面下部には「本来ハウス内は帽子着用となりますが、特別な許可を得て撮影しています」と表示があった。その後、トラウデンは飲食店でスマート農業で作られた野菜や大豆ミートを使ったハンバーガーづくりにも挑戦。しかし、そこでも店員がマスクを着けている一方、トラウデンは大きなフェイスシールドを顔から離した状態で着けているだけだった。この一幕にネット上からは「帽子被らないことでどんな都合悪いことがあるの?」 「フェイスシールドの着け方間違ってて意味ない」など、ドン引きの声が集まっていた。ルールを守らない番組側に、ドン引きの声が集まってしまっていた。[22]
ビニールハウスでの過酷なリポートについて
6月27日、梅雨明け時に迎えた記録的な猛暑。生中継で情報キャスターの田中が登場した場所は、6月25日に6月としては全国で初めて40度を超えた群馬県伊勢崎市。Tシャツこそ着ているものの、マスク姿の田中は「すでに、この時間、30度を超えて、さらに今日は38度の最高気温の予想となっている」と解説しつつ、「それ以上に悲鳴を上げているのが農家の方ですよね」とキュウリを育てているというビニールハウスの前へ。そして、その室内の気温として「39.3度」と語りつつ、「持ち主の中に入る許可をいただいたので入ってみます」と誰もいないハウスの中へ。すると入るなり、「うわっ、うわっ、もう、息を吸うのが大変なぐらいモワッとした気温となっています」と状況を説明。また、この暑さで巨大なキュウリが育ってしまい、商品としての規格を満たさず、農家の方が全て切り落としたことを明かした。この後、田中は話題を変えて、別の場所にある無人の野菜の直売所について言及。外に置いておいた玉ねぎが暑さで傷んでしまい、回収したと語った。この後も、玉ねぎの話をそれとは直接関係のないキュウリのビニールハウスの中で話していた。時折、「ハァハァ」と息を荒くしていたが、最後は「玉ねぎがここまで影響が出るほどの…伊勢崎市の…そういう暑さだったということです」と言葉が続かなくなってしまった。谷原は「なるべく早くビニールハウスから出てくださいよ、良幸さん」と声をかけると、顔じゅう真っ赤の田中は「ありがとうございます」と辛そうに返していた。田中が温室にいたのは約3分。過酷な状況の中で作業する農業従事者の大変さを訴えたかったことは理解できるが、ネットでは「暑いに決まってるハウスに入るマスコミって」 「誰か外せて言ってやれよ」と批判と心配の声が寄せられていた[23]
カズレーザーの偏見的な発言について
8月26日、客足が伸びず苦境にあえぐ駄菓子店店主に閉店を促す場面があった。スペシャルキャスターの古市との企画『突撃!フルレーザー〜ニッポンの問題考えてみた』での一幕。2人が問題を抱える現場を訪れて当事者の話を聞き、改善案を考えるという内容になっている。この日2人が訪れたのは、千葉県浦安市にある駄菓子店。駄菓子の高騰などから、全国の駄菓子店はここ20年で7割以上減っているとのこと。取材したお店も存続の危機にあると言い、番組が密着したところ、来客は1日に7組、売上は約6000円だった。2人は実際に店の様子を見学し、女性店主の駄菓子店の熱意や子ども客ファーストといった姿勢を取材した後、それぞれ考えた改善案を出すことに。その中で、カズレーザーは店主の目の前で「子どもがたくさん来てくれたら嬉しいいと思うので、駄菓子屋取りあえずやめて、無料のWi-Fiスペースにするのが僕はいいと思います」と言い放った。これに店主は絶句していたが、カズレーザーは構わず、「やっぱり、駄菓子って今の子ども、あんまり好きじゃないと思うんですよ」と指摘。「商売してもしなくても一緒なんだったら、子どもがいっぱい来た方がお母さん(店主)、楽しいんじゃないかな」と提案していた。しかし、この発言に店主は無言のまま。同行していた竹俣が「駄菓子さんではありたいってことですよね?」と店主にフォローを入れると、カズレーザーは「もちろんそうですよね、極論言っただけなんで」と言い訳のように話していた。カズレーザーのこの一連の発言に、ネット上からは「子どもは駄菓子好きなのに」「おばちゃん店主の悲しそうな顔にこっちまで悲しくなった」という批判が集まっていた。[24]
三浦の喪服姿について
9月27日、三浦は安倍晋三元首相(享年67)の国葬に参列するため喪服姿だったが、その喪服の胸元が大胆なシースルーとなっていたことから、視聴者から疑問の声が殺到する事態となったという。「自分の大事な人の葬儀にもその格好で行けるのかと聞きたい」「招待された結婚式で無意識に花嫁さんよりも目立とうとしてしまうタイプなのかなと思いました」「衣装は好みというか、思想というかなんかこの方の個性なんだろうからしょうがないかと思うけど、猫ちゃんとこの格好で自分の写真UPする意味がちょっと私にはわからんです」などの疑問の声が殺到したほか、「ワイドナショーで見かけた時、完全に周りを見下した態度口調で、嫌なイメージでした」といった三浦の態度への批判も。その一方で、「この三浦さんのファッションは素敵です。見事なお洒落です!」「素敵な衣装お似合いで素晴らしい」など、肯定的なコメントも見受けられ、賛否が別れている。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ ただし、「めざましテレビ」と「めざましどようび」のマスコットキャラクター「めざましくん」は登場しないほか、番組ロゴデザインも独自のデザインを使用している。
  2. ^ FNS系列局のうち、東海テレビ(ID 1)サガテレビ(ID 3) テレビ大分(ID 4) テレビ宮崎(ID 3)の4局は、番組の由来とは異なるチャンネル番号となっている。
  3. ^ 『めざましテレビ』の番組終盤に出演し(月・火が谷原、水 - 金が永島)、番組の告知と『めざましテレビ』出演者とのトークも行っている。
  4. ^ 『めざましテレビ』のキャスター(引き続き出演に限る)も担当する場合がある。
  5. ^ 別日にコメンテーターとして出演する場合がある。
  6. ^ 2021年6月、9月は月2回出演した。
  7. ^ ゆめっち・かなでは「どっちがヒロイン?」のみ出演。オリンピック・パラリンピック期間中は「どっちがヒロイン?」の放送がなく、代わりに注目選手の紹介や「メッセンジャー8」を担当。
  8. ^ 2021年5月25日は火曜(9時台のみ)にも出演。2021年8月30日は月曜にも出演。
  9. ^ 2021年11月23日は火曜(9時台のみ)にも出演。
  10. ^ 2021年10月27日は水曜にも出演。
  11. ^ 2021年9月以降出演をした曜日は月曜、水曜、金曜。
  12. ^ 全曜日に出演経験がある。
  13. ^ 以降は総合解説(木曜日)として出演。
  14. ^ 2021年8月以降出演をした曜日は火曜、木曜、金曜。
  15. ^ 以降はスペシャルキャスター(隔週木曜日)として出演。なお2022年7月27日はコメンテーターとして出演。
  16. ^ 全曜日に出演経験がある。
  17. ^ 以前にも2022年ロシアのウクライナ侵攻に関するニュースの解説として出演していた。
  18. ^ 2021年7月13日には就任報告を兼ねてゲスト出演。
  19. ^ 2021年8月6日は『広島平和記念式典』の生中継を8:00 - 8:30に放送するため、8:30からの飛び乗りで放送した。
  20. ^ 毎年10月7日の『長崎くんち』の生中継が平日と重なった場合の当番組の放送については現時点で未定(ただし、2021年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で奉納踊りを中止したため、通常通り当番組を放送した。また、2022年も同様の理由により中止が決まったが、当日の対応については現時点で不明。)。
  21. ^ 2021年7月26日8月5日は日本テレビ系の東京オリンピック中継をネット受けするため、ネット返上とした。
  22. ^ テレビ大分に関しては8時から通常通りに放送されたが、CMについては自社側(ACジャパン)で差し替える措置を取った。

出典編集

  1. ^ a b “小倉智昭氏、「とくダネ!」終了決断は、ネットの書き込み…「老害とか…キツイもの。年取るとダメだなって少しづつ思うように」”. スポーツ報知. (2021年1月13日). https://hochi.news/articles/20210113-OHT1T50051.html 2021年1月13日閲覧。 
  2. ^ 「とくダネ!」小倉智昭が東京五輪前の“番組打ち切り”を容認した理由”. 文春オンライン 週刊文春 2020年8月6日号(文藝春秋) (2021年1月14日). 2020年7月27日閲覧。
  3. ^ “「とくダネ!」後番組MCに谷原章介…「めざまし8」永島アナと3・29から”. デイリースポーツ. (2021年1月16日). https://www.daily.co.jp/gossip/2021/01/16/0014009108.shtml 2021年1月16日閲覧。 
  4. ^ a b “谷原章介『とくダネ!』後番組キャスターに 『めざましテレビ』卒業の永島優美アナとタッグ”. マイナビニュース. (2021年1月16日). https://news.mynavi.jp/article/20210116-1649146/ 2021年1月16日閲覧。 
  5. ^ “フジ「とくダネ!」後番組は谷原章介&永島アナMC”. 日刊スポーツ. (2021年1月16日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202101150000916.html 2021年1月16日閲覧。 
  6. ^ “朝の情報番組、新年度の初回視聴率で明暗分かれる”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ). (2021年3月30日). https://www-nikkansports-com.cdn.ampproject.org/c/s/www.nikkansports.com/m/entertainment/news/amp/202103300000295.html?usqp=mq331AQRKAGYAZDnnNGj8oLilAGwASA%3D 2021年3月30日閲覧。 
  7. ^ “フジ「めざまし8」初の同時間帯民放2位を記録”. スポニチ (スポーツニッポン新聞社). (2021年9月24日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/09/24/kiji/20210924s00041000313000c.html?amp=1 2021年11月22日閲覧。 
  8. ^ “「めざまし8」が関西で驚異の視聴率 スマートな関東人「谷原章介」が好かれる理由”. デイリー新潮 (週刊新潮). (2021年8月27日). https://www.dailyshincho.jp/article/2021/08271103/?amp=1 2021年11月22日閲覧。 
  9. ^ “フジ「めざまし8」初の同時間帯民放2位を記録”. スポニチ (スポーツニッポン新聞社). (2021年9月24日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/09/24/kiji/20210924s00041000313000c.html?amp=1 2021年11月22日閲覧。 
  10. ^ “視聴率民放最下位の『めざまし8』が『モーニングショー』に勝てない致命的理由”. サイゾー. (2021年11月9日). https://biz-journal.jp/2021/11/post_262622.html/amp 2021年11月22日閲覧。 
  11. ^ “「とくダネ!」後継番組MCに谷原章介&永島優美アナ 3・29から生情報番組「めざまし8」”. スポーツ報知. (2021年1月16日). https://hochi.news/articles/20210115-OHT1T50322.html 2021年1月16日閲覧。 
  12. ^ “小倉智昭が「とくダネ!」後継「めざまし8」に登場 フジ東京五輪情報SPキャスター就任”. デイリースポーツ. (2021年7月13日). https://www.daily.co.jp/gossip/2021/07/13/0014496676.shtml 2021年7月13日閲覧。 
  13. ^ フジテレビ堤礼実アナがコロナ感染 「めざまし8」欠席”. スポニチアネックス. 2022年5月31日閲覧。
  14. ^ fujitvviewの2022年3月28日のツイート- Twitter
  15. ^ cx_meza8の2021年3月27日のツイート- Twitter
  16. ^ “尾木ママ、生放送で報道に苦言。上島竜兵さんの死去伝えた『めざまし8』で”. ハフポスト日本版. (2022年5月12日). https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_627c6dc0e4b0b74b0e7ee3d4 2022年5月18日閲覧。 
  17. ^ https://news.nifty.com/amp/entame/showbizd/12184-200178201/
  18. ^ https://www.cyzo.com/2022/05/post_310060_entry.html/amp
  19. ^ “メディア関係者各位”. (2022年5月11日). https://www.mhlw.go.jp/content/000937278.pdf 2022年5月18日閲覧。 
  20. ^ https://ima.goo.ne.jp/word/219132/失礼すぎる『めざまし8』谷原章介も「ちょっと待って…」批判相次ぐ「地上波で言うかね」「すごい差別発言」
  21. ^ 「緊急地震速報」番組特集内での放送に「心臓にも悪い」ネット上で批判の声 フジ担当者も「使うべきではなかった」と反省”. 中日スポーツ・東京中日スポーツ (2022年6月21日). 2022年6月21日閲覧。
  22. ^ https://npn.co.jp/article/detail/200022263/
  23. ^ https://news.nifty.com/article/entame/etc/12184-1714689/
  24. ^ https://news.nifty.com/article/entame/etc/12184-1832254/

関連項目編集

外部リンク編集

フジテレビ系列 平日朝のワイドショー
前番組 番組名 次番組
情報プレゼンター とくダネ!
(1999年4月1日 - 2021年3月26日)
めざまし8
(2021年3月29日 - )
-
フジテレビ系 平日 8:00 - 9:50枠
情報プレゼンター とくダネ!
めざまし8
(2021年3月29日 - )
-