メインメニューを開く

アロイス・テリー・ライターAlois Terry Leiter, 1965年10月23日 - )は、MLBの元選手。ポジションは投手アメリカ合衆国ニュージャージー州トムズリバー出身。

アル・ライター
Al Leiter
Al Leiter 2009.jpg
アル・ライター(2009年のワールドシリーズにおいて)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニュージャージー州トムズリバー
生年月日 (1965-10-23) 1965年10月23日(53歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1984年 MLBドラフト2巡目
初出場 1987年9月15日
最終出場 2005年10月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
WBC 2006年

経歴編集

ニューヨーク・ヤンキース編集

1984年のMLBドラフトニューヨーク・ヤンキースから2巡目に指名を受け入団。1987年9月15日ミルウォーキー・ブルワーズ戦でメジャーデビューし、6回1失点で初登板初勝利を挙げた。1988年は開幕から先発ローテーション入りし3連勝を記録するが、途中マイナーに降格し、4勝4敗・防御率3.92の成績だった。1989年も開幕から先発入りするが、1勝2敗・防御率6.08と振るわず、4月30日ジェシー・バーフィールドとの交換トレードでトロント・ブルージェイズに移籍。

トロント・ブルージェイズ編集

移籍後は1試合の先発登板のみで、その後1992年まで計9試合の登板に留まる。1993年にメジャーに定着し、6月17日ボストン・レッドソックス戦で、被安打2でメジャー初完投・初完封[1]。9勝6敗・防御率4.11を記録し、チームの地区連覇に貢献。シカゴ・ホワイトソックスとのリーグチャンピオンシップシリーズでは2試合に登板し、チームはリーグ連覇を果たす。フィラデルフィア・フィリーズとのワールドシリーズでは第1戦で6回から登板し、ピンチを招くものの2.2イニングを無失点に抑え勝利投手。第4戦では3回からリリーフするが6失点と打ち込まれる。チームは第6戦でジョー・カーターの逆転サヨナラ3点本塁打でシリーズ連覇を果たした。1994年からは先発専任となるが、1994年から1995年のMLBストライキの影響もあり6勝に留まる。1995年はリーグワーストの108四球・14暴投ながら11勝11敗・防御率3.64を記録。オフにフリーエージェントとなり、12月14日フロリダ・マーリンズと契約。

フロリダ・マーリンズ編集

1996年5月11日コロラド・ロッキーズ戦で、球団史上初のノーヒッターを達成。オールスターゲームにも初めて選出された。2年連続リーグワーストとなる119四球を与えたが、16勝12敗・防御率2.93・200奪三振の好成績をマークし、サイ・ヤング賞の投票で9位に入った。1997年は開幕から調子が上がらず、11勝9敗・防御率4.34に留まるが、チームはワイルドカードを獲得する。ディビジョンシリーズリーグチャンピオンシップシリーズを勝ち上がって史上初めてワイルドカードからリーグ優勝を果たす。クリービランド・インディアンズとのワールドシリーズでは2試合に先発して勝ちは付かなかったが、チームは4勝3敗で当時史上最速となる球団創設5年目での世界一に輝いた。

ニューヨーク・メッツ編集

1998年2月6日A.J.バーネット他2選手との交換トレードで、1選手と共にニューヨーク・メッツへ移籍。同年は17勝6敗・防御率2.47を記録し、サイ・ヤング賞の投票で6位。1999年は開幕から不調で5月まで2勝5敗・防御率6.39だったが、6月に5連勝を記録するなど徐々に復調し、8月1日シカゴ・カブス戦ではキャリアハイの15奪三振を記録[2]。チームはワイルドカード争いでシンシナティ・レッズと同率で並び、10月4日のワイルドカード決定戦で先発し被安打2の完封勝利を挙げた。アトランタ・ブレーブスとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第3戦に先発し、7回1失点(自責点0)の好投を見せるが、味方の援護がなく敗戦投手[3]。第6戦では初回に5失点で1死も取れずに降板[4]。チームは延長の末サヨナラ負けを喫し、2勝4敗で敗退した。2000年は4年ぶりにオールスターゲームに選出されたが敗戦投手となった。16勝8敗・防御率3.20・200奪三振を記録し、2年連続のワイルドカード獲得に貢献。ディビジョンシリーズリーグチャンピオンシップシリーズでも勝利こそ付かなかったが好投し、14年ぶりのリーグ優勝を果たす。古巣ヤンキースとのワールドシリーズでは第1戦と第5戦に先発し好投したが、1勝4敗で敗退し世界一はならなかった。2002年4月30日アリゾナ・ダイヤモンドバックス戦で勝利投手となり、メジャー全30球団から勝ち星を挙げた最初の投手となった。その後2004年まで毎年二桁勝利を挙げるものの、チームは低迷。オフにフリーエージェントとなり、12月8日に古巣マーリンズと契約。

古巣復帰編集

2005年は前半戦を終えて3勝7敗・防御率6.64と期待を裏切り、7月15日に先発投手を欠いていた古巣ヤンキースに16年ぶりに復帰。チームは辛うじて地区優勝を果たす。ロサンゼルス・エンゼルスとのディビジョンシリーズ第4戦で勝利投手となったが、2勝3敗で敗退した。2006年はヤンキースとマイナー契約し、ワールド・ベースボール・クラシックアメリカ合衆国代表に選出されたが、敗退後の3月19日に引退を発表した。

現在はヤンキース傘下のケーブルテレビ局「YESネットワーク」で解説者を務めている。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1987 NYY 4 4 0 0 0 2 2 0 -- .500 104 22.2 24 2 15 0 0 28 4 0 16 16 6.35 1.72
1988 14 14 0 0 0 4 4 0 -- .500 251 57.1 49 7 33 0 5 60 1 4 27 25 3.92 1.43
1989 4 4 0 0 0 1 2 0 -- .333 123 26.2 23 1 21 0 2 22 1 1 20 18 6.08 1.65
TOR 1 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 31 6.2 9 1 2 0 0 4 1 0 3 3 4.05 1.65
'89計 5 5 0 0 0 1 2 0 -- .333 154 33.1 32 2 23 0 2 26 2 1 23 21 5.67 1.65
1990 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 22 6.1 1 0 2 0 0 5 0 0 0 0 0.00 0.47
1991 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 13 1.2 3 0 5 0 0 1 0 0 5 5 27.00 4.80
1992 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 7 1.0 1 0 2 0 0 0 0 0 1 1 9.00 3.00
1993 34 12 1 1 0 9 6 2 -- .600 454 105.0 93 8 56 2 4 66 2 2 52 48 4.11 1.42
1994 20 20 1 0 0 6 7 0 -- .462 516 111.2 125 6 65 3 2 100 7 5 68 63 5.08 1.70
1995 28 28 2 1 0 11 11 0 -- .500 805 183.0 162 15 108 1 6 153 14 0 80 74 3.64 1.48
1996 FLA 33 33 2 1 0 16 12 0 -- .571 896 215.1 153 14 119 3 11 200 5 0 74 70 2.93 1.26
1997 27 27 0 0 0 11 9 0 -- .550 668 151.1 133 13 91 4 12 132 2 0 78 73 4.34 1.48
1998 NYM 28 28 4 2 0 17 6 0 -- .739 789 193.0 151 8 71 2 11 174 4 1 55 53 2.47 1.15
1999 32 32 1 1 0 13 12 0 0 .520 923 213.0 209 19 93 8 9 162 4 1 107 100 4.23 1.42
2000 31 31 2 1 0 16 8 0 0 .667 874 208.0 176 19 76 1 11 200 4 1 84 74 3.20 1.21
2001 29 29 0 0 0 11 11 0 0 .500 772 187.1 178 18 46 3 4 142 5 2 81 69 3.31 1.20
2002 33 33 2 2 0 13 13 0 0 .500 868 204.1 194 23 69 5 8 172 1 1 99 79 3.48 1.29
2003 30 30 1 1 0 15 9 0 0 .625 798 180.2 176 15 94 11 9 139 5 1 83 80 3.99 1.49
2004 30 30 0 0 0 10 8 0 0 .556 750 173.2 138 16 97 8 11 117 1 1 65 62 3.21 1.35
2005 FLA 17 16 0 0 0 3 7 0 0 .300 376 80.0 88 9 60 2 6 52 0 0 61 59 6.64 1.85
NYY 16 10 0 0 0 4 5 0 0 .444 293 62.1 66 4 38 0 6 45 2 0 42 38 5.49 1.67
'05計 33 26 0 0 0 7 12 0 0 .368 669 142.1 154 13 98 2 12 97 2 0 103 97 6.13 1.77
通算:19年 419 382 16 10 0 162 132 2 0 .551 10333 2391.0 2152 198 1163 53 117 1974 63 20 1101 1010 3.80 1.39
  • 各年度の太字はリーグ最高

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Jun 17, 1993, Red Sox at Blue Jays Play by Play and Box Score” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年2月24日閲覧。
  2. ^ Aug 1, 1999, Mets at Cubs Play by Play and Box Score” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年2月24日閲覧。
  3. ^ Oct 15, 1999, Braves at Mets Play by Play and Box Score” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年2月24日閲覧。
  4. ^ Oct 19, 1999, Mets at Braves Play by Play and Box Score” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年2月24日閲覧。

外部リンク編集