メインメニューを開く

アロンダイト (Alondite) とは日本の元競走馬である。重賞初挑戦となった2006年11月25日ジャパンカップダートGI)で優勝を果たした。

アロンダイト
Alondite horse.jpg
2009年3月8日 阪神競馬場
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 2003年5月4日(16歳)
登録日 2005年4月27日
抹消日 2011年8月5日
エルコンドルパサー
キャサリーンパー
母の父 リヴァーマン
生国 日本の旗 日本北海道早来町
生産 ノーザンファーム
馬主 キャロットファーム
調教師 石坂正栗東
競走成績
生涯成績 16戦5勝
獲得賞金 2億2193万5000円
勝ち鞍 GIジャパンカップダート(2006年)
テンプレートを表示

馬名はアーサー王伝説に登場するランスロットの愛剣アロンダイトから。日本中央競馬会 (JRA) に登録されている英語名は "Alondite"。古文書の中には剣名の綴りを "Aroundight" や "Arondight" としているものもあり、馬主であるキャロットクラブ(キャロットファーム)も当初、"Arondight" の綴りを使用していた。しかし、ジャパンカップダート出走前の2006年11月、「国際競走への出走を機に」と "Alondite" へ一本化、出資会員へアナウンスされた。

目次

戦績編集

2005年10月23日に鞍上幸英明京都芝2000m新馬戦に出走。9頭立ての8着と大敗を喫する。続く未勝利戦も11着と大敗したことを受けて、陣営はダート路線へと転換を図る。すると芹沢純一に騎手が替わった3戦目で3着と、初の入着を果たすと、後藤浩輝が手綱を取った4戦目で初勝利を挙げる。

ここから500万下、魚沼特別(1000万下)、そして銀蹄ステークス(1600万下)まで初勝利から4連勝を飾ると、陣営はどこまで通用するか試す意味も含め、初の重賞挑戦にGIのジャパンカップダートを選んだ。レースは速い流れで進み、4コーナーからの混戦を抜けたシーキングザダイヤとの一騎討ちを制し、初勝利から5連勝という離れ業で初重賞・初GI制覇を飾った。また、この年のJRA賞で最優秀ダートホースに選ばれた。

2007年2月1日ノーザンファームで左前脚の球節部分の手術を受けた。春シーズンは休養に充て、秋のシリウスステークスで復帰。レースでは、中団から早めに先頭に並びかけるものの、突き抜けることができず、4着に敗れた。その後10月14日に左第一指骨の骨折が判明。これにより長期休養を余儀なくされ、2008年は全休となった。

そして、復帰戦となった2009年3月8日の仁川ステークスに出走、2番人気に支持されたが8着に終わった。続く3月29日マーチステークスでは4番人気で7着だった。その後、4月26日アンタレスステークスでは中団から最後の直線で馬場の外側から伸びてくるものの6着に敗れた。続く5月24日東海ステークスでは2コーナー過ぎから捲って先頭に立つも最後の直線でワンダースピードにかわされ2着に敗れた。その後、初の地方競馬遠征となった6月24日帝王賞に出走したが、4着に敗れた。続く8月13日ブリーダーズゴールドカップではスマートファルコンの3着だった。続く9月21日エルムステークスでは好位からレースを進めたが、直線で伸び切れず6着に終わった。2011年8月5日付で競走馬登録を抹消、ノーザンホースパークで乗馬となる[1]

競走成績編集

年月日 競馬場 競走名 頭数 枠番 馬番 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
(上り3F
着差 勝ち馬/(2着馬)
2005 10. 23 京都 2歳新馬 9 5 5 4.8 (2人) 8着 幸英明 55 芝2000m(良) 2.10.3(35.4) 1.5 ダークメッセージ
11. 5 京都 2歳未勝利 15 2 3 74.1 (11人) 11着 幸英明 55 芝2000m(良) 2.03.2(35.7) 1.7 アグネスヨジゲン
2006 5. 21 新潟 3歳未勝利 15 3 4 19.9 (6人) 3着 芹沢純一 56 ダ1800m(稍) 1.55.6(37.7) 0.5 バンブーワールド
6. 10 東京 3歳未勝利 16 2 3 2.0 (1人) 1着 後藤浩輝 56 ダ2100m(重) 2.13.9(37.6) -1.3 (ハイエンドクォーツ)
7. 9 京都 500万下 16 8 16 5.6 (3人) 1着 後藤浩輝 54 ダ1800m(良) 1.51.3(37.6) -0.2 (タマモコンチェルト)
7. 29 新潟 魚沼特別 15 6 11 2.6 (1人) 1着 後藤浩輝 54 ダ1800m(稍) 1.51.7(37.8) -0.4 エイシンロンバード
10. 22 東京 銀蹄S 10 8 9 2.2 (1人) 1着 後藤浩輝 55 ダ2100m(良) 2.13.1(35.5) -0.1 (シルクウィザード)
11. 25 東京 ジャパンCダート GI 15 3 4 15.2 (7人) 1着 後藤浩輝 55 ダ2100m(良) 2.08.5(36.0) -0.2 シーキングザダイヤ
2007 9. 29 阪神 シリウスS GIII 13 8 12 4.9 (2人) 4着 後藤浩輝 59 ダ2000m(良) 2.05.4(37.2) 0.3 ドラゴンファイヤー
2009 3. 8 阪神 仁川S OP 13 5 6 5.0 (2人) 8着 後藤浩輝 58 ダ2000m(不) 2.06.2(37.0) 0.5 エスケーカントリー
3. 29 中山 マーチS GIII 16 7 14 8.9 (4人) 7着 後藤浩輝 58.5 ダ1800m(良) 1.52.6(37.2) 0.7 エスポワールシチー
4. 26 京都 アンタレスS GIII 16 7 14 16.1 (6人) 6着 後藤浩輝 58 ダ1800m(重) 1.48.7(36.2) 0.9 ウォータクティクス
5. 24 中京 東海S GII 16 8 16 9.3 (3人) 2着 和田竜二 58 ダ2300m(良) 2.23.9(37.2) 0.2 ワンダースピード
6. 24 大井 帝王賞 JpnI 13 8 12 5.5 (3人) 4着 後藤浩輝 57 ダ2000m(不) 2.05.5(37.7) 1.9 ヴァーミリアン
8. 13 門別 ブリーダーズGC JpnII 15 2 3 9.3 (4人) 3着 後藤浩輝 58 ダ2000m(重) 2.02.7(37.9) 0.5 スマートファルコン
9. 21 新潟 エルムS GIII 14 7 13 7.5 (3人) 6着 後藤浩輝 58 ダ1800m(良) 1.51.8(36.5) 0.7 マチカネニホンバレ

血統表編集

アロンダイト血統ミスタープロスペクター系/Special(Lisadell)5×5×4=12.50%(父内) Northern Dancer5×4=9.38%(父内) Nasrullah(Malindi) 6.7×4.5 = 14.06%) (血統表の出典)[§ 1]
父系 ミスタープロスペクター系
[§ 2]

*エルコンドルパサー
El Condor Pasa
1995 黒鹿毛
父の父
Kingmambo
1990 鹿毛
Mr.Prospector Raise a Native
Gold Digger
Miesque Nureyev
Pasadoble
父の母
*サドラーズギャル
Saddlers Gal
1989 鹿毛
Sadler's Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
Glenveagh Seattle Slew
Lisadell

*キャサリーンパー
Cathrine Parr
1987 青鹿毛
Riverman
1969 鹿毛
Never Bend Nasrullah
Lalun
River Lady Prince John
Nile Lily
母の母
Regal Exception
1969 鹿毛
Ribot Tenerani
Romanella
Rajput Princess Prince Taj
Royal Arrival
母系(F-No.) 16号族(FN:16-a) [§ 3]
5代内の近親交配 Northern Dancer4×5、Special5×5 [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ アロンダイト 5代血統表2017年9月12日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com アロンダイト 5代血統表2017年9月12日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ アロンダイト 5代血統表2017年9月12日閲覧。
  4. ^ JBISサーチ アロンダイト 5代血統表2017年9月12日閲覧。

脚注編集

  1. ^ アロンダイト号が競走馬登録抹消 - JRA公式サイト 2011年8月5日付ニュース

外部リンク編集