メインメニューを開く

ウィリアムズ・FW09 (Williams FW09) は、ウィリアムズ1984年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カーで、1983年の最終戦から投入された。設計はパトリック・ヘッドニール・オートレイ

ウィリアムズ FW09
ロズベルグのドライブするFW09、1984年ダラスグランプリ
ロズベルグのドライブするFW09、1984年ダラスグランプリ
カテゴリー F1
コンストラクター ウィリアムズ
デザイナー パトリック・ヘッド
ニール・オートレイ
先代 ウィリアムズ・FW08C
後継 ウィリアムズ・FW10
主要諸元
エンジン ホンダ RA164E
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム ウィリアムズ・グランプリ・エンジニアリング
ドライバー ジャック・ラフィット
ケケ・ロズベルグ
出走時期 1983年
1984年
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
通算獲得ポイント 27.5
初戦 1983年南アフリカGP
初勝利 1984年アメリカGP
最終戦 1984年ポルトガルGP
出走優勝表彰台ポールFラップ
171200
テンプレートを表示

概要編集

ホンダF1の黄金時代と謳われる第二期F1活動における71勝のうち最初の勝利を挙げたマシンである。

前年1983年スピリット・レーシングへのエンジン供給という形で1968年以来15年ぶりにF1活動を再開したホンダが、同年の最終戦南アフリカグランプリよりウィリアムズへのエンジン供給を開始したことに伴いデビューした。ウィリアムズにとっては初となるターボエンジン搭載車である。ドライバーはケケ・ロズベルグジャック・ラフィット。デビュー戦となる1983年南アフリカグランプリではロズベルグが予選6位、決勝では5位入賞を果たしてそのポテンシャルを見せた。

1984年は開幕戦ブラジルグランプリでロズベルグが2位表彰台を獲得するなど非常に幸先のよいスタートを切るが、ターボエンジン特有のターボラグに両ドライバーは苦しめられ、機械的なトラブルにも多く見舞われた。しかし猛暑のダラスで開催されたアメリカグランプリで、多くのチームやドライバーがその暑さに苦しんでトラブルやスピン・クラッシュを繰り返す中で予選8位のロズベルグが優勝、異常なまでの暑さによるトリッキーなコンディションと特注の冷却システム付ヘルメットにも助けられる形でシーズン唯一の勝利を挙げた。これはホンダにとっても第二期活動での初優勝であり、1967年イタリアグランプリ以来17年ぶりの優勝となった。

同年のイギリスグランプリからは改良型となるFW09Bを投入したが、その後の7戦での完走はオランダグランプリでロズベルグが8位、ポルトガルグランプリでラフィットが14位と両者一回ずつのみで他はすべてリタイアに終わり、結果的に改良車ではポイント獲得すらできなかった。

スペック編集

シャーシ編集

  • シャーシ名 FW09/09B
  • ホイールベース 2,667 mm
  • 前トレッド 1,803 mm
  • 後トレッド 1,626 mm
  • クラッチ AP
  • ブレーキキャリパー AP
  • ブレーキディスク・パッド SEP
  • ホイール フォンドメタル
  • タイヤ グッドイヤー
  • ダンパー ペンスキー
  • 燃料搭載量 220L
  • 車体重量 540kg

エンジン編集

  • エンジン名 ホンダRA164E
  • 気筒数 V型6気筒ツインターボ
  • 排気量 1,500cc
  • 最高回転数 11,000回転
  • ピストンボア 90mm
  • ストローク 39.2mm
  • スパークプラグ NGK
  • 燃料・潤滑油 モービル

記録編集

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ポイント ランキング
BRA
 
USE
 
FRA
 
SMR
 
MON
 
BEL
 
DET
 
CAN
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
EUR
 
RSA
 
1983 5   ラフィット Ret 2 11位
6   ロズベルグ 5
No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
BRA
 
RSA
 
BEL
 
SMR
 
FRA
 
MON
 
CAN
 
DET
 
USA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
EUR
 
POR
 
1984 5   ラフィット Ret Ret Ret Ret 8 8 Ret 5 4 Ret Ret Ret Ret Ret Ret 14 25.5 6位
6   ロズベルグ 2 Ret 4 Ret 6 4 Ret Ret 1 Ret Ret Ret 8 Ret Ret Ret

脚注編集