メインメニューを開く

カツラギエース1980年4月24日 - 2000年7月3日)は、日本中央競馬会に所属していた競走馬種牡馬1984年に日本調教馬として初めてジャパンカップに優勝し、優駿賞最優秀5歳以上牡馬を受賞。主戦騎手崎山博樹西浦勝一

カツラギエース
欧字表記 KATURAGI ACE
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1980年4月24日
死没 2000年7月3日(21歳没・旧表記)
ボイズィーボーイ
タニノベンチャ
母の父 ヴェンチア
生国 日本の旗 日本
北海道三石郡三石町
生産 片山専太郎
馬主 野出長一
→野出一三
調教師 土門一美栗東
競走成績
生涯成績 22戦10勝
獲得賞金 4億1068万3400円
勝ち鞍 ジャパンカップ(1984年)
宝塚記念(1984年)
NHK杯(1983年)
京都新聞杯(1983年)
サンケイ大阪杯(1984年)
京阪杯(1984年)
毎日王冠(1984年)
テンプレートを表示

馬齢2000年まで使用されていた旧表記(数え年)にて表記を統一する。

生涯編集

誕生・デビュー前編集

1980年4月24日北海道三石郡三石町の片山専太郎牧場で誕生。父・ボイズィーボーイは1965年生まれのイギリス産馬で現役時は短中距離を中心に28戦9勝。1971年から1977年までオーストラリア種牡馬として供用され、ヴィクトリアダービー馬・ガレナボーイなどを輩出。1978年より日本で供用され、血統的には輸入当時の日本を席巻していたテスコボーイと同じプリンスリーギフト系でそれなりに期待されていた。しかし1980年に死去したため日本では僅か2世代しか産駒を残すことはできず、カツラギエース以外にはクイーンカップ3着のアサヒエンジェル(府中3歳S勝ち馬・アサヒパシィオンの母)、アメリカJCC4着のコバシマカイジンなどがいる程度で大した産駒を残していない。カツラギエースは最後の産駒であり、したがってカツラギエースを産み出すために日本にやって来たといっても過言ではない。父の母・ライジングホープはかつて日本でリーディングサイアーとなったライジングフレームの全妹である。母・タニノベンチャはプリティーポリー系で現役時3戦1勝。カントリー牧場が見切りをつけ、セリに出したところを350万円で購入した馬であり、この時に受胎していて生まれた馬がカツラギエースである。母の母は英国からの輸入馬・アベイブリッジであり、日本での初産駒は福永洋一に初めての重賞をもたらしたタニノモスボローである。ブルードメアサイアーヴェンチアは日本輸入後、ダービー馬・クライムカイザー桜花賞馬・タカエノカオリ、桜花賞馬・ハギノトップレディの母で自身も高松宮杯などを制しているイットー春の天皇賞馬・タイテエムの母・テーシルダなどを輩出して成功している。カツラギエースの妹に中山牝馬ステークスなど9勝したラビットボール、弟にセリで当時の最高額記録となる2億6500万円で落札され話題となるも結果未勝利に終わったモガミショーウンがいる。血統も馬体も平凡で買い手がなかなかつかず、2歳になった1981年8月日高定期競り市で福島県の馬商・佐藤伝二が710万円で購入したが、その後に大阪の野出一三が譲り受け、競走年齢に達した3歳の1982年6月栗東土門一美厩舎に入厩。

3~4歳時編集

見栄えのしない馬体で、入厩後もダート調教での動きが悪かったため、やはり関係者の期待は高くなかった。しかし9月19日阪神の芝1200mでデビューするや、14頭立ての7番人気ながら、厩舎の準主戦であった崎山博樹を鞍上に8馬身差で圧勝。続く萩特別(400万下)2着、りんどう特別(400万下)1着、3歳ステークス3着とまずまずの成績で終えた。4歳になった1983年クラシックを見据えて挑んだ。初戦に選んだ2月京都の4歳ステークスは13頭立ての殿負けを喫して、心配されるが、続く3月19日の春蘭賞(800万下)に勝ち皐月賞に駒を進めた。3歳時はメジロモンスニーと好勝負を演じ、関西馬のエース格として挑んだ皐月賞は7番人気で果敢に先行したが、苦手の不良馬場に脚をとられてミスターシービーの11着に敗退。次走は東京の馬場に慣れる目的もあってNHK杯に出走し、9番人気の低人気であったが、大外枠ながら強い勝ち方をして重賞初制覇。そして日本ダービーでは3番人気に支持されるが、またミスターシービーの6着に敗れた。休養前には6月の中京4歳特別に出走し、皐月賞では殿負けを喫した後のマイル王・ニホンピロウイナーの2着で春を終えた。夏を越した秋にようやく本格化し、初戦の神戸新聞杯こそスズカコバンとは僅差の2着に敗れたが、厩舎の主戦である西浦勝一に乗り替わった京都新聞杯は、逃げるリードホーユーを直線で捕まえると6馬身差の圧勝で、しかもミスターシービーを4着に沈めた。いよいよ本格化と期待され本番の菊花賞では2番人気に支持された。果敢に先行したものの距離不適だったのは否めず、直線で垂れて21頭立ての20着と惨敗を喫した。ちなみにこのレースはミスターシービーが勝ってシンザン以来19年ぶりの三冠馬を達成している。カツラギエースのデビューから神戸新聞杯まで主戦であった崎山は同年の調教師試験に合格し、1984年2月で引退して調教師に転向した。

5歳時編集

5歳になった1984年は、菊花賞の結果から長距離は不適と判断した陣営により、春は宝塚記念、秋はこの年から2000mに短縮された天皇賞を目標に据えられた。初戦の鳴尾記念4着を叩いてサンケイ大阪杯を快勝、1番人気に応えた。3200mの春の天皇賞は見向きもせず、2000mのハンデ重賞・京阪杯に出走。58.5kgの斤量を背負いながらも1番人気に応えて重賞を連勝し、2000mの重賞を共に2馬身差以上の差で勝利した。この年から施行されたグレード制でGIにランクされた宝塚記念では、ミスターシービーがこの年未だ休養中と確かな主役が不在であった。先だって天皇賞を勝ったモンテファストや菊花賞馬のホリスキーが出走していたものの、ファンの信頼は薄かった。カツラギエースは早くから陣営が宝塚記念を目標にし、ここまで2000mの重賞を連勝していることをファンは高く評価していたため、単勝1.9倍の1番人気に支持された。道中は2、3番手につけ、直線で抜け出すとスズカコバンを寄せ付けずに完勝。勝ち時計も前年のハギノカムイオーのレコード2分12秒1からコンマ3秒の2分12秒4と好時計で勝ち、GI馬の仲間入りをしたと同時に「中距離のカツラギエース」の印象を強くした。3週間後の高松宮杯は59kgの斤量と重馬場が堪えたか、直線でスズカコバンに大外に振られたこともあり、キョウエイレアの5着に沈んだ。秋初戦の毎日王冠ではミスターシービーが菊花賞以来久々に姿を見せ、南関東三冠馬のサンオーイも出走し、三強対決と報道された。レースでは先行するカツラギエースが直線追い込むミスターシービーをアタマ差押さえ勝利したが、2着に鬼脚で追い込んだミスターシービーの方が目立ち、天皇賞・秋の主役の座はミスターシービーに奪われてしまった。その天皇賞・秋でファンは中距離実績よりも三冠馬の底力を評価し、ミスターシービーの3度目の対抗人気となる2番人気に支持され、結果も底力が勝った。いつものように最後方から直線だけで豪脚を繰り出したミスターシービーに凱歌が上がり、カツラギエースは折り合いを欠いて5着に終わった。大一番前の前哨戦には強いが本番で結果を残せない精神面の弱さが指摘され、「前哨戦では勝つが本番ではシービーに負ける」「宝塚記念もシービー不在だから勝てた」と揶揄されるようになる。その後は第1回マイルチャンピオンシップに行くと表明したが、第4回ジャパンカップに廻る。ジャパンカップではミスターシービーとシンボリルドルフの新旧三冠馬対決に注目が集まり、過去3回外国馬の後塵を拝し続けていた歴史に終止符を打ち日本馬の優勝が期待されていた。カツラギエースもGI馬であってもこの2頭の前では影が薄く、天皇賞で露呈した気の悪さ、長すぎる距離、外国馬を過大評価していたこともあり10番人気であった。手綱を任された西浦は折り合いを欠いて失敗した反省から、陣営と相談を重ねて様々な秘策を講じた。一つはカツラギエースを落ち着かせるために耳袋のついた覆面を被せ、周囲の雑音を聞こえにくくした。二つは通常より手綱を30cm長く持ってリラックスさせ、馬の気持ちに任せて、初めてスタートから先頭に立つ逃げ戦法を選択。しかし西浦は三冠馬のどちらかを負かしてやろうとは思っていたものの、勝てるとは考えていなかった。西浦にしてもカツラギエースにとって2400mは長いと考えていたからであるが、ゲートが開くとカツラギエースは自然と逃げる展開になった。向こう正面では2番手以下を10馬身以上引き離し、ここまでは西浦の作戦通りであった。シンボリルドルフは中団につけ、ミスターシービーは離れた最後方に位置した。前半の1000mを61秒6で通過するスローペースで後続の騎手も気付いていたが、本命のミスターシービーが最後方に構えていたこともさることながら、ストロベリーロードに騎乗していた英国の世界的大騎手であるレスター・ピゴットが動かず、彼の判断に引きずられたこともあり動けなかった。この状況を最大限に利用したカツラギエースは脚を貯め、直線では後続に捕まりそうで捕まらず最後まで踏ん張り、英国のベッドタイム、シンボリルドルフ、アメリカのマジェスティーズプリンスらの追撃を振り切って逃げ切ってしまった。遂にミスターシービーをGIで負かしたと同時に日本馬初のジャパンカップ制覇を果たし、同年の三冠馬のシンボリルドルフは3着と初黒星をつけた。大方のファンは2頭の三冠馬いずれかが外国馬を打ち負かすことを期待していたため、カツラギエースが先頭でゴールした直後、ファンの思惑とは違った結果にスタンドは騒然となるどころか、むしろ唖然として静まり返っていた。その後は日本馬で初めてジャパンカップを制したこの時点で引退するのが、種牡馬としての価値を高めるというオーナーの判断もあり、有馬記念を最後に引退することが発表された。シンボリルドルフ、カツラギエース、ミスターシービーによる三強対決と大きく報道される。直前のインタビューではジャパンカップで負けたシンボリルドルフ、ミスターシービー両陣営が激しい舌戦を繰り広げていたが、一方のカツラギエース陣営はインタビューに対し「メンコの柄と勝負服をお揃いにしてみました」と両陣営を意識しない回答をし注目を集めた。史上初の3頭が単枠指定され、当日は2番人気に支持された。このレースでもジャパンカップと同様に果敢に逃げたが、シンボリルドルフの徹底マークにあって2着に終わった。3着のミスターシービーには先着し、ジャパンカップの勝利がまぐれではないことを証明。同年の優駿賞最優秀5歳以上牡馬を受賞し、1985年1月に京都で引退式が行われた。

引退後編集

引退後は新冠郡新冠町の牧場で種牡馬生活に入り、3億3000万円のシンジケートが組まれ、期待は大きかった。けれども残念ながらクラシックを狙えるような大物を輩出できず、その後は静内郡静内町レックススタッドを経て、同じ町内の冬沢牧場に移った。全体的にダートに向く産駒が多かったため、主に地方競馬で活躍し、東京ダービー馬のアポロピンクやエンプレス杯連覇のヒカリカツオーヒなどを輩出。中央での重賞勝ち馬としては1991年4歳牝馬特別・東を勝ったヤマニンマリーンに限られる。また牝馬の活躍馬が多く、牡馬産駒の成績が牝馬に比べて劣る傾向があった。2000年7月3日、病気療養先の三石町・中橋牧場で心臓発作のため死去。享年21歳。墓は冬沢牧場に建立されている。

競走成績編集

年月日 競馬場 競走名 頭数 枠番 馬番 人気 着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム 着差 1着馬/(2着馬) 馬体重
1982 9. 19 阪神 3歳新馬 14 5 7 6 1着 崎山博樹 53 芝1200m(稍) 1:10.4 8馬身 (クリヤーランサー) 482
10. 3 阪神 萩特別 12 8 12 1 2着 崎山博樹 53 芝1400m(良) 1:23.1 0.1秒 メジロモンスニー 488
10. 16 京都 りんどう特別 8 8 8 1 1着 崎山博樹 53 芝1200m(良) 1:10.3 2 1/2 (タケヒエン) 480
11. 27 京都 ラジオたんぱ賞3歳S 7 2 2 3 3着 崎山博樹 55 芝1600m(良) 1:36.6 0.1秒 メジロモンスニー 476
1983 2. 20 京都 4歳S 13 8 13 3 13着 崎山博樹 55 芝1600m(良) 1.39.8 1.7秒 ウズマサリュウ 486
3. 19 阪神 春蘭賞 12 6 7 4 1着 崎山博樹 55 芝2000m(稍) 2:04.5 3 1/2 (ペルセポリス) 472
4. 17 中山 皐月賞 20 2 3 7 11着 崎山博樹 57 芝2000m(不) 2:10.4 2.1秒 ミスターシービー 474
5. 8 東京 NHK杯 16 18 15 9 1着 崎山博樹 56 芝2000m(良) 2:02.9 1 3/4 (ブルーダーバン) 482
5. 29 東京 東京優駿 21 3 7 3 6着 崎山博樹 57 芝2400m(良) 2:30.7 1.2秒 ミスターシービー 482
6. 26 中京 中京4歳特別 12 6 8 1 2着 崎山博樹 58 芝1400m(良) 1:23.7 0.2秒 ニホンピロウイナー 472
10. 2 阪神 神戸新聞杯 11 6 6 1 2着 崎山博樹 56 芝2000m(良) 2:01.1 0.0秒 スズカコバン 478
10. 23 京都 京都新聞杯 15 2 3 2 1着 西浦勝一 57 芝2000m(良) 2:02.0 6馬身 リードホーユー 490
11. 13 京都 菊花賞 21 7 18 2 20着 西浦勝一 57 芝3000m(良) 3:12.6 4.5秒 ミスターシービー 494
1984 3. 11 阪神 鳴尾記念 GII 15 4 7 8 4着 西浦勝一 55 芝2500m(良) 2:35.1 0.2秒 ハシローディー 492
4. 1 阪神 大阪杯 GII 14 7 12 1 1着 西浦勝一 56 芝2000m(良) 2:00.6 2 1/2 ロンググレイス 486
5. 13 京都 京阪杯 GIII 15 8 15 1 1着 西浦勝一 58.5 芝2000m(良) 2:02.1 2 1/2 (サニーシプレー) 490
6. 3 阪神 宝塚記念 GI 14 4 7 1 1着 西浦勝一 56 芝2200m(良) 2:12.2 1 1/4 (スズカコバン) 488
6. 24 中京 高松宮杯 GII 8 5 5 2 5着 西浦勝一 59 芝2000m(重) 2:04.4 0.5秒 キョウエイレア 486
10. 7 東京 毎日王冠 GII 9 5 5 3 1着 西浦勝一 59 芝1800m(良) 1:47.5 (ミスターシービー) 502
10. 28 東京 天皇賞(秋) GI 15 4 7 2 5着 西浦勝一 58 芝2000m(良) 1:59.5 0.2秒 ミスターシービー 504
11. 25 東京 ジャパンC GI 14 6 10 10 1着 西浦勝一 57 芝2400m(良) 2:26.3 1 1/2 (ベッドタイム) 508
12. 23 中山 有馬記念 GI 11 7 9 3 2着 西浦勝一 57 芝2500m(良) 2:33.1 0.3秒 シンボリルドルフ 504

※1984年、グレード制導入

主な産駒編集

エピソード編集

戦法編集

抜群のスタートセンスと優れたスピードを活かした先行力を武器に活躍し、ミスターシービーの最高のライバルと評された。ジャパンカップや有馬記念で見せた戦法から逃げ馬というイメージが強いが、ほとんどのレースは道中3 - 4番手追走からの好位差しである。ハミに対して非常に敏感な馬であり、少し間違えるとすぐに前へ行きたがってしまう癖があることから「騎手泣かせの馬」だったと当時の厩務員は回顧している。

同世代馬編集

同じ1980年生まれには四冠馬・ミスターシービーを筆頭に、安田記念・マイルCSを制したニホンピロウイナー、1985年の宝塚記念馬・スズカコバン、1983年の有馬記念馬・リードホーユー、1985年天皇賞(秋)・1986年安田記念優勝のギャロップダイナ、皐月賞・ダービー2着のメジロモンスニー、南関東三冠馬のサンオーイ等と粒揃いであった。

血統表編集

カツラギエース血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 プリンスリーギフト系

*ボイズィーボーイ
Boysie Boy
1965 黒鹿毛
父の父
King's Troop
1957 鹿毛
Princely Gift Nasrullah
Blue Gem
Equiria Atout Maitre
Epona
父の母
Rising Hope
1951 黒鹿毛
The Phoenix Chateau Bouscaut
Fille de Poete
Admirable Nearco
Silvia

タニノベンチャ
1971 黒鹿毛
*ヴェンチア
Venture
1957 黒鹿毛
Relic War Relic
Bridal Colors
Rose o'Lynn Pherozshah
Rocklyn
母の母
*アベイブリッジ
Abbey Bridge
1958 鹿毛
Entente Cordiale Djebel
Herringbone
British Railways Umidwar
Euston
母系(F-No.) (FN:14-c) [§ 2]
5代内の近親交配 Pharos 5×5、Nearco 5・4(父内)、Easton 5・5(母内) [§ 3]
出典
  1. ^ [1]
  2. ^ [1]
  3. ^ [1]


脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 血統情報:5代血統表|カツラギエース”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2018年12月31日閲覧。

外部リンク編集