メインメニューを開く
クック諸島
Kūki 'Āirani(クック諸島マオリ語)
Cook Islands(英語)
クック諸島の国旗 クック諸島の国章
国旗 国章
国の標語:なし
国歌全能なる神よ
クック諸島の位置
公用語 クック諸島マオリ語英語
首都 アバルア
最大の都市 アバルア
政府
女王英語版 エリザベス2世
女王名代英語版 トム・マースターズ英語版
首相ヘンリー・プナ
面積
総計 237km2x位
水面積率 ごくわずか
人口
総計(2013年 10,447人(223位
人口密度 44人/km2
GDP(自国通貨表示)
合計(2005年 3億3200万ニュージーランド・ドル1
GDP (MER)
合計(2005年 1億8320万ドル(???位
GDP (PPP)
合計(2014年1億8320万ドル(216位
1人あたり 9,100ドル
独立国
ニュージーランド1965年8月4日
通貨 ニュージーランド・ドル1 (NZD)
時間帯 UTC -10(DST:なし)
ISO 3166-1 CK / COK
ccTLD .ck
国際電話番号 682
註1: 通貨に関して3ドル紙幣と硬貨はクックアイランド・ドルとして独自のものを有している(通貨の項も参照)。

クック諸島(クックしょとう、: Cook Islands)は、太平洋ポリネシアにある24の珊瑚環礁火山島からなる諸島であり、島国である。

主権国家と同等の内政を行い、独自の外交を行っているが、ニュージーランド自由連合制により軍事および外交の最終責任をニュージーランドが有し、国民もニュージーランド市民権(国籍)を保持しており、国家の三要素の内「主権」と「人民」を完全には満たさないため、国家として承認していない国が多い。

目次

歴史編集

1770年ジェームズ・クックがヨーロッパ人として初めて発見し、諸島名も彼の名をとって名づけられた。その後1858年ラロトンガ王国が建国され、1888年イギリスの保護領となったが、1901年にニュージーランドの属領となった。

1965年、住民はニュージーランド内での内政自治権の獲得を選んだ。同時に軍事および外交部門以外の立法権および行政権をクック諸島政府が有することになった。1973年のニュージーランドとの共同宣言で、独自に諸外国と外交関係を持つ権利が認められる。

地理編集

 
クック諸島の地理

太平洋に点在する15の主要な島からなり、北部の諸島に6つの環礁、南部の諸島に珊瑚礁で囲まれた7つの火山島と2つの環礁がある。また、行政区画には州や県に相当するものはないが、島や環礁で分類されている。

アイツタキ環礁は美しいラグーンがある。気候は熱帯で、11月から3月までの間がサイクロンのシーズンである。

政治編集

元首は、クック諸島を含むニュージーランド王国ニュージーランドとは別概念)の女王。発足時より女王はエリザベス2世。ニュージーランド王国全体を管轄する総督とは別途置かれる女王名代英語版(2013年よりトム・マースターズ英語版)が島内で女王大権を代行する。行政首相(2010年よりヘンリー・プナ)を長とし、議会一院制を取り任期4年で24議席である。現在、閣僚は首相を加え6人いる。首相は情報・技術大臣と教育・人材大臣と警察大臣を兼ねている。

国民はニュージーランドの市民権およびパスポートを有し、ニュージーランド人としての権利を持つ。ニュージーランド政府は自国の財政難のため、早期の自立を求めているが、権利を利用したクック諸島からニュージーランドへの出稼ぎ労働者が多数いるため、クック諸島政府は消極的である。

経済編集

主な産業は観光業で、その他にマグロノニジュースの日本への輸出、養殖真珠パパイヤの輸出などを行っている。

大島渚が監督した映画『戦場のメリークリスマス』はラロトンガ島で撮影された。

通貨編集

法定通貨には、ニュージーランド・ドルクックアイランド・ドルの二種類があるが、両通貨の価値は等価(at par)であることから、銀行や店舗での通貨表示は、ニュージーランド・ドルが主に使用されている。また、国内で流通する紙幣は主にニュージーランド・ドルであるが、硬貨は両方の通貨が流通している。

クックアイランド・ドルの紙幣は、流通量が少なく、土産物として売られているほか、現行の紙幣は銀行でニュージーランド・ドルと額面で交換できる。また、主に海外のコレクター向けにプレミアム価格で記念硬貨が発行されている。

2004年にサンリオの依頼によって日本国内向けのハローキティ金貨・銀貨が発行されている。2013年には松本零士画業60周年を記念した「銀河鉄道999」の金貨・銀貨が発行された[1]。2018年にも手塚治虫生誕90周年記念の100クックアイランド・ドル銀貨が発行されている。[2]発注者は主にインペリアル・エンタープライズ[3]

郵便編集

1892年より独自の切手を発行している[4]万国郵便連合(UPU)にはニュージーランドの一部として加盟している[5]

国民編集

ポリネシア系マオリ人が91%を占め、残りは混血ポリネシア人白人

公用語英語だが、ポリネシア諸語クック諸島マオリ語も幅広く話される。

宗教はキリスト教が97.8%を占め、そのうちプロテスタントクック諸島教会派が69%で、残りがカトリックである。

交通編集

ラロトンガ島にラロトンガ国際空港があり、ラロトンガ航空が島内とタヒチパペーテファアア国際空港への国際線を運航している。

ニュージーランド本土からクック諸島間は、2000キロ以上離れている。

外交関係編集

 
クック諸島の外交関係
  クック諸島
  クック諸島と外交関係を有する国
  クック諸島と領事関係を有する国

2001年以降諸外国との外交関係の樹立を積極化させている。現在は、国連加盟48か国およびバチカン欧州連合外交関係を締結している。日本は2011年3月25日にクック諸島を国家として承認し[6]、同年6月の首相夫妻来日を機に外交関係を開設した[7]

クック諸島は世界保健機関国際連合食糧農業機関などの国際機関に正式加盟している。イギリス連邦では正式メンバーではないが、「ニュージーランドとの自由連合にある自治国」という地位で活動に参加している[8]。また君主を同じくする国(英連邦王国)では、ニュージーランドをはじめオーストラリアパプアニューギニアなどとの国交はあるが、イギリスとの直接の国交はない。日本は2011年3月25日にクック諸島を国家として承認した[6][9]。2011年6月15日、ヘンリー・プナ首相夫妻が来日。

クック諸島との外交関係を持っている国は次のとおり(末尾に外交関係が結ばれた年月日を示した。  アメリカ合衆国  パナマ領事関係のみ)。

オセアニア
クック諸島はオセアニアにある全ての国家と外交関係を結んでいる。
  ニュージーランド* 1993年8月4日
  オーストラリア* 1994年1月25日
  ナウル 1994年
  パプアニューギニア 1995年7月
  フィジー* 1998年7月14日
  キリバス 2013年9月3日
  マーシャル諸島 2013年9月3日
  パラオ 2013年9月3日
  サモア 2013年
  ソロモン諸島 2013年
  ツバル 2013年
  バヌアツ 2013年
  ニウエ 2013年
  トンガ 2014年11月18日
  ミクロネシア連邦 2014年9月24日
ヨーロッパ
  欧州連合 2001年1月23日
  ポルトガル* 1995年8月12日
  スペイン 1998年1月29日
  フランス 2000年2月15日
  ドイツ* 2001年9月11日
  イタリア* 2002年2月11日
  ベルギー* 2005年4月6日
  アイルランド 2008年
  チェコ 2009年
  オランダ 2011年8月16日
  ボスニア・ヘルツェゴビナ* 1996年4月10日
  ノルウェー 1998年5月6日
  バチカン* 1999年4月29日
  スイス 2005年
  モナコ 2007年
  コソボ 2015年5月18日
アジア
  マレーシア 1992年5月2日
  中国* 1997年6月25日
  インド 1998年
  東ティモール* 2002年8月17日
  タイ* 2005年4月
  日本* 2011年6月16日[7]
  フィリピン 2011年12月12日
  シンガポール 2012年8月6日
  韓国 2013年2月22日[10]
中東
  イラン* 1996年5月1日
  イスラエル* 2008年
  トルコ 2008年4月9日
アメリカ
  キューバ* 2002年9月2日
  ジャマイカ 2003年5月15日
  ブラジル 2015年8月21日
アフリカ
  南アフリカ共和国* 1996年2月9日

*: 大使を置いている、または合意して大使館を準備中の国。

脚注編集

外部リンク編集

関連項目編集

座標: 南緯21度14分 西経159度46分 / 南緯21.233度 西経159.767度 / -21.233; -159.767