メインメニューを開く

サバイバルファミリー

2017年公開の日本映画

サバイバルファミリー』は、2017年2月11日公開の日本の映画作品。ある日突然訪れた原因不明の電気消滅により廃墟寸前となった東京を脱出した一家のサバイバルコメディ。脚本、監督は矢口史靖。主演は小日向文世[2]。第1回マカオ国際映画祭・コンペティション部門出品作品[3][4]

サバイバルファミリー
SURVIVAL FAMILY
監督 矢口史靖
脚本 矢口史靖
製作 石原隆
市川南
永井聖士
出演者 小日向文世
深津絵里
泉澤祐希
葵わかな
音楽 野村卓史
主題歌 SHANTIHard Times Come Again No More
撮影 葛西誉仁
編集 宮島竜治
製作会社 フジテレビジョン
東宝
電通
アルタミラピクチャーズ
配給 東宝
公開 日本の旗 2017年2月11日
上映時間 117分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 8.0億円[1]
テンプレートを表示

全国268スクリーンで公開され、2017年2月11日、12日の初日2日間で興収1億6,534万9,100円、動員12万9,886人となり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第2位となった[5]

概要編集

2002年から構想を温め、2003年に起きた北アメリカ大停電にヒントを得て作られた[6]

また鈴木家の子供である賢司役の泉澤祐希と結衣役の葵わかなはオーディションによって選ばれた[6]

ストーリー編集

ある日、突然日本全国の電力供給が止まり、それに伴いガスや水道といったライフラインも全て停止してしまう。 それらに留まらず、自動車やパソコン、携帯電話や時計といった生活必需品までも使用不可能となり、あらゆる情報網が遮断され、人々は自給自足の生活を強いられる。 通貨や紙幣、ブランド物は無用の長物となり、人々は施しや物々交換で日々の生活を凌ぐ。

東京都内に住む鈴木一家は数日で生活に困窮することとなり、「西日本へ行けば電力網が活きている」という噂を頼りに光恵の実家である鹿児島へ向かう事になるが、 飛行機などの交通機関も使えないため、止むなく自転車での長距離移動を決める。

鈴木一家は高速道路を自転車で西へ進み、サバイバル生活の中で様々な人々と出会いながら、鹿児島を目指す。

キャスト編集

鈴木 義之
演 - 小日向文世
会社員。原因不明の停電に困り果て一家で東京を脱出することを決断する。性根は家族想いだが、年頃の子供達と仕事へのストレスのせいか自己中心的な言動が多い。
 外出の際はを被っている。
鈴木 光恵
演 - 深津絵里
義之の妻。ごく普通の専業主婦。魚を捌くことができない。マイペースで天然気味だが、交渉上手な一面もある。
鈴木 賢司
演 - 泉澤祐希
義之・光恵の息子。大学2年生。いつも音楽を聴いており、家庭や両親のことには無関心。大学へは自転車で通学している。
パソコンや工学系の知識に多少精通しており、道中ではパンクした自転車の修理などを都度行なっている。
学友の中村里美に片思いしている。
鈴木 結衣
演 - 葵わかな
義之・光恵の娘。高校1年生。スマートフォン依存症で片時も手放せないが、友人とのメッセージのやり取りに疲れを感じている。
典型的な都会っ子で、ただでさえ遠方の鹿児島の田舎へ自転車で行くのを必死に拒んでいたが、嫌々ながら家族に同行する。 
 小言が多くイラつきやすい父親を毛嫌いしている。
斎藤 敏夫
演 - 時任三郎
鈴木家が高速道路を西進中、浜松市近辺で遭遇した、アウトドア生活に精通した一家の父。
斎藤 静子
演 - 藤原紀香
敏夫の妻。鈴木家に食べられる野草の知識を伝授する。
斎藤 涼介
演 - 大野拓朗
敏夫・静子の長男。
斎藤 翔平
演 - 志尊淳
敏夫・静子の次男。機械式フィルムカメラを所持しており、偶然出会った鈴木一家の写真を撮影し、いつか結衣に送る約束をした。
古田 富子
演 - 渡辺えり
鈴木家が道中で通りかかった米屋の店主。物々交換で米と食料や水を取引する。義之には酒と引き換えに店先に放置されていた自転車を譲渡する。
高橋 亮三
演 - 宅麻伸
義之の同僚で元同級生。ライフライン停止後、義之に先んじて家族と共に東京を離れた。
佐々木 重臣
演 - 柄本明
光恵の父。鹿児島の吹上浜付近に在住。近所の海で魚を釣ったり、家庭菜園で野菜を栽培するのを趣味としており、たびたび鈴木家にも野菜や魚を送っていた。
田中 善一
演 - 大地康雄
岡山在住の養豚農家で、独り暮らし。既に自給自足の生活に順応しており、飢え死に寸前の鈴木一家に食事と寝床を与える代わりに、逃げ出した豚の捕獲の手伝いを依頼する。
鈴木家が再出発する際には大量の自作の保存食を分け与えた。
中村 里美
演 - 松浦雅
賢司が想いを寄せる、同じ大学の学生。賢司とは友人関係だが特に特別な感情はなく、彼氏がいる。
ライフラインの全停止後、家族と彼氏の男と共に自宅を離れ、その後の行先などは不明。
その他キャスト

スタッフ編集

ロケ地編集

セットやCGを一切使わないオールロケーション撮影が行われ[2]、その撮影地は仙台市山口県を中心に大阪神戸、静岡、千葉、横浜羽田空港など国内各地に及び、ロケ隊の総移動距離は約1万キロを突破した[2]

仙台では鈴木一家が暮らす東京郊外の設定で太白区の市営住宅や仙台南環状線鉤取寺前)、青葉区東北学院大学土樋キャンパス、若林区卸町通などでロケが行われ[7]、山口では重要なシーンの一つである「車のない高速道路を自転車で走行する」シーン撮影のため、山口県警察協力の下で山口宇部道路及び宇部湾岸道路を一時封鎖して撮影が行われた[8]ほか、県内各地で撮影が行われている。作中で登場する蒸気機関車にはSLやまぐち号を用いた[9]。 また、その他にも須磨水族館[10]や、通天閣天竜川においても撮影が行われた。

Blu-ray/DVD編集

2017年9月20日発売。発売元はフジテレビジョン、販売元はポニーキャニオン

スペシャル・エディション(Blu-ray版のみ、2枚組)

  • 外装・封入特典
    • スリーブケース、ブックレット
  • 本編Blu-ray
    • 本編映像 + 特典映像(予告、CM集)
  • 特典Blu-ray
    • 矢口史靖監督のサバイバルのススメ
    • サイドストーリー「サバイバルボーイ」「サバイバルガール」
    • 矢口史靖監督の映画の常識・それほんと?
    • アーバンサバイバル・ブラヤグチ
    • イベント集(完成披露、初日舞台挨拶、マカオ映画祭 など)

スタンダード・エディション(Blu-ray版/DVD、各1枚組)

  • Blu-ray
    • 本編映像 + 特典映像(予告、CM集)
  • DVD
    • 本編映像 + 特典映像(予告、CM集)

書籍編集

『小説「サバイバルファミリー」』
著者 : 矢口史靖
出版元 : 集英社 ISBN 978-4087754322
『映画公式ガイド「サバイバルファミリー」の歩き方』
著者 : 矢口史靖、「サバイバルファミリー」研究会
出版元 : 誠文堂新光社 ISBN 978-4416517789
『サバイバルファミリー』完全絵コンテ集
著者 : 矢口史靖
出版元 : 誠文堂新光社

サイドストーリー編集

映画公開に合わせたオリジナル企画として、息子役の泉澤祐希主演「サバイバルボーイ」と娘役の葵わかな主演「サバイバルガール」の2本のサイドストーリーが制作され、2017年2月15日に日本映画専門チャンネルにおいて放送された[11]。サバイバルファミリーBlu-rayスペシャル・エディションに収録。

  • サバイバルボーイ
    • 脚本・監督 : 矢口史靖
    • 出演 : 泉澤祐希
  • サバイバルガール
    • 脚本・ 監督 : 片島章三
    • 出演 : 葵わかな

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ キネマ旬報』2018年3月下旬映画業界決算特別号 33頁、キネマ旬報社
  2. ^ a b c “矢口史靖監督の新作は「サバイバルファミリー」!小日向文世&深津絵里が夫婦に”. 映画.com. (2016年7月15日). http://eiga.com/news/20160715/1/ 2016年7月24日閲覧。 
  3. ^ “マカオ映画祭、開幕前から波乱!?映画祭ディレクターが辞任”. シネマトゥデイ. (2016年11月24日). http://www.cinematoday.jp/page/N0087795 2016年11月25日閲覧。 
  4. ^ “小日向文世&矢口史靖監督が自転車で参上!「サバイバルファミリー」マカオ上映は大盛況”. 映画.com. (2016年12月14日). http://eiga.com/news/20161214/2/ 2016年12月14日閲覧。 
  5. ^ “『相棒』シリーズ最高の大ヒットスタート!50億円突破に期待大!”. シネマトゥデイ. (2017年2月14日). http://www.cinematoday.jp/page/N0089627 2017年2月14日閲覧。 
  6. ^ a b “小日向文世、深津絵里と19歳差夫婦 主演映画で”サバイバル演技”挑戦”. SANSPO.COM. (2016年7月15日). http://www.sanspo.com/smp/geino/news/20160715/geo16071505040004-s.html 2016年7月24日閲覧。 
  7. ^ “「サバイバルファミリー」ロケ地マップで防災”. 河北新報. (2017年2月7日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201702/20170207_13013.html 2017年3月9日閲覧。 
  8. ^ “山口は様々な景色が撮影できる場所 「サバイバルファミリー」矢口史靖監督インタビュー”. 山口宇部経済新聞. (2017年2月13日). http://yamaguchi.keizai.biz/column/69/ 2017年3月9日閲覧。 
  9. ^ 「サバイバルファミリー 劇場用パンフレット」
  10. ^ “須磨水族園、映画ロケ協力 飼育魚食べるサバイバル生活”. 神戸新聞. (2017年2月11日). https://this.kiji.is/203100293171691521?c=110564226228225532 2017年3月11日閲覧。 
  11. ^ “『サバイバルファミリー』サイドストーリー「サバイバルボーイ&ガール」”. 日本映画専門チャンネル. https://www.nihon-eiga.com/program/detail/nh10006805_0001.html 2017年1月27日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集