サリー・コンウェイ

サリー・コンウェイ(Sally Conway 1987年2月1日- )は、イギリスブリストル出身の柔道家。階級は女子70kg級。身長170cm[1][2][3]。得意技は寝技。特に腕挫腕固。得意技の寝技はトップレベルとの評価を受けている[4]

獲得メダル
イギリスの旗 イギリス
柔道
オリンピック
2016 リオデジャネイロ 70kg級
世界選手権
2019 東京 70kg級
グランドスラム
2018 デュッセルドルフ 70kg級
2015 バクー 70kg級
2014 バクー 70kg級
世界ジュニア
2006 サント・ドミンゴ 78kg級

人物編集

柔道は9歳の時に始めた。2005年にはスコットランドエディンバラに移った[5]。2006年の世界ジュニア78kg級では2位になった[2]。2007年のU23ヨーロッパ選手権では3位だった[2]。2009年の世界選手権では日本の渡邉美奈背負投で敗れて5位に終わった[2]。2011年のプレオリンピック大会では2位となった。2012年に地元で開催されたロンドンオリンピックでは2回戦でオランダのエディス・ボッシュの技ありで敗れた[1][2]。2014年の英連邦競技大会ではスコットランド代表で出場して3位だった[2]。2015年にはグランドスラム・バクーの決勝でオランダのキム・ポリングを一本勝ちしてグランドスラム大会初優勝を飾った[2]世界選手権では初戦で日本の新井千鶴と対戦するも、GSに入ってからの有効で敗れた。グランプリ・チェジュでは優勝した[4]グランドスラム・東京では初戦で日本の大野陽子一本背負投で敗れた[6]。2016年のリオデジャネイロオリンピックでは2回戦で世界チャンピオンのフランスのジブリズ・エマヌ上四方固で破るも、準決勝でコロンビアのジュリ・アルベアルの技ありで敗れたが銅メダルを獲得した[3][7]。2018年のグランドスラム・パリでは決勝で世界チャンピオンの新井を破り、今大会イギリスの選手としてクレイグ・ファロン以来15年ぶりの優勝を飾った[8][9]東京で開催された世界選手権では準決勝でマリー=エヴ・ガイエに敗れるも3位になった[10]。2021年2月には正式に引退を表明した[11]。その後、スウェーデンナショナルチームの監督に就任した[12]

彼女の得意技の腕挫腕固は多くの柔道家が一生に一度も試合で極めないで終わることも多いが、彼女は基本形だけでも国際試合で4回以上極めている。映像資料『講道館柔道 固技 分類と名称』[13]で腕挫腕固に分類されている「肩袈裟固からの腕挫腕固」も国際試合で2回以上極めている。6回とも相手の右肘を極めている。

主な戦績編集

(出典[3]JudoInside.com)。 

脚注編集

外部リンク編集