サンリブ

Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼
1.ポップコーンの店舗外観画像
2.サンクの店舗外観画像の画像提供をお願いします。2010年2月

株式会社サンリブは、福岡県北九州市小倉南区に本社を置き、九州地方中国地方スーパーマーケットを展開しているスーパーマーケットチェーンであり、運営店舗のブランド名でもある。

株式会社サンリブ
Sunlive Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 サンリブ
本社所在地 日本の旗 日本
800-0288
福岡県北九州市小倉南区上葛原2-14-1
設立 1955年昭和30年)9月15日
(株式会社北九州丸食)
業種 小売業
法人番号 8290801001706
事業内容 スーパーマーケットなどの店舗運営
代表者 佐藤秀晴(代表取締役社長)
藤矢勇太郎(代表取締役)
宮島真祐嗣(代表取締役専務)
資本金 7億円
売上高 1,628億4,200万円(2009年2月期)
従業員数 3,923人
外部リンク http://www.sunlive.co.jp
テンプレートを表示
サンリブシティ小倉
福岡県北九州市小倉南区
サンリブ本社が入居している
サンリブ旧本社
(福岡県北九州市小倉北区
1階はマルショク金田店となっている
サンリブ府中(広島県安芸郡府中町
マルショク今宿(福岡県福岡市西区
エル船越(広島県広島市安芸区

2017年8月までは、株式会社マルショクとともに『サンリブ・マルショクグループを形成していたが、翌月に同社を吸収合併した。以降、法人としては「サンリブ」「サンリブグループ」を名乗るが、「マルショク」は引き続き運営店舗のブランド名として残る。

目次

概要編集

サンリブグループの中心企業。非上場企業ながら売上高はグループで2,056億100万円(2015年2月期)に達し、西日本中国四国九州)では有数の規模を誇るスーパーマーケットチェーンである。

昭和40年代後半のスーパーマーケット全盛期には、ユニード壽屋マルショクグループ(サンリブ)の三社が九州資本のスーパーとして繁盛していたが、ユニードと壽屋が消滅した現在では、九州資本のスーパーとしては最大手となった。現在でも、イオンイズミなどが攻勢を強める中、地域密着型の店舗として気を吐いている。

サンリブ・マルショクグループを構成するマルショク社と、業態にかかわらず地域で管轄を分担しており、サンリブ社が管轄するエリアは福岡県佐賀県山口県広島県と、現在は店舗がない長崎県である。熊本県大分県宮崎県および長崎同様店舗のない鹿児島県は、マルショク社が管轄する。なお、福岡県内であっても、行橋市豊前市みやこ町うきは市朝倉市にある店舗については、マルショク社の管轄エリアとなる。

なお、熊本地震などの影響でマルショク社の経営が厳しくなっていることなどもあり、グループ全体を1社で運営する方針に転換し、2017年9月1日付でサンリブ社がマルショク社を吸収合併。両社の社長は合併前に佐藤秀晴が兼ねていた[1]

沿革編集

店舗の種類編集

サンリブ(GMS
生活提案型の店舗。食品・日用雑貨・家電・衣料などの売場、各種専門店のテナント、文化情報サービス設備を展開している。5,000m2以上規模の大規模店舗。
マルショク(SM
生活密着・地域密着を重視する店舗。食品、衣料品や日用雑貨、書籍などの生活必需品をそろえる。1,000 - 3,000m2規模の中規模店舗、商圏は半径2km内外。
エル(EDLP
「every day low price」を掲げたローコストオペレーション型の店舗。従来のディスカウントストアの安さと広さに、快適なショッピング環境とサービスを兼ね備える。店舗の規模の違いによってサンリブ・エルタイプとマルショク・エルタイプの展開をしている。
サンク・まるしょく屋(MS)
  • 「サンク」はサンリブ社オリジナル、「まるしょく屋」は旧マルショク社の独自の形態である小型店舗。生鮮三品(青果・精肉・鮮魚)と、日用雑貨もそろえる。商圏は半径1km程度、広さは1,000m2以下の小型店舗。
  • FC展開も進めている。かつては「ポップコーン」もサンクから転換した店舗から始まったためサンリブFC部の監督下にあり店舗一覧にも載っていたが、現在はサンリブグループから独立している。
サンリブシティ(SC
地域再開発まで含めたゾーン型店舗。食品・日用雑貨・家電・衣料などの売場、各種専門店のテナントのほか、フィットネスクラブ、カルチャースクール、レストラン、ゲームセンターなどを併設。2万m2以上の規模で、半径20km程度の商圏を想定している。サンリブ社管轄のものとしてはサンリブシティ小倉福岡県北九州市小倉南区)がある。

くらしらくカード・masaca!!編集

サンリブ社では、ポケットカード富士通と提携したポイントカード(クレジット一体型、現金専用型)を発行している。クレジット一体型は「くらしらくカード」の名称でポケットカードが発行し、2013年11月29日からスタートした現金専用型は「masaca!!(マサカ)」の名称でサンリブが発行し、富士通が技術支援している。「masaca!!」のコールセンターは富士通ソリューションスクエア内にある。

「くらしらくカード」「masaca!!」とも、サンリブ・マルショク各店での買い物の際、カードを提示またはカードで決済するとポイント(くらしらくポイント)が貯まる仕組みになっている。「くらしらくカード」には国際ブランドのマスターカードが付帯されており、サンリブグループの店舗だけではなく2000万店以上のマスターカード加盟店で利用できる。一方「masaca!!」は、クレジット機能が無い代わりに現金にてマネーをチャージして買い物の支払いに利用できるプリペイドカード機能が付帯されているほか、高齢者限定の「masaca!!α」カードも用意されている。「α」は各種運用面で通常の「masaca!!」よりも優遇されている。

尚、サンリブ、マルショク以外の店舗(ポケットカード加盟店、マスターカード加盟店)でのショッピングは、一部入居テナントを除きくらしらくポイント付与の対象にはならない(但し、ポケットカードポイントは付与される)。またカード事業はこれまでサンリブ社のみの事業で、マルショク社管轄の「サンリブ」「マルショク」各店ではカード会員の募集は一切行っていなかった他、くらしらくポイント付与の対象にはならなかったが、2014年10月27日からマルショク社管轄の「サンリブ」「マルショク」各店(但し、サンリブ長門、マルショク西条店、マルショク日南店では利用出来ない)でも「くらしらくカード」「masaca!!」ともに利用が可能となった[3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b “サンリブ、事業強化へ再編 マルショクと9月合併 中国・九州スーパー再編”. 産經WEST (産経新聞). (2017年6月1日). http://www.sankei.com/west/news/170601/wst1706010058-n1.html 2017年6月4日閲覧。 
  2. ^ サンリブ西小倉 新規オープン - サンリブ・マルショクグループ公式サイト、2015年01月20日
  3. ^ 「masaca・masacaα」「くらしらくカード」~大分県・熊本県・宮崎県エリア拡大~ - サンリブ・マルショクグループ公式サイト、2014年10月27日

外部リンク編集