メインメニューを開く
二戸営業所のデータ
バス事業者 ジェイアールバス東北
(←東日本旅客鉄道
(←日本国有鉄道
(←鉄道省
所在地 二戸市石切所字枋ノ木63番地66号
(JR二戸駅前)
所管路線数 6路線(うち高速1)
開所日 1939年11月25日
この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
二戸営業所全景、カシオペアメッセ・なにゃーと展望台から(2008年2月)
表札

ジェイアールバス東北二戸営業所(ジェイアールバスとうほくにのへえいぎょうしょ)は、岩手県二戸市にあるJRバス東北の営業所である。

目次

沿革編集

  • 1939年昭和14年)11月25日 - 仙台鉄道局北福岡自動車区開設。
  • 1950年(昭和25年)4月1日 - 北福岡自動車営業所に改称。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 東日本旅客鉄道発足、東日本旅客鉄道東北自動車部二戸自動車営業所に改称。
  • 1988年(昭和63年)4月1日 - ジェイアールバス東北営業開始、ジェイアールバス東北二戸営業所に改組。
  • 2001年平成13年)9月30日 - 営業所庁舎1階にあった「二戸駅コミュニティプラザ」が閉鎖。定期券回数券発売は営業所事務所となる。
  • 2002年(平成14年)7月5日 - 旧コミュニティプラザ跡地に郷土料理店「雑穀茶屋つぶっこまんま」オープン。
  • 2008年(平成20年)
    • 11月20日 - 原油価格の高騰に伴い、管内路線バスの運賃を値上げ(平均13.4%)。
    • 12月23日 - 「雑穀茶屋つぶっこまんま」が閉店。
  • 2009年(平成21年)1月30日 - 「雑穀茶屋つぶっこまんま」跡地に郷土料理店「雑穀屋ごはっと」オープン。
  • 2009年(平成21年)4月1日 - 久慈営業所廃止に伴い、平庭高原線(盛岡支店担当を除く)、スワロー号、うみねこ号が当所に移管される。
  • 2010年(平成22年)3月31日 - 「雑穀屋ごはっと」が閉店。これにともない、翌日より店舗跡地内にある庁舎1階のトイレが使用不可となる。

所管路線編集

二戸本線編集

 
二戸駅に到着した路線バス(2018年9月撮影)

岩手県二戸市内を運行する。鉄道敷設法別表第10号に規定する「岩手県一戸ヨリ荒屋ニ至ル鉄道」の鉄道先行路線として開業した。一時期は浄法寺 - 一戸直行便、御返地 - 岩手足沢(足沢線)、新安比温泉方面への支線が存在したが、現在は二戸駅 - 浄法寺駅の系統のみ(うち平日の一部の便は軽米線仁左平方面行支線に相互乗り入れ)である。本線と言う名前こそあるものの、浄法寺方面へ運転される便は浄法寺地域の過疎化の進展とバス運賃の高騰、加えて二戸地域の人口減少なども重なり、減便傾向が続いている。二戸地区の便は全ての地区の中で一番多く確保されており、日中でも概ね30分に1本程度は運行されている。

運行経路

(仁左平 - 二戸病院 - )二戸駅 - 浄法寺駅

路線沿革
  • 1939年昭和14年)11月25日 - 福岡自動車(株)北福岡駅 - 長嶺間と福岡タクシー福岡 - 浄法寺間を買収、浄法寺 - 荒屋新町間を新設し省営バス二戸線福岡長嶺 -荒屋新町間(38km)開業。
  • 1955年(昭和30年)6月15日 - 大柳 - 湯瀬間(22km)開業。
  • 1970年(昭和45年)10月14日 - 大柳 - 湯瀬間廃止。
  • 198x年 - 浄法寺 - 一戸直行便を二戸駅経由に変更。陸奥合川 - 鳥越観音前間廃止(休止?)。
  • 1991年平成3年)4月1日 - 高速バス「すーぱー湯〜遊」開業。
  • 1996年(平成8年)頃? - 新安比温泉方面支線を廃止。
  • 1997年(平成9年)4月1日 - 御返地 - 岩手足沢間を廃止(二戸市が代替バスを運行)。
  • 199x年 - 一戸駅直行便を廃止。
  • 2000年 (平成12年)
    • 5月?日 - 二戸駅 - 陸奥合川間経路変更。大渕停留所移設。
    • 12月1日 - 大渕停留所を諏訪前停留所に名称変更。
  • 2006年(平成18年)4月1日 - 二戸駅 - 陸奥合川間経路変更。石切所、荒瀬橋経由に。諏訪前停留所廃止。
  • 2008年(平成20年)4月1日 - 一般便の浄法寺駅 - 荒屋新町駅間廃止(なお同区間内を運行する高速便「すーぱー湯〜遊」は継続。高速便非運行時間帯は二戸市・八幡平市による廃止代替バスに移行)。
  • 2018年(平成30年)4月1日 - 高速バス「すーぱー湯〜遊」の廃止に伴い、浄法寺駅 - 荒屋新町駅間廃止。

軽米線編集

二戸駅から金田一温泉駅を経由し、軽米・軽米病院前(九戸郡軽米町)を結ぶ。地域間幹線系統として国・岩手県の補助を受ける[1]。2016年から岩手県立軽米高等学校「軽高祭」開催日は臨時便が運行され、その内高速車で運用される便は、軽米町出身の古舘春一原作の漫画『ハイキュー!!』にあわせて「カルマイトッキュー!819号」として運行される[2]。また、二戸営業所で唯一、泊まり勤務が設定されている路線でもある。これは、かつて久慈まで運転していた頃の名残りでもある。かつては二戸駅-荒屋新町駅間でも泊まり勤務が設定されていたが、浄法寺-荒屋新町廃止にともない泊まり勤務が設定されているのは軽米線のみとなっている。

路線沿革
  • 194x年 - 省営バス軽米線九戸通 - 小軽米間(26km)開業。
  • 19xx年 - 国鉄バス軽米線金田一 - 久慈間(65.4km)開業(北福岡 - 九戸通間は田子線)。
  • 1973年(昭和48年)?月?日 - 矢沢口 - 仁左平間の支線が開業。
  • 1998年(平成10年) - 一部便が金田一温泉センター経由となる。
  • 2002年(平成14年)12月1日 - スワロー号運行開始に伴い二戸 - 久慈間直通便廃止。軽米病院前または陸中大野駅で乗り換えとなる。
  • 2005年(平成17年)4月1日 - 軽米病院前 - 陸中大野間廃止。岩手県北バスへ移管。
  • 200x年 - 全便が金田一温泉センター経由となる。
  • 2008年(平成20年)4月1日 - 陸中大野 - 久慈駅間廃止、岩手県北バスへ移管。

一戸線編集

路線沿革
  • 1947年(昭和22年)?月?日 - 省営バス一戸線北福岡 - 一戸間開業。
  • 19xx年 - 国鉄バス一戸線上女鹿 - 女鹿口間開業、小鳥谷線女鹿口 - 一戸間を経て北福岡まで直通運転(上女鹿方面の便の一部は一戸発着)。
  • 197x年 - 国鉄バス一戸線上女鹿 - 女鹿新田間開業。
  • 1997年(平成9年)4月1日 - 一戸 - 女鹿新田間廃止、岩手県北バスへ移管(小鳥谷線一戸 - 上女鹿間はJRバスが運行継続)。
  • 2000年?月?日 - 一戸 - 一戸病院間開業。
  • 2002年(平成14年)4月1日 - 一戸病院 - 保健福祉センター間開業。
  • 2005年(平成17年)4月1日 - 一戸病院 - イコオショッピングセンター間開業。一戸病院 - 保健福祉センター間廃止。
  • 200x年4月1日 - 一戸病院 - イコオショッピングセンター間廃止。二戸方面からイコオショッピングセンターに向かう場合は向町・一戸・一戸病院のいずれかの停留所にて岩手県北バス又は一戸町民バスに乗り換えとなる。葛巻方面へ向かう便も平日を中心に本数は少ないながらも運転されており、葛巻駅を6時台に発車する平日便は、小鳥谷駅、一戸病院、一戸駅、二戸駅、二戸病院を経由した上で金田一温泉駅まで片道2時間近くを掛けて直通運転するが、これは二戸営業所での最長の営業運転路線となっている。なお土日は同便は原則として運休である。但し、運転される場合もあり、その場合は二戸駅止まりとなる。また、この便に乗務する乗務員は、午前4時台に一旦二戸営業所に出勤した上で、回送バスとして葛巻駅まで回送した上で運転されている。

スワロー号編集

 
スワロー号(2018年9月撮影)

岩手県久慈市と同県二戸市を結ぶ路線バス。運賃を通常の路線賃率に対して、営業施策的に設定している(運賃逓減制度)ため、JRバス回数券での乗車はできない。「北東北フリーきっぷ・バスオプション券」「ジャパンレールパス(JRP)」等で乗車することができる。

運行経路

久慈駅 - 西の沢(旧・JRバス久慈営業所) - 戸呂町 - 道の駅おりつめ - 二戸駅

※「道の駅おりつめ」バス停は、岩手県北バスの「九戸インターオトデ館」バス停と同一箇所にある。二戸発の最終便と久慈発の13時台の便を運転するのは原則として久慈方面に自宅がある運転士に限られている。これは13時発の便は出勤を兼ねて、二戸発の最終便は退勤を兼ねていることにもよる。かつては泊まり勤務を設定していたが、久慈営業所が廃止されたことに伴い、久慈方面から出勤する運転士が二戸営業所に受け入れられたことにより、対応が可能となっている。稀に久慈に自宅がない運転士が運転する場合があるが、その場合は臨時行路として旧久慈営業所に泊まり込む形となっている。その為、翌日の久慈発の始発便は運転士が二人体制となる。
路線沿革
車両
  • 全便が高速バス仕様の車両で運行される(かつては貸切バスからの改造車も充当されていた)ため、前乗り前降りである。
    • かつてはトイレ付車両が充当されていたこともあるが、その場合トイレは閉鎖されており使用できなかった。

二戸市運行受託路線編集

廃止・撤退路線編集

うみねこ号編集

八戸 - 仙台線。乗務員のみ)

すーぱー湯〜遊編集

 
盛岡駅で発車を待つすーぱー湯〜遊(2007年7月撮影)

岩手県盛岡市と同県二戸市を結んでいた高速バス。本数が少なくても乗車率は高い。廃止時には盛岡 - 浄法寺・二戸間に短縮されているた、かつては金田一温泉郷発着であったことから引き続きこの愛称で呼ばれていた。運行回数は盛岡 - 二戸間1往復。平日のみ運行で、土・日・祝日は運休であった。

運行経路

盛岡駅(東口1番のりば) - 安代インター - 荒屋新町駅 - 浄法寺駅 - 天台寺 - 二戸駅

  • 安代インター - 荒屋新町駅 - 浄法寺駅 - 二戸駅間は各停留所に停車する(安代小学校前 - 荒屋新町駅間は2度通る)。
利用状況
  • 2002年(平成14年)度:1便あたり30.0人、1日あたり59.8人
  • 2003年(平成15年)度:1便あたり38.8人、1日あたり77.7人
※いずれも盛岡 - 二戸便の数字。
路線沿革
  • 1991年(平成3年)4月1日 - 盛岡 - 金田一温泉郷 (101.8km) 間で運行開始。
  • 1992年(平成4年)5月10日 - 浄法寺IC経由から安代IC経由に変更。
  • 1995年(平成7年) - 盛岡 - 二戸 (90.2km) 間に短縮。
  • 199x年 - 二戸線内(安代IC - 二戸駅間)で急行運転を取りやめ、各停留所乗降扱いとする。
  • 2002年(平成14年)12月1日 - 停留所に荒屋新町駅を追加、二戸線内(荒屋新町駅 - 二戸駅間)の途中乗降を認める。
  • 2008年(平成20年)11月20日 - 原油価格の高騰により運賃を値上げ(盛岡駅 - 荒屋新町駅間を除く)。
  • 2013年(平成25年)12月20日 - 運賃改定[3]
  • 20xx年 - 盛岡 - 浄法寺間の1往復が廃止となり、盛岡 - 二戸間1往復のみの運行となる。
  • 2014年(平成26年)12月1日 - この日より土・日・祝日運休(平日のみ運行)となる。
  • 2016年(平成28年)4月1日 - この日より盛岡市内に「前潟」バス停を新設(盛岡行は降車のみ、二戸行は乗車のみ)[4]
  • 2018年(平成30年)3月30日 - この日の運行をもって廃止[5]

設備編集

  • 1階は待合室・食堂、2階は事務室、営業所前が車庫となっている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「平成28年度 生活交通路線維持費補助金について」
  2. ^ 【おしらせ】10/7「二戸-軽米線」臨時バスの運行”. ジェイアールバス東北. 2017年8月29日閲覧。
  3. ^ 高速バス「二戸・浄法寺~盛岡線(すーぱー湯~遊号)」運賃改定のお知らせ (PDF) (ジェイアールバス東北 2013年12月10日)
  4. ^ 【お知らせ】4/1「二戸⇔盛岡」 買い物に便利な「前潟」バス停を新設します”. ジェイアールバス東北 (2016年2月18日). 2016年4月3日閲覧。
  5. ^ 4/1 高速バスのダイヤ改正について”. ジェイアールバス東北 (2018年2月27日). 2018年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月8日閲覧。