ジェフ・スコット・ソート

ジェフ・スコット・ソートJeff Scott Soto1965年11月4日 - )は、アメリカ合衆国出身のロックミュージシャンシンガーソングライター

ジェフ・スコット・ソート
Jeff Scott Soto
Jeff Scott Soto 2019.jpg
ラジオのアコースティックライブにて(2016年10月)
基本情報
生誕 (1965-11-04) 1965年11月4日(55歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州ニューヨーク市
ブルックリン区(キングス群)
ジャンル ヘヴィメタル
ハードロック
職業 ミュージシャンヴォーカリストシンガーソングライター
担当楽器 ボーカルギターキーボードトランペット
活動期間 1984年 - 現在
レーベル ゼロ・コーポレーション
フロンティアーズ・レコード
共同作業者 ライジング・フォース
ジャーニー
タリスマン 他
公式サイト jeffscottsoto.com
スティーヴ・ペリー
サム・クック
フレディ・マーキュリーなど

主に、HR/HM分野のボーカリストとして活動。これまで「タリスマン」や「イングヴェイ・マルムスティーン」「アクセル・ルディ・ペル」ら多くの現場で実績を積み、1990年代からソロ・デビューも果たしている。身長191cm。

略歴編集

1984年、19歳の時にイングヴェイ・マルムスティーンにボーカリストとして抜擢され、1984年のファースト・アルバム『ライジング・フォース』、1985年のセカンド・アルバム『マーチング・アウト』に参加。

イングヴェイのバンドから離れた後は歌唱力や多様性を買われ、暫くセッション・シンガーとしての活動が多かったが、1990年代あたりからはイングヴェイのバンドに在籍していた時からの盟友であるマルセル・ヤコブタリスマンを結成したり、また、ドイツギタリストアクセル・ルディ・ペルのアルバムにも参加したりと積極的な活動をしていた。

現在もソロ活動の傍ら、ジャーニーニール・ショーン率いるソウル・サーカスやセッションでの参加、他のアーティストへの楽曲提供などの活動を展開している。

2001年に日本公開された映画『ロック・スター』で主人公が加入するバンドの前任ボーカリストの歌声の吹き替えをしており、作中でザック・ワイルド、元ドッケンのジェフ・ピルソン、レッド・ツェッペリンにも参加するジェイソン・ボーナムらとの架空のバンド「スティール・ドラゴン」を結成している。

 
2007年頃

2006年7月7日より、喉の感染症のためツアーをバンドを一時離脱(その後脱退)したスティーヴ・オージェリーの代役を引き受け、ジャーニーのフロントマンとしてステージに立つ。同年12月19日より正式に加入するも翌2007年6月に脱退(後にニール・ショーンがジェフとその他のメンバーとの確執が起こったために解雇したと明かしている)。

2008年夏に4枚目のソロ・アルバム『ビューティフル・メス』を発表。2009年11月、ワーク・オブ・アートのギタリストであるロバート・サールと、エクリプスのエリック・マーテンソンを擁して結成され(マルセル・ヤコブもPVに参加。しかし他界のため、全てのレコーディングを行えず)、参加メンバーのバンドの頭文字から取ったプロジェクトとしてアルバム『W.E.T. (ウェット)』をリリース。さらに12月、『ビューティフル・メス』に伴うツアーの模様を収めたライブ・アルバム&DVD『ワン・ナイト・イン・マドリード』をリリース。

2012年クイーンロジャー・テイラーがプロデュースする、「QueenExtravaganza」プロジェクトのメンバーとして公演に参加している。タリスマンの未発表音源からタリスマンのアルバムもリリース予定である。

2015年、ソロ・プロジェクト「SOTO (ソート)」を立ち上げ、アルバムをリリース[1]

2017年ビリー・シーン (ミスター・ビッグナイアシン)、マイク・ポートノイ (元ドリーム・シアターザ・ワイナリー・ドッグス)、デレク・シェリニアン (元アリス・クーパー・バンド、ドリーム・シアター等)、ロン・"バンブルフット"サール (元ガンズ・アンド・ローゼズ)と共に「サンズ・オブ・アポロ」を結成。

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

  • 『ラヴ・パレード』 - Love Parade (1994年)
  • 『プリズム』 - Prism (2002年)
  • 『ロスト・イン・ザ・トランスレーション』 - Lost in the Translation (2004年)
  • 『ビューティフル・メス』 - Beautiful Mess (2009年)
  • 『ダメージ・コントロール』 - Damage Control (2012年)[2]
  • 『レトリビューション』 - Retribution (2017年)[3]

ライブ・アルバム編集

  • 『ライヴ・アット・ザ・ゴッズ 2002』 - JSS Live at the Gods 2002 (2003年)
  • Live at the Queen Convention 2003 (2004年)
  • 『ワン・ナイト・イン・マドリード』 - One Night in Madrid (2009年)
  • Live at Firefest 2008 (2010年)

EP編集

  • Holding On (2002年)
  • Believe in Me (2006年)

コンピレーション・アルバム編集

  • 『エッセンシャル・バラーズ』 - Essential Ballads (2006年)

映像作品編集

  • 『ライヴ・アット・ザ・ゴッズ 2002』 - JSS Live at the Gods 2002 (2003年)
  • Live at the Queen Convention 2003 (2004年)
  • 『ワン・ナイト・イン・マドリード』 - One Night In Madrid (2009年)

SOTO編集

  • 『インサイド・ザ・ヴァーティゴ』 - Inside the Vertigo (2015年)
  • 『ディヴォック』 - Divak (2016年)
  • 『オリガミ』 - Origami (2019年)

ボーカル・セッション編集

  • イングヴェイ・マルムスティーン : ライジング・フォース (1984年)
  • イングヴェイ・マルムスティーン : マーチング・アウト (1985年)
  • イングヴェイ・マルムスティーン : アイ・アム・ア・ヴァイキング SP (1985年)
  • イングヴェイ・マルムスティーン : I'll See The Light Tonight SP (1985年)
  • Kuni : Lookin' For Action (1988年)
  • アレックス・マシ : Attack Of The Neon Shark (1989年)
  • アイズ : Eyes (1990年)
  • Skrapp Mettle : Sensitive (1991年)
  • アクセル・ルディ・ペル : Eternal Prisoner (1992年)
  • アクセル・ルディ・ペル : The Ballads (1992年)
  • タカラ : Eternal Faith (1993年)
  • アイズ : Windows Of The Soul (1993年)
  • Biker Mice From Mars - Biker Mice From Mars (1993年)
  • アクセル・ルディ・ペル : Between The Walls (1994年)
  • Gary Schutt : Sentimetal (1994年)
  • タカラ : Taste Of Heaven (1995年)
  • アクセル・ルディ・ペル : Made In Germany (1995年)
  • アクセル・ルディ・ペル : Black Moon Pyramid (1996年)
  • ヒューマン・クレイ : Human Clay (1996年)
  • イングヴェイ・マルムスティーン : インスピレーション (1996年)
  • Hollywood Underground : Hollywood Underground (1996年)
  • アクセル・ルディ・ペル : Magic (1997年)
  • ヒューマン・クレイ : u4ia (1997年)
  • The Boogie Knights : Welcome To The Jungle Boogie (1997年)
  • タカラ : Blind In Paradise (1998年)
  • Humanimal - Humanimal (2002年)
  • ソウル・サーカス : ワールド・プレイ (2005年)
  • W.E.T. : W.E.T. (2009年)
  • ガス・G : I Am the Fire (2014年)

参加した主なプロジェクト編集

来日公演編集

影響を受けたアーティスト・カバーしたアーティスト編集

脚注編集

外部リンク編集