メインメニューを開く
スカイ号
スカイ号
パンダ号
パンダ号

スカイ号(スカイごう)とは、東京都台東区上野青森県青森市及び五所川原市を結ぶ弘南バスが運行する高速バスである。

本項では夜行便のパンダ号(パンダごう)・パンダ号東京新宿線についても記載する。

どちらも全ての座席が指定のため、利用には事前の予約が必要。

概要編集

スカイ号編集

上野駅前 - 青森駅前を運行する昼行便。以前は『青森上野号』の愛称だった。「スカイターン号」で好評だった格安往復割引運賃を設定した。2006年9月の「スカイターン号」廃止に伴い、経路を弘前バスターミナル経由に変更。牡丹平(黒石)羽黒平(浪岡)、青森大野停車を廃止した。

2010年9月23日出発便より、「青森上野号」は『スカイ号』に改称した。

競合他社である、ツアー系事業者のWILLER EXPRESS→MICHINORI EXPRESSやさくら観光は昼行便を運行していないため、昼行便としては唯一無二の存在である。

パンダ号編集

上野駅前〜青森駅前を運行する夜行便。旅行会社主催によるツアーバスに対抗するため低コストな貸切バス車両で運行する。運行開始後90日間の平均乗車人員は40名[1]

2006年7月より東日本フェリーを乗り継いで函館まで連絡する高速バスとフェリーのセット乗車券を新設したが、高速船の運行休止により、2008年10月末をもって廃止。その後、2009年2月1日より東日本フェリーの航路を引き継いだ道南自動車フェリー津軽海峡フェリー)とのセット乗車券として再発売された。

2014年3月1日より、かつてツアーバスとして運行していた「アップル号」が「パンダ号東京新宿線」に改称された。当路線についても本項で記載する。この改称で、青森市内(あおもり健康ランドと青森駅前)の停車が廃止された。

担当営業所編集

スカイ号
  • 弘前営業所
    • 以前は青森営業所が担当していたが、弘前に移管。
パンダ号

運行経路編集

太字は停車停留所

  • 両路線とも佐野SA(下りスカイ号のみ)・那須高原SA国見SA紫波SAで休憩を取る。
  • バスタ新宿 - 東京駅間および弘前BT - 青森・五所川原駅間のみの利用不可。弘前BTでは乗降扱いの前に青森・五所川原乗降客向けのトイレ休憩が行われる。
スカイ号・パンダ号(上野線)
上野駅(正面口東北急行バス上野駅前停留所) - (扇大橋出入口) - (首都高速道路) - (川口JCT) - (東北自動車道) - (大鰐弘前IC) - (国道7号) - 弘前バスターミナル - (国道7号) - (浪岡IC) - (東北自動車道) - (青森中央IC) - 青森駅 - 青森港フェリーターミナル
  • 青森港フェリーターミナルはパンダ号の1往復のみ発着、上野・函館きっぷ利用者のみ乗降可
パンダ号(東京新宿線)
バスタ新宿 - 東京駅鍛冶橋駐車場 - (呉服橋出入口) - (首都高速道路) - (川口JCT) - (東北自動車道) - (大鰐弘前IC) - (国道7号) - 弘前バスターミナル - (国道7号) - (国道339号) - (国道101号) - (国道339号) - 五所川原駅

運行回数編集

スカイ号
  • 1日1往復。
パンダ号
  • 上野線1日2往復、東京新宿線1日1往復。

運賃編集

2016年12月1日から。

  • 冬・春・夏休み以外の月曜日 - 木曜日:大人片道4,000円
  • 冬・春・夏休み明けの月曜日 - 木曜日:5,000円
  • 通常期の土曜日:5,500円
  • 準繁忙期(金曜日・日曜日と冬・春・夏休み期間の月曜日 - 木曜日):6,000円
  • 繁忙期(年末年始ゴールデンウィーク夏休み期間及び3連休の前日など弘南バスが指定する期間):6,500円
  • 超繁忙期(青森ねぶたの開催期間にあたる8月2日 - 7日):7,000円

歴史編集

 
青森上野号
  • 2005年平成17年)
  • 2006年(平成18年)
    • 7月21日 - パンダ号の起終点を青森港フェリーターミナルに変更。パンダ号・フェリーセット乗車券を新設。
    • 9月2日 - スカイターン号の廃止に伴い、青森上野号を弘前バスターミナル経由に変更。牡丹平羽黒平、青森大野停車を廃止。
  • 2007年(平成19年)
    • 9月1日 - 高速船ナッチャンRera就航に伴い、上野・函館きっぷを新設。
    • 12月1日 - パンダ号を1往復増便、1日2往復とする。
  • 2008年(平成20年)
    • 10月1日 - 乗車時に配布していたサービス券を廃止。このサービス券は10枚で、乗車1回が無料となる無料券と交換。
    • 10月31日 - 高速船ナッチャンReraおよびナッチャンWorldの廃止に伴い、この日の運行をもって青森駅前 - 青森港フェリーターミナル間を廃止。あわせて上野・函館きっぷの発売も中止。
    • 11月1日 - この日よりインターネットでの予約(発車オ〜ライネット)が可能になる。
    • 12月1日 - 無料券の使用を廃止。
  • 2009年(平成21年)2月1日 - 青森駅前 - 青森港フェリーターミナル間の運行及び上野・函館きっぷの発売再開。
  • 2010年(平成22年)9月23日 -
    • 「青森上野号」は『スカイ号』へ改称すると共に、片道運賃を値下げ(往復割引運賃設定を廃止・同路線における青森上野号・パンダ号共通回数券の利用ができなくなる)。アベックシニアシート運賃(19,000円。男女ペアで合わせて100歳を超える乗客に限り、2人を合わせて往復乗車のみ1,000円を割り引き)を新たに設定。
    • 「パンダ号」は片道運賃を値下げ(往復割引運賃設定を廃止・青森上野号・パンダ号共通回数券はパンダ号のみの利用に変更)。うち1往復において女性専用車設定を新たに新設。
  • 2014年(平成26年)
    • 1月31日 - この日をもって、回数券(4枚綴り16,000円)の発売を終了[3]。なお、手持ちの回数券については、有効期限内であればそのまま利用できる。また、払い戻しを希望する場合は、残余券の枚数×4000円で払い戻しを行う。
    • 3月1日 - 運賃値上げ[4]及び「パンダ号」ではペア割引の廃止。また、前日に廃止された「アップル号」に代わり「パンダ号東京新宿線」の運行開始[5]。なお、「パンダ号東京新宿線」は、旧「アップル号」と異なり青森市内(あおもり健康ランドと青森駅前)を経由しない。
  • 2015年(平成27年)3月13日 - この日乗車分から、これまでの「通常期」・「繁忙期」運賃に加え、「準繁忙期」運賃が設定される。この「準繁忙期」運賃は、金曜日と日曜日が適用日となる。また、2015年は3月13日から31日の期間も、「準繁忙期」が適用された[6]
  • 2016年(平成28年)
    • 4月4日 - この日乗車分から、『パンダ号 東京新宿線』の新宿地区の乗り場が、『新宿高速バスターミナル』から『バスタ新宿』(新・新宿高速バスターミナル)に変更。降車は5月9日到着まで新宿駅西口。
    • 5月10日 - この日から到着便も『バスタ新宿』に乗り入れ[7]
    • 12月1日 - この日乗車分から、これまでのカレンダー運賃に変更される。

車両編集

  • スカイ号は正座席38名(4名×9列+2名)のトイレ付専用車両を使用。最後列(37番・38番)は業務用(乗務員の休憩スペース)席のため一般には販売されない。
    • スカイ号の窓側の壁にはコンセントがある。但し、携帯の充電など低電力の機器向けと思われる。
  • パンダ号はトイレなしの観光バス仕様の車両(45席)を使用。最前列(1番 - 4番)は業務用(乗務員の仮眠スペース)席のため一般には販売されない。また、最後列の中央席も販売されない[8]
    • ただし、東京新宿線はトイレ付き車両が運用されることがある。

使用車両の比較編集

スカイ号 パンダ号
1台あたりの定員 36名 40名
車内コンセント 窓側座席に設置 なし
車内トイレ あり なし
昼食休憩 あり なし
女性専用車両 なし あり

乗車券編集

  • 乗車31日前より弘南バス各窓口、JTBなど主要旅行会社およびインターネット(発車オ〜ライネット)で予約を受け付ける。
  • 予約後にローソンLoppiファミリーマートFamiポートによる発券が可能。ただし、予約変更や払い戻しは不可。
  • 回数券の発売箇所は、弘南バスの窓口、青森・弘前市内の指定旅行代理店に限られていた。

利用状況編集

青森上野号

(青森 - 上野。2006年8月31日まで)

年度 運行日数 運行便数 年間輸送人員 1日平均人員 1便平均人員
2004(平成16)年度 31 62 1,311 42.3 21.1
2005(平成17)年度 365 728 10,676 29.2 14.7
2006(平成18)年度 153 306 4,543 29.7 14.8

(青森・弘前 - 上野。2006年9月1日より)

年度 運行日数 運行便数 年間輸送人員 1日平均人員 1便平均人員
2006(平成18)年度 212 424 10,813 51.0 25.5
2007(平成19)年度 366 732 18,569 50.7 25.4
パンダ号
年度 運行日数 運行便数 年間輸送人員 1日平均人員 1便平均人員
2005(平成17)年度 90 239 9,567 106.3 40.0
2006(平成18)年度 365 1,082 38,870 106.5 35.9
2007(平成19)年度 366 1,431 47,347 129.4 33.1
2007年度の利用状況についてはこちら (PDF) を参照。

関連項目編集

  • ノクターン号 - 横浜・東京 - 弘前・五所川原
  • ラ・フォーレ号 - 東京 - 青森(2010年3月1日より弘南バスは「津輕号」として運行)
  • えんぶり号 - 青森・野辺地・八戸 - 新宿(弘南バスが運行)
  • ブルースター号 - 渋谷 - 青森(廃止)
  • あけぼの - 上野 - 秋田・弘前・青森 パンダ号と競合する寝台特急列車。但し、2014年3月15日以降、臨時列車化し、多客期のみの運行となっていたが、2015年年始の運行を以って、事実上廃止された。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 国土交通省東北運輸局プレスリリース」による。
  2. ^ 当初は1往復の運行。(東奥日報2005年12月2日付け朝刊23面「弘南バス 片道5千円で上野へ 夜行便「パンダ号」発車」記事より。)
  3. ^ 高速バス「青森~上野線 パンダ号」 運賃改定のお知らせ (PDF) (弘南バス 2014年1月27日)
  4. ^ この値上げに際し、通常・閑散期と繁忙期で異なる運賃が設定された。
  5. ^ アップル号の運行終了とパンダ号の新系統について (PDF) - 弘南バス・2014年1月30日リリース
  6. ^ 高速バスの運賃改定について(パンダ号・スカイ号・津輕号) (PDF) - 弘南バス・2015年2月9日リリース(閲覧2月28日)
  7. ^ 新宿駅の「バスのりば」変更のお知らせ (PDF) - 弘南バス・2016年3月4日リリース
  8. ^ 「のりもの勝席ガイド2011-2012」ISBN 9784863204416 p.196。

参考文献編集

外部リンク編集