メインメニューを開く

ミナルディ・PS04BMinardi PS04B)は、ミナルディ2004年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラカーで、ガブルエル・トレドッツィが設計した。2004年の開幕戦から、2005年第3戦まで実戦投入された。

ミナルディ・コスワース PS04B
2004年アメリカGPで8位入賞をしたバウムガルトナー
2004年アメリカGPで8位入賞をしたバウムガルトナー
カテゴリー F1
コンストラクター ミナルディ
先代 ミナルディ・PS03
後継 ミナルディ・PS05
主要諸元
シャシー カーボンファイバー モノコック.
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド トーションスプリング
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド トーションスプリング
エンジン コスワース CR-3L 2,998 cc (182.9 cu in) 72度 V10. NA ミッドエンジン, 縦置き.
トランスミッション ミナルディ製 6速 縦置き セミAT ミナルディ製 ハイドロリック ディファレンシャル
燃料 エルフ
タイヤ ブリヂストン
主要成績
チーム ミナルディ コスワース
ドライバー イタリアの旗 ジャンマリア・ブルーニ
ハンガリーの旗 ゾルト・バウムガルトナー
オランダの旗 クリスチャン・アルバース
オーストリアの旗 パトリック・フリーザッハー
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 2004年オーストラリアグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
21 0 0 0
テンプレートを表示

目次

PS04B編集

エンジンカバー、フロントウイング翼端板、リヤウイング、インダクションポッドがPS03から変更されている。マシン名から見るとPS04(アロウズ・A23)からの改良型のようだが、実質的にPS03を2004年レギュレーションにあわせたものである。

搭載されるエンジン、CR-3Lは2003年に使用されたCR-3を1レース1エンジンに対応させた耐久力を持たせたエンジン(Long lifeのL)である。ただし、ベースとなっているCR-3は2001年にデビューのため、実質3年落ちのエンジンだった。

2004年シーズン編集

PS03に多少の改良を加えたようなマシンではポイント獲得はとても難しいことだった。しかし、大混戦となった第9戦アメリカGPでミナルディにとって2002年オーストラリアGP以来約2年ぶりのポイントを獲得した。しかし、それ以外のレースではほとんどテールエンド争いに終始し、アメリカGPでの1ポイントの獲得にとどまった。

2005年シーズン編集

開幕戦で、2004年レギュレーションに対応したマシンの状態で出走しようとしたが、最終的に2005年版に改修されて開幕戦を迎えた。エンジン名がCR-3LからCK2004に変わったが2レース1エンジンに対応した以外は基本的に同じエンジンである。PS05が完成するまでのつなぎとして第3戦まで使用された。

スペック編集

シャーシ編集

エンジン編集


F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 ポイント 順位
2004年 ミナルディ コスワース コスワース V10 B AUS
 
MAL
 
BHR
 
SMR
 
ESP
 
MON
 
EUR
 
CAN
 
USA
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
CHN
 
JPN
 
BRA
 
1 10位
ジャンマリア・ブルーニ Ret 14 17 Ret Ret Ret 14 Ret Ret 18 16 17 14 Ret Ret Ret 16 17
ゾルト・バウムガルトナー Ret 16 Ret 15 Ret 9 15 10 8 Ret Ret 16 15 Ret 15 16 Ret 16
2005年 ミナルディF1チーム コスワース V10 B AUS
 
MAL
 
BHR
 
SMR
 
ESP
 
MON
 
EUR
 
CAN
 
USA
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
TUR
 
ITA
 
BEL
 
BRA
 
JPN
 
CHN
 
7* 10位
パトリック・フリーザッハー 17 Ret 12
クリスチャン・アルバース Ret 13 13

*すべてのポイントがPS05による。

2004年
2005年

外部リンク編集