メインメニューを開く

ツルマルボーイ日本競走馬および種牡馬である。2004年安田記念を制した。本馬同様、父母も橋口弘次郎厩舎に所属していた。

ツルマルボーイ
Tsurumaru Boy 20041031P1.jpg
2004年10月31日 東京競馬場
欧字表記 Tsurumaru Boy
香港表記 鶴丸小子
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1998年3月5日(21歳)
抹消日 2005年1月5日
ダンスインザダーク
ツルマルガール
母の父 サッカーボーイ
生国 日本の旗 日本北海道門別町
生産 浜本牧場
馬主 鶴田任男
調教師 橋口弘次郎栗東
競走成績
生涯成績 32戦7勝
獲得賞金 5億8292万4000円
テンプレートを表示

戦績編集

2歳、3歳時編集

2000年の夏、小倉競馬でデビューし勝利。その後は小倉3歳ステークス(当時)など、重賞やオープン特別に出走するが、上位人気に応えられない競馬が続いていた。2001年春、自己条件(500万下条件)に戻って2戦目の矢車賞で2勝目を挙げる。その後は同年の冬まで休養し、復帰後も勝利はなくその年は条件馬として終わる。

4歳時編集

年明け早々の1000万下条件を勝利し、続く飛鳥ステークス(1600万下条件)を3着。格上挑戦となった中京記念で重賞初勝利を飾る。その後、大阪杯5着を経て、メトロポリタンステークス優勝、中京記念と同舞台の金鯱賞ではエアシャカールを差し切り優勝した。GI初挑戦となった宝塚記念ではダンツフレームにクビ差及ばず2着と惜敗。秋は京都大賞典2着のあと、天皇賞(秋)では11着と惨敗を喫する。このあと、蕁麻疹のため翌年まで休養する。

5歳時編集

GI路線の常連となるが、天皇賞(春)は4着、宝塚記念、天皇賞(秋)は連続2着、ジャパンカップは重馬場のなか15着と大敗、有馬記念は4着と、あと一息のところでなかなかGIに手が届かず、もどかしい競馬が続いた。

6歳時編集

緒戦となった大阪杯6着後、天皇賞(春)を回避し安田記念に出走。騎手もそれまでの横山典弘から安藤勝己へと乗り変わる。単勝6番人気であったが差し切り念願のGI初制覇を飾る。その年の有馬記念8着を最後に現役を引退し、種牡馬となる。

種牡馬時代編集

2005年よりダンスインザダーク産駒初の後継種牡馬としてアロースタッドで繋養され、初年度は57頭に種付けを行い、その後32頭が血統登録された。 2008年、初年度産駒が競走馬デビューし、6月24日旭川競馬場で行われた2歳未勝利戦をピエールフラミンゴが制し、産駒が初勝利を挙げた。2006年産の牡馬シャアはオープン入りし、オープン特別競走・オアシスステークスで2着するなど活躍している。しかし産駒のオープン入りはそのシャア一頭で、2006年は19頭、2007年は5頭、2008年は4頭と毎年種付数が減少していたことに加え父ダンスインザダーク自身が種牡馬として健在だったこともあり、2008年の繁殖シーズンをもって種牡馬を引退し、ノーザンホースパークで乗馬になった[1]

主な産駒編集

種牡馬引退後編集

4年間過ごしたアロースタッドを9月24日に退厩し、去勢手術を受けた後、10月1日乗用馬としてノーザンホースパークに入場した。2009年7月28日、乗馬競技デビューに向けて訓練中と報じられた[2]2011年10月に福島県天栄村にあるノーザンファーム天栄に移り、牧場スタッフの乗馬練習用の練習馬となっている[3]

血統表編集

ツルマルボーイ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 サンデーサイレンス系

ダンスインザダーク
1993 鹿毛
父の父
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
父の母
*ダンシングキイ
Dancing Key
1983 鹿毛
Nijinsky Northern Dancer
Flaming Page
Key Partner Key to the Mint
Native Partner

ツルマルガール
1991 栃栗毛
サッカーボーイ
1985 栃栗毛
*ディクタス
Dictus
Sanctus
Doronic
ダイナサッシュ *ノーザンテースト
*ロイヤルサッシュ
母の母
エプソムガール
1978 黒鹿毛
アローエクスプレス *スパニッシュイクスプレス
*ソーダストリーム
ゲシー *ダイハード
ジヤヌワ
母系(F-No.) (FN:6-a) [§ 2]
5代内の近親交配 Northern Dancer 4×5 = 9.375%
出典
  1. ^ [4]
  2. ^ [5]


母は朝日チャレンジカップ、小倉日経オープン、スイートピーステークスの勝ち馬。叔父に中日新聞杯カブトヤマ記念を制したツルマルガイセン。全妹ツルマルシスターは野路菊ステークスの勝ち馬。

脚注編集

  1. ^ ツルマルボーイ種牡馬引退”. スポーツ報知. 2008年9月26日閲覧。
  2. ^ ツルマルボーイ乗馬競技で年内デビューへ”. 日刊スポーツ. 2009年7月28日閲覧。
  3. ^ 東京スポーツ・2011年11月3日付 18面「みちのく調教基地 ノーザンファーム天栄発」
  4. ^ 血統情報:5代血統表|ツルマルボーイ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2015年10月1日閲覧。
  5. ^ 血統情報:5代血統表|ツルマルボーイ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2016年6月30日閲覧。

外部リンク編集