メインメニューを開く

ディアンドル(Dirndl[1])は、日本競走馬。主な勝ち鞍は2019年葵ステークス(重賞)。馬名の由来は「ドイツの女性用民族衣装」で、母母名より連想[2]

ディアンドル
Dirndl Kitakyusyu Kinen 2019.jpg
2019年テレビ西日本賞北九州記念
欧字表記 Dirndl[1]
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 2016年2月14日(3歳)
ルーラーシップ
グリューネワルト
母の父 スペシャルウィーク
生国 日本の旗 日本北海道安平町
生産 ノーザンファーム
馬主 (有)シルクレーシング
調教師 奥村豊栗東
競走成績
生涯成績 8戦5勝
獲得賞金 1億1522万8000円
(2019年8月18日現在)
 
勝ち鞍
重賞 葵ステークス 2019年
Listed マーガレットS 2019年
テンプレートを表示

戦績編集

デビュー前編集

2016年2月14日、北海道安平町ノーザンファームで誕生。一口馬主法人「シルクホースクラブ」から総額1,600万円(1口3.2万円×500口)で募集された[2]。ノーザンファームでの育成開始当初は、村上隆博厩舎長が「早い時期にデビューできそうな雰囲気は無かったですし、何よりもスプリント向きと言えるスピード能力があるようには感じられませんでした」と述べるように目立たない存在であったが、調教を重ねるにつれて筋肉質の馬体となり、気性面の前向きさも発揮されてスピードに乗った走りを見せるようになった[3]

2歳(2018年)編集

栗東奥村豊厩舎に入厩。7月15日の新馬戦中京芝1200m)でデビューし、ファンタジストにタイム差なしの2着となる。中1週で臨んだ未勝利戦を勝ち上がると、秋からはカンナステークス、クリスマスローズステークスと1200mのオープン特別を連勝して通算4戦3勝とした[3]

3歳(2019年)編集

2月23日のマーガレットステークスから始動し、単勝1.2倍の支持に応えて快勝する。初の重賞挑戦となった葵ステークスではデビューからの6戦で6人目の騎手となる藤岡佑介とのコンビで1番人気に支持され、直線で早めに抜け出すとアスターペガサスの追撃をアタマ差退けて優勝し、破竹の5連勝での重賞初制覇を飾った。管理する奥村豊調教師にとっても開業5年目で初の重賞制覇となった[3]

古馬との初対戦となった北九州記念では、好位からレースを進め、ダイメイプリンセスには差し切られたが2着を確保し、デビューからの連続連対を7に伸ばした[4]。次戦のスプリンターズステークスでも4番人気の支持を集めたが、見せ場を作れないまま13着と初の大敗を喫した[5]

競走成績編集

以下の内容は、netkeiba.comの情報[6]に基づく。

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上がり3F)
着差 騎手 斤量
[kg]
1着馬(2着馬) 馬体重
[kg]
2018.10.28 中京 2歳新馬 芝1200m(良) 12 2 2 002.20(1人) 02着 R1:09.6(33.9) -0.0 0福永祐一 54 ファンタジスト 478
0000.07.28 小倉 2歳未勝利 芝1200m(良) 8 2 2 001.20(1人) 01着 R1:08.7(35.0) -0.2 0北村友一 54 (ソンリッサ) 474
0000.09.28 中山 カンナS OP 芝1200m(稍) 9 4 4 002.90(2人) 01着 R1:09.5(35.1) -0.4 0J.モレイラ 54 (ホウオウカトリーヌ) 488
0000.12.22 中山 クリスマスローズS OP 芝1200m(良) 14 8 14 001.70(1人) 01着 R1.08.5(34.9) -0.3 0O.マーフィー 54 (ルマーカーブル) 492
2019.02.23 阪神 マーガレットS L 芝1200m(良) 6 5 5 001.20(1人) 01着 R1:09.1(34.2) -0.3 0C.ルメール 55 (イッツクール) 490
0000.05.25 京都 葵S 重賞 芝1200m(良) 16 3 6 002.30(1人) 01着 R1:08.0(33.7) -0.0 0藤岡佑介 55 アスターペガサス 490
0000.08.18 小倉 北九州記念 GIII 芝1200m(良) 18 3 5 005.50(3人) 02着 R1:08.4(35.2) -0.2 0北村友一 52 ダイメイプリンセス 486
0000.09.29 中山 スプリンターズS GI 芝1200m(良) 16 5 9 008.90(4人) 13着 R1:08.6(35.1) -1.5 0藤岡佑介 53 タワーオブロンドン 488
  • 競走成績は2019年9月29日現在

血統表編集

ディアンドル血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 キングマンボ系
[§ 2]

ルーラーシップ
2007 鹿毛
父の父
キングカメハメハ
2001 鹿毛
Kingmambo Mr.Prospector
Miesque
*マンファス *ラストタイクーン
Pilot Bird
父の母
エアグルーヴ
1993 鹿毛
*トニービン *カンパラ
Severn Bridge
ダイナカール *ノーザンテースト
シャダイフェザー

グリューネワルト
2007 青鹿毛
スペシャルウィーク
1995 黒鹿毛
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
キャンペンガール マルゼンスキー
レディーシラオキ
母の母
シェーンクライト
1999 鹿毛
*エリシオ Fairy King
Helice
*カロギャル Caro
Delso
母系(F-No.) 4号族(FN:4-n) [§ 3]
5代内の近親交配 Northern Dancer5×5=6.25% [§ 4]
出典
  1. ^ [7]
  2. ^ [8]
  3. ^ [7]
  4. ^ [7][8]

出典編集

  1. ^ a b ディアンドル”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年9月9日閲覧。
  2. ^ a b c ディアンドルの新馬データ”. netkeiba.com. 2019年6月27日閲覧。
  3. ^ a b c 2019年05月25日 葵S(重賞)”. 競走馬のふるさと案内所. 2019年6月27日閲覧。
  4. ^ 競馬 - スプリンターズステークス”. スポーツナビ. 2019年9月28日閲覧。
  5. ^ 【スプリンターズS】4番人気ディアンドルは見せ場なしの13着 藤岡佑「手応えに余裕がなかった」”. サンケイスポーツ (2019年9月29日). 2019年9月29日閲覧。
  6. ^ ディアンドル”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2019年6月27日閲覧。
  7. ^ a b c ディアンドル 血統情報:5代血統表”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年9月9日閲覧。
  8. ^ a b ディアンドルの5代血統表”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年9月9日閲覧。

外部リンク編集