パンサラッサ (競走馬)

日本の競走馬

パンサラッサ(欧字名:Panthalassa :本初之海2017年3月1日 - )は、日本競走馬[1]。主な勝ち鞍は2022年ドバイターフ2023年サウジカップ

パンサラッサ
2022年天皇賞(秋)
欧字表記 Panthalassa[1]
香港表記 本初之海[2]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 鹿毛[1]
生誕 2017年3月1日(7歳)[1]
抹消日 2024年1月10日
ロードカナロア[1]
ミスペンバリー[1]
母の父 Montjeu[1]
生国 日本の旗 日本北海道新ひだか町[3]
生産者 木村秀則[1]
馬主 広尾レース(株)[1]
調教師 矢作芳人栗東[1]
調教助手 岡勇策[4]
厩務員 池田康宏[5]
競走成績
生涯成績 28戦7勝[1]
中央:24戦5勝
海外:4戦2勝
獲得賞金 18億4466万3200円[6]
中央:3億170万円[1]
海外:1195万米ドル
UAE)195万米ドル[7]
SAU)1000万米ドル[8]
WBRR I120 / 2022年[9]
M120 / 2023年[10]
勝ち鞍
GI ドバイターフ 2022年
GI サウジカップ 2023年
GII 中山記念 2022年
GIII 福島記念 2021年
Listed オクトーバーS 2021年
テンプレートを表示

馬名の意味は、かつての地球に存在した唯一の海(パンサラッサ)。父名(海の神)より連想[6]。日本調教馬として初めて世界最高賞金を誇るサウジカップに優勝し、海外芝ダート両方のGIレース優勝馬となった。

戦績

編集

2歳(2019年)

編集

9月21日、阪神競馬場の芝1600mコースで行われた新馬戦に鞍上坂井瑠星で出走しデビューしロータスランドの6着に敗れる。連闘で挑んだ9月28日の阪神芝2000m未勝利戦では一旦先頭に立ったがアカイイトに交わされ2着。続く3戦目10月12日の京都芝2000m未勝利戦では不良馬場のコンディションであったが、道中2番手から4コーナーで先頭に立つと直線では後続を大きく引き離し、2着馬に大差を付けて初勝利を飾った。その後エリカ賞6着を挟み、12月28日のGIホープフルステークスに12番人気で重賞初挑戦するも同厩コントレイルの6着に敗れ、2歳シーズンを終えた。

3歳(2020年)

編集

3歳シーズンに入り、1月26日の若駒ステークスから始動するも4着。その後はGII弥生賞ディープインパクト記念に出走するが9着に敗れた。6月20日の阪神芝2000m3歳上1勝クラスで2勝目を挙げると、中1週で挑んだGIIIラジオNIKKEI賞ではバビットの2着に入った。夏が明け、9月27日には距離延長でGII神戸新聞杯に出走するが、2冠馬コントレイルの12着に敗れる。その後はオクトーバーステークス、アンドロメダステークスとリステッド競走を連戦するも、それぞれ2着、4着と勝ち切れず、12月12日には初ダートを選択し師走ステークスに出走。1番人気に推されたものの、11着に惨敗した。

4歳(2021年)

編集

2月7日、芝に戻ってOP関門橋ステークスに出走、ワールドウインズのクビ差2着となる。その後はGII中山記念に出走するも出遅れが響き7着、GII読売マイラーズカップでは左前肢跛行により競走除外を受けた[11]

10月17日、Lオクトーバーステークス (東京・芝2000m) で鞍上吉田豊が積極的にハナを奪うと後続を引き離す大逃げを放ち、直線差を詰められたものの2着馬をアタマ差押さえ、1年4カ月ぶりの勝利を挙げた。この勝利にて新たに大逃げ戦法に活路を見出す事となった。11月14日、GIII福島記念 (福島・芝2000m) に5番人気で鞍上菱田裕二で出走。1000メートルを57秒3のハイペースで後続を突き放し最後の直線も先頭を譲らず4馬身差の逃げ切り勝ちで2連勝、重賞初勝利を挙げた。なお、この日キャリア2戦目の阪神芝2000m未勝利戦で自身を下したアカイイトもGIエリザベス女王杯で勝利し重賞初勝利を挙げている。

5歳(2022年)

編集

5歳になり初戦はGII中山記念に出走。2番人気に推されたレースでは、抜群のスタートから難なく主導権を取り、1000m57秒6のハイラップで大逃げ。さらに後続との差を広げていき、そのまま堂々押し切って重賞2勝目を飾った[12]

次走として3月26日のGIドバイターフに出走。抜群のスタートから難なく先頭に立ち、1馬身のリードを保ったまま最終直線に突入。外から追い縋る前年覇者のロードノースと追い比べとなり、さらに外からヴァンドギャルドも差し切り態勢に入って三頭並んでゴール前を通過。長い写真判定の末、最内パンサラッサと真ん中のロードノースが1着同着となり、GI初制覇を果たした[13]。馬主の広尾レースは前身のサウスニアレースホース時代を通じてGI級競走初優勝。鞍上の吉田豊にとっても2010年のマイルチャンピオンシップ南部杯オーロマイスター以来の優勝、海外GIはともに初制覇となった。レース後、矢作師はロードノースの次走がプリンスオブウェールズステークスの予定であることを踏まえて同レースへの参戦も示唆した[14]

しかしプリンスオブウェールズステークスには向かわず、GI凱旋門賞に予備登録を行い、6月26日に行われたGI宝塚記念へ出走。スタートで挟まれ後手を踏み、ハナを奪うために脚を使った事が影響したのか、直線早々にタイトルホルダーにかわされ8着に敗れた。この結果、凱旋門賞は断念し8月21日に行われたGII札幌記念に出走。GI3勝を挙げこのレース連覇を狙うソダシ金鯱賞でレコード勝ちしたジャックドールなどが参戦しレースを迎えたが、スタートで行き脚がつかず促してハナを奪うも大逃げとはいかず、道中は他馬を引きつけたまま進んだが、直線でジャックドールに捉えられ食い下がるも2着に敗れた。

10月26日、矢作師は12月11日に沙田競馬場で行われるGI香港カップの招待を受諾し、天皇賞後に出走する予定であることを明かした[15]

秋初戦として東京競馬場で行われたGI天皇賞(秋)に出走。2枠3番からのスタートとなり、7番人気で迎えたレースではスタート直後に先頭に立つと、1000メートル通過が57秒4(1998年第118回〉のサイレンススズカと同タイム[16])のハイペースを演出。直線に向いても後続は15~20馬身ほど後方で、このまま逃げ切るかという局面までたどりついたが、ゴール寸前で上がり3ハロン32秒7という豪脚を見せ迫ってきた1番人気イクイノックスに差し切られ1馬身差の2着に敗れた。

香港カップに予定通り出走。レースでは少し出遅れるも逃げの手を打ったが10着に敗れた。

その後、陣営からサウジカップへ予備登録を行ったことが発表された。

6歳(2023年)

編集

サウジカップへの招待を受諾し[17]、予定通りサウジカップへ出走。初のダートGIレース出走となったが、最内枠から好スタートを切りそのまま先頭に立ち前半800mを45秒台というハイペースを演出、道中2番手以下を引き付けつつ直線に向いた。ラスト1ハロンではさすがに一杯となったものの持ち前の粘り強さを発揮し、最後は後方大外から追い込んできたカントリーグラマーを3/4馬身差抑えて1着でゴール、日本馬史上初のサウジカップ制覇を達成し、世界最高1着賞金となる1000万米ドル(JRA発表による換算レートで13億1865万円)を獲得した[18][19][20][21]。なお、この勝利によって海外における芝とダート両方の国際GIレースを制した初の日本調教馬となった[注 1]

サウジカップ勝利により、陣営はGIドバイワールドカップへの出走を選択。レースは大外枠からの出走に加え最内枠の地元馬リモースがハナを譲らなかったため、ハイペースを競り合う形のまま息を入れる事が出来ず、4コーナーで後続にのみ込まれ10着に敗れた。

次走を8月2日のGIサセックスステークスに出走予定と発表され、8月23日のGI英インターナショナルステークスへの転戦も検討されていたが、繋靭帯炎を発症したことによりヨーロッパ遠征は断念となった。

そして、11月26日に行われた第43回ジャパンカップで8ヶ月ぶりに実戦復帰。スタートからハナに立ち、前半1000m通過57秒6の大逃げで最大20馬身もの差を広げたが、直線で失速し12着と大敗した[22]。レース翌日の11月27日、所有する広尾サラブレッド倶楽部により同競走がラストランとなることが発表された[23]。矢作調教師は「レース後も問題はありませんが、最初から年内で引退と考えていたし、いい引き際なのかなと。欲を言えば、きりがないですからね。(パンサラッサには)本当に勉強させられました。馬というのは分からない。コントレイル(2020年クラシック3冠制覇などG1・5勝)と同じ世代で素質は全く違うと思っていたのに、ここまでの馬になるとは想像もしていなかったです」と話している[24]

12月23日に中山競馬場で引退式を行う予定であったが感冒により延期となった[25]。2024年1月8日に中山競馬場で全レース終了後に引退式を行い、競馬ソングライターのブルーノ・ユウキによる『パンサラッサの歌』披露、吉田騎手騎乗による記念撮影、退場間際にパンサラッサが立ち上がるなど4000人のファンを沸かせた[26]。同月10日付でJRAの競走馬登録を抹消された[27][28]。同年より北海道新ひだか町のアロースタッド種牡馬として供用される[29]。初年度の種付け料は300万円[30]。また、同年よりオーストラリアのユーロンスタッドでもシャトル種牡馬として供用される予定[31][32]

 
引退式にて記念撮影に臨むパンサラッサほか関係者達。ゼッケンは日本馬初制覇となったサウジカップのものを着用。

競走成績

編集

以下の内容は、JBISサーチ[33]、netkeiba.com[34]香港ジョッキークラブ[35]、サカブジョッキークラブ[36]、Racing Post[37]およびエミレーツ競馬協会[38]およびTotal Performance Data[39]の情報に基づく。

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量
[kg]
1着馬(2着馬) 馬体重
[kg]
2019.09.21 阪神 2歳新馬 芝1600m(良) 15 7 13 007.00(4人) 06着 R1:38.0(34.4) -0.8 0坂井瑠星 53 ロータスランド 458
0000.09.28 阪神 2歳未勝利 芝2000m(良) 7 1 1 016.40(4人) 02着 R2:02.6(34.7) -0.2 0坂井瑠星 53 アカイイト 458
0000.10.12 京都 2歳未勝利 芝2000m(不) 12 6 8 005.40(2人) 01着 R2:08.4(40.3) -2.5 0坂井瑠星 54 (サトノヴィーナス) 456
0000.12.07 阪神 エリカ賞 1勝 芝2000m(良) 11 7 8 013.20(6人) 06着 02:01.2(35.0) -0.6 0池添謙一 55 ヒュッゲ 458
0000.12.28 中山 ホープフルS GI 芝2000m(良) 13 6 9 173.4(12人) 06着 R2:02.7(37.7) -1.3 0坂井瑠星 55 コントレイル 456
2020.01.26 京都 若駒S 芝2000m(良) 6 6 6 008.20(5人) 04着 R2:02.9(37.3) -0.4 0坂井瑠星 56 ケヴィン 452
0000.03.08 中山 弥生賞ディープ記念 GII 芝2000m(重) 11 3 3 016.30(5人) 09着 R2:04.1(37.5) -1.2 0坂井瑠星 56 サトノフラッグ 452
0000.06.20 阪神 3歳上1勝クラス 芝2000m(良) 12 6 8 006.20(3人) 01着 R2:00.0(35.8) -0.4 0松山弘平 54 (ディープキング) 462
0000.07.05 福島 ラジオNIKKEI賞 GIII 芝1800m(稍) 12 8 11 015.80(7人) 02着 R1:48.1(36.4) -0.8 0三浦皇成 54 バビット 458
0000.09.27 中京 神戸新聞杯 GII 芝2200m(良) 18 5 10 067.9(10人) 12着 R2:13.9(37.6) -1.4 0坂井瑠星 56 コントレイル 474
0000.10.18 東京 オクトーバーS L 芝2000m(稍) 16 7 14 006.90(4人) 02着 R1:59.6(35.8) -0.1 0藤岡佑介 54 テリトーリアル 464
0000.11.21 阪神 アンドロメダS L 芝2000m(良) 15 5 8 006.40(3人) 04着 R1:59.3(35.9) -0.5 0坂井瑠星 53 アドマイヤビルゴ 474
0000.12.12 中山 師走S L ダ1800m(良) 16 4 8 004.60(1人) 11着 R1:53.6(39.4) -1.2 0戸崎圭太 54 タイキフェルヴール 470
2021.02.07 小倉 関門橋S OP 芝2000m(良) 11 7 8 004.00(3人) 02着 R2:00.5(36.8) -0.1 0菱田裕二 55 ワールドウインズ 468
0000.02.28 中山 中山記念 GII 芝1800m(良) 14 7 12 027.40(9人) 07着 R1:45.7(34.7) -0.8 0三浦皇成 55 ヒシイグアス 470
0000.04.25 阪神 マイラーズC GII 芝1600m(良) 15 2 3 除外 0坂井瑠星 56 ケイデンスコール 476
0000.10.17 東京 オクトーバーS L 芝2000m(稍) 18 1 2 010.90(5人) 01着 R2:00.0(35.9) -0.0 0吉田豊 56 (プレシャスブルー) 476
0000.11.14 福島 福島記念 GIII 芝2000m(良) 16 4 8 009.00(5人) 01着 R1:59.2(37.6) -0.6 0菱田裕二 56 (ヒュミドール) 474
0000.12.26 中山 有馬記念 GI 芝2500m(良) 16 1 2 045.50(8人) 13着 R2:34.4(39.1) -2.4 0菱田裕二 57 エフフォーリア 480
2022.02.27 中山 中山記念 GII 芝1800m(良) 16 3 5 004.40(2人) 01着 R1:46.4(37.3) -0.4 0吉田豊 56 カラテ 482
0000.03.26 メイダン ドバイターフ G1 芝1800m(Gd)[注 2] 14 12 11 004.50(2人) 01着 R1:45.77 同着 0吉田豊 57 Lord North 計不
0000.06.26 阪神 宝塚記念 GI 芝2200m(良) 17 6 11 010.20(6人) 08着 R2:10.8(37.4) -1.1 0吉田豊 58 タイトルホルダー 476
0000.08.21 札幌 札幌記念 GII 芝2000m(良) 16 2 3 003.30(2人) 02着 R2:01.2(37.7) -0.0 0吉田豊 57 ジャックドール 470
0000.10.30 東京 天皇賞(秋) GI 芝2000m(良) 15 2 3 022.80(7人) 02着 R1:57.6(36.8) -0.1 0吉田豊 58 イクイノックス 472
0000.12.11 沙田 香港C G1 芝2000m(Gd)[注 3] 12 8 1 005.80(3人) 10着 R2:01.98(37.79) -2.28 0吉田豊 57[注 4] Romantic Warrior 479[注 5]
2023.02.25 KAA サウジC G1 ダ1800m(Fs)[注 6] 13 1 7 017.00(6人) 01着 R1:50.80 -0.15 0吉田豊 57 Country Grammer 計不
0000.03.25 メイダン ドバイWC G1 ダ2000m(Fs)[注 7] 15 15 9 005.70(2人) 10着 R2:07.20(42.43) -3.95 0吉田豊 57 Ushba Tesoro 計不
0000.11.26 東京 ジャパンC GI 芝2400m(良) 18 4 8 046.40(7人) 12着 R2:24.0(38.7) -2.2 0吉田豊 58 イクイノックス 480
  • 海外の競走の「枠番」欄にはゲート番を記載
  • 香港のオッズ・人気は香港ジョッキークラブのもの(日本式のオッズ表記とした)
  • サウジアラビアのオッズ・人気はRacing Postのもの(日本式のオッズ表記とした)

血統表

編集
パンサラッサ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 キングマンボ系/ミスタープロスペクター系
[§ 2]

ロードカナロア
2008 鹿毛
父の父
キングカメハメハ
2001 鹿毛
Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
*マンファス *ラストタイクーン
Pilot Bird
父の母
レディブラッサム
1996 鹿毛
Storm Cat Storm Bird
Terlingua
*サラトガデュー Cormorant
Super Luna

*ミスペンバリー
Miss Pemberley
2002 鹿毛
Montjeu
1996 鹿毛
Sadler's Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
Floripedes Top Ville
Toute Cy
母の母
Stitching
1992 黒毛
*ハイエステイト Shirley Heights
Regal Beauty
Itching Thatching
Alligatrix
母系(F-No.) (FN:9-f) [§ 3]
5代内の近親交配 Northern Dancer 5×4、Special、Thatch 5×5 [§ 4]
出典
  1. ^ [47]
  2. ^ [48][49]
  3. ^ [47]
  4. ^ [47][49]


脚注

編集

注釈

編集
  1. ^ 芝レースにおける海外G1の1着馬は多数いるが、ダートに限ると2021年のBCディスタフマルシュロレーヌが日本調教馬としての初のケースだった。なお、2011年のドバイワールドカップを制したヴィクトワールピサは当時のメイダン競馬場がダートではなくオールウェザーであったため事例からは除かれる。
  2. ^ 馬場状態の発表は「Good」[40]。これをJRAは「良」と発表した[41]馬場状態#芝馬場参照。
  3. ^ 馬場状態の発表は「Good」[42]。これをJRAは「良」と発表した[43]馬場状態#芝馬場参照。
  4. ^ 斤量は126ポンド[42]、メートル法に換算すると約57.15キログラム(小数点第3位以下を四捨五入)。これをJRAは「57.0kg」と発表した[43]
  5. ^ 馬体重は1057ポンド[42]、メートル法に換算すると約479.45キログラム(小数点第3位以下を四捨五入)。これをJRAは「479kg」と発表した[43]
  6. ^ 馬場状態の発表は「Fast」[44]。これをJRAは「良」と発表した。馬場状態#ダートコース参照。
  7. ^ 馬場状態の発表は「Fast」[45]。これをJRAは「良」と発表した[46]馬場状態#ダートコース参照。

出典

編集
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n パンサラッサ”. JBISサーチ. 2023年3月26日閲覧。
  2. ^ 本初之海 - 香港賽馬會”. 香港ジョッキークラブ. 2022年12月11日閲覧。
  3. ^ パンサラッサ”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2022年12月11日閲覧。
  4. ^ パンサラッサの引退式を中山競馬場で開催”. 日本中央競馬会 (2023年12月8日). 2023年12月16日閲覧。
  5. ^ 【担当記者こぼれ話】パンサラッサの池田厩務員は父の背を追った正直な人」『日刊スポーツ』、2022年3月1日。2023年3月4日閲覧。
  6. ^ a b “競走馬情報 - パンサラッサ”. 日本中央競馬会. https://www.jra.go.jp/JRADB/accessU.html?CNAME=pw01dud002017106711/9B 2023年3月26日閲覧。 
  7. ^ ロードノースとパンサラッサ、接戦の末にドバイターフ同着優勝(ドバイ)[その他]”. 公益財団法人 ジャパン・スタッドブック・インターナショナル. 2022年4月5日閲覧。
  8. ^ 2023 サウジカップ開催施行競走 登録要綱”. 2023年3月26日閲覧。
  9. ^ The LONGINES World's Best Racehorse Rankings For 3yos and upwards which raced in 2022”. 国際競馬統括機関連盟. 2023年1月18日閲覧。
  10. ^ The LONGINES World's Best Racehorse Rankings For 3yos and upwards which raced in 2023”. 国際競馬統括機関連盟. 2024年1月24日閲覧。
  11. ^ “【マイラーズC】競走除外のパンサラッサは左前肢跛行”. netkeiba.com (ネットドリーマーズ). (2021年4月25日). https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=187042 2021年11月23日閲覧。 
  12. ^ 【中山記念】パンサラッサ 2馬身半差大逃げV 矢作師「ドバイも考えたい」」『デイリースポーツ』、2022年2月28日。2022年3月1日閲覧。
  13. ^ 【ドバイターフ】3頭の大接戦 パンサラッサが昨年覇者ロードノースと同着V、ヴァンドギャルド3着 - Sponichi Annex 2022年3月27日
  14. ^ 【ドバイターフ】同着Vパンサラッサに欧州遠征プラン浮上!矢作師「ロードノースが行くなら」”. JRA-VAN ver.World. 2022年3月29日閲覧。
  15. ^ 【天皇賞】パンサラッサ 秋の盾から香港カップの転戦を予定」『馬トク』。2022年10月31日閲覧。
  16. ^ 【天皇賞・秋】大逃走パンサラッサにネットも大興奮「なんかドラマ」スズカと同じ57秒4で1000m通過”. スポニチ Sponichi Annex. 2022年10月31日閲覧。
  17. ^ パンサラッサがサウジC参戦へ、連覇かかるドバイターフへの転戦有力 矢作師が構想明かす」『日刊スポーツ』。2023年2月4日閲覧。
  18. ^ 【サウジカップ】パンサラッサが日本勢初V!! 13億円超のビッグマネー手に入れた!!”. スポニチ Sponichi Annex. 2023年2月25日閲覧。
  19. ^ 【サウジC】パンサラッサが快挙V 世界最高の1着賞金13億円ゲット - 海外」『日刊スポーツ』。2023年2月25日閲覧。
  20. ^ 【サウジC】日本の韋駄天パンサラッサが歴史的勝利!世界最高賞金約13億円をゲット!」『デイリースポーツ』、2023年2月26日。2023年2月26日閲覧。
  21. ^ 【サウジC結果】パンサラッサが逃げ切り海外芝ダ両G1制覇達成!世界最高賞金1000万ドルを獲得」『netkeiba.com』、2023年2月26日。2023年2月26日閲覧。
  22. ^ 【ジャパンC】12着パンサラッサ引退へ 矢作師「当初からこれで終わりにしようと」サンケイスポーツ、2023年11月26日配信・閲覧
  23. ^ パンサラッサはジャパンCをラストランとする方向で調整 ホームページ上で発表東スポ競馬(東京スポーツ)、2023年11月27日配信・閲覧
  24. ^ 希代の逃げ馬パンサラッサ、引退…種牡馬入り ドバイ&サウジでG1制覇 矢作師「心に残る馬」」『スポーツニッポン』、2023年11月28日。2023年11月28日閲覧。
  25. ^ パンサラッサ引退式の延期【中山競馬場】日本中央競馬会、2023年12月20日配信・閲覧
  26. ^ 個性派パンサラッサ引退式 矢作師「イクイノックスの子どもを負かしてほしい」4000人のファン沸く」『デイリースポーツ』、2024年1月8日。2024年1月8日閲覧。
  27. ^ パンサラッサの競走馬登録抹消 - JRAニュース(日本中央競馬会)2024年1月10日
  28. ^ パンサラッサの競走馬登録が抹消される アロースタッドで種牡馬に - 競馬実況web(ラジオNIKKEI)2024年1月10日
  29. ^ パンサラッサが引退、アロースタッドで種牡馬入り 引退式も実施予定」『サンケイスポーツ』、2023年11月28日。2023年11月28日閲覧。
  30. ^ パンサラッサの種付料は300万円 海外G1を2勝のロードカナロア産駒”. netkeiba.com (2023年12月7日). 2023年12月9日閲覧。
  31. ^ 種牡馬入りするパンサラッサは南半球とシャトル供用へサンケイスポーツ、2023年12月1日配信・閲覧
  32. ^ 南半球オーストラリアでも期待大…パンサラッサの初年度種付け料をユーロンスタッドが発表日刊スポーツ、2024年4月18日配信・閲覧
  33. ^ "競走成績:全競走成績|パンサラッサ". JBISサーチ. 公益財団法人日本軽種馬協会. 2023年3月26日閲覧
  34. ^ "パンサラッサの競走成績". netkeiba.com. ネットドリーマーズ. 2023年3月26日閲覧
  35. ^ PANTHALASSA - The Hong Kong Jockey Club”. 香港ジョッキークラブ. 2023年2月26日閲覧。
  36. ^ Sakab Jockey Club - Race Result”. サカブジョッキークラブ. 2023年2月26日閲覧。
  37. ^ Panthalassa | Race Record & Form | Racing Post”. www.racingpost.com. 2023年2月26日閲覧。
  38. ^ Emirates Racing Authority”. emiratesracing.com. エミレーツ競馬協会. 2023年3月26日閲覧。
  39. ^ Total Performance Data”. 2023年4月7日閲覧。
  40. ^ Race Results - Dubai Turf Sponsored By DP World”. emiratesracing.com. エミレーツ競馬協会. 2022年12月11日閲覧。
  41. ^ レース結果:2022年ドバイターフ 海外競馬発売 JRA”. 日本中央競馬会. 2022年12月11日閲覧。
  42. ^ a b c Race Meeting:11/12/2022 Sha Tin RACE8”. 香港ジョッキークラブ. 2022年12月11日閲覧。
  43. ^ a b c 2022香港カップ - レース結果”. 日本中央競馬会. 2022年12月11日閲覧。
  44. ^ Full Result 5:35 Riyadh (KSA) | 25 February 2022”. racingpost.com. レーシング・ポスト. 2023年2月26日閲覧。
  45. ^ Results|Emirates Racing Authority”. emiratesracing.com. エミレーツ競馬協会. 2023年3月26日閲覧。
  46. ^ レース結果:2023年ドバイワールドカップ 海外競馬発売 JRA”. 日本中央競馬会. 2023年3月26日閲覧。
  47. ^ a b c 血統情報:5代血統表|パンサラッサ”. JBISサーチ. 日本軽種馬協会. 2021年12月15日閲覧。
  48. ^ パンサラッサ - 競走馬詳細 - UMATOKU”. 馬トク. 報知新聞社. 2024年4月19日閲覧。
  49. ^ a b パンサラッサの血統表”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2021年12月15日閲覧。
  50. ^ ハイエステイト(IRE)”. JBISサーチ. 2022年3月29日閲覧。
  51. ^ 繁殖牝馬情報:牝系情報|Alligatrix(USA)”. JBISサーチ. 2022年3月29日閲覧。

外部リンク

編集