トムとジェリー (2021年の映画)

2021年のアメリカの実写アニメーション映画

トムとジェリー』(Tom and Jerry)は、2021年アメリカ実写アニメーションスラップスティック・コメディ映画である。

トムとジェリー
Tom and Jerry
Tom and Jerry logo (2021).png
監督 ティム・ストーリー
脚本 ケビン・コステロ
原作 ウィリアム・ハンナ
ジョセフ・バーベラ
トムとジェリー
製作 クリス・デファリア英語版
製作総指揮 ティム・ストーリー
出演者 クロエ・グレース・モレッツ
マイケル・ペーニャ
コリン・ジョスト英語版
ロブ・ディレイニー
ケン・チョン
音楽 クリストファー・レナーツ[1]
主題歌 瑛人「ピース オブ ケーク」
(日本語吹替版[2]
撮影 アラン・スチュワート
編集 ピーター・S・エリオット
製作会社 ワーナー・アニメーション・グループ
ザ・ストーリー・ カンパニー
ターナー・エンターテイメント英語版
ハンナ・バーベラ・プロダクション
配給 ワーナー・ブラザース・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2021年2月26日[3]
日本の旗 2021年3月19日[4]
上映時間 101分[5]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $79,000,000[6]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $46,041,123[5]
日本の旗 7億9200万円[7]
世界の旗 $132,841,123[5]
テンプレートを表示

概要編集

ウィリアム・ハンナジョセフ・バーベラが制作した同名のカートゥーンのキャラクターと劇場用短編アニメをベースに、ワーナー・アニメーション・グループが制作し、ワーナー・ブラザースが配給した。 1992年に公開された『トムとジェリーの大冒険』に続く、2作目の劇場用映画。ティム・ストーリーが監督を務め、ケヴィン・コステロが脚本を務める。実写の出演はクロエ・グレース・モレッツマイケル・ペーニャらで、声の出演はニッキー・ジャムボビー・カンナヴェイルリル・レル・ハウリーらが務め、トムとジェリーの声は、ウィリアム・ハンナメル・ブランクジューン・フォーレイのアーカイブ音源とともに、フランク・ウェルカー、カイジ・タング、アンドレ・ソグリウゾが担当した。

米国では2021年2月26日にワーナー・ブラザースから劇場公開され、同時にHBO Maxでの1か月間の同時配信公開も行われた。日本では3月19日から劇場公開された。

配信時のタイトルは「映画 トムとジェリー」。

ストーリー編集

舞台は、アメリカニューヨーク州ニューヨークキーボードを持ったネコのトムは、列車に乗ってマンハッタンを目指している。同じ頃、ネズミのジェリーもマンハッタンで物件を探していた。不動産に詳しいネズミに案内された物件が気に入らず、自力で物件を探そうとする。その途中で、ジェリーはセントラルパークでトムを見かける。トムは丸い黒メガネをかけて、キーボードを演奏していた。「驚異のトム」という看板を掲げ、観客はトムが盲目だと思い込み、芸達者だということで小銭を投げていた。トムを見かけたジェリーは、キーボードの上でトムをからかい、トムの演奏に合わせて踊り始めた。ジェリーの踊りに注目が集まり、トムよりも小銭を集める。ジェリーのほうが小銭をたくさん稼いでいることに腹を立てたトムは、ジェリーと追いかけっこを始める。丸い黒メガネが飛んでいき、客は騙(だま)されたと怒り、自分が出した小銭を回収して去っていく。追いかけっこをしていたジェリーは馬車に乗って去り、トムのキーボードは壊れてしまう。キーボードを壊されて腹を立てたトムは、セントラルパークを走ってジェリーを追う。その騒動に巻き込まれ、自転車に乗っていた女性ケイラ・フォレスターが転ぶ。ケイラは回収した洗濯物の下着を、盛大にぶちまけてしまう。文句を言おうとしたケイラだが、目の前でトムが車に轢(ひ)かれて潰れていたため絶句する。ケイラはバイト中だったが、転げて下着をばらまいたことで、仕事先の評判を落として4週間の謹慎を言い渡され、口論の末にクビを言い渡される。仕事がなくなったケイラは、途方に暮れる。

追いかけっこのあと、ジェリーはロイヤル・ゲート・ホテルを見つけ、いい場所だと入り込む。ここに住もうと決めたジェリーは、ホテルの奥に入り込み、通風口に居場所を確保する。トムはジェリーを追いかけて入ろうとするが、ホテルのドアマンに追い払われ、一歩も足を踏み入れることができない。後にケイラもホテルへやって来る。ケイラはホテルの宿泊客を装い、朝食を無料でいただいた。朝食を食べて満足したケイラは、大きなスーツケースを持つ女性を見かけて話しかける。その女性リンダ・ペリーボトムが観光客だと思ったため、ケイラはガイドを買って出ることで小銭を稼ごうとしたのだ。しかし、リンダは観光客ではなく、ホテルのスタッフ募集の面接にやってきたのだと答えた。ケイラが話の水を向けると、ぺらぺら事情を話す。この週末にロイヤル・ゲート・ホテルでは、ベンとプリータという有名セレブカップルが結婚式を挙げる。ホテルは格式高い高級ホテルだが、今までにない盛大な結婚式を開くため人手が足りず、臨時スタッフを募集しているのだ。それに応募をするとリンダは話す。事情を知ったケイラは、覆面面接官の振りを装う。面接に来た者が軽率にホテルの事情を話してはいけないと注意すると、リンダは信じて驚く。ケイラはリンダの履歴書を預かるが、面接は失格だと言いリンダを追い払う。リンダの履歴書は錚々(そうそう)たるものだった。ケイラがホテルの受付係のドーラに見せ、面接を受ける。履歴書は半分に破って自分の名を名乗り、ドゥブロー支配人とイベント責任者のテレンスと会う。ドゥブローとテレンスはケイラを信用し、イベントプランナーとして採用を決定した。イベント終了まで、ケイラは住み込みで働くことになる。

トムはホテルに入ろうと裏口に忍び寄るが、この一帯を縄張りにしている路地裏猫のブッチたちに牽制される。絡まれて困ったトムは、動物管理局の車が通りかかったため注目させて、路地裏猫たちを追い払った。さまざまな手を使って、ホテルの中にいるジェリーのところへ行こうとするが、トムはなかなか成功しない。

ケイラはテレンスに案内され、ホテルの主要メンバーを紹介される。厨房にはジャッキーというシェフがおり、ドアマンのジョーイは風変りな女性だった。バーテンダーのキャメロンは気さくで話しかけやすいため、ケイラは意気投合する。そこでロビーに今しも、週末に結婚式を挙げるベンとプリータが到着したのだと聞かされる。テレンスもケイラも慌てて、2人を迎えようとする。セレブのベンはブルドッグのスパイク、プリータはネコのトゥーツを連れていた。ケイラが自己紹介をして新婦・プリータの指に輝くダイヤの指輪を褒(ほ)めた。その時、裏の厨房からジャッキーの悲鳴が聞こえる。ケイラが向かうと、ネズミが足の上を通り過ぎたと言う。格式高いホテルでネズミが出たとなると大問題となる。テレンスはケイラに、客には見つからないようにネズミを捕まえろと命じた。その頃、ホテルに入れないトムは、雨に濡れながら途方に暮れていた。頭の中ではトムの天使悪魔が議論する。くじけそうな心を奮い立たせたトムは、電線を伝って侵入を図った。苦労の甲斐があり、窓から入ることに成功する。トムはジェリーとホテルの部屋で再び追いかけっこをする。騒音の苦情が入って駆け付けたケイラは、トムを見つける。セントラルパークでぶつかったネコだと気づいたケイラは、トムとジェリーの因縁を知った。ケイラはトムを説得し、一緒にジェリーを捕まえようと言う。ケイラはテレンスに掛け合い、トムを臨時スタッフとして雇った。トムは帽子と名札をつけ、ボーイの格好をする。しかしジェリーをなかなか捕まえることができない。そんな時、ケイラはプリータに呼ばれて相談を受ける。プリータはダイヤの婚約指輪を失くしたのだ。ケイラは絶対に探すと約束する。ダイヤの婚約指輪は、ジェリーが持っていた。追いかけっこで苦境に陥ったジェリーは、ダイヤの指輪をケイラに見せて取引する。ケイラは1回だけ見逃すことで、指輪を奪還した。指輪を見つけた手柄で、ケイラはプリータの信頼を得る。その時、散歩から戻ったスパイクとトム、ジェリーが鉢合わせした。追いかけっこがエスカレートして乱闘騒ぎになり、ホテルの備品を壊しまくった挙句、ロビーのアトリウムの屋根を割ってしまうという大騒動が発生する。ドゥブローは怒り、テレンスをクビにした。ケイラはプリータのお気に入りだったためにクビを免れ、テレンスの代わりにイベントの責任者に引き立てられる。事あるたびに履歴書の華々しい職歴を持ち出されるため、ケイラは履歴書は嘘(うそ)だったと正直に言い出せずに悩む。これ以上失敗はできないと思ったケイラは、トムとジェリーを説得する。ホテルにいるために、トムとジェリーが仲良くできるか、明日試しにニューヨーク観光をすることで証明してみろとケイラが言い、2匹はそれを受ける。

一方で新郎のベンは結婚式に張り切っており、派手な演出をしようと考えていた。入場行進にゾウを使おうと考え、手配する。新婦のプリータは、ベンの派手な演出を好ましく思っていない。「小さな式にしたい」と何度もベンに言うが、ベンはプリータの両親にもいいところを見せようと考え、どんどん派手なことばかり考えてプリータの意見を聞かない。

翌日、トムとジェリーは最初こそ仲良く観光していたが、野球観戦の時に追いかけっこを始めてしまい、動物管理局に保護されてしまう。路地裏猫に絡まれて絶体絶命のピンチの2匹に、野球の放送を見ていたテレンスが面会へやってきた。テレンスはトムとジェリーと別々に話をする。それぞれに「連れていけるのは1匹だけ」と言い、互いの悪口を吹き込んだ。仲が悪い2匹をイベントに入れて、台無しにしてやろうと考えたのだ。

結婚式当日、ロイヤル・ゲート・ホテルには結婚式に参加する大勢の招待客がやって来る。ホテルは豪華に飾られ、ご馳走も並んでいる。披露宴の会場にはゾウだけでなく、クジャクトラまで用意された。テレンスはそこに、トムとジェリーを別々に投入した。ジェリーを見つけたジャッキーが怒ってウェディングケーキを粉砕し、ジェリーを見たゾウが驚いてパニックを起こした。動物達は大乱闘となり、テレンスは乱闘に巻き込まれ、招待客は逃げ出し、会場は大混乱となり、結婚式は台無しになった。ケイラの履歴の嘘も露見し、ケイラは嘘をついていたことを詫び、ホテルを去る。さらに、新婦のプリータが指輪をベンに返し、結婚自体をやめると言い出した。プリータは自分の意思が聞き入れられなかったことを告げ、やっとベンもプリータの不満を知った。ホテルを去ろうとしたケイラは、キャメロンに「誰かと比較するのをやめて、努力すればいい」と励まされる。プリータが結婚を取りやめようとしていると聞いたケイラは、結婚式をやり直そうと決めた。トムとジェリーと、手を組む。ジョーイのアドバイスでケイラは、セントラルパークで結婚式を挙げればいいとベンに言う。ホテルをチェックアウトして車で移動するプリータを、トムとジェリーは追いかける。電動キックボードドローンを使ってプリータに追いつき、プリータのネコ・トゥーツを奪取してセントラルパークまで案内した。プリータが行くと、ベンが謝った。セントラルパークで結婚式をやり直すと言う。あらためてセントラルパークで披露宴が始まった。ケイラは本物の履歴の主である、リンダを連れてきた。ドゥブローとテレンスはリンダを見て気に入り、明日またホテルのスタッフ募集の面接をやり直すと言う。披露宴でピアノを弾いていたトムに、ジェリーが凝りもせずにちょっかいを出していた。喧嘩を始めそうなトムとジェリーとスパイクを、ケイラたちが睨(にら)んでいる。視線に気づいたトムは、急いで「The End」と書かれたカーテンを閉めた[注 1]

エンドロール終了後、新郎のベンが、結婚式2回分の請求書が届いていることを問い合わせる。テレンスは笑いながら「ご利用ありがとうございます」と答えた。額面通り2回分請求されると知り、ベンは絶句する[8]

登場人物編集

トム(Tom)
ブルーグレーの鉢割れで品種は不明の野良猫。運動神経が高く、二足歩行も可能。宿敵であるジェリーを捕まえようと何度も試みるが、いつも失敗に終わっている苦労人。ピアノの演奏を得意としており、セントラル・パークでストリートライブを開催している。ジェリーを追いかけるうちにケイラと出会い、彼女と共にロイヤル・ゲート・ホテルから雇われることになる。
ジェリー(Jerry)
茶色の狡賢(ずるがしこ)いネズミ。宿敵のトムに容赦ないイタズラして困らせることが生き甲斐で小柄の身体を生かした戦術で彼を翻弄している。自分に合う住まいを探してニューヨークにやって来た時にトムと再会し、いたずら心も再燃する。トムとの追いかけっこの末、ロイヤル・ゲート・ホテルに入り、騒動を引き起こしてしまう。
ケイラ・フォレスター(Kayla Forester)
演 - クロエ・グレース・モレッツ、声 - 水瀬いのり
本作のヒロイン。
成功を夢見てニューヨークに出てきたものの、トムとジェリーの追いかけっこに巻き込まれ、失業してしまう。それでも面接を乗り切り、不正を働いたとはいえロイヤル・ゲート・ホテルで行われる結婚式の臨時スタッフに採用される。
テレンス・メンドーサ(Terence Mendoza)
演 - マイケル・ペーニャ、声 - 木村昴
ロイヤル・ゲート・ホテルで働いてることを誇りを持っているイベント・マネージャー。結婚式を成功させてホテルをさらに有名にしたいと思っている。ケイラに胡散臭さを感じており、常に不信感を持っている。
中盤でトムとジェリーが起こしたトラブルの責任を負われホテルをクビにされてしまうが、テレビの報道で彼らが動物管理局に保護された事を知り、面会人として再びトムとジェリーのもとに現れ、彼らをそそのかし、ベンとプリータの結婚式を台無しにしてしまう。
ベン(Ben)
演 - コリン・ジョスト英語版、声 - 日野聡
ニューヨークで名の知れたセレブ。ブリータはもちろん、彼女の父を驚かせる結婚式にしようと画策する。ブリータが全く望んでいないにも拘らず、派手なサプライズゲストをホテルに手配してもらう。
しかし、その矢先にテレンスの策略によってトムとジェリーが妨害したことで、式が滅茶苦茶になりプリータとも破局寸前になるが、ケイラとトムとジェリーが計画した新しい結婚式で、プリータとよりを戻し改めて結婚する。しかし自身が提案した度重なるサプライズや前述のトラブルが災いし、結婚式2回分の高額な代金を支払う羽目になった。
ヘンリー・ドゥブロー(Henry Dubros)
演 - ロブ・ディレイニー、声 - 大塚芳忠
ロイヤル・ゲート・ホテルの支配人。臨時スタッフの面接にやって来たケイラから若く快活な印象を受け、破れた履歴書でも信用して雇用する。現場のことはテレンスに任せているため、ホテルの内情には疎い。
プリータ(Preeta)
演 - パラヴィ・シャーダ英語版、声 - 坂本真綾
SNSで人気のインフルエンサー。上流階級出身だが華美な結婚式には興味がなく、やんわりとベンを制止するも聞く耳を持ってもらえない。世間の目やセレブな父のことばかり気にしているベンに不満を抱き始めている。
キャメロン(Cameron)
演 - ジョーダン・ボルジャー、声 - 浪川大輔
ケイラと意気投合するロイヤル・ゲート・ホテルの若きバーテンダー。仕事柄、ホテルの内情には詳しい。ジェリーが出没した騒ぎの時は、対策のために駆り出され、ケイラに的確なアドバイスをする。
ジョイ(Joy)
演 - パッシー・フェラン英語版、声 - 新谷真弓
ロイヤル・ゲート・ホテルのベルガール。かなりエキセントリックなタイプで、キテレツな言動を繰り返してケイラに余計な面倒をかけてしまう。
ブッチ(Butch)
演 - ニッキー・ジャム、声 - 青山穣
ニューヨークに根を張る野良猫ギャング団のボス。トムが自分の縄張りに入ってくると、仲間を集めて締め出しにかかる。
スパイク(Spike)
演 - ボビー・カナヴェイル、声 - 三宅健太
トムの天敵である気性の荒いブルドッグ。
今作ではベンの飼い犬として登場。結婚式のようなフォーマルな場でもお構いなしにトムを追い回し、騒動と突風を巻き起こす。
シェフ・ジャッキー(Chef Jackie)
演 - ケン・チョン、声 - 千葉繁
芸術的な料理を披露する実力派のシェフ。近いうちにミシュランの星をとるだろうと言われている。元々気難しい一面があるが、結婚式に向けて神経をとがらせており、短気になっている。

キャスト編集

実写
登場人物 俳優 日本語吹替版[9]
ケイラ クロエ・グレース・モレッツ[10][11] 水瀬いのり[12]
テレンス マイケル・ペーニャ[13] 木村昴[12]
ベン コリン・ジョスト英語版 日野聡[12]
ドゥブロー ロブ・ディレイニー 大塚芳忠[12]
ジャッキー ケン・チョン 千葉繁[12]
プリータ パラヴィ・シャーダ英語版 坂本真綾[12]
キャメロン ジョーダン・ボルジャー 浪川大輔[12]
ジョイ パッシー・フェラン英語版 新谷真弓[12]
ギャビン ダニエル・アデグボイェガ 大泊貴揮
ローラ クリスティーナ・チョン英語版 櫻庭有紗
Mr.メータ アジェイ・チャブラ英語版 及川いぞう
Mrs.メータ ソミ・デ・ソウザ 田村千恵
リンダ・ペリーボトム カミラ・アーフウェドソン英語版 佐伯美由紀
公園の女性 飯豊まりえ[14]
ベンの母 桜岡あつこ
何でも屋の上司 綿貫竜之介
ジョー・バック 瀧村直樹
女性アナウンサー 谷口恵美
保護官 草野峻平
ゾウのトレーナー 佐々木祐介
通る男子 角倉英里子
通る父親 左座翔丸
通る女性 生田ひかる
レオ エドワード・ジャッジ 藤原大智
アニメーション
登場人物 声優
原語版 日本語吹替版[9]
トム HIMSELF[注 2] 原語版流用
ジェリー
ブッチ ニッキー・ジャム 青山穣[注 3]
スパイク ボビー・カナヴェイル 三宅健太[注 4]
悪魔トム リル・レル・ハウリー 粗品霜降り明星[14]
天使トム せいや(霜降り明星)[14]
ライトニング ジョーイ・ウェルズ 鷲見昂大
トプシー ハリー・ラチフォード 手塚祐介
ミートヘッド ナイム・リン 越後屋コースケ
アッシュ ウィル・“スパンク”・ホートン 山橋正臣
不動産屋ネズミ ウトカルシュ・アンブドゥカル英語版 岩田光央
鳩DJ ティム・ストーリー 飯豊まりえ[14]
セシル ベン・シェファード英語版 真木駿一
マルコム ケイト・ギャラウェイ英語版 菊池通武
ドルーピー ジェフ・バーグマン 吉田勝哉[注 5]
太ったネコ 武田太一

日本語吹替は、過去作のシリーズを踏襲しておらず、本作オリジナルの配役が起用されている。

スタッフ編集

日本語版スタッフ編集

作品の評価編集

Rotten Tomatoesによれば、批評家の一致した見解は「長く喧嘩していたコンビの長編アドベンチャーの中では最悪の作品ではないが、『トムとジェリー』は彼らの古典的短編のアナーキーな精神が足りない。」であり、126件の評論のうち高評価は31%にあたる39件で、平均点は10点満点中4.7点となっている[15]Metacriticによれば、20件の評論のうち、高評価は2件、賛否混在は9件、低評価は9件で、平均点は100点満点中32点となっている[16]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ ただし、文字は視聴者側からは反転表示されている。
  2. ^ ウィリアム・ハンナメル・ブランクジューン・フォーレイ、カイジ・タング、アンドレ・ソグリウゾ、フランク・ウェルカーといった、過去作での音声が流用されている。
  3. ^ 短編シリーズでブッチ役を担当した西村朋紘ではなく、青山に変更。
  4. ^ トムとジェリー ショー』のシーズン4以降スパイク役を担当している飯島肇ではなく、三宅に変更。
  5. ^ 短編シリーズでドルーピー役を担当した中尾隆聖ではなく、吉田に変更。

出典編集

  1. ^ “Christopher Lennertz to Score Tim Story’s ‘Tom & Jerry’” (英語). Film Music Reporter. (2020年7月22日). https://filmmusicreporter.com/2020/07/22/christopher-lennertz-to-score-tim-storys-tom-jerry/ 2021年3月16日閲覧。 
  2. ^ “瑛人の新曲が「トムとジェリー」吹替版主題歌に、オファーきっかけは親友の存在”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2021年2月12日). https://natalie.mu/eiga/news/415928 2021年3月16日閲覧。 
  3. ^ D'Alessandro, Anthony (2020年6月12日). “‘Matrix 4’ Moves To 2022, ‘Godzilla Vs. Kong’ Stomps To 2021 & More: Warner Bros. Release Date Change Friday” (英語). Deadline.com. オリジナルの2020年6月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200630231733/https://deadline.com/2020/06/matrix-4-godzilla-vs-king-release-date-changes-1202958388/ 2021年3月16日閲覧。 
  4. ^ “人気アニメ『トムとジェリー』実写映画化、“世界一素敵なウエディングパーティー”のため奮闘”. ファッションプレス (カーリン (Carlin, Inc.)). (2020年12月15日). https://www.fashion-press.net/news/67917 2021年3月16日閲覧。 
  5. ^ a b c Tom and Jerry” (英語). Box Office Mojo. 2021年3月25日閲覧。
  6. ^ D'Alessandro, Anthony (2021年3月1日). “Warner Bros’ ‘Tom & Jerry’ Opening Higher In Monday Actuals; Still Second-Best Debut During Pandemic – Update” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/2021/03/tom-jerry-weekend-box-office-opening-pandemic-1234702484/ 2021年12月5日閲覧。 
  7. ^ キネマ旬報』 2022年3月下旬特別号 p.22
  8. ^ 映画「トムとジェリー 」ネタバレあらすじと結末・感想|起承転結でわかりやすく解説! |hmhm[ふむふむ]”. hmhm (2021年3月23日). 2021年3月25日閲覧。[出典無効]
  9. ^ a b トムとジェリー (2021)”. ふきカエル大作戦!! (2021年3月15日). 2021年3月16日閲覧。
  10. ^ Fernandez, Alexis (2020年11月17日). Tom and Jerry First Look! Chloë Grace Moretz on Playing a 'Goofball' Opposite the Iconic Duo” (英語). People (Meredith Corporation). https://people.com/movies/tom-and-jerry-first-look-with-chloe-grace-moretz/ 2021年3月16日閲覧。 
  11. ^ Sneider, Jeff (2019年4月26日). “Exclusive: Chloë Grace Moretz to Star in WB’s ‘Tom and Jerry’ Movie” (英語). Collider (Collider, Inc.). オリジナルの2020年11月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201117200801/https://collider.com/chloe-grace-moretz-tom-and-jerry-movie/ 2021年3月16日閲覧。 
  12. ^ a b c d e f g h 映画『トムとジェリー』を彩る、豪華日本語吹替キャストが決定!コメントも到着!”. 映画『トムとジェリー』オフィシャルサイト. ワーナー ブラザース ジャパン (2021年1月27日). 2021年3月16日閲覧。
  13. ^ N'Duka, Amanda (2019年5月21日). “Michael Peña Joins Hybrid ‘Tom & Jerry’ Movie At Warner Bros.” (英語). Deadline.com (Penske Business Media, LLC). オリジナルの2019年8月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190830014825/https://deadline.com/2019/05/michael-pena-tom-jerry-warner-bros-1202619871/ 2021年3月16日閲覧。 
  14. ^ a b c d 錦怜那 (2021年2月10日). “実写版「トムとジェリー」飯豊まりえ&霜降り明星がゲスト声優!”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0121537 2021年3月16日閲覧。 
  15. ^ Tom & Jerry” (英語). Rotten Tomatoes. 2021年12月5日閲覧。
  16. ^ "Tom & Jerry" (英語). Metacritic. 2021年12月5日閲覧。

外部リンク編集