メインメニューを開く

サー・ネヴィル・マリナー (Sir Neville Marriner1924年4月15日 - 2016年10月2日)は、イギリス指揮者ヴァイオリニスト

サー・ネヴィル・マリナー
Sir Neville Marriner
Neville-Marriner.jpg
ネヴィル・マリナー
基本情報
生誕 (1924-04-15) 1924年4月15日
出身地 イギリスの旗 イギリス
死没 (2016-10-02) 2016年10月2日(92歳没)
ジャンル クラシック
職業 指揮者

アンドリュー・マリナーロンドン交響楽団首席クラリネット奏者)の父である。

目次

人物・来歴編集

イングランドリンカン出身。王立音楽大学に学んだ後、パリ音楽院に留学した。フィルハーモニア管弦楽団ロンドン交響楽団ヴァイオリン奏者を歴任し、サーストン・ダートとジャコビアン・アンサンブルを結成するが、その後メイン州ハンコックに留学してピエール・モントゥーの音楽学校にて指揮法を学ぶ。

1959年に、アカデミー室内管弦楽団 (Academy of St. Martin-in-the-Fields) を創設し、長年その指揮者を務めた。1969年から1979年までロサンジェルス室内管弦楽団を指揮し、1979年から1986年までミネソタ管弦楽団の、1983年から1989年までシュトゥットガルト放送交響楽団の音楽監督を務めた[1]1985年にはナイト号を授与された。1992年より、カダケス管弦楽団の首席客演指揮者の任に就いている。1972年、アカデミー室内管と初来日している[1]

上記以外にも、NHK交響楽団の定期演奏会への客演(1979年2007年2010年2014年2015年)、ロンドン交響楽団フィルハーモニア管弦楽団アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団シュターツカペレ・ドレスデンなどとの録音がある。

レパートリーは幅広く、バロック音楽から古典派音楽に始まり、チャイコフスキーレスピーギバルトークも指揮・録音している。映画『アマデウス』の音楽を担当し、そのサウンドトラックには、マリナー指揮のアカデミー室内管弦楽団による演奏が用いられている。

弦楽合奏曲に特に強い思い入れがあるようで、イギリス北欧の弦楽作品は、バロックやモーツァルトと並んで、マリナーとアカデミー室内管の主要なレパートリーとなっていた。

2016年10月2日に死去[2]。92歳没。

録音編集

マリナーは膨大な数の録音を行ってたことで広く知られる。以下にマリナーが取り上げた作曲家を生年順に並べた。

脚注編集