メインメニューを開く

ハシュバータル・ツァガンバータル

ハシュバータル・ツァガンバータル(Khashbaataryn Tsagaanbaatar (モンゴル語: Хашбаатарын Цагаанбаатар 1984年3月19日- )はモンゴルオブス県出身の柔道家。階級は66kg級。身長171cm[1]。4段[2]

獲得メダル
モンゴルの旗 モンゴル
柔道
オリンピック
2004 アテネ 60kg級
世界選手権
2009 ロッテルダム 66kg級
2010 東京 66kg級
アジア大会
2006 ドーハ 66kg級
アジア柔道選手権
2004 アルマトイ 60kg級
2005 タシュケント 66kg級
2007 クウェート 66kg級
2008 済州 66kg級

人物編集

柔道は11歳の時に始めた[2]。アテネオリンピックでは柔道60kg以下級に出場、日本の野村忠宏に敗れたが銅メダルを獲得した。それはアテネにおいてモンゴル唯一のメダルとなった[1]2006年アジア競技大会では金メダルを獲得した。2007年のニューヨーク・オープンでは66kg以下級に出場、肩車で金メダルを獲得した。2008年の北京オリンピックでは初戦で敗れた[1]2009年世界選手権では66kg級を制して、柔道でモンゴル初の世界チャンピオンとなった。その後、階級を73kg級に上げた。2015年の世界選手権には66kg級に出場するが2回戦で敗れた。その後現役引退を表明した[3]

模範となるべき柔道家として井上康生の名を挙げている[2]

一方で、2005年と2009年にはサンボの世界選手権68kg級でも優勝している[4]。ロンドンオリンピックでは2回戦で敗れた[1]

妻は北京オリンピック銀メダリストのオトリャード・グンデグマー選手である。

主な戦績編集

60kg級での戦績

66kg級での戦績

73kg級での戦績

脚注編集

外部リンク編集