メインメニューを開く

フタバ食品株式会社(フタバしょくひん 英称:FUTABA FOODS CO.,LTD.)は、栃木県宇都宮市に本社を置く冷凍食品氷菓子ラクトアイスを主力とする食品メーカーである。かつては黒磯駅那須塩原駅駅弁を販売していた。

フタバ食品株式会社
FUTABA FOODS CO.,LTD
Futaba Foods headquarters 2012-02-28.JPG
本社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
320-0821
栃木県宇都宮市一条四丁目1番16号
設立 1945年12月19日
業種 食料品
法人番号 8060001003930
代表者 代表取締役社長 増渕正二
資本金 4億9,200万円
売上高 175億908万円(2005年度)
従業員数 314名(2005年8月31日)
決算期 毎年8月31日
外部リンク http://www.futabafoods.co.jp/
テンプレートを表示

目次

沿革編集

  • 1945年 - 栃木食糧品工業有限会社として設立。
  • 1946年 - 高崎、白河、栃木に工場設置。鉄道弘済会食品工場として各駅に冷菓納入開始。
  • 1951年 - 乳製品の製造施設完成、県下唯一の許可工場として本格的アイスクリームの生産開始。
  • 1952年 - 社名を有限会社栃食とする。
  • 1957年 - 東北本線黒磯駅で九尾弁当販売開始。
  • 1958年 - 社名を株式会社栃食に変更。同年12月フタバ食品株式会社に社名を変更。
  • 1959年 - 大阪支店を設置。
  • 1960年 - 東北支店を設置。
  • 1967年 - マロングラッセの製造販売を開始。
  • 1973年 - 本社新社屋を現在地に移転。
  • 1976年 - 喜連川工場新築。
  • 1978年 - 北海道支店設置。
  • 1987年 - 大阪工場を三重県に移転し、関西工場とする。
  • 1988年 - マロングラッセ事業部にレトルト食品工場を新設。
  • 1995年 - 関信越地区における営業の効率化と強化を目的に関信越第一支店と関信越第二支店を統合し、関信越支店とする。
  • 2005年 - 駅弁事業から全面撤退。
  • 2015年 - 台湾、香港、中国、米国そしてタイにアイスの輸出を開始。

事業所編集

  • 工場
    • 下栗工場
    • 喜連川工場
    • 関西工場
    • 山形工場
  • 支店
    • 北海道支店
    • 東北支店
    • 関信越支店
    • 東京支店
    • 大阪支店
  • 営業所
    • 千歳営業所
    • 仙台営業所
    • 盛岡営業所
    • 八戸営業所
    • 青森営業所
    • 秋田営業所
    • 山形営業所
    • 宇都宮営業所
    • 宇都宮第二業所
    • 黒磯営業所
    • 郡山営業所
    • 群馬営業所
    • 東京営業所
    • 横浜営業所
    • 名古屋営業所
  • 出張所
    • 女満別出張所
  • 冷蔵庫
    • 宇都宮冷蔵庫

部門編集

  • アイスクリーム部門
  • 冷凍調理食品部門
  • 外食事業部門
  • マロングラッセ事業部門

主な商品編集

アイスクリーム編集

  • サクレ(レモン・オレンジ・あずき)
  • レモン牛乳アイス
  • チョコバナナ
  • 特盛アイス(いちごタイプ・プリンタイプ)
  • ふんわりかき氷(いちご・抹茶)
  • 大きなプリンアイス
  • 栗もなか
  • 復刻3色トリノ

冷凍調理食品編集

その他編集

外食事業として出張料理、パーティ模擬店等の設営や、東北道上河内サービスエリア下り線・常磐道東海パーキングエリア下り線の売店・レストランの運営受託を行っている。

関連会社編集

  • 東北食品株式会社
  • 日本ポーチフレーバー株式会社

本社アクセス編集

関連人物編集

外部リンク編集