メインメニューを開く

マクラーレン MP4/2 (McLaren MP4/2) は、マクラーレンF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カーで、ジョン・バーナードが設計した。1984年から1986年まで使用された。

マクラーレン・MP4/2
マクラーレン・MP4/2B
マクラーレン・MP4/2C
MP4/2C[1]
MP4/2C[1]
カテゴリー F1
コンストラクター マクラーレン
デザイナー ジョン・バーナード
先代 マクラーレン・MP4/1E
後継 マクラーレン・MP4/3
主要諸元[2]
シャシー カーボンファイバー ハニカム モノコック
エンジン TAG ポルシェ TTE PO1, 1,499 cc (91.5 cu in), V6, ターボ, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション マクラーレン / ヒューランド 5速 MT
燃料 シェル
タイヤ 1984年: ミシュラン
1985年 / 1986年: グッドイヤー
主要成績
チーム マールボロ マクラーレン・インターナショナル
ドライバー フランスの旗 アラン・プロスト
オーストリアの旗 ニキ・ラウダ
フィンランドの旗 ケケ・ロズベルグ
イギリスの旗 ジョン・ワトソン
コンストラクターズ
タイトル
2(1984年, 1985年
ドライバーズタイトル 3(ニキ・ラウダ1984年,
アラン・プロスト1985年, 1986年
初戦 1984年ブラジルグランプリ
出走優勝ポールFラップ
4822716
テンプレートを表示

コンストラクターズチャンピオンを2度(1984年、1985年)、ドライバーズチャンピオンを3度(1984年:ニキ・ラウダ、1985年、1986年:アラン・プロスト)獲得した。

エンジンは一貫して、共同オーナーのマンスール・オジェ率いるテクニーク・ダバンギャルド (TAG) の資金を得てポルシェに開発を委託したターボエンジンを搭載した。このエンジンのバッジネームは「TAG」であるが、しばしば「TAGポルシェ」と通称される。

MP4/2編集

 
ダラスで開催された1984年アメリカグランプリでMP4/2を駆るニキ・ラウダ

前年(1983年)の終盤よりTAGのターボエンジンを使用していたが、レース中に使用することが出来る燃料が250リットルから220リットルへと減少した1984年シーズンのために新設計したのがMP4/2である。

搭載燃料量の制限により、エンジンの燃費性能が問われることになったが、ボッシュ製のエンジン・マネージメントシステムを搭載するTAGエンジンは、最も燃費に優れたパッケージとなった。

前モデルのMP4/1と同様、カーボン製のモノコックはマクラーレンが設計し、アメリカのハーキュリーズが製造した[3]。MP4/2は合計4台が製造されたが、最後に製造された4号車(MP4/2-4)はテスト専用車となったため、最初に製造された3台だけで1984年シーズンの全てのレースを戦った[3]。なお、タイヤは4シーズンに渡って供給を受けていたミシュランが、チャンピオンを獲得したにもかかわらず、このシーズンでF1から撤退した。

このシーズンは全16戦のうちアラン・プロストが7勝、ニキ・ラウダが5勝の計12勝をあげ、コンストラクターズタイトルを獲得した。ドライバーズタイトルはチームメイト同士の争いになり、最終戦でラウダがプロストを0.5ポイント[4]上回り、ワールドチャンピオンとなった。ちなみにマクラーレンはレースのたびに、ふたりのドライバーがマシンを壊すことなくピットに戻ってくるので、シャシーにかけていた保険を解約した[5]

記録(1984年)編集

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
BRA
 
RSA
 
BEL
 
SMR
 
FRA
 
MON
 
CAN
 
DET
 
USA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
EUR
 
POR
 
1984 7   プロスト 1 2 Ret 1 7 1 3 4 Ret Ret 1 Ret 1 Ret 1 1 143.5 1位
8   ラウダ Ret 1 Ret Ret 1 Ret 2 Ret Ret 1 2 1 2 1 4 2

MP4/2B編集

1985年に向け、車両規則に合わせた修正を加え、ボディワークのデザインを変更したのがMP4/2Bである。ウイングレットが廃止され、リアサスペンションがプッシュロッド化され、1984年シーズンに使用していたシャシーそのものに改造を加えてMP4/2Bとされた。前年はテストマシンとして使用されていたMP4/2の4号車(MP4/2-4)もMP4/2Bに改造され(MP4/2B-4)[3]、開幕戦のブラジルグランプリで実戦に初めて投入された。このレースには、新規に作成されたシャシー、MP4/2B-5も持ち込まれた[6]

第15戦の南アフリカグランプリで新たなシャシー、MP4/2B-6が投入された。この車体は、完全にマクラーレンのファクトリーで作成された初のシャシーである[6]。なお、タイヤはこのシーズンからグッドイヤーを使用するようになった。

このシーズンは前年ほど万全ではなく、ラウダのマシンにメカニカルトラブルが頻発した。一時はフェラーリミケーレ・アルボレートにポイントをリードされたが、最終的に5勝を挙げたプロストが自身初のドライバーズタイトルを獲得した。コンストラクターズタイトルも連覇。

記録(1985年)編集

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
BRA
 
POR
 
SMR
 
MON
 
CAN
 
DET
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
BEL
 
EUR
 
RSA
 
AUS
 
1985 1   ラウダ Ret Ret 4 Ret Ret Ret Ret Ret 5 Ret 1 Ret DNS Inj Ret Ret 90 1位
1   ワトソン 7
2   プロスト 1 Ret DSQ 1 3 Ret 3 1 2 1 2 1 3 4 3 Ret

MP4/2C編集

1986年シーズンに向け、更に改良が加えられたのがMP4/2Cである。

一見するとMP4/2Bとよく似ているが、モノコックは新造されている。ターボの吸気がサイドポッド側面からコクピット側面に変更され、レギュレーションにより燃料タンク容量が195リットルに制限されたことに伴い低重心化が図られ、ドライバーの着座位置・姿勢なども変更された。ギアボックスは前年までの5速から6速化された[3]。MP4/2Cは、5台が製造された[7]

ウィリアムズホンダにコンストラクターズタイトルを譲ることになったが、ドライバーズタイトルはプロストが確実に上位入賞を続け、最終戦オーストラリアGPで連覇を達成した。

記録(1986年)編集

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
BRA
 
ESP
 
SMR
 
MON
 
BEL
 
CAN
 
DET
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
AUT
 
ITA
 
POR
 
MEX
 
AUS
 
1986 1   プロスト Ret 3 1 1 6 2 3 2 3 6 Ret 1 DSQ 2 2 1 96 2位
2   ロズベルグ Ret 4 5 2 Ret 4 Ret 4 Ret 5 Ret 9 4 Ret Ret Ret

脚注編集

  1. ^ この車両は86年型MP4/2Cに85年のラウダ車のマーキングを展示用に施したもの。
  2. ^ http://www.statsf1.com/en/mclaren/modeles.aspx
  3. ^ a b c d Doug Nye, McLaren: The Grand Prix, CanAm and Indy cars (New Edition), Hazleton Publishing, 1988 pp.239-ff ISBN 0-905138-54-6
  4. ^ ポイント差が中途半端なのは、同年のモナコGPが豪雨のため決勝レースを途中で打ち切った関係で、入賞ポイントが半分とされたため。このレースで優勝したプロストのポイントも半分(9→4.5ポイント)とされたことによる。
  5. ^ アラン・ヘンリー 『ニキ・ラウダ/不屈のチャンピオン』 森岡茂憲訳、ソニー・マガジンズ、1991年、129頁。
  6. ^ a b Doug Nye, McLaren: The Grand Prix, CanAm and Indy cars (New Edition), Hazleton Publishing, 1988 Appendix3 ISBN 0-905138-54-6
  7. ^ Hamilton, Maurice (ed.) (1986). AUTOCOURSE 1986-87. Hazleton Publishing. pp. p229. ISBN 0-905138-44-9.