マトラ・MS9 (Matra MS9) は、マトラが製作したフォーミュラ1カー1968年F1世界選手権に投入された。

マトラ・MS9
Matra MS9 front-left Donington Grand Prix Collection.jpg
Stewart's MS9 at Donington
カテゴリー F1
コンストラクター マトラ
デザイナー ジェラール・ドゥカルージュ
ベルナール・ボイヤー
先代 MS7
後継 MS10
主要諸元[1]
シャシー アルミニウムモノコック.
エンジン フォード-コスワース DFV 2,993 cc (182.6 cu in) V8 NA ミッドエンジン
トランスミッション ヒューランド 5速
重量 540 kg (1,190.5 lb)
燃料 エルフ
タイヤ ダンロップ
主要成績
チーム マトラ・インターナショナル
ドライバー イギリスの旗 ジャッキー・スチュワート
コンストラクターズタイトル 0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1968年南アフリカグランプリ
出走優勝表彰台ポールFラップ
10000
テンプレートを表示

1968年南アフリカグランプリジャッキー・スチュワートのドライブで出場したが[2]、その後はマトラ・MS10に取って代わられた。MS9は予選を3位で通過したが、決勝はコネクティングロッドのトラブルでリタイアとなった[1]

コンセプト編集

フォーミュラ2で成功した後、マトラは自社製V型12気筒エンジンを搭載したマシンでフォーミュラ1への参戦を計画した。しかしながら、マトラのフォーミュラ2チームを運営していたケン・ティレルは、コスワース DFVを搭載したマシンを製作するようマトラを説得した。このコンセプトに従い、F2マシンのマトラ・MS7がDFVを搭載できるように改修され、サスペンションコンポーネントはマトラのグループ6レーシングカーから流用された[3]

レース戦歴編集

MS9は開発車としての役割にもかかわらず、MS10の準備が整っていなかったことから1968年南アフリカグランプリに投入された。マシンは下塗りコートの淡いグリーンのままであったが、ジャッキー・スチュワートはその性能に満足し、予選はジム・クラークグラハム・ヒルロータス・49に次ぐ3位となった。キャラミの気温は冷却問題を引き起こし、車のノーズコーンは広げられ、空気の流れを改善した。追加のラジエターも車体後部に取り付けられた。決勝ではスタートでスチュワートはロータスを打ち負かしたが、すぐにクラークに追い抜かれ、その後ヒルにも追い抜かれた。レースの半分を終えた直後、コネクティングロッドが破損しエンジン側面を突き抜け、MS9はレースとそのキャリアを終えた[4]

F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション斜体ファステストラップ

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ポイント 順位
1968年 マトラ・インターナショナル フォード コスワース DFV
3.0 V8
D RSA
 
ESP
 
MON
 
BEL
 
NED
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
ITA
 
CAN
 
USA
 
MEX
 
451 3位
ジャッキー・スチュワート Ret

1 全ポイントMS7およびMS10による。

参照編集

  1. ^ a b Matra MS9”. StatsF1.com. 2015年1月28日閲覧。
  2. ^ Grand Prix results, South African GP 1968”. grandprix.com. 2015年12月13日閲覧。
  3. ^ Nye, Doug (1986). History of the Grand Prix Car 1966-1985. United Kingdom: Hazleton Publishing 
  4. ^ Grand Prix of South Africa”. motorsportmagazine.com. 2016年12月8日閲覧。

外部リンク編集