メインメニューを開く

1968年ドイツグランプリ (1968 German Grand Prix) は、1968年のF1世界選手権第8戦として、1968年8月4日ニュルブルクリンクで開催された。

西ドイツ 1968年ドイツグランプリ
レース詳細
1968年F1世界選手権全12戦の第8戦
ニュルブルクリンク北コース (1967–1972)
ニュルブルクリンク北コース (1967–1972)
日程 1968年8月4日
正式名称 XXX Großer Preis von Deutschland
XXVIII Grand Prix d'Europe
開催地 ニュルブルクリンク
西ドイツの旗 西ドイツ ニュルブルク
コース 恒久的レース施設
コース長 22.835 km (14.189 mi)
レース距離 14周 319.690 km (198.646 mi)
決勝日天候 雨/濃霧(ウエット)
ポールポジション
ドライバー フェラーリ
タイム 9:04.0
ファステストラップ
ドライバー イギリス ジャッキー・スチュワート マトラ-フォード
タイム 9:36.0 (8周目)
決勝順位
優勝 マトラ-フォード
2位 ロータス-フォード
3位 ブラバム-レプコ

28回目の「ヨーロッパグランプリ」の冠がかけられた[注 1]本レースは濃霧の中で行われ、ジャッキー・スチュワートは手首を骨折したまま走ったが、2位に4分以上の大差を付けて完勝した[1][2][3]

本レースは、ダン・ガーニーがF1で初めてフルフェイスヘルメットを着用したことでも注目に値するものであった[4]

背景編集

ブランズ・ハッチで行われた前戦イギリスGPジョー・シフェールが予想外な勝利を挙げた後、ニュルブルクリンクに舞台を移したが、顔ぶれはほとんど変わらなかった。天候も変わらず週末を通して雨が降り続き、5戦連続で雨の影響を受けた[5]

エントリー編集

この年はF2部門の混走はなかったが、BMWはF1での競争力を評価するため、ローラのF2マシンT102にBMWアッフェルベック直列4気筒エンジンを2リッター化し、フーベルト・ハーネ英語版がドライブする[5][6]

エントリーリスト編集

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
  ブルース・マクラーレン・モーターレーシング 1   デニス・ハルム マクラーレン M7A フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
2   ブルース・マクラーレン
  ゴールドリーフ・チーム・ロータス 3   グラハム・ヒル ロータス 49B フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
21   ジャッキー・オリバー
  ブラバム・レーシング・オーガニゼーション 4   ジャック・ブラバム ブラバム BT26 レプコ 860 3.0L V8 G
5   ヨッヘン・リント
  マトラ・インターナショナル 6   ジャッキー・スチュワート マトラ MS10 フォードコスワース DFV 3.0L V8 D
  ホンダ・レーシング 7   ジョン・サーティース ホンダ RA301 ホンダ RA301E 3.0L V12 F
  スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC 8   クリス・エイモン フェラーリ 312/68 フェラーリ 242C 3.0L V12 F
9   ジャッキー・イクス
  オーウェン・レーシング・オーガニゼーション 10   ペドロ・ロドリゲス BRM P133 BRM P142 3.0L V12 G
11   リチャード・アトウッド P126
  マトラ・スポール 12   ジャン=ピエール・ベルトワーズ マトラ MS11 マトラ MS9 3.0L V12 D
  アングロ・アメリカン・レーサーズ 14   ダン・ガーニー イーグル T1G ウェスレイク 58 3.0L V12 G
  ヨアキム・ボニエ・レーシングチーム 15   ヨアキム・ボニエ 1 マクラーレン M5A BRM P142 3.0L V12 G
  ロブ・ウォーカー/ジャック・ダーラッシャー・レーシングチーム 16   ジョー・シフェール ロータス 49B フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
  カルテックス・レーシングチーム 17   クルト・アーレンス ブラバム BT24 レプコ 740 3.0L V8 D
  バイエリッシュ・モトーレン・ヴェルケ AG 18   フーベルト・ハーネ ローラ T102 BMW M12/1 1.6L L4 D
  クーパー・カー・カンパニー 19   ルシアン・ビアンキ クーパー T86B BRM P142 3.0L V12 F
20   ビック・エルフォード
  レグ・パーネル・レーシング 22   ピアス・カレッジ BRM P126 BRM P142 3.0L V12 G
  シャルル・ホーゲル・レーシング 23   シルビオ・モーザー ブラバム BT20 レプコ 620 3.0L V8 G
ソース:[7]
追記
  • ^1 - エントリーのみ[8]

練習走行・予選編集

 
BMWの2Lエンジンを搭載したローラ・T102をドライブするフーベルト・ハーネ(練習走行にて)

土曜日のコンディションは非常に悪く、視界はわずか10 ヤード (9.1 m)に過ぎなかったため、レース主催者は日曜日の朝に練習走行の追加を予定していた。まだ午前中のセッションで多くのドライバーがコースアウトを喫した[2]

最終的にフェラーリジャッキー・イクスがチームメイトで2位のクリス・エイモンに10秒差を付けてポールポジションを獲得し[5]マトラ・MS10を駆るジャッキー・スチュワートは6番手となった[5]。イクスは23歳216日で当時のF1史上最年少ポールシッターとなり、14年後の1982年アメリカ西グランプリアンドレア・デ・チェザリスが22歳308日に更新するまで、記録を保持し続けた。

予選結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 9   ジャッキー・イクス フェラーリ 09:04.0 - 1
2 8   クリス・エイモン フェラーリ 09:14.9 +10.9 2
3 5   ヨッヘン・リント ブラバム-レプコ 09:31.9 +27.9 3
4 3   グラハム・ヒル ロータス-フォード 09:46.0 +42.0 4
5 20   ビック・エルフォード クーパー-BRM 09:53.0 +49.0 5
6 6   ジャッキー・スチュワート マトラ-フォード 09:54.2 +50.2 6
7 7   ジョン・サーティース ホンダ 09:57.8 +53.8 7
8 22   ピアス・カレッジ BRM 10:00.1 +56.1 8
9 16   ジョー・シフェール ロータス-フォード 10:03.4 +59.4 9
10 14   ダン・ガーニー イーグル-ウェスレイク 10:13.9 +1:09.9 10
11 1   デニス・ハルム マクラーレン-フォード 10:16.0 +1:12.0 11
12 12   ジャン=ピエール・ベルトワーズ マトラ 10:17.3 +1:13.3 12
13 21   ジャッキー・オリバー ロータス-フォード 10:18.7 +1:14.7 13
14 10   ペドロ・ロドリゲス BRM 10:19.7 +1:15.7 14
15 4   ジャック・ブラバム ブラバム-レプコ 10:23.1 +1:19.1 15
16 2   ブルース・マクラーレン マクラーレン-フォード 10:33.0 +1:29.0 16
17 17   クルト・アーレンス ブラバム-レプコ 10:37.3 +1:33.3 17
18 18   フーベルト・ハーネ ローラ-BMW 10:42.9 +1:38.9 18
19 19   ルシアン・ビアンキ クーパー-BRM 10:46.6 +1:42.6 19
20 11   リチャード・アトウッド BRM 10:48.2 +1:44.2 20
DNS 23   シルビオ・モーザー ブラバム-レプコ No Time - DNS 1
ソース:[9][10]
追記
  • ^1 - モーザーはオイルポンプの故障により予選に出場せず[8][11]

決勝編集

日曜日の午後もコンディションは悪いままだったが、20万人の観衆が詰めかけた[2]。レースはスコットランド人のジャッキー・スチュワートの独壇場となった[5]

展開編集

あまりの悪天候のため、スタートは2度にわたり延期された。スチュワートは中止を求めていたドライバーの1人であった。確実に悪化していくコンディションの中[12]、レース主催者は1時間遅れでレースの強行を決めた[13]

雨と霧の中をスターティンググリッドに着いた各車に対し、スターターからエンジン始動の合図が送られ、全車エンジンを始動させたが、ジャック・ブラバムはエンジンを止めてタイヤ交換を行い、さらにスタートは遅れた。ブラバム以外の各車はいつスタートになるかわからず、エンジンを始動させたまま待機した。ジョン・サーティースホンダ・RA301は、始動から6分でオーバーヒートして水蒸気を上げてしまい、ジョー・シフェールクリス・エイモンも白煙を上げ始める。それにもかかわらず、スターターはエンジン停止の合図をしなかった[14]

エンジン始動の合図から8分42秒後にようやくレースがスタートし[14]グラハム・ヒルが首位を奪ったが、1周目が終わるまでにスチュワートは首位に立ち、9秒のリードを築いた。スチュワートは優れたダンロップのウエットタイヤが大きな効果を発揮し、2周目の終わりまでにリードを34秒に広げた。14周後にレースが終了したとき、スチュワートは2位のヒルに4分以上の差を付けていた[5]。ヒルは11周目にスピンを喫したが、マシンを降りて正しい方向に押し、3位のヨッヘン・リントが追いつく前にコースへ復帰することができた[5]。エイモンはヒルと同じ周にスピンアウトを喫してリタイアするまで、ヒルと11周の間2位を争った[2]。サーティースは1周目の半ばで4位まで浮上したが、急激にパワーを失ってピットインした。レース開始前にエンジンをオーバーヒートさせた影響で12リットルの冷却水はほとんど空になり、冷却水を補給してピットアウトしたが既にエンジンはガタガタになっていて、まもなくリタイアせざるを得なかった[14]

反応編集

スチュワートは自伝で「歯を食いしばって戦った」[15]とレースについて記した。1周目について:

視界が非常に悪かったので、目の前にクリス(・エイモン)のマシンさえ見えなかった。(中略)私はただ、この巨大なスプレーの壁に走っているだけだった。私は彼をオーバーテイクしたが、スプレーが濃くて目が見えないままドライブした。 — ジャッキー・スチュワート、Winning Is Not Enough

本レースはスチュワートの史上最高のドライブと評されたが、後に自身も同じように感じたことを認めた[16]

レース結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 6   ジャッキー・スチュワート マトラ-フォード 14 2:19:03.2 6 9
2 3   グラハム・ヒル ロータス-フォード 14 +4:03.2 4 6
3 5   ヨッヘン・リント ブラバム-レプコ 14 +4:09.4 3 4
4 9   ジャッキー・イクス フェラーリ 14 +5:55.2 1 3
5 4   ジャック・ブラバム ブラバム-レプコ 14 +6:21.1 15 2
6 10   ペドロ・ロドリゲス BRM 14 +6:25.0 14 1
7 1   デニス・ハルム マクラーレン-フォード 14 +6:31.0 11
8 22   ピアス・カレッジ BRM 14 +7:56.4 8
9 14   ダン・ガーニー イーグル-ウェスレイク 14 +8:13.7 10
10 18   フーベルト・ハーネ ローラ-BMW 14 +10:11.4 18
11 21   ジャッキー・オリバー ロータス-フォード 13 +1 Lap 13
12 17   クルト・アーレンス ブラバム-レプコ 13 +1 Lap 17
13 2   ブルース・マクラーレン マクラーレン-フォード 13 +1 Lap 16
14 11   リチャード・アトウッド BRM 13 +1 Lap 20
Ret 8   クリス・エイモン フェラーリ 11 アクシデント 2
Ret 12   ジャン=ピエール・ベルトワーズ マトラ 8 アクシデント 12
Ret 16   ジョー・シフェール ロータス-フォード 6 イグニッション 9
Ret 19   ルシアン・ビアンキ クーパー-BRM 6 燃料漏れ 19
Ret 7   ジョン・サーティース ホンダ 3 イグニッション 7
Ret 20   ビック・エルフォード クーパー-BRM 0 アクシデント 5
DNS 23   シルビオ・モーザー ブラバム-レプコ オイルポンプ
ソース: [17][18]
ファステストラップ[19]
ラップリーダー[20]

第8戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。前半6戦のうちベスト5戦及び後半6戦のうちベスト5戦がカウントされる。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 当時は毎年各国の持ち回りにより、その年の最も権威のあるレースに対して「ヨーロッパGP」の冠がかけられていた。

出典編集

  1. ^ (林信次 1995, p. 59)
  2. ^ a b c d Masterful Stewart tames treacherous Nurburgring”. espnf1.com. 2015年2月5日閲覧。
  3. ^ GRAND PRIX CLASSICS”. dailymail.co.uk. 2015年2月5日閲覧。
  4. ^ Eagle Eye: The Eagle Gurney-Weslake F1 Effort”. Allamericanracers.com. 2012年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月9日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g GRAND PRIX RESULTS: GERMAN GP, 1968”. grandprix.com. 2015年2月5日閲覧。
  6. ^ (林信次 1995, p. 73)
  7. ^ Germany 1968 - Race entrants”. STATS F1. 2019年9月24日閲覧。
  8. ^ a b Germany 1968 - Result”. STATS F1. 2019年9月24日閲覧。
  9. ^ Germany 1968 - Qualifications”. STATS F1. 2019年9月22日閲覧。
  10. ^ Germany 1968 - Starting grid”. STATS F1. 2019年9月22日閲覧。
  11. ^ 1968 German GP - Qualification”. ChicaneF1. 2019年9月24日閲覧。
  12. ^ トップ10:ウエットレース”. ESPN F1 (2010年12月8日). 2019年9月22日閲覧。
  13. ^ (中村良夫 1998, p. 260)
  14. ^ a b c (中村良夫 1998, p. 261)
  15. ^ ジャッキー・スチュワート”. ESPN F1. 2019年9月22日閲覧。
  16. ^ Dougall, Angus (2013). The Greatest Racing Driver: The Life and Times of Great Drivers. Bloomington, IN: BalboaPressAU. p. 85. ISBN 978-1452510965. https://books.google.de/books?id=u8BKAgAAQBAJ&printsec=frontcover&dq=The+Greatest+Racing+Driver:+The+Life+and+Times+of+Great+Drivers&hl=en&sa=X&ei=z5HTVISTLoGwUd_qgogL&ved=0CCIQ6AEwAA#v=onepage&q=The%20Greatest%20Racing%20Driver%3A%20The%20Life%20and%20Times%20of%20Great%20Drivers&f=false 2015年2月5日閲覧。. 
  17. ^ 1968 German Grand Prix”. formula1.com. 2015年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月26日閲覧。
  18. ^ GRAND PRIX RESULTS: GERMAN GP, 1968”. grandprix.com. 2016年2月5日閲覧。
  19. ^ Germany 1968 - Best laps”. STATS F1. 2019年9月22日閲覧。
  20. ^ Germany 1968 - Laps led”. STATS F1. 2019年9月22日閲覧。
  21. ^ a b Germany 1968 - Championship”. STATS F1. 2019年3月18日閲覧。

参照文献編集

外部リンク編集

前戦
1968年イギリスグランプリ
FIA F1世界選手権
1968年シーズン
次戦
1968年イタリアグランプリ
前回開催
1967年ドイツグランプリ
  ドイツグランプリ 次回開催
1969年ドイツグランプリ
前回開催
1967年イタリアグランプリ
  ヨーロッパグランプリ
(冠大会時代)
次回開催
1972年イギリスグランプリ