メインメニューを開く

1968年イタリアグランプリ

1968年イタリアグランプリ (1968 Italian Grand Prix) は、1968年のF1世界選手権第9戦として、1968年9月8日モンツァ・サーキットで開催された。

イタリア 1968年イタリアグランプリ
レース詳細
1968年F1世界選手権全12戦の第9戦
モンツァ・サーキット(1957-1971)
モンツァ・サーキット(1957-1971)
日程 1968年9月8日
正式名称 XXXIX Gran Premio d'Italia
開催地 モンツァ・サーキット
イタリアの旗 イタリア モンツァ
コース 恒久的レース施設
コース長 5.750 km (3.573 mi)
レース距離 68周 391.000 km (242.956 mi)
決勝日天候
ポールポジション
ドライバー ホンダ
タイム 1:26.07
ファステストラップ
ドライバー イギリス ジャッキー・オリバー ロータス-フォード
タイム 1:26.5 (7周目)
決勝順位
優勝 マクラーレン-フォード
2位 マトラ-フォード
3位 フェラーリ

68周で行われたレースは、マクラーレンデニス・ハルムが7番手スタートから優勝し、マトラジョニー・セルボ=ギャバンが2位、フェラーリジャッキー・イクスが3位となった。

レース前編集

前戦のドイツGPから本レースまで5週間の中断期間があった。このシーズンはこれまで降雨と悲劇の両方が見られたが、中断期間中にオウルトン・パークで行われたインターナショナル・ゴールドカップ英語版はいくつかの有力ドライバーが参加し、ジャッキー・スチュワートニュルブルクリンクでの圧倒的な勝利に続いてレースを制した[1]

エントリー編集

本レースはこの年最多となる24台が参加した。エントリーリストには注目すべきアメリカ人ドライバーが名を連ねた[1]イタリア系アメリカ人マリオ・アンドレッティロータスの3台目でスポット参戦し[2]USACチャンピオンシップ英語版で彼のライバルであったボビー・アンサー英語版リチャード・アトウッドに代わってBRMの2台目をドライブする[2]。エースのペドロ・ロドリゲスには新車P138が与えられた[1]。他にも多くのチームがドライバーを増やし、マトラ・インターナショナルの2台目にジョニー・セルボ=ギャバンを、フェラーリの3台目にイギリス人のデレック・ベルを、ホンダの2台目に同じくイギリス人のデビッド・ホッブズ英語版をそれぞれ起用した[3][1]。そして、ホンダはRA302の2号車が完成し、本レースの直前に東京の本社からイギリスに送り込まれ、レースを戦うRA301の2台とともにモンツァまで運び込まれた[4]クーパーも3台目を走らせようとしたが、ロビン・ウィドウズ英語版が事故で負傷し[1]アルファロメオスポーツカーレース用V8エンジンを搭載するT86C[5]を走らせる予定だったルシアン・ビアンキの出走を見合わせたため、ビック・エルフォード英語版のみ参加した[6]

エントリーリスト編集

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
  ブルース・マクラーレン・モーターレーシング 1   デニス・ハルム マクラーレン M7A フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
2   ブルース・マクラーレン
  ヨアキム・ボニエ・レーシングチーム 3   ヨアキム・ボニエ マクラーレン M5A BRM P142 3.0L V12 G
  マトラ・インターナショナル 4   ジャッキー・スチュワート マトラ MS10 フォードコスワース DFV 3.0L V8 D
5   ジョニー・セルボ=ギャバン
  マトラ・スポール 6   ジャン=ピエール・ベルトワーズ マトラ MS11 マトラ MS9 3.0L V12 D
  スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC 7   デレック・ベル フェラーリ 312/68 フェラーリ 242C 3.0L V12 F
8   ジャッキー・イクス
9   クリス・エイモン
  ブラバム・レーシング・オーガニゼーション 10   ジャック・ブラバム ブラバム BT26 レプコ 860 3.0L V8 G
11   ヨッヘン・リント
  シャルル・ホーゲル・レーシング 12   シルビオ・モーザー ブラバム BT20 レプコ 620 3.0L V8 G
  ホンダ・レーシング 14   ジョン・サーティース ホンダ RA301 1 ホンダ RA301E 3.0L V12 1 F
15   デビッド・ホッブズ
  ゴールドリーフ・チーム・ロータス 16   グラハム・ヒル ロータス 49B フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
18   マリオ・アンドレッティ
19   ジャッキー・オリバー
  ロブ・ウォーカー/ジャック・ダーラッシャー・レーシングチーム 20   ジョー・シフェール ロータス 49B フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
  アングロ・アメリカン・レーサーズ 21   ダン・ガーニー イーグル T1G ウェスレイク 58 3.0L V12 G
  クーパー・カー・カンパニー 22   ロビン・ウィドウズ 2 クーパー T86B BRM P142 3.0L V12 G
23   ビック・エルフォード F
24   ルシアン・ビアンキ 3 T86C アルファロメオ T33 3.0L V8
  オーウェン・レーシング・オーガニゼーション 25   ボビー・アンサー BRM P126 BRM P142 3.0L V12 G
26  [注 1] ペドロ・ロドリゲス P138
  レグ・パーネル・レーシング 27   ピアス・カレッジ BRM P126 BRM P142 3.0L V12 G
  バーナード・ホワイト・レーシング 28   フランク・ガードナー BRM P261 BRM P142 3.0L V12 G
ソース:[7]
追記

予選編集

金曜日の予選初日はマリオ・アンドレッティボビー・アンサー英語版が好タイムを記録した[1]。彼らは翌日にインディアナ・ステート・フェア英語版で行われる「フージャー・ハンドレッド英語版」に参加するためにアメリカへ戻り、アメリカのレースが終わったら再びモンツァに向かい、日曜日の決勝に臨むつもりであった。ところが、主催者は「世界選手権イベントの決勝前24時間以内に他のレースに出場してはならない」という規則に抵触するとし、2人とも決勝に出られなくなってしまった[2]。彼らはアメリカのレースを優先し、モンツァに戻らなかった[1]

デビッド・ホッブズ英語版は練習走行でRA302の2号車を走らせたが、基本的にフランスGPで使われた1号車と何ら変わりがなく、エンジンは周回を重ねるごとにオーバーヒートを起こし、激しいオイル漏れに始まりヘッドボルト折損に至り走行不能となる。エンジンが冷えている間の加速や低速でのハンドリングは良好だが、高速でのドリフトコントロールの難しさに直面した。議論の結果、RA302のコックピット位置が極端に前に出ているため、ドライバーへのリアタイヤの挙動からの伝達が一瞬遅くなり、それがドライバーの反応を遅らせてドリフトコントロールを難しくさせていると考えた。それに加え、ホッブズはF1の経験が浅かった[注 2]こともあった。ジョン・サーティースもRA302をドライブしたが、エンジンが冷えている周回でもRA301に比べて6秒遅いタイムしか出せず、加えてオーバーヒートの問題もあり、レースに耐えうるマシンではないと判断され[8]、以後RA302がF1で走ることはなかった[10]

サーティースは2台のRA301を完璧にセットアップし[11]、平均速度150.314 mph (241.907 km/h)でポールポジションを獲得した。サーティースは2番手のブルース・マクラーレンマクラーレン・M7A)と3番手のクリス・エイモンフェラーリ・312)とともにフロントローを占めた[注 3]。2列目はジャッキー・イクスフェラーリ)とグラハム・ヒルロータス)、3列目はジャッキー・スチュワートデニス・ハルムデレック・ベルが占めた[3][1]

予選結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 14   ジョン・サーティース ホンダ 1:26.07 - 1
2 2   ブルース・マクラーレン マクラーレン-フォード 1:26.11 +0.04 2
3 9   クリス・エイモン フェラーリ 1:26.21 +0.14 3
4 8   ジャッキー・イクス フェラーリ 1:26.41 +0.34 4
5 16   グラハム・ヒル ロータス-フォード 1:26.54 +0.47 5
6 4   ジャッキー・スチュワート マトラ-フォード 1:26.60 +0.53 6
7 1   デニス・ハルム マクラーレン-フォード 1:26.61 +0.54 7
8 7   デレック・ベル フェラーリ 1:26.90 +0.83 8
9 20   ジョー・シフェール ロータス-フォード 1:26.96 +0.89 9
10 18   マリオ・アンドレッティ ロータス-フォード 1:27.20 +1.13 DNS 1
11 11   ヨッヘン・リント ブラバム-レプコ 1:27.30 +1.23 10
12 19   ジャッキー・オリバー ロータス-フォード 1:27.40 +1.33 11
13 21   ダン・ガーニー イーグル-ウェスレイク 1:27.61 +1.54 12
14 5   ジョニー・セルボ=ギャバン マトラ-フォード 1:27.63 +1.56 13
15 15   デビッド・ホッブズ ホンダ 1:27.70 +1.63 14
16 26  [注 1] ペドロ・ロドリゲス BRM 1:28.20 +2.13 15
17 10   ジャック・ブラバム ブラバム-レプコ 1:28.80 +2.73 16
18 27   ピアス・カレッジ BRM 1:29.10 +3.03 17
19 6   ジャン=ピエール・ベルトワーズ マトラ 1:29.30 +3.23 18
20 3   ヨアキム・ボニエ マクラーレン-BRM 1:30.55 +4.48 19
21 25   ボビー・アンサー BRM 1:30.56 +4.49 DNS 1
22 23   ビック・エルフォード クーパー-BRM 1:31.30 +5.23 20
23 28   フランク・ガードナー BRM 1:31.40 +5.33 DNQ
24 12   シルビオ・モーザー ブラバム-レプコ 1'33.70 +7.63 DNQ
ソース:[12][13]
追記
  • 上位22台が決勝進出
  • ^1 - アンドレッティとアンサーは予選後の土曜日にアメリカでのレースに出場したが、世界選手権イベントの決勝前24時間以内に他のレースへ出場してはならないという規則に抵触したため、決勝出場を禁止された[14]

決勝編集

68周で行われるレースは晴天の下で行われ、ポールポジションからスタートするジョン・サーティースがリードしたが、1周目が終わるまでにブルース・マクラーレンが首位を奪った。マクラーレンはサーティースがスリップストリームでリードするまで首位をキープした。次の周でマクラーレンが再び首位に立ち、フェラーリ勢でトップを走っていたクリス・エイモンホンダ・RA301から漏れたオイルでコントロールを失い[1]、レズモでガードレールを超えて木の枝に突っ込んだが、エイモンは奇跡的にかすり傷一つ負っていなかった[15]。サーティースもエイモンを避けようとしてガードレールにクラッシュした[16]。これにより、ジョー・シフェールが2位、ジャッキー・スチュワートが3位に浮上した。スチュワートが2位に浮上すると、マクラーレン、スチュワート、シフェール、デニス・ハルムのスリップストリーム合戦による首位争いが展開された[1][17]

マクラーレンは35周目にオイル漏れのためリタイアした。スチュワートは43周目にエンジントラブルで姿を消した。ハルムは既にこの時点で首位に立ち、残り9周でシフェールのサスペンションが壊れてリタイアした後は、ハルムが首位を独走してレースを締めくくった。彼は1時間40分14秒8で優勝し、平均速度は146.284 mph (235.421 km/h)であった[1]ジャッキー・イクスは2位フィニッシュを目前に控えたが、燃料の気化装置が過熱するトラブルでピットインしなければならず、すぐにコースへ戻ったが最終コーナーでジョニー・セルボ=ギャバンに抜かれて3位に終わった[18]。以下、ピアス・カレッジが4位、ジャン=ピエール・ベルトワーズが5位、ヨアキム・ボニエが6位に入賞し、他に完走したドライバーはいなかった[1][19]。2台目のホンダ・RA301を駆るデビッド・ホッブズ英語版は、予選タイムを1秒上回る1分28秒台をコンスタントに出し、レース中盤を終える頃には5位を走行していた。しかし、レース終盤に入ろうとする46周目にエンジンパワーを失い、ピットへ戻りリタイアした。6番シリンダーのバルブ調整ボルトの球面座が根元から折れていて、バルブが落ちてピストンを叩き、シリンダーライナーにクラックが入ったのが原因だった。1967年-1968年を通して、エンジンのメカニカルトラブルが発生したのは1967年ベルギーGPと本レースの2回だけだった[20]

レース結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 1   デニス・ハルム マクラーレン-フォード 68 1:40:14.8 7 9
2 5   ジョニー・セルボ=ギャバン マトラ-フォード 68 +1:28.4 13 6
3 8   ジャッキー・イクス フェラーリ 68 +1:28.6 4 4
4 27   ピアス・カレッジ BRM 67 +1 Lap 17 3
5 6   ジャン=ピエール・ベルトワーズ マトラ 66 +2 Laps 18 2
6 3   ヨアキム・ボニエ マクラーレン-BRM 64 +4 Laps 19 1
Ret 20   ジョー・シフェール ロータス-フォード 58 サスペンション 9
Ret 10   ジャック・ブラバム ブラバム-レプコ 56 油圧 16
Ret 4   ジャッキー・スチュワート マトラ-フォード 42 エンジン 6
Ret 15   デビッド・ホッブズ ホンダ 42 エンジン 14
Ret 19   ジャッキー・オリバー ロータス-フォード 38 トランスミッション 11
Ret 2   ブルース・マクラーレン マクラーレン-フォード 34 オイル漏れ 2
Ret 11   ヨッヘン・リント ブラバム-レプコ 33 エンジン 10
Ret 26  [注 1] ペドロ・ロドリゲス BRM 22 エンジン 15
Ret 21   ダン・ガーニー イーグル-ウェスレイク 19 オーバーヒート 12
Ret 16   グラハム・ヒル ロータス-フォード 10 ホイール 5
Ret 14   ジョン・サーティース ホンダ 8 アクシデント 1
Ret 9   クリス・エイモン フェラーリ 8 アクシデント 3
Ret 7   デレック・ベル フェラーリ 4 燃料システム 8
Ret 23   ビック・エルフォード クーパー-BRM 2 アクシデント 20
DNS 18   マリオ・アンドレッティ ロータス-フォード 24時間ルールで出場禁止 1
DNS 25   ボビー・アンサー BRM 24時間ルールで出場禁止 1
DNQ 28   フランク・ガードナー BRM 予選不通過
DNQ 12   シルビオ・モーザー ブラバム-レプコ 予選不通過
ソース:[19][3][1][21]
ファステストラップ[22]
ラップリーダー[23]
追記
  • ^1 - アンドレッティとアンサーは予選後の土曜日にアメリカでのレースに出場したが、世界選手権イベントの決勝前24時間以内に他のレースへ出場してはならないという規則に抵触したため、決勝出場を禁止された[14]

第9戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。前半6戦のうちベスト5戦及び後半6戦のうちベスト5戦がカウントされる。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ a b c d メキシコの国旗が現在のものに変更されたのは9月16日
  2. ^ ホッブズはそれまで1967年に3戦出走しただけだった。
  3. ^ 本レースのスターティンググリッドは3-2-3。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n Grand Prix results: Italian GP, 1968”. grandprix.com. 2015年9月26日閲覧。
  2. ^ a b c (林信次 1995, p. 64)
  3. ^ a b c 1968 Italian GP”. ChicaneF1.com. 2014年3月4日閲覧。
  4. ^ (中村良夫 1998, p. 263)
  5. ^ (林信次 1995, p. 71)
  6. ^ a b 1968 Italian Grand Prix”. Motor Sport Magazine. 2019年10月7日閲覧。
  7. ^ Italy 1968 - Race entrants”. STATS F1. 2019年10月7日閲覧。
  8. ^ a b (中村良夫 1998, p. 263-264)
  9. ^ a b Italy 1968 - Result”. STATS F1. 2019年10月7日閲覧。
  10. ^ (中村良夫 1998, p. 267-268)
  11. ^ (中村良夫 1998, p. 265)
  12. ^ Italy 1968 - Qualifications”. STATS F1. 2019年10月6日閲覧。
  13. ^ Italy 1968 - Starting grid”. STATS F1. 2019年10月6日閲覧。
  14. ^ a b (林信次 1995, p. 125)
  15. ^ (アラン・ヘンリー 1989, p. 243)
  16. ^ (中村良夫 1998, p. 266)
  17. ^ Derek Bell, “Derek Bell My Racing Life" (Haynes Publishing, ISBN 978 0 85733 088 8, 2011)
  18. ^ (アラン・ヘンリー 1989, p. 244)
  19. ^ a b 1968 Italian Grand Prix”. formula1.com. 2014年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月26日閲覧。
  20. ^ (中村良夫 1998, p. 266-267)
  21. ^ Formula One, Italian 1968 Race Results”. crash.net. 2015年9月26日閲覧。
  22. ^ Italy 1968 - Best laps”. STATS F1. 2019年10月5日閲覧。
  23. ^ Italy 1968 - Laps led”. STATS F1. 2019年10月5日閲覧。
  24. ^ a b Italy 1968 - Championship”. STATS F1. 2019年3月1日閲覧。

参照文献編集

外部リンク編集