メインメニューを開く

1968年アメリカグランプリ

1968年アメリカグランプリ (1968 United States Grand Prix) は、1968年のF1世界選手権第11戦として、1968年10月6日ワトキンズ・グレン・グランプリレースコースで開催された。

アメリカ合衆国 1968年アメリカグランプリ
レース詳細
1968年F1世界選手権全12戦の第11戦
Watkins Glen International Track Map-1960-1970.svg
日程 1968年10月6日
正式名称 XI United States Grand Prix
開催地 ワトキンズ・グレン・グランプリ・サーキット
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州 ワトキンズ・グレン
コース 恒久的レース施設
コース長 3.78 km (2.35 mi)
レース距離 108周 408.2 km (253.8 mi)
決勝日天候 晴(ドライ)
最高気温: 51.1 °F (10.6 °C)
最大風速: 14 mph (6.3 m/s)[1]
ポールポジション
ドライバー ロータス-フォード
タイム 1:04.20
ファステストラップ
ドライバー イギリスの旗 ジャッキー・スチュワート マトラ-フォード
タイム 1:05.22 (52周目)
決勝順位
優勝 マトラ-フォード
2位 ロータス-フォード
3位 ホンダ

レースは108周で行われ、マトラジャッキー・スチュワートが2番手スタートから優勝した。ロータスグラハム・ヒルが2位、ホンダジョン・サーティースが3位となった。後にチャンピオンとなるマリオ・アンドレッティのF1デビュー戦である。

エントリー編集

1ヶ月前のイタリアGPで予選初日のみ出場した地元出身のマリオ・アンドレッティロータスの3台目[2]ボビー・アンサー英語版BRMの2台目で改めてスポット参戦した[3]マクラーレンイーグルダン・ガーニーに引き続きM7Aの3台目を貸し出し[4]フェラーリは前戦カナダGPの予選で負傷したジャッキー・イクスに代わり、デレック・ベルを起用した[5]

エントリーリスト編集

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
  ブルース・マクラーレン・モーターレーシング 1   デニス・ハルム マクラーレン M7A フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
2   ブルース・マクラーレン
  ブラバム・レーシング・オーガニゼーション 3   ジャック・ブラバム ブラバム BT26 レプコ 860 3.0L V8 G
4   ヨッヘン・リント
  ホンダ・レーシング 5   ジョン・サーティース ホンダ RA301 ホンダ RA301E 3.0L V12 F
  スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC 6   クリス・エイモン フェラーリ 312/68 フェラーリ 242C 3.0L V12 F
7   デレック・ベル 312/67
  オーウェン・レーシング・オーガニゼーション 8   ペドロ・ロドリゲス BRM P133 BRM P142 3.0L V12 G
9   ボビー・アンサー P138
  ゴールドリーフ・チーム・ロータス 10   グラハム・ヒル ロータス 49B フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
11   ジャッキー・オリバー
12   マリオ・アンドレッティ
  アングロ・アメリカン・レーサーズ 14   ダン・ガーニー マクラーレン M7A フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
  マトラ・インターナショナル 15   ジャッキー・スチュワート マトラ MS10 フォードコスワース DFV 3.0L V8 D
  ロブ・ウォーカー/ジャック・ダーラッシャー・レーシングチーム 16   ジョー・シフェール ロータス 49B フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
  ヨアキム・ボニエ・レーシングチーム 17   ヨアキム・ボニエ マクラーレン M5A BRM P142 3.0L V12 G
  クーパー・カー・カンパニー 18   ビック・エルフォード クーパー T86B BRM P142 3.0L V12 F
19   ルシアン・ビアンキ
  マトラ・スポール 20   アンリ・ペスカロロ マトラ MS11 マトラ MS9 3.0L V12 D
21   ジャン=ピエール・ベルトワーズ
  レグ・パーネル・レーシング 22   ピアス・カレッジ BRM P126 BRM P142 3.0L V12 G
ソース:[6]

予選編集

予選初日は主にジャッキー・スチュワートクリス・エイモンとの間で争われ、スチュワートが1分04秒27のトップタイムを記録した。しかし、スチュワートはスタブ車軸の破損により予選2日目に暫定ポールポジションを守り切ることができず、スチュワートを0秒07上回ったマリオ・アンドレッティが歴戦のグランプリスターたちを退けてポールポジションを獲得した。F1の慣例では決勝をスタートして初めて「デビュー」と見なされるから、前回予選初日のみ走行したイタリアGPは除外されるため、本レースがデビュー戦となる。F1デビュー戦でポールポジションを獲得したのは、F1世界選手権の最初のレースである1950年イギリスGPジュゼッペ・ファリーナ以来2人目で、事実上史上初の快挙であった[7][注 1]。アンドレッティとスチュワートがフロントローグラハム・ヒルとエイモンが2列目、デニス・ハルムヨッヘン・リントが3列目を占めた[5]

予選結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム 平均速度 グリッド
1 12   マリオ・アンドレッティ ロータス-フォード 1:04.20 207.533km/h 1
2 15   ジャッキー・スチュワート マトラ-フォード 1:04.27 207.307km/h 2
3 10   グラハム・ヒル ロータス-フォード 1:04.28 207.274km/h 3
4 6   クリス・エイモン フェラーリ 1:04.37 206.985km/h 4
5 1   デニス・ハルム マクラーレン-フォード 1:04.57 206.343km/h 5
6 4   ヨッヘン・リント ブラバム-レプコ 1:04.81 205.579km/h 6
7 14   ダン・ガーニー マクラーレン-フォード 1:05.23 204.256km/h 7
8 3   ジャック・ブラバム ブラバム-レプコ 1:05.25 204.193km/h 8
9 5   ジョン・サーティース ホンダ 1:05.32 203.974km/h 9
10 2   ブルース・マクラーレン マクラーレン-フォード 1:05.69 202.825km/h 10
11 8   ペドロ・ロドリゲス BRM 1:06.10 201.567km/h 11
12 16   ジョー・シフェール ロータス-フォード 1:06.17 201.354km/h 12
13 21   ジャン=ピエール・ベルトワーズ マトラ 1:06.96 198.979km/h 13
14 22   ピアス・カレッジ BRM 1:07.02 198.800km/h 14
15 7   デレック・ベル フェラーリ 1:07.06 198.682km/h 15
16 11   ジャッキー・オリバー ロータス-フォード 1:07.46 197.504km/h 16
17 18   ビック・エルフォード クーパー-BRM 1:08.56 194.335km/h 17
18 17   ヨアキム・ボニエ マクラーレン-BRM 1:08.93 193.292km/h 18
19 9   ボビー・アンサー BRM 1:09.60 191.431km/h 19
20 19   ルシアン・ビアンキ クーパー-BRM 1:09.77 190.965km/h 20
21 21 1   アンリ・ペスカロロ マトラ 1:10.43 189.175km/h 21
ソース:[8][9]
追記
  • ^1 - ペスカロロはエンジントラブルのため、No.21のスペアカーでタイムを記録した

決勝編集

レース当日、93,000人の大観衆は、ポールポジションからスタートするマリオ・アンドレッティ、7番手スタートのダン・ガーニー、19番手スタートのボビー・アンサー英語版のアメリカ人ドライバーたちによる強力なホームショーを期待した。ジャッキー・スチュワートは好スタートを切り、群衆のお気に入りのアンドレッティからリードを奪った。1周目が終わると、スチュワート、アンドレッティ、クリス・エイモングラハム・ヒルヨッヘン・リントデニス・ハルム、ガーニー、ジョン・サーティースブルース・マクラーレンの順となった。

アンドレッティは6周目までにエイモンとの差を広げてスチュワートに迫ろうとしたが、3周後にノーズが壊れて右フロントウイングが地面をこすり続けた。アンドレッティは13周目まで2位をキープしたがピットインを強いられ、ピットクルーはテープで応急措置を施してコースに戻し、13位まで後退した。

エイモンは10周目までヒルと3位を争ったが、自身の水漏れによってスピンを喫した。その6周後にハルムはオイルで滑り、3位から9位に後退した。ガーニーは3位を走行中の26周目に360度のスピンを喫し、サーティースに抜かれた。

アンドレッティは33周目にクラッチが壊れてリタイアした。ガーニーはサーティースを抜き返し、2人の激しいバトルはレースが終わるまで続いた。スチュワートは40周目までにヒルを26秒リードし、その10秒後にガーニーとサーティースが続いた。スチュワートは52周目にファステストラップを記録してヒルとの差を31秒に広げ、残りのドライバーを周回遅れにした。ヒルはしばらくの間、緩いステアリングコラムに苦戦した。

97周目、マクラーレンの1分20秒前を走行していたジョー・シフェールロータス・49Bがガス欠に陥って燻りだし、給油のため次の周にピットインした。シフェールがピットアウトすると、マクラーレンが5位に浮上した。

マクラーレンも給油のためにピットインしなければならず、シフェールは2周後に5位を取り戻した。首位を独走するスチュワートは安定したペースで走り抜いて優勝し、ヒルはガス欠目前に陥ったが2位に滑り込んだ[10]。サーティースは、前を走る3位のガーニーがスローパンクチャーに陥って燃料が残り少なくなったことでペースを落としたことに気づき、最終ラップでガーニーを追い抜き、3位表彰台を獲得した。ハルムはポイント獲得を目指したが、ドライブシャフトが壊れてリタイアした[5]

スチュワートはマトラ-フォードで全周回をリードしたが、一度だけそれを脅かされる出来事があった。コーナーを曲がると2人の観客がコースを歩いてるのを見つけ、「これまで誰かを追い越してきたのと同じくらい近かった」「少しだけ彼らに会いたかった」と彼は語った。それはスチュワートにとって初めてのアメリカGP勝利であり、初のチャンピオンへの可能性を最終戦までつなぐことになった。「自分がペースをコントロールできると感じたのは、F1でのキャリアで初めてのことだった」「スピードを上げると、コースのスピードが上がった。もっと遅く行くと、彼らはもっと遅く行った。それは驚くべき発見だった」と彼は語った。

レース主催者は、優勝したスチュワートの賞金8,300ポンドはF1史上最高額であると主張した。

チャンピオン争いは、ランキング首位のヒルが6点を加算して39点、ヒルと同点でランキング2位だったハルム[注 2]は無得点で33点のまま、同3位のスチュワートは9点を加算して36点とし、ヒルがハルムに6点差を付けて首位をキープし、レースを制したスチュワートがハルムを抜き、ヒルに3点差の2位に浮上した。この3人がチャンピオン獲得の可能性を残し、1ヶ月後の最終戦メキシコGPを迎えることになった[5]

レース結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 15   ジャッキー・スチュワート マトラ-フォード 108 1:59:20.29 2 9
2 10   グラハム・ヒル ロータス-フォード 108 +24.68 3 6
3 5   ジョン・サーティース ホンダ 107 +1 Lap 9 4
4 14   ダン・ガーニー マクラーレン-フォード 107 +1 Lap 7 3
5 16   ジョー・シフェール ロータス-フォード 105 +3 Laps 12 2
6 2   ブルース・マクラーレン マクラーレン-フォード 103 +5 Laps 10 1
Ret 22   ピアス・カレッジ BRM 93 燃料切れ 14
Ret 1   デニス・ハルム マクラーレン-フォード 92 アクシデント 5
NC 19   ルシアン・ビアンキ クーパー-BRM 88 規定周回数不足 20
Ret 3   ジャック・ブラバム ブラバム-レプコ 77 エンジン 8
Ret 4   ヨッヘン・リント ブラバム-レプコ 73 エンジン 6
Ret 18   ビック・エルフォード クーパー-BRM 71 エンジン 17
Ret 8   ペドロ・ロドリゲス BRM 66 サスペンション 11
NC 17   ヨアキム・ボニエ マクラーレン-BRM 62 規定周回数不足 18
Ret 6   クリス・エイモン フェラーリ 59 水ポンプ 4
Ret 21   ジャン=ピエール・ベルトワーズ マトラ 44 トランスミッション 13
Ret 9   ボビー・アンサー BRM 35 エンジン 19
Ret 12   マリオ・アンドレッティ ロータス-フォード 32 クラッチ 1
Ret 7   デレック・ベル フェラーリ 14 エンジン 15
DNS 11   ジャッキー・オリバー ロータス-フォード 予選でアクシデント 16
DNS 20   アンリ・ペスカロロ マトラ エンジン 21
ソース:[11]
ファステストラップ[12]
ラップリーダー[13]

第11戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。前半6戦のうちベスト5戦及び後半6戦のうちベスト5戦がカウントされる。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ F1デビュー戦でポールポジションを獲得したのは、「全員がデビュー戦」であった1950年イギリスGPで獲得したファリーナを除くと、本レースのアンドレッティ、1972年アルゼンチンGPカルロス・ロイテマン1996年オーストラリアGPジャック・ヴィルヌーヴの3人である(1950年-1960年にF1世界選手権の一戦に組み込まれていたインディ500のみ参加したドライバーを除く)。
  2. ^ ヒルとハルムはレース前の時点で33点を挙げ、優勝回数も2回で並んでいたが、2位の回数がヒル2回、ハルム1回だったため、ヒルが上位であった。

出典編集

  1. ^ Weather information for the "1968 United States Grand Prix"”. The Old Farmers' Almanac. 2013年11月10日閲覧。
  2. ^ (林信次 1995, p. 70)
  3. ^ (林信次 1995, p. 72)
  4. ^ (林信次 1995, p. 73)
  5. ^ a b c d United States GP, 1968”. grandprix.com. 2019年10月16日閲覧。
  6. ^ USA 1968 - Race entrants”. STATS F1. 2019年10月16日閲覧。
  7. ^ (林信次 1995, p. 64)
  8. ^ USA 1968 - Qualifications”. STATS F1. 2019年10月15日閲覧。
  9. ^ USA 1968 - Starting grid”. STATS F1. 2019年10月15日閲覧。
  10. ^ (中村良夫 1998, p. 267-268)
  11. ^ 1968 United States Grand Prix”. formula1.com. 2015年1月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月26日閲覧。
  12. ^ USA 1968 - Best laps”. STATS F1. 2019年10月14日閲覧。
  13. ^ USA 1968 - Laps led”. STATS F1. 2019年10月14日閲覧。
  14. ^ a b United States 1968 - Championship”. STATS F1. 2019年3月21日閲覧。

参照文献編集

  • Wikipedia英語版 - en:1968 United States Grand Prix(2019年9月9日 4:21:20(UTC))
  • Doug Nye (1978). The United States Grand Prix and Grand Prize Races, 1908-1977. B. T. Batsford. ISBN 0-7134-1263-1
  • Rob Walker (January, 1969). "1968 U. S. Grand Prix: Money & The Scot". Road & Track, 29-34.
  • 林信次『F1全史 1966-1970 [3リッターF1の開幕/ホンダ挑戦期の終わり]』ニューズ出版、1995年。ISBN 4-938495-06-6
  • 中村良夫『F-1グランプリ ホンダF-1と共に 1963-1968 (愛蔵版)』三樹書房、1998年。ISBN 4-89522-233-0

外部リンク編集