メインメニューを開く

1968年イギリスグランプリ

1968年イギリスグランプリ (1968 British Grand Prix) は、1968年のF1世界選手権第7戦として、1968年7月20日ブランズ・ハッチで開催された。

イギリス 1968年イギリスグランプリ
レース詳細
1968年F1世界選手権全12戦の第7戦
ブランズ・ハッチ (1960-1975)
ブランズ・ハッチ (1960-1975)
日程 1968年7月20日
正式名称 XXI RAC British Grand Prix
開催地 ブランズ・ハッチ
イギリスの旗 イギリスイングランドの旗 イングランドケント州
コース 恒久的レース施設
コース長 4.265 km (2.650 mi)
レース距離 80周 341.200 km (212.012 mi)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー ロータス-フォード
タイム 1:28.9
ファステストラップ
ドライバー スイスの旗 ジョー・シフェール ロータス-フォード
タイム 1:29.7 (42周目)
決勝順位
優勝 ロータス-フォード
2位 フェラーリ
3位 フェラーリ

80周で行われたレースはジョー・シフェールが勝ち、自身及びスイス人ドライバーにおけるF1初勝利を挙げた。シフェールの勝利により、プライベーターのロブ・ウォーカー・レーシングチームは通算9勝目でかつ最後の勝利を挙げた。

背景編集

この年は4月にジム・クラークF2で、5月にマイク・スペンス英語版インディ500英語版の練習走行で、6月にルドビコ・スカルフィオッティ英語版ヒルクライムで事故死したのに続き、前戦フランスグランプリジョー・シュレッサーも事故で亡くなり、4ヶ月続けて現役F1ドライバーが命を落とした[1]。イギリスのファンはクラークとスペンスの2人を失ったが、グラハム・ヒルがドライバーズランキング首位で本レースを迎え、参加した20台のうちヒルを含む7人のイギリス人ドライバーを応援した[2]

各チームとも可能な限り多くのダウンフォースを得るため、マシンに巨大なリアウイングが装着された[2][3]ホンダも本レースからRA301にウイングを装着した[4]


エントリー編集

クーパーは、地元イギリス出身のロビン・ウィドウズ英語版をスポット起用し[2]、レギュラーのルシアン・ビアンキアルファロメオスポーツカーレース用V8エンジンを搭載したT86Cを試走させた[5]。エンジンの問題により欠場が続いたイーグルがサーキットに戻ってきた[2]

エントリーリスト編集

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
  ブルース・マクラーレン・モーターレーシング 1   デニス・ハルム マクラーレン M7A フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
2   ブルース・マクラーレン
  ブラバム・レーシング・オーガニゼーション 3   ジャック・ブラバム ブラバム BT26 レプコ 860 3.0L V8 G
4   ヨッヘン・リント
  スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC 5   クリス・エイモン フェラーリ 312/68 フェラーリ 242C 3.0L V12 F
6   ジャッキー・イクス
  ホンダ・レーシング 7   ジョン・サーティース ホンダ RA301 ホンダ RA301E 3.0L V12 F
  ゴールドリーフ・チーム・ロータス 8   グラハム・ヒル ロータス 49B フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
9   ジャッキー・オリバー
  オーウェン・レーシング・オーガニゼーション 10   ペドロ・ロドリゲス BRM P133 BRM P142 3.0L V12 G
11   リチャード・アトウッド P126
12   トニー・ランフランチ 1
  マトラ・インターナショナル 14   ジャッキー・スチュワート マトラ MS10 フォードコスワース DFV 3.0L V8 D
  クーパー・カー・カンパニー 15   ビック・エルフォード クーパー T86B BRM P142 3.0L V12 F
16   ロビン・ウィドウズ T86
17   ルシアン・ビアンキ 2 T86C アルファロメオ T33 3.0L V8 G
  マトラ・スポール 18   ジャン=ピエール・ベルトワーズ マトラ MS11 マトラ MS9 3.0L V12 D
  シャルル・ホーゲル・レーシング 19   シルビオ・モーザー ブラバム BT20 レプコ 620 3.0L V8 G
  レグ・パーネル・レーシング 20   ピアス・カレッジ BRM P126 BRM P142 3.0L V12 G
  トム・ジョーンズ 21   トム・ジョーンズ 1 クーパー T86 マセラティ 9/F1 3.0L V12 G
  ロブ・ウォーカー/ジャック・ダーラッシャー・レーシングチーム 22   ジョー・シフェール ロータス 49B フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
  ヨアキム・ボニエ・レーシングチーム 23   ヨアキム・ボニエ マクラーレン M5A BRM P142 3.0L V12 G
  アングロ・アメリカン・レーサーズ 24   ダン・ガーニー イーグル T1G ウェスレイク 58 3.0L V12 G
ソース:[6]
追記
  • ^1 - エントリーのみ[7]
  • ^2 - マシンが準備できず[7]

予選編集

ヒルがチームメイトの2番手ジャッキー・オリバーに0.5秒差を付けてポールポジションを獲得し、ロータス勢は3番手のクリス・エイモンフェラーリ)とともにフロントローを占めた[注 1]ジョー・シフェールロブ・ウォーカーのロータス)はヨッヘン・リントブラバム)とともに2列目を、3列目はダン・ガーニー(イーグル)、ジャッキー・スチュワートマトラ・インターナショナル)、ジャック・ブラバム(ブラバム)が占めた[2]

結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 8   グラハム・ヒル ロータス-フォード 1:28.9 - 1
2 9   ジャッキー・オリバー ロータス-フォード 1:29.4 +0.5 2
3 5   クリス・エイモン フェラーリ 1:29.5 +0.6 3
4 22   ジョー・シフェール ロータス-フォード 1:29.7 +0.8 4
5 4   ヨッヘン・リント ブラバム-レプコ 1:29.9 +1.0 5
6 24   ダン・ガーニー イーグル-ウェスレイク 1:30.0 +1.1 6
7 14   ジャッキー・スチュワート マトラ-フォード 1:30.0 +1.1 7
8 3   ジャック・ブラバム ブラバム-レプコ 1:30.2 +1.3 8
9 7   ジョン・サーティース ホンダ 1:30.3 +1.4 9
10 2   ブルース・マクラーレン マクラーレン-フォード 1:30.4 +1.5 10
11 1   デニス・ハルム マクラーレン-フォード 1:30.4 +1.5 11
12 6   ジャッキー・イクス フェラーリ 1:31.0 +2.1 12
13 10   ペドロ・ロドリゲス BRM 1:31.6 +2.7 13
14 18   ジャン=ピエール・ベルトワーズ マトラ 1:31.6 +2.7 14
15 11   リチャード・アトウッド BRM 1:31.7 +2.8 15
16 20   ピアス・カレッジ BRM 1:32.3 +3.4 16
17 15   ビック・エルフォード クーパー-BRM 1:33.0 +4.1 17
18 16   ロビン・ウィドウズ クーパー-BRM 1:34.0 +5.1 18
19 19   シルビオ・モーザー ブラバム-レプコ 1:35.4 +6.5 19
20 23   ヨアキム・ボニエ マクラーレン-BRM 1:36.8 +7.9 20
ソース:[8][9]

決勝編集

3戦連続でスタート時に小雨が降り、オリバーがヒルとシフェールをリードした。先頭を走るロータスは煙に巻かれ、4周目にオリバーはヒルに抜かれた。煙の道ができていたにもかかわらず、オリバーは2位にとどまった。しかし、27周目にヒルがリアサスペンションの故障でリタイアしたため、オリバーが首位に戻った。その後方でシフェールはエイモンと2位争いを繰り広げたが、オリバーからは徐々に離されていった[2]

イギリス人のオリバーが首位を快走して地元ファンを喜ばせたが[1]、44周目にトランスミッションが壊れてマシンを止めるとシフェールが首位に立ち[2]、プライベーターのロブ・ウォーカーが1961年ドイツグランプリスターリング・モス以来7年ぶりの勝利を手にした[1]。フェラーリのエイモンはレース終盤にタイヤの摩耗で優勝を逃し2位、1周遅れでチームメイトのイクスが3位となった。エイモンは「もしもマシンの後尾にもっと大きなウイングを付けていたら、フェラーリは勝てたに違いない」と語っている[10]。その一方でジョン・サーティースホンダ・RA301がレース途中でウイングの支柱にヒビが入り、34周目にウイングを吹き飛ばしてしまうアクシデントもあり(サーティースはその後、オーバーステアと格闘することになったが5位に入賞)[11]、ウイングの巨大化は安全性に疑問を投げかけることになった[12]

結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 22   ジョー・シフェール ロータス-フォード 80 2:01:20.3 4 9
2 5   クリス・エイモン フェラーリ 80 +4.4 3 6
3 6   ジャッキー・イクス フェラーリ 79 +1 Lap 12 4
4 1   デニス・ハルム マクラーレン-フォード 79 +1 Lap 11 3
5 7   ジョン・サーティース ホンダ 78 +2 Laps 9 2
6 14   ジャッキー・スチュワート マトラ-フォード 78 +2 Laps 7 1
7 2   ブルース・マクラーレン マクラーレン-フォード 77 +3 Laps 10
8 20   ピアス・カレッジ BRM 72 +8 Laps 16
Ret 4   ヨッヘン・リント ブラバム-レプコ 55 燃料漏れ 5
Ret 10   ペドロ・ロドリゲス BRM 52 エンジン 13
NC 19   シルビオ・モーザー ブラバム-レプコ 52 規定周回数不足 19
Ret 9   ジャッキー・オリバー ロータス-フォード 43 トランスミッション 2
Ret 16   ロビン・ウィドウズ クーパー-BRM 34 イグニッション 18
Ret 8   グラハム・ヒル ロータス-フォード 26 ハーフシャフト 1
Ret 15   ビック・エルフォード クーパー-BRM 26 エンジン 17
Ret 18   ジャン=ピエール・ベルトワーズ マトラ 11 エンジン 14
Ret 11   リチャード・アトウッド BRM 10 ラジエーター 15
Ret 24   ダン・ガーニー イーグル-ウェスレイク 8 燃料ポンプ 6
Ret 23   ヨアキム・ボニエ マクラーレン-BRM 6 エンジン 20
Ret 3   ジャック・ブラバム ブラバム-レプコ 0 エンジン 8
ソース:[13]
ファステストラップ[14]
ラップリーダー[15]
節目となった記録

第7戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。前半6戦のうちベスト5戦及び後半6戦のうちベスト5戦がカウントされる。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 本レースのスターティンググリッドは3-2-3。
  2. ^ 決勝をスタートした回数。

出典編集

  1. ^ a b c (林信次 1995, p. 61)
  2. ^ a b c d e f g British GP, 1968”. grandprix.com. 2019年9月18日閲覧。
  3. ^ (林信次 1995, p. 56-58)
  4. ^ (中村良夫 1998, p. 258)
  5. ^ (林信次 1995, p. 71)
  6. ^ Britain 1968 - Race entrants”. STATS F1. 2019年9月18日閲覧。
  7. ^ a b Britain 1968 - Result”. STATS F1. 2019年9月18日閲覧。
  8. ^ Britain 1968 - Qualifications”. STATS F1. 2019年9月18日閲覧。
  9. ^ Britain 1968 - Starting grid”. STATS F1. 2019年9月18日閲覧。
  10. ^ (アラン・ヘンリー 1989, p. 241)
  11. ^ (中村良夫 1998, p. 259)
  12. ^ (林信次 1995, p. 58)
  13. ^ 1968 British Grand Prix”. formula1.com. 2015年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月26日閲覧。
  14. ^ Britain 1968 - Best laps”. STATS F1. 2019年9月18日閲覧。
  15. ^ Britain 1968 - Laps led”. STATS F1. 2019年9月18日閲覧。
  16. ^ a b Britain 1968 - Championship”. STATS F1. 2019年3月13日閲覧。

参照文献編集

  • Wikipedia英語版 - en:1968 British Grand Prix(2019年3月13日 22:42:20(UTC))
  • Lang, Mike (1982). Grand Prix! Vol 2. Haynes Publishing Group. pp. 72–73. ISBN 0-85429-321-3. 
  • 林信次『F1全史 1966-1970 [3リッターF1の開幕/ホンダ挑戦期の終わり]』ニューズ出版、1995年。ISBN 4-938495-06-6
  • 中村良夫『F-1グランプリ ホンダF-1と共に 1963-1968 (愛蔵版)』三樹書房、1998年。ISBN 4-89522-233-0
  • アラン・ヘンリー『チーム・フェラーリの全て』早川麻百合+島江政弘(訳)、CBS・ソニー出版、1989年12月。ISBN 4-7897-0491-2

外部リンク編集