高翔 みず希(たかしょう みずき、7月16日[1] - )は、宝塚歌劇団花組に所属する男役。花組組長[1]

東京都[1][2]和洋女子大学付属国府台女子高等学校出身[1]。身長166cm[1][2]。愛称は「さおり」、「さおた」[1]

来歴編集

1988年、宝塚音楽学校入学。

1990年、宝塚歌劇団に76期生として入団[2]。花組公演「ベルサイユのばら」で初舞台[1][2]

1991年、組まわりを経て月組に配属[2]

1998年1月1日付で、宙組創設に伴う発足メンバーとして宙組へ組替え[2]

2000年7月5日付で花組へ組替えとなる[2]

2007年12月25日付で花組副組長に就任[2]

2012年3月19日付で花組組長に就任。

主な舞台編集

初舞台編集

組まわり編集

月組時代編集

  • 1991年3 - 7月、『ベルサイユのばら-オスカル編-』 - 新人公演:ラサール(本役:越はるき
  • 1991年9 - 10月、『銀の狼』『ブレイク・ザ・ボーダー!』(宝塚大劇場のみ)
  • 1991年11月、『たとえば それは 瞳の中の嵐のように』(バウホール
  • 1992年1 - 4月、『珈琲カルナバル』『夢・フラグランス
  • 1992年5月、『BLUFF-復讐のシナリオ-』(日本青年館
  • 1992年7 - 8月、『PUCK』 - 新人公演:スナッグ(本役:鷹悠貴)『メモリーズ・オブ・ユー』(宝塚大劇場)
  • 1992年9 - 10月、『高照す日の皇子』(バウホール・日本青年館)
  • 1992年11月、『PUCK』 - 新人公演:スナッグ(本役:鷹悠貴)『メモリーズ・オブ・ユー』(東京宝塚劇場)
  • 1992年12月、月組・雪組『ジャンプ・フォー・ジョイ』(シアタードラマシティ)
  • 1993年4 - 7月、『グランドホテル』『BROADWAY BOYS
  • 1993年9 - 10月、『花扇抄 -花姿恋錦絵-』『扉のこちら』『ミリオン・ドリームズ』(宝塚大劇場のみ)
  • 1993年11月、『夢の10セント銀貨』(バウホール)
  • 1994年1 - 2月、『風と共に去りぬ』(宝塚大劇場)
  • 1994年2 - 3月、『夢の10セント銀貨』(日本青年館・愛知厚生年金会館
  • 1994年4月、『風と共に去りぬ』(東京宝塚劇場)
  • 1994年6 - 8月、『エールの残照』 - 新人公演:ジョセフ(本役:汝鳥伶)『TAKARAZUKA・オーレ!』(宝塚大劇場)
  • 1994年8 - 9月、『WANTED』(バウホール・日本青年館)
  • 1994年11月、『エールの残照』 - 新人公演:ジョセフ(本役:汝鳥伶)『TAKARAZUKA・オーレ!』(東京宝塚劇場)
  • 1994年12 - 1995年1月、『ローン・ウルフ』(バウホール)
  • 1995年3月、『Beautiful Tomorrow!』(バウホール)
  • 1995年6月、『ハードボイルド・エッグ』 - 新人公演:ローレンス(本役:若央りさ)『EXOTICA!』(東京宝塚劇場のみ)
  • 1995年8 - 12月、『ME AND MY GIRL』 - 新人公演:ジャスパー卿(本役:大峯麻友
  • 1996年2月、『ME AND MY GIRL』(中日劇場
  • 1996年3 - 5月、『CAN-CAN』『マンハッタン不夜城 -王様の休日-』(宝塚大劇場)
  • 1996年5 - 6月、『結末のかなた』(日本青年館・愛知厚生年金会館)
  • 1996年7月、『CAN-CAN』『マンハッタン不夜城-王様の休日-』(東京宝塚劇場)
  • 1996年8月、『銀ちゃんの恋』(日本青年館) - ジミー
  • 1996年9 - 11月、『チェーザレ・ボルジア-野望の軌跡-』 - 新人公演:アルフォンソ(本役:鷹悠貴)『プレスティージュ』(宝塚大劇場のみ)
  • 1996年12 - 1997年2月、『バロンの末裔』 - 新人公演:ジョージ(本役:汝鳥伶)『グランド・ベル・フォリー』(宝塚大劇場)
  • 1997年2 - 3月、『Non-STOP!!-午前0時に幕は開く-』(バウホール・日本青年館)
  • 1997年4月、『バロンの末裔』 - 新人公演:ジョージ(本役:汝鳥伶)『グランド・ベル・フォリー』(東京宝塚劇場)
  • 1997年6 - 8月、『EL・DORADO』(宝塚大劇場のみ)
  • 1997年8 - 9月、『FAKE LOVE-愛しすぎず 与えすぎず-』(バウホール・日本青年館・愛知厚生年金会館) - ジェイコブソン

宙組時代編集

花組時代編集

出演イベント編集

TV出演編集

受賞歴編集

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g 『宝塚おとめ 2020年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2020年、15頁。ISBN 978-4-86649-125-7
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 成熟した男のダンス踊りたい”. 産経新聞. 2020年7月17日閲覧。

注釈編集

  1. ^ 5/12〜東京公演千秋楽まで全日程休演。代役は日向燦が務めた。
  2. ^ 6/26のみ特別出演。

外部リンク編集