ローカルバスの終点へ

ローカルバスの終点へ』(ローカルバスのしゅうてんへ)は、紀行作家宮脇俊三の著したバス紀行文である。

1989年1月20日JTB日本交通公社出版事業局から単行本が刊行、1991年8月25日新潮社から文庫化されたものが刊行され、2010年12月6日洋泉社から新書化されたものが刊行された。

作品概要編集

鉄道旅行が好きで、旅では鉄道を愛用している宮脇が、鉄道が通わない僻地のバスに乗る旅を繰り広げる。本作の内容は月刊誌『』の1987年1月号から二年間にわたって連載された。

構成編集

※自治体名は当時のもの。

書誌情報編集

外部リンク編集